アイドマ・ホールディングス(7373):IPO上場情報と初値予想

アイドマ・ホールディングス

アイドマ・ホールディングスは、営業・事業支援のノウハウを最大限に活用し、中小企業向けの営業支援を主としたワーク・イノベーション事業を行っている企業です。

※詳細は企業紹介IPOのポイントにて。


アイドマ・ホールディングスの上場日

B
  • 業績:好調
  • IPO人気:あり
  • オファリングレシオ:やや低い
  • 公募多い
  • 調達金額:大きい

上場日 2021/6/23 (水) 証券コード 7373
市場 東証マザーズ 業種 サービス業
Webサイト Webサイト 単元株 100株
Yahoo!
ファイナンス
アイドマ・ホールディングス(7373)
時価総額
14,235百万円(公募価格で計算)

アイドマ・ホールディングスのブックビルディング内容

ブックビルディング期間中に、幹事証券からIPOに申し込みましょう。

ブックビルディング期間

2021/6/7 (月) ~ 6/11 (金)

仮条件 1,830円~1,930円 (抽選資金:18.3万円 ~ 19.3万円)
当選口数 15,755口
発行済株式数 7,376,000株 オファリングレシオ 21.3%
公募株数 950,000株 売出株数 420,000株
吸収金額 30.4億円 O.A分 205,500株
仮条件決定日 6/3 (木) 公募価格決定日 6/14 (月)
購入期間 6/15 (火) ~ 6/18 (金)

※ 吸収金額は公募株、売出株、OA分を合計して計算。
※ 申込・購入期間は証券会社により短くなっている場合があります。

アイドマ・ホールディングスの公募価格と初値

仮条件 1,830円~1,930円
公募価格 1,930円 初値 (初値予想)2,890円 ~ 3,380円※6/3 修正
騰落率 -  倍率  -
初値売り損益 (予想利益)96,000円~145,000円※6/3 修正

アイドマ・ホールディングスの初値予想と予想利益

アイドマ・ホールディングスの初値予想と予想利益です。

仮条件決定後

仮条件

1,830円 ~ 1,930円 ※抽選資金:18.3万円 ~ 19.3万円
上限は5.5%上ブレ↑

初値予想 2,890円 ~ 3,380円※6/3 修正
(1.5倍~1.8倍)
予想利益 9.6万円~14.5万円

仮条件決定前

仮条件の想定価格 1,830円あたり ※抽選資金:18.3万円あたり
初値予想 2,740円 ~ 3,200円 (1.5倍~1.7倍)
予想利益 9.1万円~13.7万円
送信中...

初値予想アンケート

アイドマ・ホールディングス(7373)の初値予想アンケートに、ご協力をお願いします。

目論見書の想定価格(1,830円)を基準価格としています。

有効回答:223   投票期限:2021/6/22 (火) 23:59まで
3倍以上(5,490円以上)
134票  60%
投票済み

2.5倍以上~3倍未満(4,575円以上~5,490円未満)
21票  9%
投票済み

2倍以上~2.5倍未満(3,660円以上~4,575円未満)
25票  11%
投票済み

1.5倍以上~2倍未満(2,745円以上~3,660円未満)
19票  9%
投票済み

1.2倍以上~1.5倍未満(2,196円以上~2,745円未満)
9票  4%
投票済み

1倍以上~1.2倍未満(1,830円以上~2,196円未満)
4票  2%
投票済み

公募割れ(1,830円未満)
11票  5%
投票済み

アイドマ・ホールディングスの主幹事と幹事証券

アイドマ・ホールディングスのIPOを取り扱っている証券会社です。

アイドマ・ホールディングスの割当数とネット抽選の当選数

目論見書で公表されている証券会社の割当数と、ネット抽選分の当選数(個人配分)の予想です。

割当数にネット抽選分のパーセンテージをかけた単純な計算ですので、参考程度にお願いします。

証券会社 割当率 割当数 ネット抽選分
主幹事
みずほ証券
91.30% 1,438,500株 1,438口
SBI証券 4.35% 68,500株 411口
マネックス証券 0.87% 13,700株 137口
楽天証券 0.87% 13,700株 137口
東洋証券 0.87% 13,700株 13口
エース証券 0.87% 13,700株 0口
極東証券 0.87% 13,700株 0口

現金1万円+5千円のキャッシュバックがもらえる口座開設タイアップ企画を行っています。
落選でポイントが貯まるSBI証券、抽選資金が不要のSBIネオトレード証券松井証券。平等抽選のauカブコム証券


アイドマ・ホールディングスの決算情報

単独 財務情報 (単位/千円)

決算期 2020年8月 2019年8月 2018年8月
売上高 1,746,541 1,280,838 999,657
経常利益 200,346 153,230 79,288
当期利益 153,927 111,464 49,972
純資産 502,049 348,122 158,063
配当金
EPS 23.95 18.17 249.86
BPS 78.05 54.10 790.32
※配当金、EPS、BPSは(単位/円)

連結 財務情報 (単位/千円)

決算期 2020年8月 2019年8月
売上高 1,829,843 1,294,833
経常利益 216,120 119,399
当期利益 164,228 84,703
純資産 509,888 345,659
EPS 25.56 13.81
BPS 79.27 53.71
※EPS、BPSは(単位/円)
業績

上位株主とロックアップ情報

アイドマ・ホールディングスの上位10名の株主構成、ロックアップの情報です。

株主名 株数 売出数 ロックアップ
JPM株式会社 役員等により総株主の議決権の過半数が所有されている会社 3,000,000株
44.71%
- 180日間
三浦陽平 代表取締役社長 2,791,200株
41.60%
420,000株 180日間
K&Pパートナーズ2号投資事業有限責任組合 VC 273,000株
4.07%
- 90日間/1.5倍
佐賀寛厚 253,200株
3.77%
(253,200)
- 180日間
K&Pパートナーズ3号投資事業有限責任組合 VC 153,000株
2.28%
- 90日間/1.5倍
三浦和広 取締役 134,520株
2.00%
(6,000)
- 180日間
識学1号投資事業有限責任組合無限責任組合員 VC 51,390株
0.77%
- 90日間/1.5倍
阿部光良 取締役 19,290株
0.29%
- 180日間
若林稔 監査役 4,800株
0.07%
- 180日間
株式会社コバ 役員等により総株主の議決権の過半数が所有されている会社 4,800株
0.07%
- 180日間
※()内の数値は、新株予約権による潜在株式数です。
公募価格は1,930円。ロックアップ解除となる株価(1.5倍)は、2,895円です。
詳細は目論見書にてご確認ください。

直近の類似IPOの上場結果

アイドマ・ホールディングスと市場と業種が同じIPOの上場結果。

「市場:東証マザーズ」かつ「業種:サービス業」のIPO結果です。

  • 2021/06/18 Enjin
    初値売りによる損益:77,000円
    (騰落率:55.80%、倍率:1.56倍)
  • 2021/06/16 全研本社
    初値売りによる損益:15,600円
    (騰落率:11.56%、倍率:1.12倍)
  • 2021/06/02 メイホーHD
    初値売りによる損益:255,000円
    (騰落率:122.60%、倍率:2.23倍)
  • 2021/03/25 ベビーカレンダー
    初値売りによる損益:520,000円
    (騰落率:123.81%、倍率:2.24倍)
  • 2021/03/19 T.S.I
    初値売りによる損益:200,000円
    (騰落率:100%、倍率:2.00倍)

上場日の初値決定前の気配運用

アイドマ・ホールディングス(7373)の上場日の初値決定前の気配運用です。

公募価格 上限価格 下限価格
1,930円
4,440円
(上場1日目)
1,448円
  • 上限価格:更新値幅 97円、更新時間 10分。
  • 下限価格:通常の更新値幅、更新時間 3分。

引受価額は1,775.60円になります。
幹事証券の引受価額は、公募割れ時の目安になります。

上場日の制限値幅(ストップ高)は、初値を基にした価格となります。

IPOのポイント

セールス・プラットフォーム事業の販売実績が全体の81.8%を占めています。(第12期連結)

販売実績

同社の成長戦略はこちら。

成長戦略

これまでは、営業体制が確立されていない中小企業を中心に営業業務のアウトソーシングや営業組織構築のコンサルティング、テストマーケティングなど、営業支援の領域に特化してましたが、今後は、営業以外の業務支援にまで事業領域を拡大。

安定した収益基盤構築のためにストック型収益モデルの確立も目指すようです。

参考までに

評価は下記を考慮して、中立の「B」に設定しました。

6.3追記。仮条件が想定発行価格(1,830円)より5.5%の上振れ決定(1,830円 ~ 1,930円)したので、初値予想を2,890円 ~ 3,380円に修正しました。予想利益は9.6万円~14.5万円です。

目論見書の想定仮条件は1,830円。初値予想は2,740円 ~ 3,200円としました。
予想利益は9.1万円~13.7万円です。

カブスルは幹事証券にてIPOに参加します。

1人1票の平等抽選で、資金力に左右されない当選が期待できるマネックス証券や、落選しても次回以降の当選チャンスに活かせるポイントが付与されるSBI証券がおすすめです。

余裕があれば、幹事数が増えてきた楽天証券も、おすすめです。

庶民のIPO限定のタイアップ企画を行っていますので、口座開設がまだの方は お得なこの機会に是非どうぞ(  ̄∇ ̄)

口座開設タイアップ企画
  • SBIネオトレード証券
    抽選資金不要で幹事数が多い
    口座開設+取引で現金2,000円がもらえる。
  • SBI証券
    幹事数は9割以上とかなり多い!
    口座開設+入金・振替で現金2,000円がもらえる。
  • 松井証券
    抽選資金不要で幹事数が多い
    口座開設で最大5千円のキャッシュバック。
  • auカブコム証券
    全体の2~3割の委託幹事に
    口座開設+投資信託の購入で現金2,000円がもらえる。

企業紹介

アイドマ・ホールディングスは、営業・事業支援のノウハウを最大限に活用し、中小企業向けの営業支援を主としたワーク・イノベーション事業を行っている企業です。

グループは同社と連結子会社1社、持分法非適用関連会社1社で構成。

  • セールス・プラットフォーム事業
    グループの事業活動を通じて得られた営業に関するデータベースおよび独自に開発した営業支援システム(SalesCrowd)を活用し、主に法人向けビジネスを営む顧客企業の持つ商材やサービスに応じたテストマーケティングの実行支援。
    テストマーケティングを行い、費用対効果の高いパターンを検証。
  • ママワークス事業
    ママワークスは、人材不足に悩む中小企業に対して、潜在的に働ける方を、新たな働き手として繋げていく就労支援を行うWebサイト。
    在宅ワークに特化した求人サイト。登録会員数は2021年3月時点で26万人。
    ママワークス
  • meet in事業
    meet inは、商談・面接をオンライン上で行うオンラインコミュニケーションインフラ。
    アプリケーションのダウンロードやインストールは一切不要。
    2021年3月末時点で3,400社を超える企業に導入。
    meet in

セールス・プラットフォーム事業の販売実績が全体の81.8%。(第12期連結)

3つのサービスは、各々が単独で収益を獲得するのみならず、相互が有機的に結びつき、サービス間におけるシナジー効果を発揮。

事業系統図

同社グループは、毎月約60万件を超える電話営業を中心とした手法を通して様々なテストマーケティングを行っています。

そのため、サービス別、業種別、エリア別、アプローチ手法別等の様々な営業の成功事例が蓄積されたデータベースを有しており、そのデータを活用して、顧客に対して営業活動の企画を立案(仮説を設定)し、その効果をテクノロジーを活用して効率的に検証し、効果が見込まれる企画を在宅ワーカーを活用してテストマーケティングを実践する営業支援を提案しています。

設立は2008年12月。
従業員数は2021年4月末で136名、平均年齢は29.4歳、平均勤続年数は1.6年、平均年間給与は542.8万円。
連結会社の従業員は合計で141名。

アイドマ・ホールディングスの詳しい企業情報やIPOの内容は日本取引所グループに掲載されています。
庶民のIPOは、初心者でも参加しやすいよう要約し、IPOの評価や初値予想を掲載しています。はじめての人へ

現金1万円+5千円のキャッシュバックがもらえる口座開設タイアップ企画を行っています。
落選でポイントが貯まるSBI証券、抽選資金が不要のSBIネオトレード証券松井証券。平等抽選のauカブコム証券


送信中...

ご意見箱(投書/返答不可)

ご意見、ご要望、ご感想などお気軽にお寄せください。ご意見がダイレクトに届きます。
返答の必要なご質問IPO質問集をご確認の上 お問い合わせよりご連絡ください。

ご意見は今後のサイト運営の参考にさせて頂きます。
また、みなさんの嬉しい当選報告もありがとうございます。