ローランド(7944):IPO上場情報

ローランド

ローランド(Roland)は、電子ピアノ、シンセサイザー、ギター関連製品、電子ドラム、デジタル録音機器、映像関連製品などの業務用機器を開発・製造している企業です。

製品

創業当初の1970年代後半から販売会社の設立を積極的に行い、世界中のあらゆる地域において製品展開。

グループの収益の85%は日本国外から得ています。(2019年12月期)

楽器市場の成長は海外が牽引しているようです。

販売シェア

設立は1972年4月。
従業員数は2020年9月末で862名、平均年齢は44歳、平均勤続年数は18年、平均年間給与は691.4万円。


ローランドの詳しい企業情報やIPOの内容は日本取引所グループに掲載されています。
庶民のIPOは、初心者でも参加しやすいよう要約し、IPOの評価や初値予想を掲載しています。はじめての人へ

ローランドの上場日

D
  • IPO人気:なし
  • オファリングレシオ:高い
  • 売出多い

上場日 2020/12/16 (水) 証券コード 7944
市場 東証一部 業種 その他製品
Webサイト Webサイト 単元株 100株
Yahoo!
ファイナンス
ローランド(7944)
時価総額
84,765百万円(公募価格で計算)
80,773百万円(初値で計算)

ローランドのブックビルディング内容

ブックビルディング期間中に、幹事証券からIPOに申し込みましょう。

ブックビルディング期間

2020/12/1 (火) ~ 12/7 (月)

仮条件 2,810円~3,710円 (抽選資金:28.1万円 ~ 37.1万円)
当選口数 122,955口
発行済株式数 27,343,830株 オファリングレシオ 44.9%
公募株数 0株 売出株数 11,710,000株
吸収金額 381.1億円 O.A分 585,500株
仮条件決定日 11/30 (月) 公募価格決定日 12/8 (火)
購入期間 12/9 (水) ~ 12/14 (月)
備考

【12.8修正】売出株のうち、国内売出し4,947,500株、海外売出し6,762,500株。

※ 吸収金額は公募株、売出株、OA分を合計して計算。
※ 申込・購入期間は証券会社により短くなっている場合があります。

ローランドの公募価格と初値

仮条件 2,810円~3,710円
公募価格 3,100円 初値 2,954円
騰落率 -4.71%  倍率  0.95倍
初値売り損益 -14,600円(2,954円 - 3,100円)× 100株

ローランドの初値予想と予想利益

ローランドの初値予想と予想利益です。

初値予想は過去データの動向を基に算出。

仮条件決定後

仮条件

2,810円 ~ 3,710円 ※抽選資金:28.1万円 ~ 37.1万円
上限は13.8%上ブレ↑

初値予想 3,540円 ~ 3,740円※11/30 修正
(1.0倍~1.0倍)

仮条件決定前

仮条件の想定価格 3,260円あたり ※抽選資金:32.6万円あたり
予想利益 0円
送信中...

初値予想アンケート

ローランド(7944)の初値予想アンケートに、ご協力をお願いします。

目論見書の想定価格(3,260円)を基準価格としています。

有効回答:401   投票期限:2020/12/15 (火) 23:59まで
3倍以上(9,780円以上)
33票  8%
投票済み

2.5倍以上~3倍未満(8,150円以上~9,780円未満)
4票  1%
投票済み

2倍以上~2.5倍未満(6,520円以上~8,150円未満)
4票  1%
投票済み

1.5倍以上~2倍未満(4,890円以上~6,520円未満)
12票  3%
投票済み

1.2倍以上~1.5倍未満(3,912円以上~4,890円未満)
31票  8%
投票済み

1倍以上~1.2倍未満(3,260円以上~3,912円未満)
72票  18%
投票済み

公募割れ(3,260円未満)
245票  61%
投票済み

ローランドの主幹事と幹事証券

ローランドのIPOを取り扱っている証券会社です。(申し込みが可能)

主幹事証券
引受幹事証券
委託含む)

備考

SBI証券は、抽選で落選しても次回の当選チャンスに活かせるポイントが付与されます。
IPOチャレンジポイント狙いで、ブックビルディングに参加するのも有効な手です。

割当数とネット抽選の当選数

目論見書で公表されている証券会社の割当数と、ネット抽選分の当選数(個人配分)の予想です。

割当数にネット抽選分のパーセンテージをかけた単純な計算ですので、参考程度にお願いします。

証券会社 割当率 割当数 ネット抽選分
主幹事
SMBC日興証券
60.85% 3,367,100株 3,367口
野村證券 18.28% 1,011,500株 1,011口
UBS証券 12.12% 670,600株 0口
松井証券 3.97% 219,900株 1,539口
楽天証券 3.18% 175,900株 1,759口
マネックス証券 0.80% 44,000株 440口
SBI証券 0.80% 44,000株 307口

現金1万円+5千円のキャッシュバックがもらえる口座開設タイアップ企画を行っています。
落選でポイントが貯まるSBI証券、抽選資金が不要のSBIネオトレード証券松井証券


ローランドの決算情報

単独 財務情報 (単位/千円)

決算期 2019年12月 2018年12月 2017年12月
売上高 24,924 24,655 43,081
経常利益 3,341 3,214 5,863
当期利益 2,220 1,660 4,065
純資産 17,448 16,687 27,453
配当金 3,062.00 13,064.00
EPS 82.68 61.83 4,542.16
BPS 645.93 618.90 30,612.03
※配当金、EPS、BPSは(単位/円)

連結 財務情報 (単位/千円)

決算期 2019年12月 2018年12月
売上高 63,247 61,153
経常利益 4,726 5,169
当期利益 2,629 3,048
純資産 18,227 18,522
EPS 97.92 113.53
BPS 670.07 693.09
※EPS、BPSは(単位/円)
業績

上位株主とロックアップ情報

ローランドの上位10名の株主構成、ロックアップの情報です。

株主名 比率 ロックアップ
Taiyo Jupiter Holdings, L.P. 90.98% 360日間
三木 純一 代表取締役社長 2.04% 360日間
(株)日本カストディ銀行 1.72% 180日間
ローランド社員持株会 1.21% 180日間
柳瀬 和也 執行役員 0.89% 360日間
池上 嘉宏 執行役員 0.88% 360日間
ゴードン・レイゾン 取締役 0.45% 360日間
田村 尚之 執行役員 0.34% 360日間
ジェイ・ワナメイカー 0.27% 360日間
湯川 純郎 0.27%

直近の類似IPOの上場結果

ローランドと同じホットワードのIPOの上場結果です。

「再上場」がついたIPOの上場結果。

  • 2020/11/30 バリオセキュア
    初値売りによる損益:-10,000円
    (騰落率:-4.44%、倍率:0.96倍)
  • 2020/09/17 雪国まいたけ
    初値売りによる損益:-10,000円
    (騰落率:-4.55%、倍率:0.95倍)
  • 2019/03/05 日本国土開発
    初値売りによる損益:11,400円
    (騰落率:22.35%、倍率:1.22倍)
  • 2018/09/28 ワールド
    初値売りによる損益:-14,500円
    (騰落率:-5%、倍率:0.95倍)
  • 2018/09/06 ナルミヤ・インターナショナル
    初値売りによる損益:-5,900円
    (騰落率:-3.78%、倍率:0.96倍)

ローランドと市場と業種が同じIPOの上場結果。

「市場:東証一部」かつ「業種:その他製品」のIPO結果です。

  • 2006/10/13 SRIスポーツ
    初値売りによる損益:-6,000円
    (騰落率:-3.16%、倍率:0.97倍)

IPOのポイント

電子楽器市場の日本での成長率は低迷していますが、中国などが伸びています。
また、コロナ禍による巣ごもり消費で楽器が売れていると、何かで耳にしたことがあります。

年平均成長率

上場時の時価総額は891億円で、今年最大級の規模となりそうです。(想定仮条件で計算)

2020年のIPOで規模が大きいIPO。

  • 雪国まいたけ(1375)
    9/17に上場。
    時価総額:836.8億円。(初値で計算)
  • キオクシアHD(6600)
    10/6に上場予定だったが延期に。(12月予定)
    時価総額:1兆8,867億円。(前回の仮条件の上限で計算)
  • ウェルスナビ
    12月に上場予定と一部報道あり。
    時価総額:500億~600億円の予定。

規模が大きいと聞くと、一見 IPOも人気あるのかな?と思われそうですが、IPOにおいては規模が大きいほどボラティリティ(株価の上下の値動き)が低く、IPOとしては人気がありません。

また、ローランド(Roland)は再上場案件。
1988年に大証二部に上場し、1998年に東証二部に。1999年に東証一部に上場しています。

2014年に、アメリカのタイヨウファンド(TaiyoJupiter Holdings)によるMBOにより上場廃止となりました。

今回の再上場では、そのタイヨウファンドが保有株を大量に売り出します。(持ち株の45.1%)

売出の規模が大きいIPOは、人気が低いです。

上場規模の大きさ&売出しが多いIPOとなりそうで、IPOとしては人気が低くなることが予想されます。

ワンポイント

【12.8追記】
公募価格が仮条件(2,810円 ~ 3,710円)の 下限よりである3,100円に決まりました。

ほとんどのIPOは仮条件の上限で決まります。
上限で決まらないIPOは、価格に対する需要が弱く公募割れのリスクが高くなります。

IPOに当選した場合、当選辞退もご検討ください。

参考までに

12.1追記。11/30に上場したバリオセキュアが残念ながら公募割れとなりました。

ローランドとの共通点は、大型の再上場案件。
公募ゼロの売出し100%案件でIPO的に人気がありません。

同社の評価を「C」から公募割れのリスクが高い「D」へ変更しました。

仮条件が13.8%も上ブレしている点が気になりますが、個人的には参加しません。
(機関投資家の評価が高いかもしれない)

評価は下記を考慮して、公募割れのリスクがややある「C」に設定しました。

  • 業績は安定的。
  • オファリングレシオが44.9%と高い。
  • 再上場案件。
  • 全株 売出し。
  • 同日に3社が上場。前日に2社上場。
  • 12月はIPOが多く、選別される可能性あり。
  • 【12.1追記】同じ再上場案件のバリオセキュアが公募割れ。
  • コロナ禍による巣ごもり需要。

目論見書の想定仮条件は3,260円。初値予想は3,090円 ~ 3,290円としました。
予想利益は-1.7万円~3,000円で、市況によっては公募割れのリスクがあるIPOになります。

公募割れのリスクが高いので、SBI証券のポイント狙いでブックビルディングに参加するのも有効な手です。

カブスルもポイント狙いで参加します。

現在、SBI証券現金2,000円がもらえる口座開設タイアップ中です♪

SMBC日興証券は当選後に辞退するとペナルティがありますのでご注意を。

庶民のIPO限定のタイアップ企画を行っていますので、口座開設がまだの方は お得なこの機会に是非どうぞ(  ̄∇ ̄)

  • SBIネオトレード証券
    抽選資金不要で幹事数が多い
    口座開設+取引で現金2,000円がもらえる。
  • SBI証券
    幹事数は9割以上とかなり多い!
    口座開設+入金・振替で現金2,000円がもらえる。
  • 松井証券
    抽選資金不要で幹事数が多い
    口座開設で最大5千円のキャッシュバック。
  • auカブコム証券
    全体の2~3割の委託幹事に
    口座開設+投資信託の購入で現金2,000円がもらえる。
  • 岡三オンライン証券(姉妹サイトのみ)
    抽選資金不要で幹事数が多い
    口座開設+入金で現金2,000円がもらえる。

現金1万円+5千円のキャッシュバックがもらえる口座開設タイアップ企画を行っています。
落選でポイントが貯まるSBI証券、抽選資金が不要のSBIネオトレード証券松井証券


送信中...

ご意見箱(投書/返答不可)

ご意見、ご要望、ご感想などお気軽にお寄せください。ご意見がダイレクトに届きます。
返答の必要なご質問IPO質問集をご確認の上 お問い合わせよりご連絡ください。

ご意見は今後のサイト運営の参考にさせて頂きます。
また、みなさんの嬉しい当選報告もありがとうございます。