GMOクリック証券はGMOグループがIPOを行う際にねらい目の証券会社。

「GMOクリック証券」の紹介

GMOクリック証券

GMOクリック証券」は、GMOグループの証券会社です。

サービスのプラットフォームとなるITシステムのプロ集団をグループ企業にかかえているのが強みで、GMOクリック証券はGMOクリックグループ内でシステムの企画・開発から運用・保守まで行っています。

GMOクリック証券の基本情報

GMOクリック証券」は、自社グループの運用保守により、煩雑なオペレーションコストなどを大幅に削減し、業界最安値水準の手数料を生みだしています。

1約定ごとプランの取引手数料。(税込価格) / 2018.4.20時点
~10万円 ~20万円 ~50万円 ~100万円 ~300万円
95円 105円 260円 470円 900円

株式投資だけではなく、先物・オプション、FX、CFDなどの取引手数料も業界最安値クラスです。

GMOクリック証券のIPO 抽選方法

GMOクリック証券」では、購入申込者にコンピュータによりランダムで乱数が割当てられ、その乱数の大きい順に割当(当選)していきます。

つまり、人為的な操作がなく 株数にも影響されない「完全公平抽選」になります。

GMOクリック証券のIPO実績

「GMOクリック証券」の過去3年間のIPO実績です。

 
主幹事数
引受幹事数(委託含む)

ほぼ IPOの取扱いがありませんがGMOグループが上場する際に幹事になることがあり 狙い目です。

GMOグループの上場時に引受幹事になる場合が多い

GMOグループは、多くのグループ企業に分かれています。(GMOグループ一覧

グループ企業が上場を果たす際に同グループである「GMOクリック証券」が幹事証券になる場合があります。

参考までに

  • 2015/10/23 「GMOメディア」  初値売りによる利益 277,000円、騰落率:101.09%
  • 2014/12/11 「GMO TECH」  初値売りによる利益 784,000円、騰落率:135.17%
  • 2014/10/21 「GMO リサーチ」 初値売りによる利益 280,000円、騰落率:133.33%

引受幹事数は少ないですが、IPOの当選機会を増やすには「GMOクリック証券」の口座開設も欠かせません。

GMOクリック証券

口座開設時に迷いそうな記入ポイントを下記にまとめてみました。
参考にしながら入力出来るように、別画面で開きます。

メインサイト

初心者の株式投資道場

メインサイト「初心者の株式投資道場」の紹介記事も参考にどうぞ。