IPOの抽選資金30万円以下におすすめの証券会社

お問い合わせでよく受ける質問として、「IPOの抽選資金が10万円~50万円しかないんですが、どうしたら効率が良いですか?」と聞かれたので記事にしてみました。

IPOの抽選資金が少ない場合は、IPOに参加する証券会社を2社~3社程度に抑えたほうが良いと思います。

ワンポイント

IPOの抽選資金が少ない場合、抽選参加におすすめの証券会社

ポイントは、参加する証券会社を絞るということであり、口座開設する証券会社は主要なものを中心に口座開設しておくことです。(参加機会は減らさない)

特に下記の証券会社は、IPOの抽選時に資金が必要ないのでおすすめです。

参考までに

上記にプラスして下記も口座開設を!(追記)

IPOの抽選時に抽選資金が必要ないシステムを導入している証券会社が増えてきました。

証券会社口座の入金が0円で良いので、口座開設だけでIPOのブックビルディングに参加できます!(当選後に必要資金を入金)

特に、大手の野村證券は主幹事数も多いので、是非 口座開設しておきたい証券会社になります。

岡三オンライン証券2020年のIPOの取り扱いが39社(全体の42%)と幹事になる機会が多いです。

少ない資金でも大きなリターンを得られる

各年ごとにIPOに必要な抽選資金を表にしてみます。

抽選資金 2020年
全93社
2019年
全社
2018年
全90社
10万円未満 20社
全体の22%
平均利益:159,065円
11社
全体の13%
平均利益:61,300円
11社
全体の12%
平均利益:83,827円
10万円~
20万円
36社
全体の39%
平均利益:133,644円
39社
全体の45%
平均利益:103,972円
38社
全体の42%
平均利益:137,305円
20万円~
30万円
26社
全体の28%
平均利益:292,227円
22社
全体の26%
平均利益:167,618円
25社
全体の28%
平均利益:257,328円

表の数値をまとめると下記になります。

ワンポイント

IPOの抽選資金を下記の金額用意できれば…

  • 10万円あれば、全体の1~2割のIPOに参加できる。12%~22%
  • 20万円あれば、全体の5~6割のIPOに参加できる。54%~61%
  • 30万円あれば、全体の8~9割のIPOに参加できる。82%~89%

2020年のIPOで10万円の抽選資金(購入資金)があれば応募でき、初値売りによる利益額が大きかったIPOです。

IPO 抽選資金 初値売りの利益
タスキ妻が当選 6.7万円 43.9万円
ニューラルポケット妻が当選 9万円 42万円
フィーチャ 5.2万円 41.9万円

抽選資金が30万円あればもっと大きな利益も

ちなみに、抽選資金が30万円以内で応募できたものをランキングにすると下記になります。

30万円の抽選資金があれば、IPOの利益も大きくなることがお分かり頂けるかと思います。

IPO 抽選資金 初値売りの利益
ヘッドウォータース 24万円 261万円
アースインフィニティカブスル当選 19万円 84万円
ビートレンド 28万円 72万円

参考までに

上記で紹介しましたが IPOの抽選時に抽選資金が必要ないシステムを導入している証券会社であれば、投資資金0円でも気軽にIPOに応募することができます。

マネックス証券とSMBC日興証券が おすすめの理由

マネックス証券SMBC日興証券をおすすめしている理由としては、

  1. カブスルが実際に数多く当選していること。
  2. 抽選資金の大小に左右されない平等な「平等抽選」を採用していること。
  3. IPOの幹事数が多く、参加できる機会が多い事。
  4. ネット銀行にて、資金の移動が無料でできること。

上記の4点が理由となります。詳しく見ていきましょう~。

理由1 カブスルが実際に数多く当選!

これまで IPOに94回 当選し 1,551万円の利益を得ています。

カブスルはマネックス証券で17回、SMBC日興証券で19回当選しています。
おすすめの2社だけで36回当選を果たしており、全当選数の38.7%になります。

私自身の当選の経験からマネックス証券SMBC日興証券をおすすめできます。

私以外にも、身内や知人も上記二社でのIPO当選報告が多いです。

理由2 平等抽選を採用し運だけで当選可!

IPOに当選しますように

IPOをGETするには いくつかの入手方法があります。

その中で、投資に回せる資金が少なくても資産家と同じ当選確率になるのが、平等抽選(1人1票)を採用している証券会社になります。

資金量関係なく、「運」さえあれば、誰でも当選します。

カブスルもこれまで「運だけ」でIPOに94回 当選を果たし、1,551万円の利益を得ています。
うち、平等抽選方式の当選回数が67回で、全当選数の72.0%になります。

平等抽選では応募が100株でも5,000株でも当選確率は一緒で必要なのは「運だけ」です!

平等抽選は投資資金が少ない庶民にも優しい!

理由3 幹事数が多く抽選チャンスあり!

引受幹事数が多いという事は、それだけIPOの抽選に参加できる機会が増えます

データを見るとマネックス証券SMBC日興証券の幹事数が多いのがお分かりいただけるかと思います。

参考までに

幹事数だけ見ればもっと多い証券会社もありますが、今回の30万円以下という条件でおすすめするのはマネックス証券SMBC日興証券になります。

理由4 資金が無料で移動できる

ネット銀行を利用すると、証券会社間の資金の移動が、カンタンに自宅でできるので便利です。

ネット銀行を利用した資金の入出金は無料になります。

カブスルもPayPay銀行を利用して、抽選資金が少ない投資初期のころ、資金の移動をこまめに行っていました。現在も移動はさせてますが、その頻度は減っています。

3社目にSBI証券をおすすめしている理由

SBI証券はIPOの抽選に外れても「IPOチャレンジポイント」が付与され、貯めると上位利用者から必ずIPOが配布(当選)されます。

IPOは宝くじのようなもので、「外れて当たり前」ですので、外れても楽しめるSBI証券がおすすめになります。

カブスルも人気IPOである「RPAホールディングス」に415ポイントを利用して300株当選し約321万円の大きな利益を得られました!(当選実績

4社目以降は平等抽選採用の証券会社を中心に

基本的には、IPOの抽選が平等抽選である証券会社を中心に口座開設数を増やしていくのがおすすめです。

カブスルも「運だけ」でIPOに94回 当選し、1,551万円の利益を得ています。
うち、平等抽選方式の当選回数が67回で全当選数の72.0%になります。

ワンポイント

ちなみにカブスルも徐々に口座開設数を増やしていき、今では19社程度の口座を開設しています。

IPOで得た利益を再度IPOの抽選資金に回して、当選機会を増やし 資産もどんどん増やしていきましょう~

各証券会社のおすすめ入金額の例

各証券会社のおすすめの入金額を抽選資金ごとに紹介しています。

どれくらい各証券会社に入金しようか迷われた際は参考にしてみてください。

また、証券会社ごとに、その週・来週に必要な抽選資金が分かる資金管理帳も用意してます。


平等抽選のマネックス証券、落選でポイントが貯まるSBI証券、抽選資金が不要のSBIネオトレード証券松井証券現金1万円+5千円のキャッシュバックがもらえる口座開設タイアップ企画を行っています。