IPO投資のメリットは初心者でも簡単にできて利益が見込めること

IPO投資の最大のメリットは、抽選に参加しIPO株を購入することで、大きな利益を得る可能性があることです。

抽選で手に入れたIPO株は割安に設定されている為、上場後に売却することで利益が得やすくなっています。

IPO投資は参加したいIPOにポチポチと申込んでいくだけなので、投資初心者でも参加がカンタンです。

4コマ漫画:IPOのメリット1 4コマ漫画:IPOのメリット2 4コマ漫画:IPOのメリット3 4コマ漫画:IPOのメリット4

少ない投資資金で参加できるのもIPO投資のメリットのひとつです。
参加だけなら、抽選資金ゼロで参加できる証券会社もあります。(当選後に入金)

参加が簡単で、運さえ良ければIPOに当選し利益を得るチャンスがあるのがIPO投資です。
デメリットも少なく、IPO投資は個人投資家に人気があります。

IPO投資のメリットは4つ

IPO投資歴19年のカブスルが考える、IPO投資のメリットは4つあります。

  1. 人気IPOに当選すると大きな利益を得られる
  2. 投資初心者でもIPO投資の参加は簡単
  3. 少ない投資資金でも参加できる
  4. 損失を出すリスクが低い

4つの魅力を合わせると「ローリスク・ハイリターン」となり、投資初心者にもおすすめです。

IPOのメリット

カブスルはIPOに143回当選し、1,752万円の利益を得ています(  ̄∇ ̄)

1. 人気IPOに当選すると大きな利益を得られる

株式投資で利益を得る仕組みは、株を安く買って高く売ることです。

IPO株は、上場前の「公開価格」より、上場後 最初の価格である「初値」の方が、株価が高くなるケースが多いです。よって、公開価格で購入し上場後に売却することで利益になります。

  • 公開価格
    IPO株が上場する前に、株式の購入希望者に販売する価格
  • 初値(はつね)
    IPO株が上場した際に、株式市場ではじめてついた価格

AI関連企業など人気の高いIPO株は、初値が公開価格の数倍になることも珍しくありません。

直近5年間で、初値が公開価格の数倍になった企業数と割合です。

2023年
全96社
2022年
全91社
2021年
全125社
2020年
全93社
2019年
全86社
2倍以上 16社
16.6%
14社
15.4%
21社
16.8%
19社
20.4%
25社
29.1%
3倍以上 8社
8.3%
2社
2.2%
3社
2.4%
6社
6.5%
5社
5.8%
4倍以上 1社
1.0%
3社
2.4%
5社
5.4%
1社
1.2%
5倍以上 1社
1.0%
1社
1.1%
9社
9.7%

公開価格で購入し初値で売った場合、2倍以上の価格になったIPO株が毎年全体の2割以上もあります。

上場する企業の期待感(将来性)が高いほど、IPOの人気が高く利益も大きくなります。

参考までに

IPO株の公開価格(上場前の価格)は、同業他社の業績推移や株価の推移、PERやPBRといった指標との比較、また直近の株式市況などを考慮し、機関投資家へのヒアリングを経て決定されます。

このとき、IPOディスカウントという調整が加わり、適正価格よりも2~3割低い価格に決まります。

このディスカウントは、投資家に対するインセンティブとして機能し、新規株式を購入する意欲を高める効果があります。

IPOディスカウントが適用される理由は、企業が株式市場への参入に際して、投資家にリスクを取る価値があると感じさせるためです。

新規上場企業は、未知の要素や情報不足が伴うことから、投資家にとってリスクが高いとされることが多いです。そのため、企業は株式を割安な価格で提供することで、投資家に利益のチャンスを提示し、資金調達を円滑に進めることができます。

適正とされる価格よりもディスカウントされている為、IPO株は上場後に上昇しやすくなっています。
(企業側も上場後にすぐ株価が下がるとイメージが悪い)

利益が大きくなったIPO株

2023年のIPO株で利益額が大きかった3社はこちら。

IPO 騰落率
(倍率)
初値売り
の利益
ジーデップ・アドバンス
公開:4,510円、
初値:10,680円
137%
2.4倍
61.7万円
Fusic
公開:2,000円、
初値:6,530円
227%
3.3倍
45.3万円
アイデミー
公開:1,050円、
初値:5,560円
430%
5.3倍
45.1万円

将来性が高い事業は上場後に買い注文が集まりやすく、大きな利益となります。

2023年は相場が不安定でIPOの勢いも弱かったですが、数年前までは利益額が100万円を超えるIPOが年に数社誕生していました。

IPO 騰落率
(倍率)
初値売り
の利益
ヘッドウォータース
公開:2,400円、
初値:28,560円
1,090%
11.9倍
261.6万円
サーバーワークス
公開:4,780円、
初値:18,000円
276%
3.7倍
132.2万円
Welby
公開:5,200円、
初値:18,030円
246%
3.4倍
128.3万円

2. 投資初心者でもIPO投資の参加は簡単

庶民のIPOで紹介しているIPO投資は、3つのステップで完了します。

投資経験者、投資未経験者に関わらず、やることはカンタンです。

  1. IPOのブックビルディング(抽選)に参加する
  2. 抽選で当選したらIPO株を購入する
  3. 上場日以降に売却する

この3ステップだけで、特に難しいことはありません。また、やり始めるとすぐに慣れると思います。

わたしの70代の父や身内も、投資初心者ですが やり方を教えたらスグに慣れました。
IPOに当選して利益がでると、飲み屋で使ったり孫にオモチャを買っています。

どのIPOがオススメかも五段階で評価していますので、投資初心者でも悩まずに参加ができます。

2.少ない資金でも大きなリターンを得られる!

IPO投資は抽選資金が多いほど参加できるIPOも増えますが、少ない資金でもIPO投資に参加できます。

各年ごとにIPO投資に必要な抽選資金を表にしてみます。

抽選資金 2023年
全96社
2022年
全91社
2021年
全125社
10万円未満 22社
全体の23%
平均利益:47,341円
31社
全体の34%
平均利益:39,903円
14社
全体の11%
平均利益:41,621円
10万円~
20万円
55社
全体の57%
平均利益:89,176円
45社
全体の49%
平均利益:72,849円
62社
全体の50%
平均利益:75,782円
20万円~
30万円
14社
全体の15%
平均利益:62,029円
8社
全体の9%
平均利益:93,688円
32社
全体の26%
平均利益:141,178円

表の数値をまとめると下記になります。

ワンポイント

IPO投資の抽選資金は、

  • 10万円あれば、全体の1割~3割のIPOに参加できる
  • 20万円あれば、全体の6割~8割のIPOに参加できる
  • 30万円あれば、全体の8割~9割のIPOに参加できる

10万円以下の投資資金でも参加できるIPOは、2割ほどあります。

抽選資金を用意するのは大変ですが、IPOに当選すれば銀行に預けているだけより資産は増えやすいです。

また、証券会社によっては投資資金がゼロでもIPOに参加できます。

ゆうちょ銀行に一年間 定期預金をあずけた場合。(金利一覧
定期預金金利(3年)は0.002%で、10万円預けた際の利子は2円です。通常預金だと1円。

10万円以内の抽選資金での利益額TOP3

2023年のIPO投資のうち、10万円の抽選資金があれば参加でき、初値売りによる利益額が大きかったIPOです。

IPO 抽選資金 初値売り
の利益
テクノロジーズ 10万円 26.5万円
ジェノバ 4.7万円 16.3万円
キャスター 7.6万円 15.5万円

株式投資では大きな資金が必要なイメージがあるかもしれませんが、そんなことはありません。

用意する抽選資金が10万円以下でも大きな利益を得られるのが、お分かり頂けるかと思います。

抽選資金不要の証券会社を積極利用しよう!

抽選資金が必要ない証券会社

IPO投資を行う際に、抽選資金が必要のない証券会社があります。

証券会社への入金ゼロでIPO投資の抽選に参加できるので、IPO初心者でも気軽に参加が可能です。

抽選でIPO株に当選し購入する場合は、購入資金を入金する必要があります。

抽選資金が必要ない証券会社では、抽選資金に30万円必要な場合でも、証券会社への入金ゼロでIPOに参加できます。当選した場合、頑張って購入資金を用意しましょう。

カブスルも何回か入金ゼロでIPOに当選しています。

4.損失を出すリスクが低い!

IPO投資は、損失を出すリスクが低いのも 魅力の一つです。

損失を出すリスクはゼロではありませんが、カンタンに回避する方法があります。

庶民のIPOでは、企業の将来性や業績などを考慮して、五段階の評価をつけています。
評価をつけているカブスルのIPO投資歴は19年。

IPOの評価

評価が低い「C」や「D」は損失を出すリスクが高まります。

評価の低いIPOの参加を見送ることで、損失リスクがグッと低くなります。


IPO投資は利益が出やすいのが魅力ですが、損失のリスクはゼロではありません

次項では、IPO投資で損失を出す理由と、その回避方法を詳しく紹介しています。


現金5,500円+最大5,500円のキャッシュバックがもらえる口座開設タイアップ企画を行っています。
抽選資金が不要の岡三オンライン松井証券。落選でポイントが貯まるSBI証券