SBI証券のIPOチャレンジポイントの仕組みと活用方法

貯金

SBI証券のIPOチャレンジポイントは、落選するたびにポイントをもらえ、ポイントを貯めることにより、IPOの当選が期待できる貴重なポイントです。

管理人もポイントを使って、2018年に321万円の高額当選をしています。

ところが、Twitterを見ていると仕組みを理解していなかったり、大切なポイントを誤って使っている(捨てている)人たちを多く目にします。

こちらでは、IPOチャレンジポイントの仕組みと活用方法を紹介したいと思います。

IPOチャレンジポイントとは?

SBI証券は、IPOに落選すると、IPOチャレンジポイントが1ポイント付与されます。

SBI証券で用意されている面白い仕組みで、他社では見受けられません。

SBI証券のIPOは、まず最初に「抽選枠」で抽選が行われ、当選と落選が決定します。
抽選に回る当選数は全体の70%になります。

次に落選した申込分を対象に、残りの30%の当選数が割り当てられます。
「チャレンジポイント枠」では、ポイント使用数の多い順に当選します。

ワンポイント

  1. 全体の当選数の70%が抽選枠。
    落選した申込分は次のポイント枠へ。
  2. 落選した申込分を対象に、全体の当選数の30%がポイント枠にて割当。
    • ポイント使用数の多い人から順番に割当(当選)
    • それ以外の人は落選

たとえば、ポイント枠での当選が2名の場合、上位利用者から当選します。

  • 250ポイント使用 → 当選
  • 200ポイント使用 → 当選
  • 199ポイント使用 → 落選

必ずIPOが当選する凄いシステム!

IPOチャレンジポイントの凄いところは、コツコツとポイントを貯めれば誰でも必ず当選することです。

ほとんど当たらないIPOの抽選に参加し続けるのは大変ですが、必ず努力が実るシステムです。

管理人は2018年3月に、人気IPOのRPAホールディングスに415ポイントを利用しました。

300株当選し、初値売りで321万円の大きな利益を得られました!

IPOチャレンジポイントを使用して当選

いわば415回もIPOに外れることによって貯まったポイントですが、落選が次の当選チャンスに繋がるシステムがあるのはSBI証券だけです。

IPOチャレンジポイントの当選ラインは?何ポイントで当選する?

SBI証券のIPOチャレンジポイントの当選ラインは、SBI証券で公表していません

つまり、当選報告から推定するしかありません。

  • 超人気IPOの評価「S」で、300~500ポイントあたり
  • 人気IPOの評価「A」で、250~400ポイントあたり
  • そこそこの評価「B」で、200~300ポイントあたり

当選ラインは、あくまでも目安となります。
SBI証券の当選数や申し込み者の使用状況により当選ラインは増減します。

人気や予想利益が高いIPOほど、IPOチャレンジポイントを利用して申し込む人が多くなりますので、当選ラインは高くなります。

SBI証券の IPOチャレンジポイントを使用して当選した例です。

ワンポイント

  • RPAホールディングス
    • 管理人が300株当選
    • 107万円×300株=321万円の利益。
    • 使用したポイントは415ポイント
  • CRI・ミドルウェア
    • 第三者から100株当選の報告あり。
    • 111万円の利益。
    • 使用したポイントは240ポイント
  • ビーブレイクシステムズ
    • 第三者から200株当選の報告あり。
    • 60万円×200株=120万円の利益。
    • 使用したポイントは309ポイント

IPOチャレンジポイントをコツコツ貯めれば、高額当選も夢ではありません

IPOチャレンジポイントはどれくらい貯まる?

IPOチャレンジポイントは、落選したら1ポイント貯まるシステムです。
つまり、幹事数の分だけポイントが貯まります。

  • 2018年の幹事数は86社。
  • 2017年の幹事数は83社。
  • 2016年の幹事数は75社。

すべて落選すると、3年間でIPOチャレンジポイントは244ポイント貯まります。

IPOチャレンジポイントを貯める小技

あまり、大きな声では言えませんがIPOチャレンジポイントを貯める小技があります。

IPOチャレンジポイントは、抽選で落選することによりポイントが貯まるわけですが、IPOの中には「公募割れ」を起こしそうな銘柄があります。

公募割れとは、IPOで手に入れた上場前の価格「公募価格」に比べて、上場後にはじめてついた株価「初値」が下回り、損失になることです。(IPOのリスクは?

普通であれば、公募割れを起こしそうなIPOのブックビルディングは見送るところですが、小技では損失リスクを認識しながら、ポイント狙いで積極的にブックビルディング参加していきます。

つまり、損失リスクが高い評価「D」にも積極的に応募していきます。

公募割れしそうなIPOの応募方法

公募割れしそうなIPOの場合は「仮条件の上限で100株だけ応募」するのをおすすめします。

  • 損失が出るIPOに当たってほしくない
  • でもポイントは欲しい

ということで、当選確率が低い100株で応募します。
希望通り落選すれば、IPOチャレンジポイントを1ポイントゲットできます。

仮に当選してしまった場合は、「購入を辞退」しましょう。

SBI証券の場合、当選後に購入を辞退することが可能です。
当選辞退によるペナルティもありません。※2019.5.27時点

最初に書きましたが、この方法は 本来のブックビルディングの趣旨と違うので、あまり大きな声では言えない小技です。このページを見たあなただけの小技にしておいてください。

参考までに

当選したくないからと、ブックビルディングで仮条件の下限で申し込むと、抽選対象外になる可能性がありますのでご注意ください。

おすすめは、「ストライクプレイス」で申し込むことです。
成行注文になりますので、抽選対象外になりません。

IPOチャレンジポイントを利用し当選を狙おう!

IPOチャレンジポイントは、努力(落選)を積み重ねて貯めた大切なポイントです。

わたしは、なるべく大きな利益が出そうなIPOに利用しました。
人によっては、手堅く当選を狙っていく方法も考えられます。

  • ポイントを400P以上貯めて、利益額が大きいIPOを狙う!
    評価S狙いで高額当選を目指す。
  • ポイントを200P貯めたあたりから、当選を狙っていく!
    評価AやB狙いで早めに還元して抽選資金を増やす。

どちらが正しいということはありません。
それぞれのメリットとデメリットを考えてみました。

活用方法 メリット デメリット
高額当選狙い
400P以上
貯めるほど100万円超えの利益を狙える可能性あり。
500Pを超えたら50万円超えは目指したい。
ポイントを貯めるのに時間が非常にかかる。
狙ったIPOが不発に終わった場合の虚無感。
現在の仕組みが変わるリスク。
コツコツ当選狙い
200Pあたり
ポイントを貯める期間が短くなる。
利益を再抽選に回しやすい。
現在の仕組みでチャレンジできる。
200P台の保有者は多い。
結果的にライバルが多く意外と高額ポイントが必要になる可能性も。

参考までに

2019年3月にみなさんが、IPOチャレンジポイントをどれくらい持っているかアンケートをとってみました。

我が家の場合、夢を見たい管理人は評価「S」狙いでポイントを貯めていきます。
抽選資金が少ない娘の未成年口座では、抽選資金を増やしたいので、早めの還元目的で「A」や「B」を狙っていきます。

どのIPOにチャレンジポイントを使用する?

IPOチャレンジポイントはとっても貴重なポイントです。

数年以上かかって貯めるポイントですので「大きな利益が出そう!」というIPOに利用したいものです。

  • IPOに落選した場合。
    使用したIPOチャレンジポイントは戻り 1ポイントが加算されます。
  • IPOに当選した場合。
    使用したIPOチャレンジポイントは没収されます。
    抽選枠で当選しても、ポイント枠で当選しても使用ポイントは没収されます。

高額当選狙いと、コツコツ当選狙いそれぞれで、ポイントを使用したいIPOを考えてみました。

高額当選狙いでポイントを使用したいIPO

高額当選狙いでは、あなたの努力の結晶(落選)を最大限にブツけていきましょう!

予想利益が高いほど、ポイント当選の当選ラインは上がります。

わたしが高額当選狙いで、IPOチャレンジポイントを使用する基準です。
※ポイントのご利用は自己責任でお願いします。

ワンポイント

  1. SBI証券 主幹事で当選数も多い
    主幹事だと割当数(当選数)が多くなり、複数当選の可能性が高まります。
  2. 評価「S」で利益予想が高い
    期待度が高く初値予想もできるだけ高いIPOが良いです。
  3. 将来性が高い業種(AIなど)
    将来性が高い事業は投資資金が集まりやすくなります。
  4. IPO市況が良い
    IPO市況や株式市況が良いと初値も高くなりやすいです。

つまり、SBI証券が主幹事で将来性や人気の高いIPOにポイントを利用して当選を狙いたいです。

コツコツ当選狙いでポイントを使用したいIPO

コツコツ当選狙いでは、IPOチャレンジポイントが200Pを超えたあたりで、当選を狙っていきたいです。

また、個人的なオススメでは300Pまで頑張ってポイントを貯めておきたいです。

わたしがコツコツ当選狙いで、IPOチャレンジポイントを使用する基準です。
※ポイントのご利用は自己責任でお願いします。

ちなみに、娘の未成年口座は300Pを超え、コツコツ当選を狙っています。

ワンポイント

  1. SBI証券 主幹事で当選数も多い
    主幹事だと割当数(当選数)が多くなり、複数当選の可能性が高まります。
  2. 評価「A」や「B」を狙う
    200Pあたりでは「B」、300P超えれば「A」も狙っていきたいです。
  3. 仮条件の設定価格が高い
    仮条件が3,000円超えの値がさ株は、少し株価が上昇しただけで損益も高くなります。
    ただし、損失時の損失額も大きくなりますので注意が必要です。
  4. 損失リスクを低くする
    損失は出したくないので、IPOのマイナス要素は少ないほど良いです。
  5. IPO市況が良い
    IPO市況や株式市況が良いと初値も高くなりやすいです。

コツコツ当選の方が狙うIPOが難しいです。

管理人が未成年口座でポイントを使用した場合は、ご参考までにブログや対象ページのポイント欄に載せていきたいと思います。

IPOチャレンジポイントの無駄遣いをやめよう!

人気IPOに、IPOチャレンジポイントを50~100ポイント利用している方を見かけます。

ハッキリ言ってそれはポイントを捨てているだけで無駄です!

当選ラインは上記で紹介しているように、最低でも200ポイント以上は必要です!

100ポイント以下の少額ポイントを使用して当選した画像を張り付けている方がいますが、それはポイント枠で当選したのではなく、抽選枠(70%)で当選しています。

IPOチャレンジポイントは使用すると、抽選枠だろうがポイント枠だろうが、当選するとポイントが没収されるシステムです。

つまり少額のポイント使用して当選した人は、わざわざポイントを捨てていることになります!

参考までに

ネットマーケティングに100株当選した!と報告している方がいらっしゃいました。

当選報告を見ると当選ラインは203ポイントになります。

この方のポイント使用数は110ポイント。
当選ラインに届いていないので、ポイント枠で当選したのではなく抽選枠で当選しています。
抽選枠での当選ですが IPOチャレンジポイントは消滅します。

ネットマーケティングに当選した例

大事なポイントを失ったのも残念ですが、なぜこのIPOにポイントを利用してしまったのか?も疑問です。(予想利益も低く実績も4万円の利益でした)

おそらく、IPOの儲かる仕組みやポイントの大切さを知らない人だと思いますが、見てて「もったいない!」と思ってしまいました。

当ページを見た人は、人気IPOに少額のポイントを使うのは絶対にやめましょう!

Twitterを見てると、多くの人が間違って大切なポイントを使っています。

IPOチャレンジポイントを使うには?

IPOチャレンジポイントは、ブックビルディング申し込み画面で利用することができます。

IPOチャレンジポイント

上記の画像の例だと、現在261Pのポイントがたまっています。

初期状態では「使用しない」が選択されていますが、「使用する」に選択を切り替えて、希望するポイント数を入力します。

IPOチャレンジポイントの質問集

IPOチャレンジポイントに関する質問集です。

仕組みが変わっている場合もありますので、最新情報は公式サイトでご確認ください。

IPOに当選しました。チャレンジポイントは消えますか?

利用したIPOチャレンジポイントは、当選した時点で消失します。(購入しても辞退しても)。
利用していないチャレンジポイントはそのまま残ります。

IPOチャレンジポイントで複数当選しますか?

複数当選します。
ただし、100株当選か複数当選かは当選してみないと分かりません。
(SBI証券で事前に公表していない為)

質問集:IPOチャレンジポイントで複数当選しますか?にて詳しく説明しております。

IPOチャレンジポイントで当選したか分かりますか?

ポイントによる当選か抽選による当選か分かりません。

質問集:SBI証券は抽選とポイントのどちらで当選したか分かる?にて詳しく説明しております。

予想利益が高めのIPOに毎回1ポイント使用してみたいんですが。

ポイントの無駄になります。上記の少額のポイントは利用しないように!で詳しく説明しております。

REITのIPOでも落選したらポイントはつきますか?

REITのIPOでも落選したらポイントはつきます。
ただし、株式のIPOとはやや異なるIPOになりますので申し込む際は注意してください。(リートIPOとは?

SBI証券のIPO当選の仕組みは少しややこしいので、株式サイトの記事も参考にしてみてください。


抽選に外れても次回の当選チャンスに活かせるポイントが貯まるSBI証券、申し込み時の抽選資金が不要のライブスター証券と、現金4千円がもらえる当サイト限定の口座開設キャンペーンを行っています。
その他、各証券会社でお得な口座開設キャンペーンを行っています。