SBI証券のIPOチャレンジポイントは必ずIPOが当選に。管理人も超人気IPOに300株当選!

「SBI証券」の「IPOチャレンジポイント」で当選を狙う!

貯金

SBI証券」では抽選に外れることで IPOチャレンジポイントが貯まります。

ポイントを貯めて IPOのブックビルディングに使用すると、「IPOチャレンジポイントの利用数の多い順にIPOが配分(当選)」されます。

つまり、ポイントを貯める事により「IPOに必ず当選する機会」がやってきます!

SBI証券」と現金2,000円がもらえるお得なタイアップキャンペーンを開催中です♪
お得なこの機会に是非 口座開設をご検討下さい。

IPOチャレンジポイントとは?

SBI証券」では、IPOのブックビルディングに参加し抽選に外れると「IPOチャレンジポイント」というポイントが1ポイント付与されます。

SBI証券」で用意されている面白い仕組みで他社には見受けられません。

IPOチャレンジポイントの「配分(当選)」に回る数量(当選口数)は、個人客への配分予定数量全体の30%です。残り70%は申込口数による「抽選」になります。

SBI証券」のIPO配布(当選)は まず「抽選枠(70%)」で抽選が行われます。
次に抽選枠で外れた方を対象に「チャレンジポイント枠(30%)」での割当(当選)が行われます。

  1. 全体の当選口数の70%を抽選。 ⇒ 当選で終了。落選したら「2」へ。
  2. 抽選に落選した方を対象に 残りの30%枠からチャレンジポイントの利用数の多い順に割当。
  3. IPOチャレンジポイントの利用数を確認。
    • ポイント上位使用者 ⇒ 当選(割当)
    • それ以外 ⇒ 落選

SBI証券」のIPO当選の仕組みは少しややこしいので、メインサイトの記事も参考にしてみて下さい。

必ずIPOが当選する凄いシステム!

IPOチャレンジポイントの凄いところは、コツコツとポイントを貯めれば「誰でも必ず当選する(割当される)」事です。

ほとんど当たらないIPOの抽選に参加し続けるのは面倒な事ですが、必ず努力が実るシステムです。

管理人も当選!

ワンポイント

管理人は2018年2月時点でポイントが438ポイント貯まっておりました。

人気IPOである「RPAホールディングス」に415ポイントを利用して300株当選し約321万円の大きな利益を得られました!(当選実績

IPOチャレンジポイントを使用して当選

言わば 415回 IPOに外れることによって貯まったポイントですが、落選が次の当選チャンスに繋がるシステムがあるのは「SBI証券」だけです。

IPOチャレンジポイントの当選ラインは?

あくまでも目安ですが、「IPOチャレンジポイント」を利用した際の当選ラインは、市場注目度「S」で300ポイント、市場注目度「A」で200ポイントあたりが必要と言われています。

人気が高いIPO程、IPOチャレンジポイントを利用して申し込む人が多くなりますので当選ラインは高くなります。

ワンポイント

SBI証券」の IPOチャレンジポイントを使用して当選した実例です。

  • RPAホールディングス管理人が当選!
    300株当選。初値売りによる利益:107.1万円×300株=約321万円
    使用したIPOチャレンジポイント:415ポイント
  • CRI・ミドルウェア
    100株当選。初値売りによる利益:111万円
    使用したIPOチャレンジポイント:240ポイント
  • ビーブレイクシステムズ
    200株当選。初値売りによる利益:60.3万円×200株=約121万円
    使用したIPOチャレンジポイント:309ポイント

IPOチャレンジポイントをコツコツ貯めれば、高額当選も夢ではありません

参考までに

参考までに、「SBI証券」の主幹事と引受幹事数の合計です。

全ての抽選に外れたとすると、3年間でIPOチャレンジポイントは237ポイント貯まります。

少額のポイントは利用しないように!

IPOチャレンジポイントは「抽選枠(70%)」で落選した方の中から「IPOチャレンジポイント上位 使用者」から順々に割当(当選)していくシステムです。

たまに、人気IPOにチャレンジポイントを少額の50ポイントや100ポイント利用している方を見ますが・・・ハッキリ言ってそれはポイントの無駄です!

当選ラインは上記で紹介しているように、最低でも200ポイントは必要です!

100ポイント以下の少額ポイントを使用して当選した画像を張り付けている方がいますが、それはポイント枠で当選したのではなく、抽選枠(70%)で当選しています。

IPOチャレンジポイントは抽選枠で当選しようが、ポイント枠で当選しようが 当選するとポイントを没収されるシステムです。

つまり、少額の50ポイント使用して当選した方はわざわざポイントを捨てていることになります!

参考までに

ネットマーケティング」に100株当選した!と報告している方がいらっしゃいました。

当選報告を見ると当選ラインは203ポイントになります。

この方のポイント使用数は110ポイント。
当選ラインに届いていないので、ポイント枠で当選したのではなく抽選枠で当選しています。抽選枠での当選ですが IPOチャレンジポイントは消滅します。

ネットマーケティングに当選した例

ポイントを失ったのも もったいないですが、個人的には何故このIPOに大事なポイント利用したのか?も不思議です。(事前の予想利益も9万円と低いです)

参考までに、管理人のポイント利用基準は「IPOチャレンジポイントで高額当選までの軌跡」にて公開しています。

ワンポイント

SBI証券」のIPO当選の仕組みは少しややこしいので、メインサイトの記事も参考にしてみて下さい。

IPOチャレンジポイントを貯める小技

あまり、大きな声では言えませんが「IPOチャレンジポイントを貯める小技」があります。

IPOチャレンジポイントは、IPOのブックビルディングに応募して外れることによりポイントが貯まるわけですが、IPOの中には「公募割れ」を起こしそうな銘柄があります。

普通であれば、公募割れを起こしそうなIPOは仮に当選しても損するリスクがあるので ブックビルディング参加は見送るところですが、小技では積極的にブックビルディング参加していきます。

公募割れしそうなIPOの応募方法

公募割れしそうなIPOの場合は「仮条件の上限で100株だけ応募」する事をおすすめします。

抽選に外れれば、めでたくIPOチャレンジポイントを1ポイントゲット出来ます。

仮に当選してしまった場合は、「購入を辞退」しましょう。

SBI証券」の場合「当選後に購入を辞退」する事が可能で、それによるペナルティもありません。※2018.3.16 時点

最初に書きましたが、この方法は 本来のブックビルディングの趣旨と違うので、あまり大きな声では言えない小技です。このページを見たあなただけの小技にしておいて下さい。

SBI証券」と現金2,000円がもらえるお得なタイアップキャンペーンを開催中です♪
お得なこの機会に是非 口座開設をご検討下さい。