「楽天証券」の紹介

楽天証券

楽天証券」は、楽天グループの証券会社です。

オンライン・トレーディングツール「マーケットスピード」は、一定の条件をクリアする事により無料で利用することが出来ます。(99%以上が無料で利用)

Macで利用可能な「Mac版」も用意されています。


利用者が投票する「オリコン 証券会社ランキング(2015年)」にて下記の評価となっています。

  • 資金管理 No1
  • 取引手数料・コスト No2
  • 口座開設の容易さ No3
  • 取引ツールの利便性 No3
  • 取扱商品 No4

楽天証券の基本情報

楽天証券」は、取引のスタイルにより3つのコースがあります。

  • 1回の取引金額ごとで決まる「ワンショットコース」 ⇒ たまに取引する方向け
  • 1日の取引金額の合計で決まる「いちにち定額コース」 ⇒ ディトレードなど頻繁に取引する方向け
  • お取り引きや残高に応じて手数料が安くなる「超割コース」 ⇒ 資産を預けて取引する方向け
ワンショットコースの取引手数料。(税抜価格 / 2016.2.5時点)
~10万円 ~20万円 ~50万円 ~100万円 300万円
139円 185円 341円 609円 1,152円

楽天グループらしく、取引により楽天市場等のグループで利用出来る楽天スーパーポイントがたまります。

楽天証券のIPO 抽選方法

楽天証券」では、過去の取引実績に応じて3つのカテゴリに分けられます。

カテゴリ 配分
IPOゴールド IPOレギュラーの約5倍の株数
IPOシルバー IPOレギュラーの約2倍の株数
IPOレギュラー 基準の株数

また、申込株数に応じて抽選番号(乱数)が付与され、番号を対象に抽選が始まります。
よって、より多い株数を申し込んだ方が、当選に有利になりますが、申込み数には上限も設けられています。

つまり、過去の取引実績があり(IPOゴールド)、申込株数が多い人ほど 当選確率が上がります。

楽天証券のIPO実績

「楽天証券」の過去3年間のIPO実績です。

 
主幹事数
引受幹事数(委託含む)

引受幹事数は少ないですが、IPOの当選機会を増やすには「楽天証券」の口座開設も欠かせません。

楽天証券

本サイト「初心者の株式投資道場」の紹介記事も参考にどうぞ。

楽天証券の紹介

楽天証券 の口座開設 記入例

←前項 松井証券 みずほ証券 次項→

サイト内検索 powered by Google

スポンサードリンク


お得なタイアップキャンペーン

2017/1/31(火)まで! SBI証券」さんと 「現金 2,000円」を頂けるお得なタイアップキャンペーンを行っています。

IPO狙いにおすすめの証券会社

管理人のメイン証券会社

マネックス証券

完全公平抽選で当選確率が一緒。
引受幹事数も多い。

マネックス証券

店舗もある大手証券会社

SMBC日興証券

公平抽選で当選確率が一緒。
主幹事も引受幹事数も多い。

SMBC日興証券

個人投資家が最も多く利用

SBI証券

引受幹事数がネット証券最多。
IPOチャレンジポイント。

SBI証券

  • 庶民のIPOにおける無断の複製・コピーを一切禁止致します。
  • サイト内へのリンクは全てリンクフリーとなっています。
  • IPOの説明は間違いのないよう十分配慮していますが、説明が誤っている場合、または制度が変更になった場合もございます。公式サイトにて最新情報をご確認下さい。
  • IPOの抽選・申込みに関してはブックビルディングの申込み先および目論見書をご確認して頂き「自己責任」にて行なって下さい。
  • お問合せはこちらのお問合せフォームへどうぞ