楽天証券のIPOは過去の取引実績で当選確率が変わります。

楽天証券の紹介

楽天証券

楽天証券は、楽天グループの証券会社です。

オンライン・トレーディングツール「マーケットスピード」は、一定の条件をクリアすることにより無料で利用することができます。(99%以上が無料で利用)

Macで利用可能な「Mac版」も用意されています。


楽天証券の基本情報

楽天証券は、取引のスタイルにより3つのコースがあります。

  • 1回の取引金額ごとで決まる「超割コース」
    ⇒ 通常の取引プラン
  • 1日の取引金額の合計で決まる「いちにち定額コース」
    ⇒ ディトレードなど頻繁に取引する方向け

1注文の約定代金に対して手数料がかかる「超割コース」の場合。(税抜価格 / 2018.4.19時点)

~5万円 ~10万円 ~20万円 ~50万円 ~100万円
50円 90円 105円 250円 487円

1日の約定代金合計額に対して手数料がかかる「いちにち定額コース」の場合。(税抜価格 / 2018.4.19時点)

~5万円 ~10万円 ~20万円 ~50万円 ~100万円
0円 0円 191円 429円 762円

参考までに

1日の約定代金合計額に応じて手数料が決まる「いちにち定額コース」では、10万円以下の手数料が無料です。

楽天グループらしく、取引により楽天市場等のグループで利用できる楽天スーパーポイントがたまります。

楽天証券のIPO 抽選方法

楽天証券は、原則として抽選により配分(当選)になります。

申し込み株数に応じて抽選番号(乱数)が付与され、番号を対象に抽選が始まります。

よって、より多い株数(口数)を申し込んだ方が、当選に有利になります。(申し込み数には上限あり)

以前(2018年5月以前?)は、過去の取引実績に応じて3つのカテゴリ(ランク)に分けられ、当選確率が変わっておりましたが、抽選になったようです。

楽天証券のIPO実績

「楽天証券」の過去3年間のIPO実績です。

 
主幹事数
引受幹事数(委託含む)

引受幹事数は少ないですが、IPOの当選機会を増やすには楽天証券の口座開設も欠かせません。

楽天証券

口座開設時に迷いそうな記入ポイントを下記にまとめてみました。
参考にしながら入力できるように、別画面で開きます。

IPOにはじめて申し込む人は、こちらも参考にどうぞ。

株式サイト

カブスル | 株式投資を勉強する入門サイト

株式サイトカブスルの紹介記事も参考にどうぞ。

こちらの記事は、IPO歴13年の運営者が執筆しています。
現在記事をすべて見直しています。一部の記事は修正前で読みづらいと思います。申し訳ありません。