サイバートラスト(4498):IPO上場情報

サイバートラスト

サイバートラストは、グループとしてトラストサービス事業を展開している企業です。

トラストサービスとは、さまざまなモノがインターネットサービスやインターネットに繋がり、またIT技術の活用によってあらゆるモノやプロセスがデジタル化される昨今のデジタル社会において「ヒト」「モノ」「コト」の正しさを証明し、顧客のサービスの信頼性を支えるサービス。

サービス区分は「認証・セキュリティ」「IoT」「OSS」の3つ。

トラストサービス

認証・セキュリティサービス

SSL/TLS証明書により、Webサイトの運営組織が実在することを証明。
国内のEVSSL/TLS証明書市場において枚数シェアでNo.1。

デバイス認証証明書サービスは、あらかじめシステム担当者が許可したモバイル端末だけを社内ネットワークにアクセスできるようにするサービスです。

電子認証サービスでは、電子取引の信頼性を高めるための電子署名、eシール、タイムスタンプなどを含む包括的な本人確認・電子署名サービスを提供しています。

OSSサービス

LinuxOSに代表されるオープンソースを活用したエンタープライズ向けサービスでは、OSからシステム監視、システムバックアップ等の製品を提供し、ITインフラが正しく動作することを支援。

IoTサービス

IoT機器の脆弱性の低減や脅威への対策、更新ソフトウエアを安全に配信できる仕組みなど、IoT機器のライフサイクルを通して、安心・ 安全に利用できる仕組みを提供。

EM+PLS の特長

働き方改革の政府の要望、新柄コロナウィルスの影響でテレワークの需要が伸びていますが、同社のサービスもセキュリティを高めるために必須のサービスです。

グループは同社と連結子会社4社および持分法適用関連会社2社で構成。

従業員数は2021年2月末で214名、平均年齢は40.6歳、平均勤続年数は8年、平均年間給与は680.6万円。

2020年4月17日に上場予定でしたが、コロナショックにより延期となっていました。


サイバートラストのIPOの内容や事業内容は日本取引所グループに掲載されています。
庶民のIPOは、初心者でもIPOに参加しやすいよう要約し、評価や初値予想を掲載。はじめての人へ

サイバートラストの上場日

A
  • 業績:好調
  • IPO人気:あり
  • オファリングレシオ:低い
  • 調達金額:小さい
  • ベンチャーキャピタル:上位株主なし

上場日 2021/4/15 (木) 証券コード 4498
市場 東証マザーズ 業種 情報・通信業
Webサイト Webサイト 単元株 100株
Yahoo!
ファイナンス
サイバートラスト(4498)
時価総額
6,491百万円(公開価格で計算)
26,983百万円(初値で計算)

サイバートラストのブックビルディング内容

ブックビルディング期間中に、幹事証券からIPOに申し込みましょう。

ブックビルディング期間

2021/3/31 (水) ~ 4/5 (月)

仮条件 1,600円~1,660円 (抽選資金:16万円 ~ 16.6万円)
当選口数 6,325口
発行済株式数 3,910,600株 オファリングレシオ 16.1%
公募株数 250,000株 売出株数 300,000株
吸収金額 10.4億円 O.A分 82,500株
仮条件決定日 3/29 (月) 公開価格決定日 4/6 (火)
購入期間 4/7 (水) ~ 4/12 (月)

※ 吸収金額は公募株、売出株、OA分を合計して計算。
※ 申込・購入期間は証券会社により短くなっている場合があります。

サイバートラストの公開価格と初値

仮条件 1,600円~1,660円
公開価格 1,660円 初値 6,900円
騰落率 315.66%  倍率  4.16倍
初値売り損益 524,000円(6,900円 - 1,660円)× 100株

サイバートラストの初値予想と予想利益

サイバートラストの初値予想と予想利益です。

仮条件決定後

仮条件

1,600円 ~ 1,660円 ※抽選資金:16万円 ~ 16.6万円

初値予想 2,490円 ~ 2,980円
(1.5倍~1.8倍)
予想利益 8.3万円~13.2万円

仮条件決定前

仮条件の想定価格 1,660円あたり ※抽選資金:16.6万円あたり
初値予想 2,490円 ~ 2,980円 (1.5倍~1.8倍)
予想利益 8.3万円~13.2万円
送信中...

初値予想アンケート

サイバートラスト(4498)の初値予想アンケートに、ご協力をお願いします。

目論見書の想定価格(1,660円)を基準価格としています。

有効回答:565   投票期限:2021/4/14 (水) 23:59まで
3倍以上(4,980円以上)
400票  71%
投票済み

2.5倍以上~3倍未満(4,150円以上~4,980円未満)
55票  10%
投票済み

2倍以上~2.5倍未満(3,320円以上~4,150円未満)
42票  7%
投票済み

1.5倍以上~2倍未満(2,490円以上~3,320円未満)
40票  7%
投票済み

1.2倍以上~1.5倍未満(1,992円以上~2,490円未満)
14票  2%
投票済み

1倍以上~1.2倍未満(1,660円以上~1,992円未満)
5票  1%
投票済み

公募割れ(1,660円未満)
9票  2%
投票済み

サイバートラストの主幹事と幹事証券

サイバートラストのIPOを取り扱っている証券会社です。

サイバートラストの割当数とネット抽選の当選数

目論見書で公表されている証券会社の割当数と、ネット抽選分の当選数(個人配分)の予想です。

割当数にネット抽選分のパーセンテージをかけた単純な計算ですので、参考程度にお願いします。

証券会社 割当率 割当数 ネット抽選分
主幹事
みずほ証券
87.83% 555,500株 555口
SBI証券 5.22% 33,000株 198口
大和証券 5.22% 33,000株 33口
楽天証券 0.87% 5,500株 55口
いちよし証券 0.87% 5,500株 0口

CONNECTのネット抽選分は、3口あたりが想定されます。大和証券の約1%

現金1万円+5千円のキャッシュバックがもらえる口座開設タイアップ企画を行っています。
抽選資金が不要の岡三オンライン証券松井証券。平等抽選のauカブコム証券。落選でポイントが貯まるSBI証券


サイバートラストの決算情報

単独 財務情報 (単位/千円)

決算期 2020年3月 2019年3月 2018年3月
売上高 4,419,033 4,167,266 2,629,590
経常利益 529,331 436,775 369,144
当期利益 346,611 194,788 269,078
純資産 3,434,387 3,087,775 2,614,217
配当金
EPS 94.69 53.76 20,992.24
BPS 938.20 843.52 148,005.30
※配当金、EPS、BPSは(単位/円)

連結 財務情報 (単位/千円)

決算期 2020年3月 2019年3月
売上高 4,421,401 4,168,907
経常利益 535,617 440,438
当期利益 350,748 207,748
純資産 3,444,846 3,094,139
EPS 95.82 57.34
BPS 941.06 845.25
※EPS、BPSは(単位/円)
業績

上位株主とロックアップ情報

サイバートラストの上位10名の株主構成、ロックアップの情報です。

株主名 株数 売出数 ロックアップ
SBテクノロジー(株) 2,632,600株
64.83%
300,000株 180日間
(有)SPCトラスト※ 400,000株
9.85%
-
日本電気(株) 224,000株
5.52%
- 180日間
(株)オービックビジネスコンサルタント 224,000株
5.52%
- 180日間
(株)ラック 224,000株
5.52%
- 180日間
(株)エヌ・ティ・ティ・データ 64,000株
1.58%
- 180日間
(株)日立製作所 64,000株
1.58%
- 180日間
(株)サンブリッジコーポレーション 64,000株
1.58%
- 180日間
セコム(株) 64,000株
1.58%
-
大日本印刷(株) 64,000株
1.58%
-

※SPCトラストは、新株予約権による潜在株式数及びその割合。

詳細は目論見書にてご確認ください。

直近の類似IPOの上場結果

サイバートラストと同じホットワードのIPOの上場結果です。

「テレワーク」がついたIPOの上場結果。

IoT」がついたIPOの上場結果。

サイバートラストと市場と業種が同じIPOの上場結果。

「市場:東証マザーズ」かつ「業種:情報・通信業」のIPO結果です。

  • 2021/03/30 Appier GP
    初値売り損益:43,000円
    (騰落率:26.88%、倍率:1.27倍)
  • 2021/03/30 スパイダープラス
    初値売り損益:56,200円
    (騰落率:48.45%、倍率:1.48倍)
  • 2021/03/25 ジーネクスト
    初値売り損益:162,100円
    (騰落率:131.79%、倍率:2.32倍)
  • 2021/03/24 Sharing Innovations
    初値売り損益:180,000円
    (騰落率:63.16%、倍率:1.63倍)
  • 2021/03/19 ココナラ
    初値売り損益:110,000円
    (騰落率:91.67%、倍率:1.92倍)

IPOのポイント

サイバートラストは、SBテクノロジーの子会社です、
SBテクノロジーが、サイバートラストの議決権の71.92%を所有しています。

サイバートラストはソフトバンクグループ。親会社はこちら。

売上高の割合は2020年3月期の総売上高に占める割合。

サービスの提供形態は3つ。売上高はリカーリングサービスの割合が60.8%と高いです。

売上構成比

Googleなどでは、常時SSL化を推進しており、SSL化していないWebサイトには警告が表示されます。
同社が取り扱っているSSL/TLS証明書は、Webサイト運営において必須の証明書でもあります。(庶民のIPOも他社のものを導入しています)

また、同社のiTrustサービスは電子認証(電子署名、タイムスタンプ、eKYC:電子的本人確認)サービスに利用されています。

2020年4月17日に上場予定でしたが、コロナショックにより延期となっていました。

参考までに中止時と今回との比較です。
価格を上げ公開株数を増やし、前回の中止時より強気設定です。(前回はコロナ禍だったので小さめでした)

今回(2021/4/15) 前回(2020/4/17)
時価総額 6,491百万円
(想定価格)
4,382百万円
(想定価格)
公開価格 1,660円 1,150円
公募株数 250,000株 150,000株
売出株数 300,000株 200,000株
吸収金額 10.4億円 4.6億円
オファリングレシオ 16.1% 10.5%

その他の違いとして、前回はみずほ証券とSBI証券のみ幹事証券でしたが、今回は5社に増えています。

カブスルはコロナ禍でも上場できる事業内容だと思っていましたし、再承認もされるだろうと思っていました。

参考までに

評価は下記を考慮して、人気が高い「A」に設定しました。

  • IPOで人気のある「DX支援」「IoT」事業。(データ
  • 業績が好調。コロナ禍でも落ちていない。(決算情報
  • 働き方改革、新型コロナウィルスによりテレワークは需要あり。
  • 上場による知名度アップで、業績への貢献期待。
  • オファリングレシオが16.1%と低い。オファリングレシオによる実績
  • 市場からの吸収金額が10.4億円とやや小さい。吸収金額による実績
  • コロナ禍でも強い事業内容。
  • 市場で敬遠される親子上場
  • グループに頼り切った売上ではない。
  • 新型コロナウィルスの収束が未定。
  • 株式市場が高値圏にあり、やや警戒感あり。(調整あるかも)

目論見書の想定仮条件は1,660円。初値予想は2,490円 ~ 2,980円としました。
予想利益は 8.3万円~13.2万円です。

幹事数が増えてきた楽天証券や、落選しても次回以降の当選チャンスに活かせるポイントが付与されるSBI証券がおすすめです。

庶民のIPO限定のタイアップ企画を行っていますので、口座開設がまだの方は お得なこの機会に是非どうぞ(  ̄∇ ̄)

口座開設タイアップ企画
  • 岡三オンライン証券
    抽選資金不要で幹事数が多い
    口座開設+1回の取引で現金3,500円がもらえる。
  • SBI証券
    幹事数は9割以上とかなり多い!
    口座開設+入金・振替で現金2,000円がもらえる。
  • 松井証券
    抽選資金不要で幹事数が多い
    口座開設で最大5千円のキャッシュバック。
  • auカブコム証券
    全体の2~3割の委託幹事に
    口座開設+投資信託の購入で現金2,000円がもらえる。

現金1万円+5千円のキャッシュバックがもらえる口座開設タイアップ企画を行っています。
抽選資金が不要の岡三オンライン証券松井証券。平等抽選のauカブコム証券。落選でポイントが貯まるSBI証券


送信中...

ご意見箱(投書/返答不可)

ご意見、ご要望、ご感想などお気軽にお寄せください。ご意見がダイレクトに届きます。
返答の必要なご質問IPO質問集をご確認の上 お問い合わせよりご連絡ください。

ご意見は今後のサイト運営の参考にさせて頂きます。
また、みなさんの嬉しい当選報告もありがとうございます。