Liberaware(リベラウェア)(218A):IPO上場情報と初値予想


Liberawareは、ドローン・ロボット等により撮影したインフラ施設・設備等の映像情報を基に、顧客の安全性・生産性向上に資するデータへ加工して提供するソリューションを展開している企業です。主要顧客は製鉄業・鉄道業・建設業・製造業・官公庁。

インフラ施設等へのDXソリューションを提供

IPO的には需給が絞られており、株価が低い低位株はお祭り状態となり株価がスルスルと上昇することがあり。

ドローンという目に引きやすい事業であることも考えると、業績はそれほど気にされず買われそうな気もします。

※詳細は企業紹介IPOのポイントにて。


LiberawareのIPOの内容や事業内容は日本取引所グループに掲載されています。
本ページで掲載している画像は、Liberawareの目論見書から引用しています。
庶民のIPOは、初心者でもIPOに参加しやすいよう要約し、評価や初値予想を掲載。はじめての人へ

Liberaware(リベラウェア)の上場日

B
  • 業績:不安
  • オファリングレシオ:やや低い

上場日 2024/7/29(月) 証券コード 218A
市場 東証グロース 業種 精密機器
Webサイト Webサイト 単元株 100株
Yahoo!ファイナンス Liberaware(リベラウェア)(218A)
時価総額
58.4億円(仮条件の上限で計算)

Liberaware(リベラウェア)のブックビルディング内容

ブックビルディング期間中に、幹事証券からIPOに申し込みましょう。

ブックビルディング期間

2024/7/11 (木) ~ 7/18 (木)

仮条件 295円~310円 (抽選資金:2.95万円 ~ 3.1万円)
当選口数 36,166口
発行済株式数 18,836,700株 オファリングレシオ 19.1%
公募株数 1,700,000株 売出株数 1,444,900株
吸収金額 10.6億円~11.2億円 O.A分 471,700株
仮条件決定日 7/10 (水) 公開価格決定日 7/19 (金)
購入期間 7/22 (月) ~ 7/25 (木)

※ 吸収金額は公募株、売出株、OA株を含む。
※ 申込・購入期間は各証券会社で異なります。

Liberaware(リベラウェア)の公開価格と初値

仮条件 295円~310円
公開価格 7/19 (金)に決定 初値 (初値予想)410円 ~ 560円※7/10 修正
騰落率 -  倍率  -
初値売り損益 (予想利益)10,000円~25,000円※7/10 修正

※予想利益は仮条件の上限価格を基にしています。

Liberaware(リベラウェア)の初値予想と予想利益

Liberaware(リベラウェア)の初値予想と予想利益です。予想利益は仮条件の上限価格を基にしています。

仮条件と初値予想

仮条件 295円 ~ 310円 ※抽選資金:2.95万円 ~ 3.1万円
上限は5.1%上ブレ↑
初値予想 410円 ~ 560円※7/10 修正
(1.3倍~1.8倍)
予想利益 1万円~2.5万円

想定価格と初値予想

想定価格 295円あたり ※抽選資金:2.95万円あたり
初値予想 390円 ~ 530円 (1.3倍~1.8倍)
予想利益 9,500円~2.35万円
送信中...

初値予想アンケート

Liberaware(リベラウェア)(218A)の初値予想アンケートに、ご協力をお願いします。

仮条件の上限(310円)を基準価格に修正しています。

有効回答:393   投票期限:2024/7/28 (日) 23:59まで
3倍以上(930円以上)
246票  63%
投票済み

2.5倍以上~3倍未満(775円以上~930円未満)
17票  4%
投票済み

2倍以上~2.5倍未満(620円以上~775円未満)
31票  8%
投票済み

1.5倍以上~2倍未満(465円以上~620円未満)
30票  8%
投票済み

1.2倍以上~1.5倍未満(372円以上~465円未満)
25票  6%
投票済み

1倍以上~1.2倍未満(310円以上~372円未満)
21票  5%
投票済み

公募割れ(310円未満)
23票  6%
投票済み

Liberaware(リベラウェア)の主幹事と幹事証券

Liberaware(リベラウェア)のIPOを取り扱っている証券会社です。

現金7,500円+2,000ポイントがもらえる口座開設タイアップ企画を行っています。
抽選資金が不要の岡三オンライン松井証券。平等抽選のauカブコム証券。落選でポイントが貯まるSBI証券


Liberaware(リベラウェア)の決算情報

単独 財務情報 (単位/千円)

決算期 2023年7月 2022年7月 2021年7月
売上高 379,604 260,461 161,384
経常利益 -635,861 -455,735 -316,671
当期利益 -641,105 -456,073 -322,086
純資産 563,290 304,426 238,919
配当金
EPS -46.74 -36.20 -305,031.33
BPS -104.16 -79.46 -521,684.57
前期比(売上高) 45.7% 61.4%
※配当金、EPS、BPSは(単位/円)
業績

Liberaware(リベラウェア)のPERとPBR

仮条件の上限(310円)で算出したPERとPBRです。

決算月 PER PBR EPS BPS
2022年7月
(実績)
- - -36.20 -79.46
2023年7月
(実績)
- - -46.74 -104.16

Liberaware(リベラウェア)の配当金と配当利回り

仮条件の上限(310円)と配当金で算出した配当利回りです。

決算月 1株あたり
の配当金
配当利回り 配当性向
2023年7月
(実績)
0円 - -

上位株主とロックアップ情報

Liberaware(リベラウェア)の上位10名の株主構成、ロックアップの情報です。

株主名 株数 売出数 ロック
アップ
閔 弘圭 代表取締役 3,446,000
18.30%
- 180日
BIG2号投資事業有限責任組合 VC 2,217,400
11.78%
104,800 90日/
1.5倍
AI・テクノロジー・イノベーショ ン・ファンド3号有限責任事業組合 VC 2,100,000
11.15%
-
千葉道場ドローン部1号投資事業有限責任組合 VC 1,390,000
7.38%
417,000 90日/
1.5倍
みやこ京大イノベーション2号投資事業有限責任組合 VC 980,000
5.20%
294,000 90日/
1.5倍
和田 哲也 取締役 980,000
5.20%
- 180日
千葉道場ドローン部2号投資事業有限責任組合 VC 756,000
4.01%
226,800 90日/
1.5倍
AI・テクノロジー・イノベーショ ン・ファンド3号アルファ有限責任事業組合 VC 680,000
3.61%
36,300 90日/
1.5倍
野平 幸佑 従業員 640,000
3.40%
- 90日
コタエル信託株式会社 498,500
2.65%
(498,500)
- 180日
※()内の数値は、新株予約権による潜在株式数。
  • 90日のロックアップ期間は、2024年10月26日まで
  • 180日のロックアップ期間は、2025年1月24日まで
詳細は目論見書にてご確認ください。

直近の類似IPOの上場結果

Liberaware(リベラウェア)と同じホットワードのIPOの上場結果です。

「超低位株」のIPOの直近の結果です。

  • 2024/06/14 Chordia Therapeutics
    初値売り損益:10,200円
    (騰落率:66.67%、倍率:1.67倍)
  • 2023/04/12 ispace
    初値売り損益:74,600円
    (騰落率:293.70%、倍率:3.94倍)
  • 2022/12/27 ELEMENTS
    初値売り損益:15,200円
    (騰落率:95%、倍率:1.95倍)
  • 2022/12/22 jig.jp
    初値売り損益:13,600円
    (騰落率:40%、倍率:1.40倍)
  • 2022/12/21 note
    初値売り損益:18,100円
    (騰落率:53.24%、倍率:1.53倍)

Liberaware(リベラウェア)と市場と業種が同じIPOの上場結果です。

「市場:グロースまたは東証マザーズ」かつ「業種:精密機器」の直近のIPO結果です。

  • 2016/12/16 シンシア
    初値売り損益:-15,000円
    騰落率:-7.14%、倍率:0.93倍
  • 2014/03/26 CYBERDYNE
    初値売り損益:481,000円
    騰落率:130%、倍率:2.30倍

Liberaware(リベラウェア)のIPO分析

主要顧客は製鉄業・鉄道業・建設業・製造業・官公庁など。
海外は韓国を中心に事業展開を進めており、東南アジア各国の進出方法も検討に。
IPOによる調達資金の一部は韓国紙の新規拠点の設立費用に。

能登半島地震で屋内点検ドローンIBIS2により、倒壊家屋調査やライフラインの復旧支援を行ったとして、経済産業省より感謝状を今年6月にもらっています。3月には東京電力福島第一原発の点検を実施。
目論見書をみると過酷な現場に耐えうる各技術を採用しており技術の結晶感がとてもあります。

主な販売相手先はこちら。CalTaはJR東日本グループと設立した関連会社。
JR東日本は188万株の親引け(IPO株の販売先を指定)もあり。

販売実績

ブルーイノベーション(5597)や、ACSL(旧:自律制御システム研究所)(6232)が競合かな。ACSLは上場時期が悪く公募割れ。

IPO Liberaware(218A7) ブルーイノベーション(5597) ACSL(6232)
事業内容 屋内狭小空間点検ドローンの開発 複数のドローンやロボット、センサーなどデバイスを遠隔で制御・統合管理 商業用ドローンの製造販売および無人化・IoT化に係るサービスの提供
創業 2016年8月 1999年6月 2013年11月
上場月 2024年7月 2023年12月 2018年12月
前期売上高 3.7
億円
12.6
億円
2023年12月期
8.9
億円
2023年12月期
上場時の
時価総額
58.4
億円
仮条件の上限価格
60.7
億円
公開価格
345.2
億円
公開価格
IPOの
調達額
11.2
億円
13.5
億円
101
億円
公開価格 310円

仮条件の上限価格
1,584円 3,400円
初値
騰落率
- 2,023円
(27.7%)
2,830円
(-16.7%)
オファリングレシオ 19.1% 22.3% 29.2%
PER
2024.7.7
赤字 赤字 赤字
PBR
2024.7.7
- 4.1倍 8.2倍
現在の株価
2024.7.7
- 960円 859円
現在の
時価総額
2024.7.7
- 37.8億円 128.1億円

ブルーイノベーションとは共催セミナーを今年4月に開催されていました。
「能登半島地震災害支援から見えたドローン点検技術と人材育成」「屋内ドローン点検2社代表が語る実践的DXとは」

Liberawareは前期実績で売上高は3.8億円。6.4億円の純損失。EPS、BPS共に下落傾向。
人が入り込めない場所や災害時には非常に役立つ技術だなとは思いつつも、同業他社をみて黒字化のイメージがあまり出来ず。

ちなみに企業としての評価額は2023年8月時点とほぼ変わっていません。

IPO的には需給が絞られており、株価が低い低位株はお祭り状態となり株価がスルスルと上昇することがあり。

ドローンという目に引きやすい事業であることも考えると、業績はそれほど気にされず買われそうな気もします。

仮条件決定時に価格やグロース市況を考慮して、評価を一段引き上げる可能性があります。

参考までに

評価は下記を考慮して、中立の「B」に設定しました。

中立
  • 売上高は右肩上がり。ただし、開発費等で赤字。先行投資が続きそう(決算情報
  • 需給が絞られており初値が上昇しやすい
  • オファリングレシオが19.1%とやや低いIPOデータ
  • 国家プロジェクトに係る研究開発費と補助金収入あり
  • 購入単価が低いIPOが好調抽選資金による実績
  • 大手企業への導入実績あり
  • 株価が低い超低位株。マネーゲーム化されやすく初値にプラスデータ
  • 成長をイメージしにくい事業内容
  • 上場市場の東証グロース市場が軟調。特に赤字企業は厳しい株価に
  • 特定顧客への売上比率(依存度)が高い
  • ベンチャーキャピタルの保有株が全体の57.7%と多い。
    ロックアップなしが一社、他は公開価格の1.5倍でロックアップ解除(売り圧力)
  • 配当実績なし
  • 188万株の親引け(JR東日本)により需給がその分絞られる予定

7.10追記。仮条件が295円 ~ 310円に決定。(想定価格は295円。上限価格で5.1%の上振れに)
初値予想を410円 ~ 560円に修正し、予想利益を1万円~2.5万円としました。

目論見書の想定仮条件は295円。初値予想は390円 ~ 530円としました。
予想利益は9,500円~2.3万円です。

カブスルは幹事証券にてIPOに積極参加します。
初値売りは大丈夫そう。長期的に持つなら海外事業の展開が気になります。

ワンポイント

主幹事はSMBC日興証券です。
IPOの一連の流れを取りしきる立場にあり、IPOの当選数が一番多いです。

また、資金力に左右されない平等抽選を採用していますので当選確率は一緒です。
カブスルは24回 IPOに当選。

落選しても次回以降の当選チャンスに活かせるポイントが付与されるSBI証券もおすすめです。

カブスルはこちらの2社だけでIPOに58回当選しています(全当選数の38.7%)

松井証券岡三オンライン岡三証券は、ブックビルディング時の抽選資金が不要です。
当選後に購入資金を入金すれば良いので気軽に参加できます。

特に松井証券はIPOの引受部門にチカラを入れており、幹事数が増えています(5割目標)

そのほかに楽天証券岩井コスモ証券でも参加が可能です。

ブックビルディングの参加スタンスは Twitterにて発信しています。

庶民のIPO限定のタイアップ企画を行っていますので、口座開設がまだの方は お得なこの機会に是非どうぞ(  ̄∇ ̄)

口座開設タイアップ企画現金やポイントがもらえる!

口座開設タイアップ企画
  • 岡三オンライン
    抽選資金不要で幹事数が多い
    口座開設+1回の取引で現金3,500円がもらえる!
  • SBI証券
    幹事数は9割以上とかなり多い!
    口座開設+入金・振替で現金2,000円がもらえる!
  • 松井証券
    抽選資金不要で幹事数が多い
    口座開設+ネット銀行の入金で2,000ポイントがもらえる!
  • auカブコム証券
    全体の2~3割の委託幹事に
    口座開設+投資信託の購入で現金2,000円がもらえる!

企業紹介

Liberawareは、ドローン・ロボット等により撮影したインフラ施設・設備等の映像情報を基に、顧客の安全性・生産性向上に資するデータへ加工して提供するソリューションを展開している企業です。

インフラ施設等へのDXソリューションを提供

ドローン等によるインフラ・プラントの調査・点検・測量に資するデータの提供や、ドローンの製造・販売を実施する「ドローン事業」と、ドローン等により取得したデータの画像処理技術等により、映像、3次元データ、異常検知に資する情報等をデジタル上に構築・提供する「デジタルツイン事業」、そして、両事業を支える事業として、当社の技術力やノウハウをベースにした新しいソリューションを開発する「ソリューション開発事業」を合わせた3つの事業を展開。

事業内容

設立は2016年8月
従業員数は52名、平均年齢は37.4歳、平均勤続年数は2.7年、平均年間給与は792.6万円(2024年5月末)

LiberawareのIPOの内容や事業内容は日本取引所グループに掲載されています。
本ページで掲載している画像は、Liberawareの目論見書から引用しています。
庶民のIPOは、初心者でもIPOに参加しやすいよう要約し、評価や初値予想を掲載。はじめての人へ

現金7,500円+2,000ポイントがもらえる口座開設タイアップ企画を行っています。
抽選資金が不要の岡三オンライン松井証券。平等抽選のauカブコム証券。落選でポイントが貯まるSBI証券


送信中...

ご意見箱(投書/返答不可)

ご意見、ご要望、ご感想などお気軽にお寄せください。ご意見がダイレクトに届きます。
※氏名、電話番号等、個人の特定できる情報の記入はご遠慮ください。

返答が必要なご質問はIPO質問集をご確認の上、お問い合わせよりご連絡ください。

ご意見は今後のサイト運営の参考にさせて頂きます。
また、みなさんの嬉しい当選報告もありがとうございます。