野村證券はIPOにオススメ。幹事数が多く抽選資金不要

野村證券

野村證券は、大正14年創業の日本を代表する大手証券会社です。

主幹事数をはじめとして幹事数が多く、IPOに参加できる機会が多いです。

IPOの抽選に資金不要で参加できるので、気軽にIPOに申し込めます。

野村證券はネット取引と対面取引を選べる

野村證券は、ネット取引の「野村ネット&コール」と、店頭窓口で対面取引を行う「本・支店」の2つの取引方法を選べます。

コース 取引
手数料
店頭
相談
IPOの
割当率
配布方法 前受金
野村ネット&コール 安い できない 全体の
10%
平等抽選 不要
本・支店 高い できる 全体の
90%
裁量配分 不要

2つのコースはそれぞれ長所があります。

本支店コースは、相談しながら資産運用を任せたい方向き。
野村ネット&コールは、取引手数料を安く抑えたい一般投資家向きです。

IPO当選を目指すなら、一般の方は平等抽選の野村ネット&コールがオススメです。(理由は後述

野村ネット&コールと本・支店取引の売買手数料です。

株式委託手数料(税込) / 2022.6.1時点
コ-ス 10万円 30万円 50万円 100万円
野村ネット&コール
(ネット取引)
152円 330円 524円 1,048円
本・支店
(店頭取引)
2,860円 4,290円 7,150円 12,188円

野村證券の主幹事率は2~3割、幹事数も4割と多い

野村證券*の直近3年間のIPO実績です。

証券会社最大手で、幹事数は全体の4割~5割と多いです。

 
主幹事数
引受幹事数

また、大手証券会社ならではの主幹事になる機会が多いです。

主幹事は全体の2~3割を務めており、IPOの当選を目指すなら口座開設しておきたい証券会社になります。

野村證券

野村證券のネット取引は資金ゼロでもIPOに参加できる

野村證券は、IPOの抽選資金が不要の証券会社です。

つまり、口座への入金がゼロでもブックビルディングに参加できます。

IPOで抽選資金が不要なので庶民に優しい!

IPOに当選した場合、IPO株を購入する購入資金を用意(入金)し、購入申込をします。

つまり 証券会社の入金は、抽選に当せんしてからでOKです。

IPOに参加するハードルが低いので、IPO初心者や投資資金が少ない方にもオススメです。
是非、運試しで気軽に参加してみてください。

一般の方に野村ネット&コールがオススメの理由

野村證券は2つの取引コースがありますが、一般の方がIPO当選を目指すのであれば、平等抽選の野村ネット&コールがオススメです。

コース 取引
手数料
店頭
相談
IPOの
割当率
配布方法 前受金
野村ネット&コール 安い でき
ない
全体の
10%
平等抽選 不要
本・支店 高い できる 全体の
90%
裁量配分 不要

本支店コースの割当率は90%と当選数が多いですが、営業マンの裁量配分で配られていきます。

裁量配分では、営業マンのお得意さんに優先的に配られます。
証券会社への投資資金が数千万円以上~数億円と多く、取引も活発で手数料の総支払額が多い人など。

一般の方は本支店コースに口座開設しただけで、IPOを営業マンから配布されることは まずありません。
(不人気のIPOは回ってくる可能性があります)

野村ネット&コールは、全体の10%しか割当が回ってきませんが、平等抽選なので公平に当選機会があります。

カブスルも入金ゼロですが、野村證券からIPOに9回 当選しています。

野村證券に口座開設しよう

野村證券は、IPO当選狙いに必須の証券会社です。

  1. 幹事数が全体の4割~5割で多い。主幹事数は2割~3割
  2. ブックビルディング時に入金が必要ない
  3. ネット取引は公平抽選
  4. カブスルは9回当選

また、個人的にオススメの理由として、お問い合わせをしたときの返答も非常に良いです。
(対応が良い証券会社と悪い証券会社あり)

野村證券(ネット&コール)は、入金ゼロ円でIPOに参加できるので、IPO初心者にもオススメできます。
下記のリンクは、IPOにおすすめの野村ネット&コール口座になります。

野村證券

野村證券【口座開設資料請求】
野村證券【口座開設資料請求】

現金1万円+5千円のキャッシュバックがもらえる口座開設タイアップ企画を行っています。
抽選資金が不要の岡三オンライン松井証券。落選でポイントが貯まるSBI証券