「IoT」は「モノのインターネット化」と呼ばれており、IPOでは人気が高い分野です。

IoTとは?

「IoT」は「アイ・オー・ティー」と読み、「モノのインターネット化」と呼ばれています。
「Internet of Things(インターネット・オブ・シングス)」の略になります。

「モノ」のデータを「インターネット」を介して情報収集し、効率的な運用や改善に活かす仕組みです。

IoT活用の例

  • スマートフォンを使って、野外から屋内の家電を遠隔操作
  • 介護事業ではドアノブやトイレ等にIoTを活用し、異変を感じると連絡先へ自動へ通知するシステム

IoT関連のサービスは、成長分野としてIPOでも人気のある業種です。

IoT関連IPO

IoT関連銘柄で特に人気化したIPOです。

こちらの記事は、IPO歴14年の運営者が執筆しています。IPOに65回当選。長年の経験と実績による内容です。
株式投資歴は15年。NISAや株主優待など投資全般に詳しいです。