2010年 IPOのランキング・データ:庶民のIPO

IPOのランキング/実績データ

2010年 の「IPOのランキングや実績データ」を掲載しております。

データは2004年まであり、各年でそれぞれの実績データやランキングを確認出来ます。

ワンポイント

IPOの実績データは、証券会社の口座開設や今後のIPOのブックビルディング参加の参考になるかと思います。

過去のデータも掲載しておりますので、合わせてご利用下さい。

改善や実装して欲しい機能などがありましたら 検討させて頂きますのでお気軽にお問合せフォームまでご意見をお寄せ下さい。

IPOの上場実績(2010年)

表示している年を変更する : 

2010年のIPOの上場実績です。

IPO上場数
初値 > 公募価格
22社
10社(45%)
騰落率(倍率)
初値で売却した際の利益[平均]
16.20% (1.16倍)
41,045円

2010年のIPOの各種データです。

初値売り利益額 TOP10(2010年)

表示している年を変更する : 

2010年に上場を果たしたIPO(22社)の「初値売りによる利益額 TOP10」です。

企業名
騰落率(倍率)
初値で売却した際の利益
パピレス
6/23上場公募価格:2,700円、初値:6,140円
127.41% (2.27倍)
344,000円
アニコム ホールディングス
3/3上場公募価格:2,000円、初値:4,000円
100% (2.00倍)
200,000円
イー・ガーディアン(株)
12/1上場公募価格:1,300円、初値:3,000円
130.77% (2.31倍)
170,000円
ボルテージ
6/11上場公募価格:2,300円、初値:3,500円
52.17% (1.52倍)
120,000円
日本メディカルネットコミュニケーションズ
12/21上場公募価格:840円、初値:1,750円
108.33% (2.08倍)
91,000円
エスクリ
3/5上場公募価格:650円、初値:1,001円
54% (1.54倍)
35,100円
第一生命保険
4/1上場公募価格:140,000円、初値:160,000円
14.29% (1.14倍)
20,000円
電算
6/24上場公募価格:3,500円、初値:3,600円
2.86% (1.03倍)
10,000円
大塚ホールディングス
12/15上場公募価格:2,100円、初値:2,170円
3.33% (1.03倍)
7,000円
ダイト
3/24上場公募価格:1,370円、初値:1,390円
1.46% (1.01倍)
2,000円

全てのIPOの上場実績はIPO 実績一覧にて閲覧できます。
利益額や騰落率による並び替えも可能です。

初値売り損益の分布(2010年)

表示している年を変更する : 

2010年に上場を果たしたIPO(22社)の「初値売り時利益」別データです。

初値売り時利益 IPO数 騰落率

初値売りによる
平均損益

0円以下 9社全体の41% -7.24% -10,678円
1円以上~10万円未満 6社全体の27% 14.45% 27,517円
10万円以上~20万円未満 2社全体の9% 80.56% 145,000円
20万円以上~30万円未満 1社全体の5% 100% 200,000円
30万円以上~40万円未満 1社全体の5% 127.41% 344,000円

主な証券会社の幹事数(2010年)

表示している年を変更する : 

2010年に上場を果たしたIPOは「22社」です。
主なIPOの「主幹事」及び「引受幹事証券(委託含む)」の取扱い実績です。

証券会社 主幹事数 引受幹事数
(委託含む)
主幹事 + 引受幹事数
(委託含む)

初値売りによる
平均損益

完全公平抽選
マネックス証券
0社 9社 9社全体の41% 33,300円
主幹事が多い
SMBC日興証券
0社 15社 15社全体の68% -2,133円
タイアップ中♪
SBI証券
1社 12社 13社全体の59% 59,254円
抽選資金不要
野村證券
16社 4社 20社全体の91% 45,450円
抽選資金不要
松井証券
0社 7社 7社全体の32% 61,071円
カブドットコム証券 0社 16社 16社全体の73% 25,750円
東海東京証券 0社 3社 3社全体の14% 3,167円
楽天証券 0社 3社 3社全体の14% 54,667円
みずほ証券 1社 11社 12社全体の55% 22,083円
丸三証券 0社 1社 1社全体の5% 20,000円

参考までに

IPO当選にお役立ちの記事です。

申し込み時の抽選資金が不要のライブスター証券と、現金2千円がもらえる当サイト限定の口座開設キャンペーンを行っています。
その他、各証券会社でお得な口座開設キャンペーンを行っています。

申し込みに必要な抽選資金の統計(2010年)

IPOの抽選に必要な抽選資金のデータです。
「抽選資金」は「公募価格 × 100株」として算出しています。

表示している年を変更する : 

2010年に上場を果たしたIPO(22社)の「抽選資金」別データです。

抽選資金 IPO数 初値 > 公募価格 騰落率

初値売りによる
平均損益

10万円以下 6社全体の27% 2社(33%) 29.08% 19,433円
10万円~20万円 8社全体の36% 4社(50%) 15.40% 42,500円
20万円~30万円 5社全体の23% 3社(60%) 35.48% 87,280円
30万円~40万円 2社全体の9% 1社(50%) 1.47% 5,000円
40万円~50万円 1社全体の5% 0社(0%) 0% 0円

これまでの管理人の経験として、抽選資金が40万円あればIPO全体の約9割の抽選に参加出来ます。
30万円あれば8割、20万円あれば5割、10万円あれば1~2割の抽選に参加出来ます。

IPOの評価ごとの実績(2010年)

表示している年を変更する : 

2010年に上場を果たしたIPO(22社)の5段階評価による実績です。

評価 IPO数 初値 > 公募価格 騰落率

初値売りによる
平均損益

市場注目度「S」 2社全体の9% 2社(100%) 115.74% 272,000円
市場注目度「A」 4社全体の18% 3社(75%) 69.51% 81,150円
市場注目度「B」 4社全体の18% 3社(75%) 14.40% 24,300円
市場注目度「C」 10社全体の45% 2社(20%) -1.65% -3,430円
市場注目度「D」 2社全体の9% 0社(0%) -7.85% -14,250円

評価が高いほど予想利益や騰落率は高くなり、公募割れのリスクは小さくなります。
データが証明してますね(  ̄∇ ̄)

業種データ(2010年)

表示している年を変更する : 

2010年に上場を果たしたIPO(22社)の業種別データです。

業種 IPO数 初値 > 公募価格 騰落率

初値売りによる
平均損益

化学 1社全体の5% 0社(0%) -5.94% -10,700円
医薬品 2社全体の9% 2社(100%) 2.59% 4,500円
電気機器 1社全体の5% 0社(0%) -7.50% -22,500円
精密機器 1社全体の5% 0社(0%) -6.67% -10,000円
その他製品 1社全体の5% 0社(0%) -7.50% -10,500円
情報・通信業 5社全体の23% 4社(80%) 56.07% 111,800円
卸売業 4社全体の18% 0社(0%) -3.81% -3,900円
小売業 1社全体の5% 0社(0%) 0% 0円
証券、商品先物取引業 1社全体の5% 0社(0%) 0% 0円
保険業 2社全体の9% 2社(100%) 15.49% 110,000円
サービス業 3社全体の14% 2社(67%) 56.36% 61,433円

AI(人工知能)やクラウド、ビッグデータなどを取り扱うIT関連業が「情報・通信業」に分類されており、人気化しやすいです。

上場市場データ(2010年)

表示している年を変更する : 

2010年に上場を果たしたIPO(22社)の「上場市場別」実績です。

市場 IPO数 初値 > 公募価格 騰落率

初値売りによる
平均損益

東証マザーズ 6社全体の27% 5社(83%) 58.83% 98,933円
JASDAQスタンダード 2社全体の9% 0社(0%) -8.13% -8,250円
東証一部 4社全体の18% 2社(50%) 13.58% 1,050円
東証二部 2社全体の9% 2社(100%) 2.46% 6,000円
JASDAQ 7社全体の32% 1社(14%) 23.84% 45,671円
NEO 1社全体の5% 0社(0%) -6.67% -10,000円

東証マザーズ、JASDAQスタンダードに上場するIPOは新興企業やベンチャー企業が多く、人気化しやすいです。

東証マザーズ吸収金額別データ(2010年)

表示している年を変更する : 

2010年に東証マザーズに上場を果たしたIPO(6社)の、吸収金額別の実績です。
吸収金額が大きいほど、騰落率は小さくなる傾向にあります。

吸収金額 IPO数 初値 > 公募価格 騰落率

初値売りによる
平均損益

5億円~10億円未満 2社全体の9% 2社(100%) 105.18% 102,550円
10億円~15億円未満 2社全体の9% 2社(100%) 67.20% 105,500円
15億円~20億円未満 1社全体の5% 1社(100%) 100% 200,000円
100億円以上 1社全体の5% 0社(0%) -7.50% -22,500円

月別の上場企業数(2010年)

表示している年を変更する : 

2010年に上場を果たしたIPO(22社)の「月別上場企業」データです。

例年、「3月」と「12月」がIPOの多い月になっています。

IPO数 初値 > 公募価格 騰落率

初値売りによる
平均損益

3月 6社全体の27% 3社(50%) 26.35% 35,750円
4月 2社全体の9% 1社(50%) 14.24% 10,000円
6月 4社全体の18% 3社(75%) 37.32% 118,500円
7月 1社全体の5% 0社(0%) -15.76% -20,800円
9月 2社全体の9% 0社(0%) -0.70% -1,500円
10月 1社全体の5% 0社(0%) -7.50% -10,500円
12月 6社全体の27% 3社(50%) 23.66% 38,133円

こちらの記事は、IPO歴14年の運営者が執筆しています。IPOに60回当選。長年の経験と実績による記事です。
株式投資歴は15年。NISAや株主優待など投資全般に詳しいです。

送信中...

ご意見箱(返答不可)

ご意見、ご要望、ご感想などお気軽にお寄せください。ご意見がダイレクトに届きます。
返答の必要なご質問IPO質問集をご確認の上 お問い合わせよりご連絡ください。

ご意見は今後のサイト運営の参考にさせて頂きます。
また、みなさんの嬉しい当選報告もありがとうございます。

IPO詳細は新規上場会社情報(日本取引所グループ)に掲載している目論見書にてご確認下さい。

申し込み時の抽選資金が不要のライブスター証券と、現金2千円がもらえる当サイト限定の口座開設キャンペーンを行っています。
その他、各証券会社でお得な口座開設キャンペーンを行っています。

お得なタイアップキャンペーン

2/28(木)まで!

お得なタイアップキャンペーン

ライブスター証券の口座開設で現金2,000円がもらえます。当サイト限定のキャンペーンです。

2/28(木)まで!

お得なタイアップキャンペーン

ライブスター証券の口座開設で現金2,000円がもらえます。当サイト限定のキャンペーンです。


IPO狙いにおすすめの証券会社

管理人のメイン証券会社

マネックス証券

完全公平抽選で当選確率が一緒。
引受幹事数も多い。

マネックス証券

店舗もある大手証券会社

SMBC日興証券

公平抽選で当選確率が一緒。
主幹事も引受幹事数も多い。

SMBC日興証券

個人投資家が最も多く利用

SBI証券

引受幹事数がネット証券最多。
IPOチャレンジポイント。

SBI証券

関連コンテンツ