東洋証券のIPOは店頭で参加が可能

東洋証券

東洋証券は、「中国株の東洋証券」と呼ばれ、中国市場に非常に強い力をもつことでもよく知られている証券会社です。

IPOについては、2019年10月現在、店頭のみで申し込みを受け付けています。

ネット取引のホームトレードでは取り扱っていません。


東洋証券の取引手数料

東洋証券は、中国株に強い証券会社です。

香港株は勿論、上海株・深セン株も取り扱い可能で、外貨による決済も、成行注文も、1週間注文も出せます。

インターネット取引の国内株式手数料。(税込 / 2019.10.1時点)
コース 20万円以下 30万円以下 50万円以下 100万円以下
一般コース 2,310円 2,656円 4,427円 8,855円

東洋証券のIPO実績

東洋証券の直近3年間のIPO実績です。

 
主幹事数
引受幹事数(委託含む)

年間、大体一割程度のIPOを取り扱っています。

東洋証券のIPO抽選・配分 方法

全体の配分数の中から、配布予定数量の10%が個人投資家へ回ってきます。

回ってきた配分数は、1口座1票の平等抽選で行われます。

参考までに

2019年10月現在、インターネット取引ではIPOの取り扱いを行っておりません。

IPOの申し込みは、対面営業店舗に口座をお持ちの方が対象となります。

東洋証券の口座開設

東洋証券のIPO申込は店頭からのみですが、口座開設は店頭やネットから可能です。

東洋証券

スポンサーリンク


抽選に外れても次回の当選チャンスに活かせるポイントが貯まるSBI証券、申し込み時の抽選資金が不要のライブスター証券と、現金6千円がもらえる庶民のIPO限定の口座開設キャンペーンを行っています。
その他、各証券会社でお得な口座開設キャンペーンを行っています。