最後まで見逃せない年内IPO特集

サンタさん

例年、12月のIPOは年間で最も多くなります。(年間件数の2割)

知名度が高い大型IPOや、将来性が期待できるスタートアップ企業のIPOが登場することもあり、12月は要注目です。

2023年12月は宇宙ベンチャーのQPS研究所の上場が決定!

2023年12月の注目IPOや、例年12月のIPOが多くなる理由を紹介します。

12月のIPOは年間件数の2割と多い!

年間の2~3割のIPO件数が12月に集中します。

※下記の表は11月24日時点の件数。

2023年はIPO市況が悪く、上場を2024年に先送りする企業もあるようです。
よって、例年より12月のIPO数がグッと少なくなりそうです。

2023年 2022年 2021年
12月のIPO数
(割合)
15社
(15.6%)
25社
(27.5%)
32社
(25.6%)
年間の件数 96社 91社 125社

件数が多くなる理由のひとつに、3月決算の企業が多いというのがあります。

3月決算 ⇒ 6月末までに決算書を作成。その後、上場の準備や審査で12月に集中する。

また、今年中に上場したいという駆け込み的な要素もあるようです。

12月は抽選資金が足りなくなるので選別が必要

抽選資金が足りない

12月はIPOが多く、すべてのIPOに申し込むと抽選資金はすぐに枯渇します。

そこで、IPOの評価が高く、予想利益が高いものを中心に参加しましょう!

IPOの参加不参加を見極める投資家の選別が始まる為、人気が低いIPOの公募割れリスクも高くなります。

また 同じ12月でも後半になるほど、抽選資金は枯渇しやすくなります。

IPOのスケジュールを管理し、応募忘れもないようご注意ください。

12月の注目IPOは4社!

2022年12月のIPOの中で、注目のIPOを4社紹介します。

抽選資金が限られている方は、この中から参加するIPOを選んでみてください。
予想損益は100株あたりの金額です。

IPO 予想損益 抽選資金
BB期間
備考
12/6
QPS研究所
1.4万円~
3万円
3.8万円
11/20~11/27
小型SAR衛星の開発、製造、小型SAR衛星より取得した画像データ販売を行っている九州大学発のスタートアップ企業
12/12
ブルーイノベーション
3.9万円~
7.8万円
13万円
11/27~12/4
複数のドローンやロボット、センサーなどデバイスを遠隔で制御・統合管理
12/15
魁力屋(カイリキヤ)
2.5万円~
5.1万円
12.9万円
11/30~12/6
京都北白川ラーメン魁力屋。同業他社と比較して割安感あり
12/19
エスネットワークス
3.5万円~
7万円
7万円
12/4~12/8
IPOやM&A支援など。抽選資金も低く参加しやすいIPO

是非 参加しておきたいIPOは、12月前半で資金の枯渇もない状況での上場となる、QPS研究所エスネットワークスです。

12月は毎年、人気IPOが出てくるので非常に楽しみです。

証券会社は事前に開設を!抽選資金不要もおすすめ!

IPOの申し込みに、おすすめの証券会社は下記で紹介しています。

カブスルはこちらで紹介する3社だけでIPOに72回 当選しています。
全当選数の54.1%になり、オススメの根拠となっています。

2023.11.2時点の幹事数
証券会社 カブスルの当選数 2023年の
IPO実績
備考
マネックス証券 19回 45社
全体の56%
幹事数が多く100%平等抽選。
カブスルのメイン証券会社
SMBC日興証券 26回 43社
全体の53%
主幹事数が多く平等抽選で当選チャンスあり。
妻の当選数が多く相性がいい
SBI証券 30回 77社
全体の95%
人気IPO(IT系)の主幹事が多い。幹事数も多い

ワンポイント

SMBC日興証券のダイレクトコースは、平等抽選で落選後、ステージ制による再抽選があります。

新規口座開設から3ヶ月間はブロンズクラスとなり、抽選券が1票もらえます。

今から口座開設しておくと、12月IPOの再抽選に参加できるのでオススメです。

抽選資金不要の証券会社は上場ラッシュ時に助かる!

12月はIPOラッシュで抽選資金が不足しがちですが、抽選時に資金が必要ない証券会社があります。

下記の証券会社は、入金ゼロでIPOに応募できます。

2023.11.2時点の幹事数
証券会社 IPO実績
2023年
備考
松井証券 60社
全体の74%
幹事数が増えてきたネット証券大手。
キャッシュバック最大5,500円
みずほ証券 42社
52%
いわずと知れた大手証券会社。主幹事も多くオススメ。
カブスルは5回当選
岡三オンライン 38社
47%
委託で回ってくる幹事数が多い。
口座開設+1回の取引で3,500円もらえる
SBIネオトレード証券 20社
25%
幹事数はSBI HDの完全子会社となり増加傾向。平等抽選
DMM.com証券 7社
9%
2019年からIPOを取扱いで穴場
ねこさんバイトはじめたの?

証券会社の口座開設は通常、翌日~1週間程度ですが、年末のIPOラッシュ時期に口座開設が混雑すると、遅くなる可能性もあります。

証券会社の口座開設は無料でできますので、主要な証券会社は口座開設を事前にしておきましょう。


落選してもポイントが貯まるSBI証券、IPO申し込み時の抽選資金が不要のSBIネオトレード証券松井証券と、現金6千円+最大5,500円のキャッシュバックがもらえる庶民のIPO限定の口座開設タイアップ企画を行っています。
その他、各証券会社でお得な口座開設タイアップ企画を行っています。

IPOラッシュ時によくあるご質問

IPOラッシュ時によく頂くご質問を下記にまとめておりますので、参考にしてみて下さい。

  • どのIPOに申し込めばいい?
  • どの証券会社に入金して申し込めばいい?
  • 抽選申し込みは100株でOK?など。

利益が10万円を超えた12月のIPO

例年、12月はIPOが集中する為か投資家も集まりやすいようです。

IPOの初値売りにより 利益が10万円を超すIPOも多く誕生しています。

今年中に、あとひとつくらいはIPOに当選しておきたいですね!

IPOは落選するのが当たり前

現金5,500円+最大5,500円のキャッシュバックがもらえる口座開設タイアップ企画を行っています。
抽選資金が不要の岡三オンライン松井証券。落選でポイントが貯まるSBI証券