湖北工業(6524):IPO上場情報と初値予想

湖北工業

湖北工業は、リード端子事業(アルミ電解コンデンサ用リード端子の製造・販売)、光部品・デバイス事業(光ファイバ通信網用光部品の製造・販売等)をグループとして行っている企業です。

1959年創業の日本のモノづくり企業。
アルミ電解コンデンサ用リード端子の製造販売は世界シェア40%。グローバルニッチトップ。

※詳細は企業紹介IPOのポイントにて。


湖北工業の上場日

B
  • 業績:好調
  • オファリングレシオ:高い
  • 公募多い
  • 調達金額:大きい

上場日 2021/12/21 (火) 証券コード 6524
市場 東証二部 業種 電気機器
Webサイト Webサイト 単元株 100株
Yahoo!ファイナンス 湖北工業(6524)
時価総額
36,000百万円(仮条件の上限で計算)

湖北工業のブックビルディング内容

ブックビルディング期間中に、幹事証券からIPOに申し込みましょう。

ブックビルディング期間

2021/12/6 (月) ~ 12/9 (木)

仮条件 3,840円~4,000円 (抽選資金:38.4万円 ~ 40万円)
当選口数 29,900口
発行済株式数 9,000,000株 オファリングレシオ 33.2%
公募株数 1,600,000株 売出株数 1,000,000株
吸収金額 114.8億円~119.6億円 O.A分 390,000株
仮条件決定日 12/3 (金) 公開価格決定日 12/10 (金)
購入期間 12/13 (月) ~ 12/16 (木)
備考

公募株の一部は、海外市場で販売される予定。

※ 吸収金額は公募株、売出株、OA分を合計して計算。
※ 申込・購入期間は証券会社により短くなっている場合があります。

湖北工業の公開価格と初値

仮条件 3,840円~4,000円
公開価格 12/10 (金)に決定 初値 (初値予想)4,400円 ~ 4,800円※12/3 修正
騰落率 -  倍率  -
初値売り損益 (予想利益)40,000円~80,000円※12/3 修正

湖北工業の初値予想と予想利益

湖北工業の初値予想と予想利益です。

仮条件決定後

仮条件 3,840円 ~ 4,000円 ※抽選資金:38.4万円 ~ 40万円
上限は4.2%上ブレ↑
初値予想 4,400円 ~ 4,800円※12/3 修正
(1.1倍~1.2倍)
予想利益 4万円~8万円

仮条件決定前

仮条件の想定価格 3,840円あたり ※抽選資金:38.4万円あたり
初値予想 4,220円 ~ 4,600円 (1.1倍~1.2倍)
予想利益 3.8万円~7.6万円
送信中...

初値予想アンケート

湖北工業(6524)の初値予想アンケートに、ご協力をお願いします。

目論見書の想定価格(3,840円)を基準価格としています。

有効回答:125   投票期限:2021/12/20 (月) 23:59まで
3倍以上(11,520円以上)
14票  11%
投票済み

2.5倍以上~3倍未満(9,600円以上~11,520円未満)
5票  4%
投票済み

2倍以上~2.5倍未満(7,680円以上~9,600円未満)
5票  4%
投票済み

1.5倍以上~2倍未満(5,760円以上~7,680円未満)
42票  34%
投票済み

1.2倍以上~1.5倍未満(4,608円以上~5,760円未満)
23票  18%
投票済み

1倍以上~1.2倍未満(3,840円以上~4,608円未満)
25票  20%
投票済み

公募割れ(3,840円未満)
11票  9%
投票済み

湖北工業の主幹事と幹事証券

湖北工業のIPOを取り扱っている証券会社です。

現金1万円+5千円のキャッシュバックがもらえる口座開設タイアップ企画を行っています。
抽選資金が不要の岡三オンライン証券松井証券。平等抽選のauカブコム証券。落選でポイントが貯まるSBI証券


湖北工業の決算情報

単独 財務情報 (単位/千円)

決算期 2020年12月 2019年12月 2018年12月
売上高 7,835,804 6,649,004 6,046,112
経常利益 1,878,551 1,222,995 464,882
当期利益 1,220,227 597,481 358,322
純資産 5,156,224 3,943,356 3,313,950
配当金 8.01 4.09 192.00
EPS 168.77 82.64 4,956.05
BPS 713.17 545.42 45,836.10
※配当金、EPS、BPSは(単位/円)

連結 財務情報 (単位/千円)

決算期 2020年12月 2019年12月
売上高 11,176,912 9,979,959
経常利益 2,357,682 1,360,336
当期利益 1,562,405 524,682
純資産 5,766,695 4,297,339
EPS 216.10 72.57
BPS 797.61 594.38
※EPS、BPSは(単位/円)
業績

上位株主とロックアップ情報

湖北工業の上位10名の株主構成、ロックアップの情報です。

株主名 株数 売出数 ロック
アップ
石井 太 代表取締役社長 7,110,000株
96.12%
1,000,000株 90日間
湖北工業従業員持株会 120,000株
1.62%
- 180日間
北川 一清 取締役 19,100株
0.26%
(19,100)
- 90日間
国友 啓行 取締役 17,200株
0.23%
(17,200)
- 90日間
加藤 隆司 取締役 17,200株
0.23%
(17,200)
- 90日間
荒木 治人 取締役 17,200株
0.23%
(17,200)
- 90日間
鈴木 基司 取締役 17,200株
0.23%
(17,200)
- 90日間
髙原 誠 執行役員 17,200株
0.23%
(17,200)
- 90日間
山田 大元 執行役員 17,200株
0.23%
(17,200)
- 90日間
山﨑 学 執行役員 17,200株
0.23%
(17,200)
- 90日間
※()内の数値は、新株予約権による潜在株式数です。
詳細は目論見書にてご確認ください。

直近の類似IPOの上場結果

湖北工業と市場と業種が同じIPOの上場結果。

「市場:東証二部」かつ「業種:電気機器」のIPO結果です。

  • 2007/03/14 コンテック初値売り損益:-8,000円
    (騰落率:-3.33%、倍率:0.97倍)

IPOのポイント

1959年創業の日本のモノづくり企業。
アルミ電解コンデンサ用リード端子の製造販売は世界シェア40%。グローバルニッチトップ。

業績は右肩上がり!

東証二部のIPOは人気がありませんが、個人的にココロ惹かれています。

製品がどういうものか理解の低いところがありますが、自動車関連市場、コンピュータ、FA・計測機器、ゲーム機器、通信市場など幅広い市場で同社の製品が必要とされています。

個人的に将来的に受注とれるのかな?と見ているのが、光部品・デバイス事業で行っている「海底ケーブル市場」。

新たな海底ケーブル網整備のための投資を急拡大しているとのこと。
同社では、海底ケーブルの空間多重化(16芯以上)に対応した高密度光デバイス)の実装を実現する小型光デバイスや複合光デバイス等の新製品を開発し、製品ラインアップの充実も推進していくとのこと。

IPO市況が悪い中での値がさ株はやや気になりますが、とても良い企業だと思います!

参考までに

評価は下記を考慮して、中立の「B」に設定しました。

中立
  • グローバルニッチなモノづくり企業!
  • 業績が好調。(決算情報
  • 2021年12月期の業績予想(前期比)は、売上高13,963百万円(+24.9%)、営業利益3,640百万円(+41.2%)
  • IPOで人気の低い東証二部市場。
  • オファリングレシオが33.2%と高い。オファリングレシオによる実績
  • 成長をイメージしにくい事業内容。
  • 同日に3社が上場。資金枯れも懸念。
  • 上位株主は役員関連。売り圧力が低い。
  • 株価が高い値嵩株。価格が上下に大きく振れやすく、利ザヤ狙いの投資家に人気あり。
  • 配当実績あり。年一回の配当金を予定。
  • 12月はIPOが多く、選別される可能性あり。

12.3追記。仮条件が想定発行価格(3,840円)より4.2%の上振れ決定(3,840円 ~ 4,000円)したので、初値予想を4,400円 ~ 4,800円に修正しました。予想利益は4万円~8万円です。

目論見書の想定仮条件は3,840円。初値予想は4,220円 ~ 4,600円としました。
予想利益は3.8万円~7.6万円です。

カブスルは幹事証券にてIPOに参加します。

地味系のIPOは初値がおとなしくついた後に、株価が上昇するパターンがありますが、同社ももしかしたらそのパターンになるやも。ならぬやも。

ワンポイント

主幹事証券は大手の野村證券

主幹事はIPOの一連の流れを取りしきる立場にあり、IPOの当選数(割当数)も主幹事が一番多いです。

また、野村證券はIPOの抽選時に抽選資金が必要ありません。
当選した後に購入資金を入金すればよいという、嬉しいシステムを採用している証券会社です。

追加の委託幹事としてLINE証券が決まりました。
2021年5月末からIPOの取り扱いを発表したばかり。いまならライバルが少なく、IPO当選の狙い目になります。

他にも、平等抽選で資金力に左右されない当選が期待できるSMBC日興証券、落選しても次回の当選チャンスに活かせるポイントが付与されるSBI証券がおすすめです。

カブスルはこちらの2社だけでIPOに45回当選しています。(全当選数の46.4%)

追加の委託幹事として、auカブコム証券が決まりました。
委託幹事は気づかれないことも多いので可能なら参加しておきたいです。

庶民のIPO限定のタイアップ企画を行っていますので、口座開設がまだの方は お得なこの機会に是非どうぞ(  ̄∇ ̄)

口座開設タイアップ企画
  • 岡三オンライン証券
    抽選資金不要で幹事数が多い
    口座開設+1回の取引で現金3,500円がもらえる。
  • SBI証券
    幹事数は9割以上とかなり多い!
    口座開設+入金・振替で現金2,000円がもらえる。
  • 松井証券
    抽選資金不要で幹事数が多い
    口座開設で最大5千円のキャッシュバック。
  • auカブコム証券
    全体の2~3割の委託幹事に
    口座開設+投資信託の購入で現金2,000円がもらえる。

企業紹介

湖北工業は、リード端子事業(アルミ電解コンデンサ用リード端子の製造・販売)、光部品・デバイス事業(光ファイバ通信網用光部品の製造・販売等)をグループとして行っている企業です。

事業の概況

リード端子の製造・販売は国内顧客向け。
光部品・デバイスの製造・販売は国内顧客および海外顧客向け。

リード端子事業

生活家電・情報通信機器・自動車等の、内部に電子基板を持つ製品に搭載されるアルミ電解コンデンサの主要構成部品であるリード端子の製造販売。1959年の設立当初からの創業事業。

日系アルミ電解コンデンサメーカーのASEAN地域、中国等への海外進出に呼応し、マレーシア、中国・東莞、中国・蘇州の3拠点に子会社を設立して生産。各生産拠点においては、同一設備、同一生産方法で生産を行うと共に、BCP(事業継続計画)に対応する体制を構築しており、長きに亘り安定供給を継続。

アルミ電解コンデンサは急速に電装化の進む自動車 (CASE)、 通信分野 (5G)、産業機器(ロボット化)など、活躍の場が広がっています。

光部品・デバイス事業

光ファイバ通信の機器や光モジュールに使用される「光部品(FA製品)」および「光デバイス(YD製品)」を製造販売。スマートフォンやIoT機器など、 様々な情報機器が普及するにつれ、 情報通信の需要も爆発的に増加。

特に1955年より高信頼性(水深6,000メートルの海底で25年間故障せず機能し続けること)が要求される光アイソレータの製造販売に携わってます。

主に海底ケーブル向けに製造販売。

設立は1959年8月。
同社の従業員数は2021年10月末で160名、平均年齢は44.5歳、平均勤続年数は13.7年、平均年間給与は666.7万円。
グループは同社と連結子会社5社で構成。

湖北工業の詳しい企業情報やIPOの内容は日本取引所グループに掲載されています。
庶民のIPOは、初心者でも参加しやすいよう要約し、IPOの評価や初値予想を掲載しています。はじめての人へ

現金1万円+5千円のキャッシュバックがもらえる口座開設タイアップ企画を行っています。
抽選資金が不要の岡三オンライン証券松井証券。平等抽選のauカブコム証券。落選でポイントが貯まるSBI証券


送信中...

ご意見箱(投書/返答不可)

ご意見、ご要望、ご感想などお気軽にお寄せください。ご意見がダイレクトに届きます。
返答の必要なご質問IPO質問集をご確認の上 お問い合わせよりご連絡ください。

ご意見は今後のサイト運営の参考にさせて頂きます。
また、みなさんの嬉しい当選報告もありがとうございます。