インバウンドテック(7031):IPO上場情報と初値予想

インバウンドテック

インバウンドテックは、多言語対応コンタクトセンター運営事業と、セールスアウトソーシング事業を行っている企業です。

  • マルチリンガルCRM事業
    主にクライアントの顧客向けに展開するサポート業務を同社が受託し、同社のコンタクトセンターにて、エンドユーザーからの問い合わせをクライアントに代わって、同社が対応するサービスを提供。
    日本語を含めた12カ国語に常時対応。24時間365日体制で稼動。
    多言語通訳サービス
  • セールスアウトソーシング事業
    クライアントに代わって、同社のコンタクトセンターや業務委託先から、クライアントの見込み顧客に対して、商品等の紹介、販売勧誘、アンケート調査等の営業活動を電話および訪問により行うことに加え、クライアントの営業員や営業スタッフに対する研修の展開など、営業に関連する様々な業務を請け負っています。

設立は2015年4月。
従業員数は2020年10月末で31名、平均年齢は32.3歳、平均勤続年数は2.8年、平均年間給与は491.6万円。


インバウンドテックの詳しい企業情報やIPOの内容は日本取引所グループに掲載されています。
庶民のIPOは、初心者でも参加しやすいよう要約し、IPOの評価や初値予想を掲載しています。はじめての人へ

インバウンドテックの上場日

B
  • オファリングレシオ:やや高い
  • 公募多い

上場日 2020/12/18 (金) 証券コード 7031
市場 東証マザーズ 業種 サービス業
Webサイト Webサイト 単元株 100株
Yahoo!
ファイナンス
インバウンドテック(7031)
時価総額 4,840百万円(想定価格で計算)

インバウンドテックのブックビルディング内容

ブックビルディング期間中に、幹事証券からIPOに申し込みましょう。

ブックビルディング期間

2020/12/3 (木) ~ 12/9 (水)

仮条件 12/1 (火)に決定
当選口数 2,371口
発行済株式数 849,200株 オファリングレシオ 27.9%
公募株数 186,200株 売出株数 20,000株
吸収金額 13.5億円あたり O.A分 30,900株
仮条件決定日 12/1 (火) 公募価格決定日 12/10 (木)
購入期間 12/11 (金) ~ 12/16 (水)

※ 吸収金額は公募株、売出株、OA分を合計して計算しています。
※ IPOの申込・購入期間は証券会社により短くなっている場合があります。

インバウンドテックの初値予想と予想利益

インバウンドテックの初値予想と予想利益です。

初値予想は過去データの動向を基に算出。

仮条件決定前

仮条件の想定価格 5,700円あたり ※抽選資金:57万円あたり
初値予想 5,980円 ~ 6,270円 (1.0倍~1.1倍)
予想利益 2.8万円~5.7万円
送信中...

初値予想アンケート

インバウンドテック(7031)の初値予想アンケートに、ご協力をお願いします。

目論見書の想定価格(5,700円)を基準価格としています。

有効回答:56   投票期限:2020/12/17 (木) 23:59まで
3倍以上(17,100円以上)
26票  46%
投票済み

2.5倍以上~3倍未満(14,250円以上~17,100円未満)
4票  7%
投票済み

2倍以上~2.5倍未満(11,400円以上~14,250円未満)
11票  20%
投票済み

1.5倍以上~2倍未満(8,550円以上~11,400円未満)
4票  7%
投票済み

1.2倍以上~1.5倍未満(6,840円以上~8,550円未満)
4票  7%
投票済み

1倍以上~1.2倍未満(5,700円以上~6,840円未満)
4票  7%
投票済み

公募割れ(5,700円未満)
3票  5%
投票済み

インバウンドテックの主幹事と幹事証券

インバウンドテックのIPOを取り扱っている証券会社です。(申し込みが可能)

落選してもポイントが貯まるSBI証券、抽選資金が不要のライブスター証券松井証券と、現金6千円+5千円のキャッシュバックがもらえる庶民のIPO限定の口座開設タイアップ企画を行っています。
その他、各証券会社でお得な口座開設キャンペーンを行っています。


インバウンドテックの決算情報

単独 財務情報 (単位/千円)

決算期 2020年3月 2019年3月 2018年3月
売上高 2,983,411 2,953,728 2,280,722
経常利益 210,503 50,213 148,924
当期利益 140,930 19,739 104,464
純資産 454,392 313,660 293,920
配当金
EPS 212.56 29.77 157.56
BPS 684.36 471.80 442.03
※配当金、EPS、BPSは(単位/円)
業績

上位株主とロックアップ情報

インバウンドテックの上位10名の株主構成、ロックアップの情報です。

株主名 株数 比率 ロックアップ
(株)a2media 154,200株 20.99% 90日間 / 1.5倍
下大薗豊 取締役 101,600株 13.83% 180日間
(株)グローバルキャスト 76,500株 10.41% 90日間 / 1.5倍
アイビスAM投資事業組合 VC 55,800株 7.59% 90日間 / 1.5倍
(株)光通信 52,500株 7.15% 90日間 / 1.5倍
(株)アクセル 52,500株 7.15% 90日間 / 1.5倍
金子将之 執行役員 36,300株 4.94% 180日間
(株)ベクトル 33,000株 4.49% 90日間 / 1.5倍
ソケット(株) 33,000株 4.49% 90日間 / 1.5倍
東間大 代表取締役社長 28,800株 3.92% 180日間

直近の類似IPOの上場結果

インバウンドテックと同じホットワードのIPOの上場結果です。

「インバウンド」がついたIPOの上場結果。

  • 2018/04/25 ベストワンドットコム
    初値売りによる損益:1,050,000円
    (騰落率:242.49%、倍率:3.42倍)
  • 2018/03/29 和心
    初値売りによる損益:285,500円
    (騰落率:167.94%、倍率:2.68倍)
  • 2018/03/23 ファイバーゲート
    初値売りによる損益:133,800円
    (騰落率:127.43%、倍率:2.27倍)

インバウンドテックと市場と業種が同じIPOの上場結果。

「市場:東証マザーズ」かつ「業種:サービス業」のIPO結果です。

  • 2020/10/30 Retty
    初値売りによる損益:43,100円
    (騰落率:36.53%、倍率:1.37倍)
  • 2020/10/28 さくらさくプラス
    初値売りによる損益:110,500円
    (騰落率:47.42%、倍率:1.47倍)
  • 2020/07/15 KIYOラーニング
    初値売りによる損益:306,000円
    (騰落率:133.04%、倍率:2.33倍)
  • 2020/07/07 Branding Engineer
    初値売りによる損益:243,000円
    (騰落率:495.92%、倍率:5.96倍)
  • 2020/06/30 グッドパッチ
    初値売りによる損益:206,700円
    (騰落率:299.57%、倍率:4.00倍)

IPOのポイント

2018年6月27日に上場予定でしたが、上場の5日前にIPOの中止が発表されました。
当時の評価は「S」で予想利益も50万円。当選された方のショックも大きいIPOでした。

2018年時に上場していれば、初値は凄いことになりそうでしたが、新型コロナウィルスにより、日本に来る外国人観光客がほぼ消滅した現在では、初値が高くつくのは難しいのかなと思います。

新型コロナウィルスの収束が未定なこと、また2021年に延期された東京オリンピック・パラリンピックの開催が未定なことを考えると、やや不安感が残るIPOです。

ただし、値がさ株(株価が高い株)は、多少の株価の変動で損益も大きくなり、その利ザヤを狙っている投資家から人気があります。

マルチリンガルCRM事業は、コロナ禍でお問い合わせ窓口案件の入電数は激減しているようです。

一方、自治体及び民間企業による新型コロナウイルス対応窓口業務や、コロナウイルス禍によって需要が喚起される形となった通販などにおけるユーザーサポート業務の受託など、新たな業務も発生。

セールスアウトソーシング事業は、現在の同社が取り扱う商材・サービスは、東京電力グループの電力関連が中心となっています。

販売相手先

前期と今期の第二四半期の売上高を比較すると、セールスアウトソーシング事業の落ち込みは激しいものの、マルチリンガルCRM事業の方はやや落ちているくらいになっています。(もしかしたら季節変動要因あるかもしれませんが)

売上高

目論見書を読んだ個人的な印象ですが、現実から少し目を背けているような気がします。
特に「経営環境」欄は、2019年6月の古い資料を参考にしており、コロナ禍に即しておりません。

冒頭できちんと投資リスクについて説明し、同社が取り組んでいる内容を紹介していく流れのほうが、好印象だったかもしれません。

参考までに

評価は下記を考慮して、中立の「B」に設定しました。

  • 収益の柱が二本ある。
  • コロナ禍前まで人気のあったインバウンド関連事業。
  • 東京オリンピック・パラリンピックの開催が未定。
  • 新型コロナウィルスの収束が未定。
  • 株価が高い値嵩株。損益が上下に大きく振れやすい。利ザヤ狙いの投資家に人気あり。
  • オファリングレシオが27.9%とやや高い。
  • 特定顧客への売上比率(依存度)が高い。
  • 同日に2社が上場。また前日の人気IPOが初値つかずで同日に回ってくる可能性大。

目論見書の想定仮条件は5,700円。初値予想は5,980円 ~ 6,270円としました。
予想利益は2.8万円~5.7万円です。

カブスルは抽選資金に余裕があれば、参加しようかなぁと思います。

値がさ株は、どっちに株価がふれるかわかりません!

主幹事証券は東海東京証券

主幹事はIPOの一連の流れを取りしきる立場にあり、IPOの当選数(割当数)も主幹事が一番多いです。

落選してもポイントが貯まるSBI証券、抽選資金が不要のライブスター証券松井証券と、現金6千円+5千円のキャッシュバックがもらえる庶民のIPO限定の口座開設タイアップ企画を行っています。
その他、各証券会社でお得な口座開設キャンペーンを行っています。


送信中...

ご意見箱(投書/返答不可)

ご意見、ご要望、ご感想などお気軽にお寄せください。ご意見がダイレクトに届きます。
返答の必要なご質問IPO質問集をご確認の上 お問い合わせよりご連絡ください。

ご意見は今後のサイト運営の参考にさせて頂きます。
また、みなさんの嬉しい当選報告もありがとうございます。