グローバルセキュリティエキスパート(4417):IPO上場情報と初値予想

グローバルセキュリティエキスパート

グローバルセキュリティエキスパートは、セキュリティコンサルティング、脆弱性診断、サイバーセキュリティソリューションをはじめ、セキュリティの全体像を網羅した教育サービスの提供を行っている企業です。

事業内容

※詳細は企業紹介IPOのポイントにて。


グローバルセキュリティエキスパートの上場日

B
  • 業績:好調
  • IPO人気:あり
  • オファリングレシオ:やや低い
  • 売出多い

上場日 2021/12/20 (月) 証券コード 4417
市場 東証マザーズ 業種 情報・通信業
Webサイト Webサイト 単元株 100株
Yahoo!ファイナンス グローバルセキュリティエキスパート(4417)
時価総額
9,315百万円(仮条件の上限で計算)

グローバルセキュリティエキスパートのブックビルディング内容

ブックビルディング期間中に、幹事証券からIPOに申し込みましょう。

ブックビルディング期間

2021/12/3 (金) ~ 12/9 (木)

仮条件 2,680円~2,800円 (抽選資金:26.8万円 ~ 28万円)
当選口数 6,900口
発行済株式数 3,327,000株 オファリングレシオ 20.7%
公募株数 150,000株 売出株数 450,000株
吸収金額 18.4億円~19.3億円 O.A分 90,000株
仮条件決定日 12/2 (木) 公開価格決定日 12/10 (金)
購入期間 12/13 (月) ~ 12/16 (木)

※ 吸収金額は公募株、売出株、OA分を合計して計算。
※ 申込・購入期間は証券会社により短くなっている場合があります。

グローバルセキュリティエキスパートの公開価格と初値

仮条件 2,680円~2,800円
公開価格 12/10 (金)に決定 初値 (初値予想)3,040円 ~ 3,220円※12/2 修正
騰落率 -  倍率  -
初値売り損益 (予想利益)24,000円~42,000円※12/2 修正

グローバルセキュリティエキスパートの初値予想と予想利益

グローバルセキュリティエキスパートの初値予想と予想利益です。

仮条件決定後

仮条件 2,680円 ~ 2,800円 ※抽選資金:26.8万円 ~ 28万円
上限は1.1%上ブレ↑
初値予想 3,040円 ~ 3,220円※12/2 修正
(1.1倍~1.2倍)
予想利益 2.4万円~4.2万円

仮条件決定前

仮条件の想定価格 2,770円あたり ※抽選資金:27.7万円あたり
初値予想 3,040円 ~ 3,320円 (1.1倍~1.2倍)
予想利益 2.7万円~5.5万円
送信中...

初値予想アンケート

グローバルセキュリティエキスパート(4417)の初値予想アンケートに、ご協力をお願いします。

目論見書の想定価格(2,770円)を基準価格としています。

有効回答:95   投票期限:2021/12/19 (日) 23:59まで
3倍以上(8,310円以上)
32票  34%
投票済み

2.5倍以上~3倍未満(6,925円以上~8,310円未満)
5票  5%
投票済み

2倍以上~2.5倍未満(5,540円以上~6,925円未満)
9票  9%
投票済み

1.5倍以上~2倍未満(4,155円以上~5,540円未満)
15票  16%
投票済み

1.2倍以上~1.5倍未満(3,324円以上~4,155円未満)
23票  24%
投票済み

1倍以上~1.2倍未満(2,770円以上~3,324円未満)
4票  4%
投票済み

公募割れ(2,770円未満)
7票  7%
投票済み

グローバルセキュリティエキスパートの主幹事と幹事証券

グローバルセキュリティエキスパートのIPOを取り扱っている証券会社です。

現金1万円+5千円のキャッシュバックがもらえる口座開設タイアップ企画を行っています。
抽選資金が不要の岡三オンライン証券松井証券。平等抽選のauカブコム証券。落選でポイントが貯まるSBI証券


グローバルセキュリティエキスパートの決算情報

単独 財務情報 (単位/千円)

決算期 2021年3月 2020年3月 2019年3月
売上高 2,948,871 1,616,613 1,302,976
経常利益 239,370 73,103 37,096
当期利益 167,657 38,658 28,024
純資産 942,201 736,113 378,960
配当金 2,900.00 500.00 800.00
EPS 54.70 14.56 5,189.68
BPS 296.57 245.37 70,177.92
※配当金、EPS、BPSは(単位/円)
業績

上位株主とロックアップ情報

グローバルセキュリティエキスパートの上位10名の株主構成、ロックアップの情報です。

株主名 株数 売出数 ロック
アップ
株式会社ビジネスブレイン太田昭和 2,700,000株
73.12%
450,000株 180日間
兼松エレクトロニクス株式会社 300,000株
8.12%
- 180日間
株式会社野村総合研究所 105,000株
2.84%
-
鱸 史郎 代表取締役 80,400株
2.18%
(60,000)
-
原 伸一 代表取締役 72,000株
1.95%
(51,600)
-
與儀 大輔 取締役 30,000株
0.81%
(18,000)
-
吉見 主税 取締役 27,600株
0.75%
(18,000)
-
三木 剛 取締役 27,600株
0.75%
(18,000)
-
鈴木 貴志 従業員 15,000株
0.41%
(15,000)
-
伊藤 昇 従業員 11,700株
0.32%
(11,700)
-
※()内の数値は、新株予約権による潜在株式数です。
詳細は目論見書にてご確認ください。

直近の類似IPOの上場結果

グローバルセキュリティエキスパートと同じホットワードのIPOの上場結果です。

親子上場」がついたIPOの上場結果。

  • 2021/09/22 ユミルリンク初値売り損益:71,100円
    (騰落率:71.10%、倍率:1.71倍)
  • 2021/06/25 ステムセル研究所初値売り損益:203,000円
    (騰落率:72.50%、倍率:1.73倍)
  • 2021/04/15 サイバートラスト初値売り損益:524,000円
    (騰落率:315.66%、倍率:4.16倍)
  • 2021/03/24 Sharing Innovations初値売り損益:180,000円
    (騰落率:63.16%、倍率:1.63倍)
  • 2020/09/24 まぐまぐ初値売り損益:259,000円
    (騰落率:319.75%、倍率:4.20倍)

グローバルセキュリティエキスパートと市場と業種が同じIPOの上場結果。

「市場:東証マザーズ」かつ「業種:情報・通信業」のIPO結果です。

  • 2021/11/30 ボードルア初値売り損益:75,000円
    (騰落率:37.50%、倍率:1.38倍)
  • 2021/11/24 サイエンスアーツ初値売り損益:283,500円
    (騰落率:165.79%、倍率:2.66倍)
  • 2021/11/05 Photosynth初値売り損益:-9,000円
    (騰落率:-6%、倍率:0.94倍)
  • 2021/10/26 CINC初値売り損益:87,000円
    (騰落率:28.25%、倍率:1.28倍)
  • 2021/10/07 ワンキャリア初値売り損益:41,000円
    (騰落率:19.62%、倍率:1.20倍)

IPOのポイント

サイバーセキュリティ対策のコンサルティング。
親会社は、上位株主でもあるビジネスブレイン太田昭和(東証一部/9658)。売出も行います。

親子上場ですが、中長期的には親子上場を解消していく考え。
親会社をサービス提供先とする取引と、親会社の顧客をサービス提供先とするパートナー企業としての取引あり。

同社のサービスで面白いなぁと思ったのは訓練サービス。

攻撃メールを模擬した無害の訓練メールが送信され、攻撃メールを疑似体験できるというもの。

URLリンクあるいは添付ファイルを開封した対象者には、教育コンテンツが表示されると共に、開封した日時等のアクセスログが同社の訓練サーバ側に取得。同社で訓練結果を集計し、ログデータ一式と共に顧客企業に報告。

各企業でセキュリティ対策の指導は行っていることと思いますが、自社の従業員が実際にどういった反応を示すのか?は面白いですし、組織全体のセキュリティ意識も向上しそうです。

日本におけるセキュリティ人材が圧倒的に不足。
一般企業、特に中堅・中小企業では、サイバーセキュリティ対策を講じる上での相談先がないのが現状。

なかなか悩ましい問題ですよね。
中小企業だと自社の社員にサイバーセキュリティ対策を任せるのは難しく(任せられるほうもたまったもんじゃない)、やはり専門業者に外注するのが安心なのかなぁと思いますし。

顧客数の伸びなどの資料が見当たらなかった気がするんですが、推移はどうなっているんでしょうね。
ちなみに、中堅企業を主な顧客とする競合は現時点でないと考えているようです。

2020年4月に、同一の親会社を持つ株式会社EPコンサルティングサービスからITソリューション事業を譲受。

2021年3月期に売上高が伸びていますが、こちらの影響(売上高は全社増加分の約54%を占める)と、ITソリューション以外の各事業の成長によるもの。

参考までに

評価は下記を考慮して、中立の「B」に設定しました。

中立
  • 業績が好調。(決算情報
  • IPOで非常に人気のある「サイバーセキュリティ」に関連した事業。
  • コロナ禍でも強い事業内容。
  • オファリングレシオが20.7%とやや低い。オファリングレシオによる実績
  • 市場で敬遠される親子上場
  • 市場からの吸収金額が19.3億円とやや大きい。吸収金額による実績
  • 新株予約権に係る潜在株式数は515,700株で、発行済株式総数の16.2%に相当。
  • 12月はIPOが多く、選別される可能性あり。
  • 上位株主は役員関連。売り圧力が低い。
  • 同日に3社が上場だが、12月はコレ以降の方がキツイので資金は集まりそう。
  • 前期実績で算出したPERは、54.7%。

12.2追記。仮条件が想定発行価格(2,770円)よりやや上振れ決定(2,680円 ~ 2,800円)しましたが、最近の相場の軟調ぶりを受け初値予想をやや下方へ修正(3,040円 ~ 3,220円)しました。予想利益は2.4万円~4.2万円です。

目論見書の想定仮条件は2,770円。初値予想は3,040円 ~ 3,320円としました。
予想利益は2.7万円~5.5万円です。

カブスルは幹事証券にてIPOに参加します。

ワンポイント

主幹事はSMBC日興証券です。
IPOの一連の流れを取りしきる立場にあり、IPOの当選数が一番多いです。

また、資金力に左右されない平等抽選を採用していますので当選確率は一緒です。
カブスルは18回 IPOに当選。

他に落選しても次回の当選チャンスに活かせるポイントが付与されるSBI証券がおすすめです。

カブスルはこちらの2社だけでIPOに45回当選しています。(全当選数の46.4%)

松井証券はブックビルディング時の抽選資金が不要です。
当選した後に購入資金を入金すればよいという、嬉しいシステムを採用。

IPOの引受部門にチカラを入れており、幹事数が増えています。(4割目標)

追加の委託幹事として、CONNECTが決まりました。(委託幹事は気づかれないことが多い)
CONNECTは、IPOの取り扱いが2020年12月で認知度がまだ低く、狙い目です!(カブスルは1回当選)

抽選資金に余裕があれば、岩井コスモ証券auカブコム証券でも参加しておきたいです。

庶民のIPO限定のタイアップ企画を行っていますので、口座開設がまだの方は お得なこの機会に是非どうぞ(  ̄∇ ̄)

口座開設タイアップ企画
  • 岡三オンライン証券
    抽選資金不要で幹事数が多い
    口座開設+1回の取引で現金3,500円がもらえる。
  • SBI証券
    幹事数は9割以上とかなり多い!
    口座開設+入金・振替で現金2,000円がもらえる。
  • 松井証券
    抽選資金不要で幹事数が多い
    口座開設で最大5千円のキャッシュバック。
  • auカブコム証券
    全体の2~3割の委託幹事に
    口座開設+投資信託の購入で現金2,000円がもらえる。

企業紹介

グローバルセキュリティエキスパートは、セキュリティコンサルティング、脆弱性診断、サイバーセキュリティソリューションをはじめ、セキュリティの全体像を網羅した教育サービスの提供を行っている企業です。

事業内容

主な顧客は、中堅企業を中心とした民間企業や官公庁など。

コンサルティング事業

客企業のサイバーセキュリティに関する課題について、現状を可視化しリスクを分析したうえで、適切な改善策を提案するサービス。

セキュリティ改善計画の策定、セキュリティの管理体制やインシデント対応の体制構築の支援、システム監査やセキュリティ監査、ISMS(情報セキュリティマネジメントシステム)に代表される各種認証取得の支援、インシデント発生をシミュレーションした対応訓練サービス等、幅広く提供。

ハッカーと同様の技術を持つ専門エンジニアが、顧客企業のネットワークシステムに疑似攻撃を実施し、脆弱性の有無を診断するサービスも。

教育事業

セキュリティエンジニアを育成する教育講座は、セキュリティの全体像を網羅したコースを取り揃えています。

訓練サービスは、企業の役職員を対象としたサービスで顧客企業の対象者に、攻撃メールを模擬した無害の訓練メールを送信。

対象者が攻撃メールを疑似体験することで、各々のセキュリティ意識を向上させるだけでなく、攻撃を受けた際の組織内での報告・初動対応フローを確立し、訓練することで、組織全体の攻撃耐性の向上を図るサービス。

セキュリティソリューション事業

最新の脅威や攻撃手法に対する有効なセキュリティ製品やサービスを提供。
発生したインシデントに対しては、緊急対応サービスも提供。

ITソリューション事業

ITンフラ構築やシステム開発、バイリンガルSES(システムエンジニアリングサービス)等、セキュリティ周辺領域のサービスを提供。
主な顧客は、海外に本社機能を持つ外資系企業や日系グローバル企業。

グローバルセキュリティエキスパートの詳しい企業情報やIPOの内容は日本取引所グループに掲載されています。
庶民のIPOは、初心者でも参加しやすいよう要約し、IPOの評価や初値予想を掲載しています。はじめての人へ

現金1万円+5千円のキャッシュバックがもらえる口座開設タイアップ企画を行っています。
抽選資金が不要の岡三オンライン証券松井証券。平等抽選のauカブコム証券。落選でポイントが貯まるSBI証券


送信中...

ご意見箱(投書/返答不可)

ご意見、ご要望、ご感想などお気軽にお寄せください。ご意見がダイレクトに届きます。
返答の必要なご質問IPO質問集をご確認の上 お問い合わせよりご連絡ください。

ご意見は今後のサイト運営の参考にさせて頂きます。
また、みなさんの嬉しい当選報告もありがとうございます。