AI inside(4488):IPO上場情報と初値予想

AI inside

AI insideは、AI技術を用いたOCRサービス「DXSuite」の提供などを行っている企業です。

データ入力業務をAIでサポートすることを目的に、ディープラーニングによる手書き文字認識AIを開発しています。


AI insideの上場日

S
  • 業績:不安
  • IPO人気:あり
  • 調達金額:大きい
  • ロックアップ:あり
  • ベンチャーキャピタル:上位株主あり

上場日 2019/12/25 (水) 証券コード 4488
市場 東証マザーズ 業種 情報・通信業
Webサイト Webサイト 単元株 100株
Yahoo!
ファイナンス
AI inside(4488)

AI insideのブックビルディング内容

ブックビルディング期間中に、幹事証券からIPOに申し込みましょう。

ブックビルディング期間

2019/12/9 (月) ~ 12/13 (金)

仮条件 3,000円~3,600円 (抽選資金:30万円 ~ 36万円)
当選口数 5,750口
公募株数 300,000株 売出株数 200,000株
吸収金額 17.2億円~20.7億円 O.A分 75,000株
仮条件決定日 12/5 (木) 公募価格決定日 12/16 (月)
購入期間 12/17 (火) ~ 12/20 (金)

※ 吸収金額は公募株、売出株、OA分を合計して計算しています。
※ IPOの申込・購入期間は証券会社により短くなっている場合があります。

AI insideの公募価格と初値

仮条件 3,000円~3,600円
公募価格 12/16 (月)に決定 初値 (初値予想)5,400円 ~ 7,500円※12/5 修正
騰落率 -  倍率  -
初値売り損益 (予想利益)180,000円~390,000円※12/5 修正

AI insideの初値予想と予想利益

AI insideの初値予想と予想利益です。

初値予想は過去データの動向を基に算出。

仮条件決定後

仮条件 3,000円 ~ 3,600円 ※抽選資金:30万円 ~ 36万円
初値予想 5,400円 ~ 7,500円※12/5 修正
予想利益 18万円~39万円

仮条件決定前

仮条件の想定価格 2,660円あたり ※抽選資金:26.6万円あたり
初値予想 3,990円 ~ 5,320円
予想利益 13.3万円~26.6万円
送信中...

初値予想アンケート

AI inside(4488)の初値予想アンケートに、ご協力をお願いします。

目論見書の想定価格(2,660円)を基準価格としています。

有効回答:185   投票期限:2019/12/24 (火) 23:59まで
7,980円以上(3倍以上)
105票  57%
投票済み

6,650円以上~7,980円未満(2.5倍以上~3倍未満)
17票  9%
投票済み

5,320円以上~6,650円未満(2倍以上~2.5倍未満)
23票  12%
投票済み

3,990円以上~5,320円未満(1.5倍以上~2倍未満)
15票  8%
投票済み

3,192円以上~3,990円未満(1.2倍以上~1.5倍未満)
6票  3%
投票済み

2,660円以上~3,192円未満(1倍以上~1.2倍未満)
7票  4%
投票済み

2,660円未満(公募割れ)
12票  6%
投票済み

AI insideの主幹事と幹事証券

AI insideのIPOを取り扱っている証券会社です。(申し込みが可能)

割当数とネット抽選の当選数

目論見書で公表されている証券会社の割当数と、ネット抽選分の当選数(個人配分)の予想です。

割当数にネット抽選分のパーセンテージをかけた単純な計算ですので、参考程度にお願いします。

証券会社 割当率 割当数 ネット抽選分
主幹事
野村證券
89.57% 515,000株 515口
SBI証券 2.17% 12,500株 87口
大和証券 2.17% 12,500株 31口
SMBC日興証券 2.17% 12,500株 12口
三菱UFJモルガン・スタンレー証券 2.17% 12,500株 12口
マネックス証券 0.43% 2,500株 25口
楽天証券 0.43% 2,500株 25口
いちよし証券 0.43% 2,500株 2口
岩井コスモ証券 0.43% 2,500株 2口

委託幹事であるauカブコム証券岡三オンライン証券は、委託数が公表されていません。

落選してもポイントが貯まるSBI証券、IPO申し込み時の抽選資金が不要のライブスター証券松井証券と、現金6千円+5千円のキャッシュバックがもらえる庶民のIPO限定の口座開設タイアップ企画を行っています。
その他、各証券会社でお得な口座開設キャンペーンを行っています。

直近の類似IPOの上場結果

AI insideと上場市場と業種が同じIPOの上場結果です。

直近の「市場:東証マザーズ」かつ「業種:情報・通信業」のIPO結果です。

  • 2019/12/12 メドレー
    初値売りによる損益:-3,000円
    (騰落率:-2.31%、倍率:0.98倍)
  • 2019/12/11 マクアケ
    初値売りによる損益:116,000円
    (騰落率:74.84%、倍率:1.75倍)
  • 2019/10/25 BASE
    初値売りによる損益:-9,000円
    (騰落率:-6.92%、倍率:0.93倍)
  • 2019/10/08 HENNGE
    初値売りによる損益:60,100円
    (騰落率:42.93%、倍率:1.43倍)
  • 2019/10/08 AI CROSS
    初値売りによる損益:71,000円
    (騰落率:65.14%、倍率:1.65倍)

IPOのポイント

AI insideのIPOに関する補足です。

企業情報と初値予想に関する補足

OCRとは、紙などに印刷された文字をスキャナーなどでスキャンし、パソコンに文字列として取り込むソフトウェア。

単純な事務作業を人の代わりに代替する「RPA」と組み合わせて利用すると、事務作業を自動・効率化できます。

人手不足解消にもつながる業務内容です。

データ入力業務を含む「非IT系の外部委託市場」については2016年度で1.66兆円の実績、2017年度で1.7兆円の実績とされています。
(株式会社矢野経済研究所:BPO市場の実態と展望 2018-2019

設立は2015年8月と若い企業ですが、取引企業数も売上高も順調に推移しています。(経常利益は赤字で黒字化に期待)

参考までに

仮条件の上ブレ決定をうけ、評価を「A」から「S」に変更しました。

評価は下記を考慮して、人気が高い「A」に設定しました。

  • 設立まもないベンチャー企業(2015年8月)
  • IPOで非常に人気のある「AI」事業。
  • 人手不足を解消する事業はIPOで人気あり。
  • 売上高は右肩上がり、ただし経常利益は赤字。
  • 市場からの吸収金額が15億円とやや大きい。吸収金額による実績
  • 12月のIPOラッシュによる投資家の資金枯渇。
  • クリスマス上場。

12.5 追記。仮条件が想定発行価格(2,660円)より1.35倍も上振れして決定(3,000円~3,600円)しました!

機関投資家から好評だったのが伺えます。

初値予想を5,400円 ~ 7,500円に修正。
予想利益は18万円~39万円としました。

目論見書の想定仮条件は2,660円。初値予想は3,990円 ~ 5,320円としました。
予想利益は13.3万円~26.6万円になります。

やや業績は気になりますが、当選するとクリスマスプレゼントになりそうなIPOです。

積極的に幹事証券から参加して当選を狙いましょう。

ワンポイント

主幹事証券は大手の野村證券

主幹事はIPOの一連の流れを取りしきる立場にあり、IPOの当選数(割当数)も主幹事が一番多いです。

また、野村證券はIPOの抽選時に抽選資金が必要ありません。
当選した後に購入資金を入金すればよいという、嬉しいシステムを採用している証券会社です。

他にも、平等抽選で資金力に左右されない当選が期待できるSMBC日興証券、落選しても次回の当選チャンスに活かせるポイントが付与されるSBI証券がおすすめです。

追加の委託幹事として岡三オンライン証券が決まりました。
抽選時に資金が必要ない証券会社です。

楽天証券岩井コスモ証券も幹事証券に入っていますので、お見逃しなく。

【お知らせ】11/30より、ネオモバ1株からIPOに申し込みできます。

企業紹介

AI insideは、AI技術を用いたOCRサービス「DXSuite」の提供などを行っている企業です。

データ入力業務をAIでサポートすることを目的に、ディープラーニングによる手書き文字認識AIを開発しています。

DX Suiteは日々の業務で誰もが使えるようにするため、ユーザインターフェースを備えています。

DX Suite

DX Suiteは その内部に、「Intelligent OCR」「Elastic Sorter」「Multi Form」というアプリケーションを有しており、組み合わせて契約、利用することができます。

OCRとは、紙などに印刷された文字をスキャナーなどでスキャンし、パソコンに文字列として取り込むソフトウェアのことです。

OCRを導入すると、人が印刷文字を見て、手作業で入力する手間を減らせます。
また、その精度が高いほど修正の手間がなく優秀です。

OCR

東日本電信電話株式会社との協業で「DX Suite」のOEM製品「AIよみと~る」を販売。
AIよみと~るは、MM総研大賞2019において、スマートソリューション部門 AI/IOT分野で最優秀賞を受賞。

システム開発、銀行、証券、保険、小売、エネルギー、物流、製薬、不動産、製造、印刷等、業態を問わず導入されています。

契約件数

AIは、ユーザが日々の業務で使うほど、さらなる追加学習のためにデータフィードバックがなされ、精度が向上するという特徴を備えています。

追加学習で精度が向上

設立は2015年8月。
従業員数は2019年10月末で57名、平均年齢は34.4歳、平均勤続年数は1.1年、平均年間給与は609.9万円。

AI insideの詳しい企業情報やIPOの内容は日本取引所グループに掲載されています。
庶民のIPOは、初心者でも参加しやすいよう要約し、IPOの評価や初値予想を掲載しています。はじめての人へ

AI insideに関するつぶやき

落選してもポイントが貯まるSBI証券、IPO申し込み時の抽選資金が不要のライブスター証券松井証券と、現金6千円+5千円のキャッシュバックがもらえる庶民のIPO限定の口座開設タイアップ企画を行っています。
その他、各証券会社でお得な口座開設キャンペーンを行っています。

送信中...

ご意見箱(投書/返答不可)

ご意見、ご要望、ご感想などお気軽にお寄せください。ご意見がダイレクトに届きます。
返答の必要なご質問IPO質問集をご確認の上 お問い合わせよりご連絡ください。

ご意見は今後のサイト運営の参考にさせて頂きます。
また、みなさんの嬉しい当選報告もありがとうございます。