ラバブルマーケティンググループ(9254):IPO上場情報と初値予想

ラバブルマーケティンググループ

ラバブルマーケティンググループは、SNSアカウント運用、SNS運用支援ツールの開発・提供などのソーシャルメディアマーケティング事業、マーケティングオートメーションツールなどの導入・サポート、教育を行っている企業です。グループは同社と連結子会社3社で構成。

事業内容

※詳細は企業紹介IPOのポイントにて。


ラバブルマーケティンググループの上場日

B
  • 業績:不安
  • オファリングレシオ:やや高い
  • 公募多い
  • 調達金額:小さい

上場日 2021/12/21 (火) 証券コード 9254
市場 東証マザーズ 業種 サービス業
Webサイト Webサイト 単元株 100株
Yahoo!ファイナンス ラバブルマーケティンググループ(9254)
時価総額
1,759百万円(仮条件の上限で計算)

ラバブルマーケティンググループのブックビルディング内容

ブックビルディング期間中に、幹事証券からIPOに申し込みましょう。

ブックビルディング期間

2021/12/6 (月) ~ 12/10 (金)

仮条件 1,170円~1,260円 (抽選資金:11.7万円 ~ 12.6万円)
当選口数 3,938口
発行済株式数 1,396,275株 オファリングレシオ 28.2%
公募株数 215,000株 売出株数 127,500株
吸収金額 4.6億円~4.9億円 O.A分 51,300株
仮条件決定日 12/2 (木) 公開価格決定日 12/13 (月)
購入期間 12/14 (火) ~ 12/17 (金)

※ 吸収金額は公募株、売出株、OA分を合計して計算。
※ 申込・購入期間は証券会社により短くなっている場合があります。

ラバブルマーケティンググループの公開価格と初値

仮条件 1,170円~1,260円
公開価格 12/13 (月)に決定 初値 (初値予想)1,430円 ~ 1,570円※12/2 修正
騰落率 -  倍率  -
初値売り損益 (予想利益)17,000円~31,000円※12/2 修正

ラバブルマーケティンググループの初値予想と予想利益

ラバブルマーケティンググループの初値予想と予想利益です。

仮条件決定後

仮条件 1,170円 ~ 1,260円 ※抽選資金:11.7万円 ~ 12.6万円
上限は7.7%上ブレ↑
初値予想 1,430円 ~ 1,570円※12/2 修正
(1.1倍~1.2倍)
予想利益 1.7万円~3.1万円

仮条件決定前

仮条件の想定価格 1,170円あたり ※抽選資金:11.7万円あたり
初値予想 1,340円 ~ 1,520円 (1.1倍~1.3倍)
予想利益 1.7万円~3.5万円
送信中...

初値予想アンケート

ラバブルマーケティンググループ(9254)の初値予想アンケートに、ご協力をお願いします。

目論見書の想定価格(1,170円)を基準価格としています。

有効回答:84   投票期限:2021/12/20 (月) 23:59まで
3倍以上(3,510円以上)
31票  37%
投票済み

2.5倍以上~3倍未満(2,925円以上~3,510円未満)
3票  4%
投票済み

2倍以上~2.5倍未満(2,340円以上~2,925円未満)
10票  12%
投票済み

1.5倍以上~2倍未満(1,755円以上~2,340円未満)
19票  23%
投票済み

1.2倍以上~1.5倍未満(1,404円以上~1,755円未満)
10票  12%
投票済み

1倍以上~1.2倍未満(1,170円以上~1,404円未満)
7票  8%
投票済み

公募割れ(1,170円未満)
4票  5%
投票済み

ラバブルマーケティンググループの主幹事と幹事証券

ラバブルマーケティンググループのIPOを取り扱っている証券会社です。

ラバブルマーケティンググループの割当数とネット抽選の当選数

目論見書で公表されている証券会社の割当数と、ネット抽選分の当選数(個人配分)の予想です。

割当数にネット抽選分のパーセンテージをかけた単純な計算ですので、参考程度にお願いします。

証券会社 割当率 割当数 ネット
抽選分
主幹事
SBI証券
87.00% 342,600株 2,055口
SMBC日興証券 2.62% 10,300株 10口
みずほ証券 2.62% 10,300株 10口
マネックス証券 0.86% 3,400株 34口
松井証券 0.86% 3,400株 23口
岩井コスモ証券 0.86% 3,400株 3口
東海東京証券 0.86% 3,400株 3口
エイチ・エス証券 0.86% 3,400株 3口
東洋証券 0.86% 3,400株 3口
極東証券 0.86% 3,400株 0口
岡三証券 0.43% 1,700株 1口
丸三証券 0.43% 1,700株 1口
藍澤證券 0.43% 1,700株 1口
むさし証券 0.43% 1,700株 1口

委託幹事である岡三オンライン証券ネオモバSBIネオトレード証券は、委託数が公表されていません。

現金1万円+5千円のキャッシュバックがもらえる口座開設タイアップ企画を行っています。
抽選資金が不要の岡三オンライン証券松井証券。平等抽選のauカブコム証券。落選でポイントが貯まるSBI証券


ラバブルマーケティンググループの決算情報

業績

上位株主とロックアップ情報

ラバブルマーケティンググループの上位10名の株主構成、ロックアップの情報です。

株主名 株数 売出数 ロック
アップ
合同会社みやびマネージメント 役員等により総株主の議決権の過半数が所有されている会社 491,250株
36.17%
65,000株 180日間
株式会社日比谷コンピュータシス テム 354,400株
26.10%
- 180日間
林 雅之 代表取締役社長 102,114株
7.52%
30,000株 180日間
長谷川 直紀 子会社の取締役 58,000株
4.27%
(32,500)
- 180日間
佐々木 博之 57,450株
4.23%
-
横山 隆治 39,375株
2.90%
-
島田 亨 36,750株
2.71%
(36,750)
-
田村 慶 32,500株
2.39%
32,500株
鵜川 太郎 取締役 24,025株
1.77%
(7,500)
- 180日間
佐藤 寛次郎 23,600株
1.74%
-
※()内の数値は、新株予約権による潜在株式数です。
詳細は目論見書にてご確認ください。

直近の類似IPOの上場結果

ラバブルマーケティンググループと市場と業種が同じIPOの上場結果。

「市場:東証マザーズ」かつ「業種:サービス業」のIPO結果です。

  • 2021/11/25 スローガン初値売り損益:60,000円
    (騰落率:50%、倍率:1.50倍)
  • 2021/11/24 ラストワンマイル初値売り損益:81,000円
    (騰落率:47.37%、倍率:1.47倍)
  • 2021/11/19 AB&Company初値売り損益:-9,000円
    (騰落率:-6.04%、倍率:0.94倍)
  • 2021/11/18 GRCS初値売り損益:180,000円
    (騰落率:50%、倍率:1.50倍)
  • 2021/09/29 プロジェクトカンパニー初値売り損益:85,000円
    (騰落率:32.08%、倍率:1.32倍)

IPOのポイント

社名の由来は、Lovable Marketing。愛されるマーケティングのようです。
短期的な成果のために生活者を欺いたり、邪魔をしたりする広告・マーケティング活動を決して行わないとする同社の強い思いを示すもの。

企業やブランドのSNSマーケティングをサポート、SNS運用支援ツールの開発・提供、SNS検定講座の開発・提供を行う「SNSマーケティング事業」が売上高の93.7%を占めています。

販売実績

ラバブルマーケティンググループは、株式会社日比谷コンピュータシステムの持分法適用関連会社。
日比谷コンピュータシステムの親会社は6月に上場したHCSホールディングス

業績を確認すると「?」と思う部分がありますが、SBI証券主幹事らしく、需給を絞り初値が上昇しやすい仕組みになっています。

参考までに

評価は下記を考慮して、中立の「B」に設定しました。

中立

12.2追記。仮条件が想定発行価格(1,170円)より7%の上振れ決定(1,170円 ~ 1,260円)したので、初値予想を1,430円 ~ 1,570円へ修正しました。最近の相場の軟調ぶりを受け予想利益は1.7万円~3.1万円です。

目論見書の想定仮条件は1,170円。初値予想は1,340円 ~ 1,520円としました。
予想利益は1.7万円~3.5万円です。

カブスルは幹事証券にてIPOに参加します。

ワンポイント

主幹事証券は、IPOで人気のIT系の主幹事を務める機会が多いSBI証券です。

主幹事証券は割当数が多いので、当選数も多くなります。
また、落選しても次回の当選チャンスに活かせるポイントがもらえます。

カブスルは16回 IPOに当選しています。

他にも、平等抽選で資金力に左右されない当選が期待できるマネックス証券SMBC日興証券

カブスルはこちらの3社だけでIPOに62回当選しています。(全当選数の63.9%)

松井証券岡三オンライン証券SBIネオトレード証券はブックビルディング時の抽選資金が不要です。
当選した後に購入資金を入金すればよいという、嬉しいシステムを採用。

特に松井証券は、IPOの引受部門にチカラを入れており、幹事数が増えています。(4割目標)

抽選資金に余裕があれば、岩井コスモ証券でも参加しておきたいです。

庶民のIPO限定のタイアップ企画を行っていますので、口座開設がまだの方は お得なこの機会に是非どうぞ(  ̄∇ ̄)

口座開設タイアップ企画
  • 岡三オンライン証券
    抽選資金不要で幹事数が多い
    口座開設+1回の取引で現金3,500円がもらえる。
  • SBI証券
    幹事数は9割以上とかなり多い!
    口座開設+入金・振替で現金2,000円がもらえる。
  • 松井証券
    抽選資金不要で幹事数が多い
    口座開設で最大5千円のキャッシュバック。
  • auカブコム証券
    全体の2~3割の委託幹事に
    口座開設+投資信託の購入で現金2,000円がもらえる。

企業紹介

ラバブルマーケティンググループは、SNSアカウント運用、SNS運用支援ツールの開発・提供などのソーシャルメディアマーケティング事業、マーケティングオートメーションツールなどの導入・サポート、教育を行っている企業です。グループは同社と連結子会社3社で構成。

事業内容

SNSマーケティング事業

企業やブランドのSNSマーケティングをサポート、SNS運用支援ツールの開発・提供、SNS検定講座の開発・提供を行う「SNSマーケティング事業」が基幹事業。

SNS運用支援ツールは、自社ノウハウを活かしたSaaS型クラウドツールを開発・提供。

SNS運用支援ツール

マーケティングオートメーション事業

マーケティングオートメーションツール、営業支援システム、顧客管理システムの3つのクラウドサービスを用いて、顧客の経営課題に沿った戦略策定やプロセスの設計、最適なテクノロジーの選定、運用サポートまでをワンストップで支援。

マーケティングオートメーション事業

MAツールの導入支援実績及び運用の実績を強みとし112社以上の実績。(2021年9月末時点)

マーケティングオートメーション事業は同社の育成事業。

設立は2008年11月。
従業員数は2021年9月末で16名、平均年齢は40歳、平均勤続年数は2.4年、平均年間給与は657.7万円。

ラバブルマーケティンググループの詳しい企業情報やIPOの内容は日本取引所グループに掲載されています。
庶民のIPOは、初心者でも参加しやすいよう要約し、IPOの評価や初値予想を掲載しています。はじめての人へ

現金1万円+5千円のキャッシュバックがもらえる口座開設タイアップ企画を行っています。
抽選資金が不要の岡三オンライン証券松井証券。平等抽選のauカブコム証券。落選でポイントが貯まるSBI証券


送信中...

ご意見箱(投書/返答不可)

ご意見、ご要望、ご感想などお気軽にお寄せください。ご意見がダイレクトに届きます。
返答の必要なご質問IPO質問集をご確認の上 お問い合わせよりご連絡ください。

ご意見は今後のサイト運営の参考にさせて頂きます。
また、みなさんの嬉しい当選報告もありがとうございます。