BuySell Technologies(7685):IPO上場情報と初値予想

BuySell Technologies

BuySell Technologiesは、出張訪問買取を中心に、ネット型リユース事業を行っている企業です。

主要顧客層は、約75%を占める50代以上のシニア層
ジュエリー、ブランド品など販売時に高単価を確保できるものをメイン商材としています。


BuySell Technologiesの上場日

B
  • 業績:好調
  • 公開比率:低い
  • 公募多い

上場日 2019/12/18 (水) 証券コード 7685
市場 東証マザーズ 業種 卸売業
Webサイト Webサイト 単元株 100株
Yahoo!
ファイナンス
BuySell Technologies(7685)

BuySell Technologiesのブックビルディング内容

ブックビルディング期間中に、幹事証券からIPOに申し込みましょう。

ブックビルディング期間

2019/12/2 (月) ~ 12/6 (金)

仮条件 1,790円~1,930円 (抽選資金:17.9万円 ~ 19.3万円)
当選口数 7,705口
公募株数 445,000株 売出株数 225,000株
吸収金額 14.8億円 O.A分 100,500株
仮条件決定日 11/28 (木) 公募価格決定日 12/9 (月)
購入期間 12/11 (水) ~ 12/16 (月)

※ 吸収金額は公募株、売出株、OA分を合計して計算しています。
※ IPOの申込・購入期間は証券会社により短くなっている場合があります。

BuySell Technologiesの公募価格と初値

仮条件 1,790円~1,930円
公募価格 1,930円 初値 (初値予想)2,260円 ~ 2,510円※11/28 修正
騰落率 -  倍率  -
初値売り損益 (予想利益)33,000円~58,000円※11/28 修正

BuySell Technologiesの初値予想と予想利益

BuySell Technologiesの初値予想と予想利益です。

初値予想は過去データの動向を基に算出。

仮条件決定後

仮条件 1,790円 ~ 1,930円 ※抽選資金:17.9万円 ~ 19.3万円
初値予想 2,260円 ~ 2,510円※11/28 修正
予想利益 3.3万円~5.8万円

仮条件決定前

仮条件の想定価格 1,840円あたり ※抽選資金:18.4万円あたり
初値予想 2,150円 ~ 2,350円
予想利益 3.1万円~5.1万円
送信中...

初値予想アンケート

BuySell Technologies(7685)の初値予想アンケートに、ご協力をお願いします。

目論見書の想定価格(1,840円)を基準価格としています。

有効回答:170   投票期限:2019/12/17 (火) 23:59まで
5,520円以上(3倍以上)
13票  8%
投票済み

4,600円以上~5,520円未満(2.5倍以上~3倍未満)
18票  11%
投票済み

3,680円以上~4,600円未満(2倍以上~2.5倍未満)
63票  37%
投票済み

2,760円以上~3,680円未満(1.5倍以上~2倍未満)
34票  20%
投票済み

2,208円以上~2,760円未満(1.2倍以上~1.5倍未満)
25票  15%
投票済み

1,840円以上~2,208円未満(1倍以上~1.2倍未満)
9票  5%
投票済み

1,840円未満(公募割れ)
8票  5%
投票済み

BuySell Technologiesの主幹事と幹事証券

BuySell TechnologiesのIPOを取り扱っている証券会社です。(申し込みが可能)

主幹事証券
引受幹事証券
委託含む)

備考

主幹事はIT系(ネットサービス系)の主幹事を務める事が多いSBI証券です。
IPOの割当数(当選数)は主幹事が一番多いです。

1株からIPOに参加できるネオモバからも申込が可能になりました。
申込期間は11日(水)~13日(金)12時です。

割当数とネット抽選の当選数

目論見書で公表されている証券会社の割当数と、ネット抽選分の当選数(個人配分)の予想です。

割当数にネット抽選分のパーセンテージをかけた単純な計算ですので、参考程度にお願いします。

証券会社 割当率 割当数 ネット抽選分
主幹事
SBI証券
86.94% 669,900株 4,689口
大和証券 4.35% 33,500株 83口
みずほ証券 4.35% 33,500株 33口
SMBC日興証券 1.74% 13,400株 13口
丸三証券 0.44% 3,400株 3口
東海東京証券 0.44% 3,400株 3口
岡三証券 0.44% 3,400株 3口
水戸証券 0.44% 3,400株 0口
岩井コスモ証券 0.26% 2,000株 2口
藍澤證券 0.17% 1,300株 1口
エイチ・エス証券 0.17% 1,300株 1口
エース証券 0.17% 1,300株 0口
むさし証券 0.09% 700株 0口
松井証券 0.00% 0株 0口

委託幹事であるネオモバ岡三オンライン証券は、委託数が公表されていません。

落選してもポイントが貯まるSBI証券、IPO申し込み時の抽選資金が不要のライブスター証券松井証券と、現金6千円+5千円のキャッシュバックがもらえる庶民のIPO限定の口座開設タイアップ企画を行っています。
その他、各証券会社でお得な口座開設キャンペーンを行っています。

直近の類似IPOの上場結果

BuySell Technologiesと上場市場と業種が同じIPOの上場結果です。

直近の「市場:東証マザーズ」かつ「業種:卸売業」のIPO結果です。

  • 2018/03/22 SOU
    初値売りによる損益:80,000円
    (騰落率:24.24%、倍率:1.24倍)
  • 2017/04/25 アセンテック
    初値売りによる損益:395,000円
    (騰落率:197.50%、倍率:2.98倍)
  • 2017/03/09 ピーバンドットコム
    初値売りによる損益:188,000円
    (騰落率:113.94%、倍率:2.14倍)
  • 2016/06/16 農業総合研究所
    初値売りによる損益:82,000円
    (騰落率:78.10%、倍率:1.78倍)
  • 2013/02/14 ビューティガレージ
    初値売りによる損益:186,000円
    (騰落率:80.87%、倍率:1.81倍)

上場日の初値決定前の気配運用

BuySell Technologies(7685)の上場日の初値決定前の気配運用です。

公募価格 上限価格 下限価格
1,930円 4,440円 1,448円
  • 上限価格:更新値幅 97円、更新時間 10分。
  • 下限価格:通常の更新値幅、更新時間 3分。

引受価額は1,775.60円になります。
幹事証券の引受価額は、公募割れ時の目安になります。

初値決定後の上限(下限)価格は、初値をもとにした制限値幅の価格になります。

IPOのポイント

BuySell TechnologiesのIPOに関する補足です。

企業情報と初値予想に関する補足

2018年よりネット型リユース事業のサービスブランドを「バイセル」に変更し、大々的なテレビCMプロモーションとPR戦略により「バイセル」の社会的知名度向上を図っています。

高齢者の中には自宅の不用品の処分や整理で困っている方が多く、引越しサービスなどと合わせて処分される方が多いです。同社のサービスも出張買取りということで、シニア層から利用されています。

参考までに

評価は下記を考慮して、中立の「B」に設定しました。

  • 業績が好調。
  • 需要が多い業務内容。
  • 12月はIPOが多く、選別される可能性あり。

11.28追記。仮条件が想定発行価格(1,840円)より上振れ決定(1,790円 ~ 1,930円)したので、初値予想を2,260円 ~ 2,510円に修正しました。
予想利益は3.3万円~5.8万円としました。

目論見書の想定仮条件は1,840円。初値予想は2,150円 ~ 2,350円としました。
予想利益は3.1万円~5.1万円になります。

カブスルは幹事証券にて積極的にIPOに参加します。

ワンポイント

主幹事証券は、IPOで人気のIT系の主幹事を務める機会が多いSBI証券です。

主幹事証券は割当数が多いので、当選数も多くなります。
また、落選しても次回の当選チャンスに活かせるポイントがもらえます。

カブスルは16回 IPOに当選しています。

現在、SBI証券現金2,000円がもらえる口座開設タイアップ中です♪

1人1票の平等抽選で資金力に左右されない当選が期待できるSMBC日興証券もおすすめです。
カブスルは18回 IPOに当選しています。

1株からIPOに参加できるネオモバからも申込が可能になりました。
申込期間は11日(水)~13日(金)12時です。

【お知らせ】11/30より、ネオモバ1株からIPOに申し込みできます。

企業紹介

BuySell Technologiesは、ネット型リユース事業を行っている企業です。

約250名の査定員により出張訪問買取を全国展開。
出張訪問買取を中心に宅配買取、持込買取の3つの方法を用いた総合買取サービス。

事業系統図

取扱商品は主に、着物、切手、古銭、貴金属、ジュエリー、ブランド品、時計、骨董品、毛皮、お酒などが対象で、販売時に高単価を確保できるものをメイン商材としています。

主要顧客層は、約75%を占める50代以上のシニア層
自宅整理、遺品整理及び生前整理に同社サービスの利用者が多く、利用理由の約60%を占めているようです。

シニア層がメインターゲット

設立は2001年1月。
従業員数は2019年10月末で550名、平均年齢は29.3歳、平均勤続年数は2.3年、平均年間給与は421.8万円。

BuySell Technologiesの詳しい企業情報やIPOの内容は日本取引所グループに掲載されています。
庶民のIPOは、初心者でも参加しやすいよう要約し、IPOの評価や初値予想を掲載しています。はじめての人へ

落選してもポイントが貯まるSBI証券、IPO申し込み時の抽選資金が不要のライブスター証券松井証券と、現金6千円+5千円のキャッシュバックがもらえる庶民のIPO限定の口座開設タイアップ企画を行っています。
その他、各証券会社でお得な口座開設キャンペーンを行っています。

送信中...

ご意見箱(投書/返答不可)

ご意見、ご要望、ご感想などお気軽にお寄せください。ご意見がダイレクトに届きます。
返答の必要なご質問IPO質問集をご確認の上 お問い合わせよりご連絡ください。

ご意見は今後のサイト運営の参考にさせて頂きます。
また、みなさんの嬉しい当選報告もありがとうございます。