ビートレンド(4020):IPO上場情報と初値予想

ビートレンド

ビートレンドは、飲食店や小売店に対して、SaaS型の顧客管理ツール「betrend」の提供を行っている企業です。売上の向上やコスト削減、顧客満足度の向上に寄与しています。

スマホアプリ

※詳細は企業紹介にて。


ビートレンドの上場日

A
  • 業績:好調
  • IPO人気:あり
  • オファリングレシオ:やや低い
  • 当選口数:少ない
  • 調達金額:小さい
  • ベンチャーキャピタル:上位株主あり

上場日 2020/12/17 (木) 証券コード 4020
市場 東証マザーズ 業種 情報・通信業
Webサイト Webサイト 単元株 100株
Yahoo!
ファイナンス
ビートレンド(4020)
時価総額 2,880百万円(仮条件の上限で計算)

ビートレンドのブックビルディング内容

ブックビルディング期間中に、幹事証券からIPOに申し込みましょう。

ブックビルディング期間

2020/12/1 (火) ~ 12/7 (月)

仮条件 2,680円~2,800円 (抽選資金:26.8万円 ~ 28万円)
当選口数 1,891口
発行済株式数 1,028,800株 オファリングレシオ 18.3%
公募株数 80,000株 売出株数 84,500株
吸収金額 5億円~5.2億円 O.A分 24,600株
仮条件決定日 11/27 (金) 公募価格決定日 12/8 (火)
購入期間 12/9 (水) ~ 12/14 (月)

※ 吸収金額は公募株、売出株、OA分を合計して計算しています。
※ IPOの申込・購入期間は証券会社により短くなっている場合があります。

ビートレンドの公募価格と初値

仮条件 2,680円~2,800円
公募価格 12/8 (火)に決定 初値 (初値予想)4,500円 ~ 6,500円※11/27 修正
騰落率 -  倍率  -
初値売り損益 (予想利益)170,000円~370,000円※11/27 修正

ビートレンドの初値予想と予想利益

ビートレンドの初値予想と予想利益です。

初値予想は過去データの動向を基に算出。

仮条件決定後

仮条件

2,680円 ~ 2,800円 ※抽選資金:26.8万円 ~ 28万円
上限は4.5%上ブレ↑

初値予想 4,500円 ~ 6,500円※11/27 修正
(1.6倍~2.3倍)
予想利益 17万円~37万円

仮条件決定前

仮条件の想定価格 2,680円あたり ※抽選資金:26.8万円あたり
初値予想 4,020円 ~ 5,360円 (1.5倍~2.0倍)
予想利益 13.4万円~26.8万円
送信中...

初値予想アンケート

ビートレンド(4020)の初値予想アンケートに、ご協力をお願いします。

目論見書の想定価格(2,680円)を基準価格としています。

有効回答:99   投票期限:2020/12/16 (水) 23:59まで
3倍以上(8,040円以上)
73票  74%
投票済み

2.5倍以上~3倍未満(6,700円以上~8,040円未満)
10票  10%
投票済み

2倍以上~2.5倍未満(5,360円以上~6,700円未満)
9票  9%
投票済み

1.5倍以上~2倍未満(4,020円以上~5,360円未満)
1票  1%
投票済み

1.2倍以上~1.5倍未満(3,216円以上~4,020円未満)
0票  0%
投票済み

1倍以上~1.2倍未満(2,680円以上~3,216円未満)
2票  2%
投票済み

公募割れ(2,680円未満)
4票  4%
投票済み

ビートレンドの主幹事と幹事証券

ビートレンドのIPOを取り扱っている証券会社です。(申し込みが可能)

主幹事証券
引受幹事証券
委託含む)

備考

一人一票の平等抽選で資金力に当選が左右されないマネックス証券がおすすめです。

落選してもポイントが貯まるSBI証券、抽選資金が不要のライブスター証券松井証券と、現金6千円+5千円のキャッシュバックがもらえる庶民のIPO限定の口座開設タイアップ企画を行っています。
その他、各証券会社でお得な口座開設キャンペーンを行っています。


ビートレンドの決算情報

単独 財務情報 (単位/千円)

決算期 2019年12月 2018年12月 2017年12月
売上高 746,824 635,570 608,233
経常利益 53,574 16,755 49,378
当期利益 37,809 9,342 34,058
純資産 268,147 230,338 220,995
配当金
EPS 40.08 9.90 3,944.43
BPS 284.24 244.16 23,425.40
※配当金、EPS、BPSは(単位/円)
業績

上位株主とロックアップ情報

ビートレンドの上位10名の株主構成、ロックアップの情報です。

株主名 株数 比率 ロックアップ
永山 隆昭 取締役 521,500株 51.25% 180日間
井上 英昭 代表取締役社長 224,400株 22.05% 180日間
富士フイルム(株) 92,400株 9.08% 90日間
(株)USEN-NEXT HOLDINGS 20,000株 1.97%
投資事業組合オリックス11号 VC 20,000株 1.97%
須山 聖一 12,000株 1.18%
(株)エスネットワークス 10,500株 1.03%
平川 雅隆 取締役 9,000株 0.88% 180日間
澤田 瑞樹 取締役 9,000株 0.88% 180日間
佐野 力 8,800株 0.86%

USEN-NEXT HOLDINGSは上場時にすべて売出し。

直近の類似IPOの上場結果

ビートレンドと同じホットワードのIPOの上場結果です。

SaaS」がついたIPOの上場結果。

  • 2020/11/19 アララ
    初値売りによる損益:168,000円
    (騰落率:120%、倍率:2.20倍)
  • 2020/09/28 rakumo
    初値売りによる損益:255,000円
    (騰落率:204%、倍率:3.04倍)
  • 2020/09/24 トヨクモ
    初値売りによる損益:702,000円
    (騰落率:351%、倍率:4.51倍)
  • 2020/07/15 アイキューブドシステムズ
    初値売りによる損益:631,000円
    (騰落率:202.24%、倍率:3.02倍)
  • 2020/06/26 コマースOneHD
    初値売りによる損益:537,000円
    (騰落率:335.63%、倍率:4.36倍)

ビートレンドと市場と業種が同じIPOの上場結果。

「市場:東証マザーズ」かつ「業種:情報・通信業」のIPO結果です。

  • 2020/11/27 クリーマ
    初値売りによる損益:128,000円
    (騰落率:35.85%、倍率:1.36倍)
  • 2020/11/19 アララ
    初値売りによる損益:168,000円
    (騰落率:120%、倍率:2.20倍)
  • 2020/10/27 カラダノート
    初値売りによる損益:144,000円
    (騰落率:320%、倍率:4.20倍)
  • 2020/10/13 日通システム
    初値売りによる損益:250,000円
    (騰落率:83.33%、倍率:1.83倍)
  • 2020/09/30 アクシス
    初値売りによる損益:463,000円
    (騰落率:432.71%、倍率:5.33倍)

IPOのポイント

スマートCRMサービスは、ポイント機能やスタンプ機能など購買行動履歴や来店履歴を蓄積管理している顧客導入企業が多く、継続利用が前提のサービスとなっており、直近12ヶ月の平均月次解約率は契約金額ベースで0.6%です。

また、契約企業数やARP(年間契約金額)も順調に伸びています。

スマートCRMの契約企業数

懸念事項としては、同社がサービス対象としている企業がコロナ禍の影響を受けていること。
また、海外進出も計画しているようですが、コロナ禍の影響で足踏み状態のようです。

参考までに

評価は下記を考慮して、人気が高い「A」に設定しました。

  • オファリングレシオが18.3%と低く、当選口数も少ないこと。(需給面良好)
  • IPOで人気のある「SaaS」事業。(データ
  • 時代にマッチした事業内容で将来性あり。
  • 上場による知名度アップで、業績への貢献期待。
  • 市場からの吸収金額が5億円と小さい。吸収金額による実績
  • 顧客層に外食チェーン店やスポーツクラブ。新型コロナウィルスの収束が未定。
  • ベンチャーキャピタルが1社。ロックアップなし。
  • 同日に5社が上場。前日に3社上場。

11.27追記。仮条件は2,680円 ~ 2,800円に決定。(想定価格2,680円より4.5%上ブレ↑
初値予想を4,500円 ~ 6,500円に修正。予想利益は17万円~37万円です。

目論見書の想定仮条件は2,680円。初値予想は4,020円 ~ 5,360円としました。
予想利益は13.4万円~26.8万円です。

公募割れリスクは低いです。
積極的に幹事証券から参加して当選を狙いましょう。

1人1票の平等抽選で、資金力に左右されない当選が期待できるマネックス証券がおすすめです。

マネックス証券は口座開設で特別レポートがもらえる、お得なタイアップ企画を行っています。

抽選資金に余裕があれば、岩井コスモ証券でも参加しておきたいです。

企業紹介

ビートレンドは、飲食店や小売店に対して、SaaS型の顧客管理ツール「betrend」の提供を行っている企業です。

2,500社、35,000店舗の導入実績。
売上の向上やコスト削減、顧客満足度の向上に寄与しています。

スマホアプリ

主に、外食チェーン店、小売チェーン店、スポーツクラブ、自治体、通信販売業(EC)など、消費者と身近な企業や団体のDX化を支援しています。

betrendは、会員の性別や年齢・住所などの属性情報や閲覧・購買などの行動履歴を統括管理し、顧客をグルーピング化。

スマートCRM

各グループに対してクーポンを付与したり、メッセージ配信を行えます。
顧客管理と販促活動ができる便利なサービスです。

betrendの特徴

設立は2000年3月。
従業員数は2020年10月末で46名、平均年齢は39.8歳、平均勤続年数は6.6年、平均年間給与は587.5万円。

ビートレンドの詳しい企業情報やIPOの内容は日本取引所グループに掲載されています。
庶民のIPOは、初心者でも参加しやすいよう要約し、IPOの評価や初値予想を掲載しています。はじめての人へ

落選してもポイントが貯まるSBI証券、抽選資金が不要のライブスター証券松井証券と、現金6千円+5千円のキャッシュバックがもらえる庶民のIPO限定の口座開設タイアップ企画を行っています。
その他、各証券会社でお得な口座開設キャンペーンを行っています。


送信中...

ご意見箱(投書/返答不可)

ご意見、ご要望、ご感想などお気軽にお寄せください。ご意見がダイレクトに届きます。
返答の必要なご質問IPO質問集をご確認の上 お問い合わせよりご連絡ください。

ご意見は今後のサイト運営の参考にさせて頂きます。
また、みなさんの嬉しい当選報告もありがとうございます。