IPOの初値予想が載っている株式新聞を無料で見る方法

IPOの直前の初値予想が掲載されている「株式新聞」。

月額4,400円の証券専門誌で、新興市場やIPOの情報が豊富。
経済紙で知名度が高い日経新聞とは、また違った情報を仕入れることができます。

こちらの株式新聞。
2020年6月26日から、DMM.com証券の口座をお持ちの方は無料で見られるようになりました!

  1. DMM.com証券に口座を開設している。
  2. DMM株にログインし、株式新聞のIDとパスワードを発行。
  3. 株式新聞にログインして、IPOニュースをみる。

上記の3ステップの説明と、IPOの企業紹介や直前の初値予想が掲載されている「IPOニュース」を見る方法を紹介します。

株式新聞とは?IPOニュースも読める月額4,400円の専門誌

株式新聞は、2019年で創刊70周年を迎える証券専門紙ではトップシェアを誇る日刊紙です。

主力銘柄はもちろん、カバーが少ない中小型株や新興市場、IPO(新規上場)の情報も充実しています。

株式新聞

株式新聞をIPOに特化して紹介すると、次の内容が掲載されています。

  • IPOを行う企業の紹介。
  • ブックビルディングのスタンス(強気・中立・弱気)。
  • 上場直前の初値予想。
  • IPOにまつわるニュース全般。

もちろん、IPOだけでなく証券専門誌として情報が豊富です。

株式新聞(Web版)を購読するには、主に2つの方法がありました。

購読方法 料金
月額購読 月額4,400円(税込)
株主優待の無料クーポン モーニングスター(4765)の株を500株購入(約20万円)すると、株主優待で年間購読の無料クーポンがもらえる。
100株購入だと6か月分の購読無料クーポン。

決して価格が高いわけでなく、価格に見合った情報を提供しています。(カブスルも有料購読者)

株式新聞を無料で読む3つのステップ

株式新聞を無料で見るには、3つのステップが必要です。

なお、無料だからといって一部の記事しか読めないわけではなく、全ての記事が有料購読者と同様に見られます。(カブスルが確認済)

すでにDMM.com証券の口座開設が済んでいる方は、「2」からご覧ください。

DMM.com証券に口座を開設している

DMM.com証券の口座をお持ちの方は無料で見られます。

IPOに積極参加している方なら、すでに口座開設されているかもしれません。というのも、特徴として、

  • IPOの抽選資金不要。
  • 抽選は平等抽選。
  • 幹事数は2019年は3社、2020年は7月時点で3社。

抽選資金が不要なので、気軽にIPOに参加しやすい証券会社です。

また、取引手数料も格安クラスで、取引ツールやアプリにも力をいれています。

最短で当日に口座開設が可能です。

【DMM 株】口座開設
【DMM 株】口座開設

DMM株にログインし、株式新聞のIDとパスワードを発行

DMM.com証券の口座開設後、DMM株にログインします。

左側に「投資情報」とあるので、そちらをクリックします。

投資情報をクリック

一番上に「株式新聞」の紹介があります。

「いますぐ株式新聞を購読する」というオレンジのボタンを押すと、株式新聞のIDとパスワードが発行されます。

表示されているIDとパスワードをメモしておきます。

株式新聞にログインしてIPOニュースをみる

株式新聞のページを開きます。

タイトルに「鍵マーク」がある記事は、ログインしないと見られません。

右上の「ログイン」を押すと、ログイン画面になります。
DMM株で発行されたIDとパスワードを入力すると、株式新聞の記事を読むことができます。

IPO関連の記事へは、次のどちらかでアクセスできます。

  1. 画面上部の「IPOニュース」のタブを見つけてクリック。(ないときもある)
  2. なければ、上部右側の「もっと見る」からカテゴリを選ぶ。
株式新聞TOP

もっと見ると選択すると、記事がカテゴリごとに並んでおり、中段にIPO関連のカテゴリがあります。

IPOカテゴリ

IPOニュースを押すと、IPO関連の記事が一覧で表示されます。

IPOニュース

これらの情報を確認するために、カブスルは月額4,400円を支払い購読していました。

既に有料購読している人の株式新聞の解約方法

カブスルは日経新聞(新聞&電子版)と、株式新聞(Web版)を購読しています。

DMM.com証券の株式新聞のIDとPWで試しに購読してみると、普段となんら遜色なく利用することが出来ましたので、有料購読の方を解約することにしました。解約のステップはこちらです。

  • 株式新聞にログインする。
  • 右上の「登録情報変更」をクリックする。
  • 下段の「解約申込」をクリックする。
    (中途解約は電話で対応 0120-989-687)

通常はこちらの手順でOKですが、登録情報ページがエラーになる場合は、電話で解約の申込をしましょう。

カブスルは電話で解約。名前と電話番号を伝えるのみで解約できました。

DMM株の魅力を紹介

株式新聞を無料で見られることができるようになり、カブスルは経済的に助かっています(  ̄∇ ̄)
(2020年6月から月額4,400円の支払いがなくなりました)

そのお礼?として、DMM株の魅力を2つ厳選して紹介させて頂きます。

  1. 米国株の取引手数料がゼロ。日本株も最安値クラス。
  2. DMM株 スマホアプリがさくさく動く。初心者用へ切り替えも可能。

米国株の取引手数料がゼロ。日本株も最安値クラス

DMM.com証券は、Amazonやアップルなどの米国株も購入可能です。

米国株は日本株と比較しても堅調で、特にハイテク企業が集まるNASDAQ(ナスダック)の伸びは凄まじいです。
(カブスルもAmazonの株価が5.7倍になったところで利益確定。買いなおし保有中)

(日本株と米国株の20年チャートの比較)
日本株と米国株のチャートの比較

投資チャンスが大きい事から、米国株の人気は高まっています。

また、米国株は1株から購入できるので、日本株と比較しても少ない資金から購入できるのも魅力です。

その米国株の取引手数料は約定代金に関わらず一律0円と、他社より割安です。

1取引あたり(税抜)

証券会社

DMM.com証券 マネックス証券 SBI証券 楽天証券
取引手数料

無料

約定金額の0.45%
無料~20米ドル

為替手数料 25銭 買付時:無料
売却時:25銭
25銭

※マネックス証券の為替手数料は定期的に見直されています。(2020.10.13時点)

指値注文、成行注文のほかに、親注文の約定後に子注文(次の注文)を発注することができるIFDONE注文も可能です。

さらに注文の最大期限が30日間と長いのも特徴です。

DMM株で、有人宇宙飛行を開発する米国の会社「ヴァージン ギャラクティック(SPCE)」を購入。

米国株については、姉妹サイト「カブスル」にて詳しく紹介しています。

2つのモードが切替可能「DMM株 スマホアプリ」

DMM.com証券は、スマートフォン向けのアプリが用意されています。

特徴として、1つのアプリの中にモードが2つ用意されており、切り替えが可能となっています。

DMM株 スマホアプリ

メニューから切替はカンタンに行えます。

カブスルはノーマルモードでチャートを見ていますが、アプリ内はさくさく動くので使いやすいかと思います。(2020.10.13時点)

かんたんモード(初心者用)だと、TOP画面におすすめテーマやランキングが表示されます。

なお、DMM株スマホアプリでは、日本株と米国株の両方を1つのアプリで取引できます。


以上、株式新聞が無料で読める方法の紹介でした。

DMM.com証券もこれを機に、なにか株を買ってみて多少は恩返しをしたいと思います。

何故、無料で見られるの?と質問をいただきましたが、顧客サービスの一環として、このような取り組みを行っていると思われます。

抽選に外れても次回の当選チャンスに活かせるポイントが貯まるSBI証券、抽選資金が不要の松井証券ライブスター証券現金6千円がもらえる庶民のIPO限定のタイアップ企画を行っています。
その他、各証券会社で口座開設キャンペーンを行っています。