主幹事証券とは?

主幹事証券は、IPOの一連の流れをとりしきる証券会社です。

上場が成功するよう、様々な助言を企業に行います。

主幹事証券は幹事証券の中で、最も役回りが多くなります。

公開準備から公開後まで、上場予定企業のサポートを行います。

主幹事証券は公開準備から公開後までサポートをする

未上場企業が上場(IPO)するには、数年かかります。

上場前の準備段階から、上場後のサポートまで行うのが主幹事証券です。

いわば、未上場企業のパートナーです。

  • IPO 承認前
    上場予定の企業と審査基準を満たすよう取り組む。
  • IPO 承認後
    公募価格の算定や事務手続きなど。
  • IPO 上場後
    資金調達の助言・指導や上場後のIRのサポートなど。

なお、主幹事証券は公開株を多く引き受けます。

引き受けた公開株は公募価格よりも安くなるので、その差額が利益となります。

主幹事証券は当選数が多くなる

主幹事証券はIPOの割当数が多くなりますので、個人投資家への当選数も多くなります。

参考までに、2019年に上場したWelbyの主幹事は、SMBC日興証券でした。

Welbyの幹事証券

IPOの割当数は次の通り。

Welbyの割当数

主幹事のSMBC日興証券が、全体の91.39%の割当数(当選数)を占めています。

IPOによりますが、主幹事は全割当数の7割~9割の割当数(当選数)を占めることが多いです。

主幹事になる機会が多い証券会社は口座開設しておきましょう。

主幹事証券だけIPOに参加していればよい?

毎年 1件ほど、「IPOは主幹事証券だけ参加していればよいんだよ!」と私宛にお叱り!?のメッセージをくれる方がいますが・・・

主幹事証券だけ参加しているようじゃ、IPOの当選回数は増えません!

カブスルは主幹事からの当選が37回、主幹事以外が36回とほぼ半々です。

経験談を交えて紹介しておりますので、よろしければどうぞ。

主幹事は証券会社により特徴あり

主幹事になる証券会社は、大体決まっております。

下記は、2019年のIPOで主幹事を務めた回数が多い証券会社です。

証券会社 主幹事数 引受幹事数
委託含む
主幹事 + 引受幹事数
(委託含む)

初値売りによる
平均損益

大和証券 21社 22社 43社全体の50% 191,330円
SMBC日興証券 20社 41社 61社全体の71% 171,462円
野村證券 17社 18社 35社全体の41% 163,300円
みずほ証券 13社 41社 54社全体の63% 136,556円
SBI証券 7社 75社 82社全体の95% 173,777円

店舗を持つ大手証券会社とネット証券のSBI証券が、大体 主幹事となります。

各証券会社により やや特徴があります。(個人的な主観)

野村證券 数年前までは、主幹事といえば野村證券でした。
過去には業績が悪い企業も上場させており、選別を強めたからか幹事数が抑えられる。
SBI証券 IPOで人気のある IT系の主幹事になることが多い。
グループ会社にベンチャーキャピタルあり。
また、公開規模を抑えて需給的に初値が上がりやすい内容に。
大和証券 IT関連のスタートアップを発掘。IPO部門の人材を増やす。
SMBC日興証券 グループの三井住友銀行と連携。
パークシャテクノロジーや、HEROZなどAI開発企業を発掘。
みずほ証券 特に思い浮かばず。

抽選に外れても次回の当選チャンスに活かせるポイントが貯まるSBI証券、抽選資金が不要の松井証券ライブスター証券現金6千円がもらえる庶民のIPO限定の口座開設キャンペーンを行っています。
その他、各証券会社でお得な口座開設キャンペーンを行っています。