HEROZ(ヒーローズ)[4382]:IPO上場情報と初値予想

IPO「HEROZ(ヒーローズ)」(4382)

HEROZ(ヒーローズ)

HEROZ(ヒーローズ)」は 人々の生活が便利に楽しくなるように、人工知能(AI)を活用したサービスの提供を行っている企業です。

同社のコンセプトは「驚きを心に」。

  • 個人向けには 頭脳ゲーム等のアプリケーションとしてスマートフォンやタブレット端末上で展開。
  • 企業向けには 様々な領域における機械学習等のAIサービスを提供。

同社では将棋AIの研究に取り組み続け、エンジニアが開発したAIが史上初めて2013年に現役プロ棋士に、2017年に現役将棋名人に勝利するなどの実績を残しています。

また、これまでに同社が開発してきた「将棋ウォーズ」、「Backgammon Ace」、及び「CHESS HEROZ」といった頭脳ゲーム(思考能力を用いて競うゲーム)に代表されるアプリケーションの開発を通じて蓄積した機械学習等のAI関連技術は同社のコア技術となっています。

現在は上記の手法に加えて、深層学習(ディープラーニング)や強化学習といった手法を実施しながら、日々AIの精度を向上させています。

このAIを活用したアプリケーションを、主に、Google Inc.が運営するGoogle PlayやApple Inc.が提供するApp Store等世界標準のプラットフォームを通じてBtoCサービスとして展開しており、収益はそれらの有料課金収入が中心となります。

AIビジネスの国内市場は成長を続けており、2015年は1,500億円となってますが、2020年には1兆20億円、2030年には2兆1,200億円にも及ぶとの調査結果もあり、AI関連市場は拡大を続けるものと見込まれてます。
(出所:富士キメラ総研「2016 人工知能ビジネス総調査」平成28年11月)

将棋等のAI開発で蓄積したAI関連の技術を活用することにより、インプットとなるデータを変えることで頭脳ゲーム以外の問題を解決することが可能となっています。

様々な領域の事業会社に対してAIサービスを提供しており、AIが高い付加価値を創出できることが実証されています。

  • 金融:株価等の市場予測を行うAIや、ユーザーの投資行動を分析し投資パフォーマンス向上に資するフィードバックを行うAI。
  • 建設:物件の構造や類似物件の設計情報等を活用して最適な構造設計を行うAI。
  • 人材:求職者と求人企業のマッチング精度を向上させるAI。
  • 品質管理:サイト分析からテスト工程の生成・実行といったソフトウエア検証(デバッグ)を行うAI。
  • ロボット:ロボットを効率良く動かし目的を達成するAI。
  • エンターテイメント:機械学習により頭脳ゲームにおいてユーザーの対戦相手となるAI、ユーザーの行動分析を行いその精度やユーザーの継続率を向上させるAI。

ワンポイント

IPOとしても申し分なく、かなり人気化する事が予想されます。
2018年のIPOはまだ始まったばかりですが、今年の目玉IPOになるかもしれません。

  • テーマ性:AI、ビッグデータ
  • 将来性:上記のレポートの通りAI市場は拡大が見込まれています。
  • 話題性:新聞・雑誌等でAIという言葉を見ない日はありません。

当選すれば大きな利益になるのは間違いありませんので、積極的に幹事証券のブックビルディングに参加して当選を狙いたいところです。

設立は平成21年4月です。
従業員数は平成30年1月末で34名、平均年齢は33.8歳、平均勤続年数は3.1年、平均年間給与は452.1万円です。


IPO「HEROZ(ヒーローズ)」の上場日

S
  • IPO人気:あり
  • 公開比率:低い
  • 当選口数:少ない
  • 公募多い
  • 調達金額:小さい
  • ベンチャーキャピタル:上位株主あり

上場日 2018/4/20 (金) 証券コード 4382
市場 東証マザーズ 業種 情報・通信業
Webサイト Webサイト 単元株 100株
Yahoo!
ファイナンス
HEROZ(ヒーローズ)(4382)

IPO「HEROZ(ヒーローズ)」のブックビルディング情報

ブックビルディング期間

2018/4/5 (木) ~ 4/11 (水)

IPOのメール通知システム は申込み忘れに便利です。

仮条件 3,940円~4,500円 (抽選資金:39.4万円 ~ 45万円)
当選口数 1,722口
公募株数 172,200株 売出株数 0株
吸収金額 8.9億円 O.A分 25,800株

各用語の説明はこちらで行っています。
※ 吸収金額は公募株、売出株、OA分を合計して計算しています。

抽選資金が足りない場合は、抽選資金が不要の証券会社でブックビルディングに参加しましょう!

IPO「HEROZ(ヒーローズ)」の公募価格と初値

公募価格 4,500円 初値 49,000円
騰落率 988.89%  倍率  10.89倍
初値売りでの損益 4,450,000円(49,000円 - 4,500円)× 100株

HEROZ(ヒーローズ)の「想定仮条件」と「予想利益」

参考までにIPO「HEROZ(ヒーローズ)」の「想定仮条件」と「想定初値」による「予想利益」です。
(予想利益は各上限で計算しております。)

抽選資金はIPOの抽選時に必要な投資資金です。抽選に外れれば戻ってきます。(想定仮条件×100株)
抽選資金が足りない場合は、抽選資金が不要の証券会社でブックビルディングに参加しましょう!

IPO「HEROZ(ヒーローズ)」の主幹事証券と引受幹事証券

「HEROZ(ヒーローズ)」のIPOを取り扱っている証券会社です。(申込みが可能)
のマークがついている証券会社は特に管理人がおすすめする証券会社です。

主幹事証券会社
引受幹事証券会社
委託含む)

備考

主幹事は1人1票の「公平抽選」で 庶民でも当選確率が期待できる「SMBC日興証券になります。
主幹事はIPOの一連の流れを取りしきる立場にあり、IPOの割当数も主幹事が一番多いです。(当選口数が一番多い

他にも、1人1票の「公平抽選」で 庶民でも当選確率が期待できる「マネックス証券」や、抽選に外れても次回の当選チャンスに活かせる「IPOチャレンジポイント」が付与される「SBI証券」がおすすめです。

追加の委託幹事として「岡三オンライン証券」が決まりました。
IPOの抽選時に資金が必要ない証券会社ですので、気軽に参加が可能です。運だめしで必ず参加したいところです。

現在、現金5,000円がもらえるお得なタイアップキャンペーン」も行っています。

また、意外と引受幹事数(委託幹事含む)が多く IPO当選に穴場である「岩井コスモ証券」も要チェックです。

抽選に外れても次回のチャンスに活かせるIPOチャレンジポイントが貯まる「SBI証券」、申込み時の抽選資金が不要で庶民に優しい「ライブスター証券」と「岡三オンライン証券」。
現金2,000円 ~ 現金4,000円がもらえるお得なタイアップキャンペーンを期間限定で行っています♪(タイアップ詳細
特に「SBI証券」と「岡三オンライン証券」は取扱うIPOの数が多くIPO当選狙いに必須の証券会社です。

IPO「HEROZ(ヒーローズ)」の決算情報

単独 財務情報 (単位/千円)

決算期 2015年4月 2016年4月 2017年4月
売上高 1,193,663 1,155,693 877,623
経常利益 -18,239 -23,035 94,352
当期利益 -9,697 -87,007 94,062
純資産 193,740 106,733 74,795
配当金
EPS -3.03 -27.19 29.44
BPS 60.54 33.35 25.79
※配当金、EPS、BPSは「単位/円」です。

直近の類似IPOの上場結果

参考までにIPO「HEROZ(ヒーローズ)」と上場市場と業種が同じIPOの上場結果です。

(参考)直近の「市場:東証マザーズ」かつ「業種:情報・通信業」のIPO結果です。

  • 2018/04/04 上場ビープラッツ… 初値売りによる損益:780,000円(騰落率:354.55%、倍率:4.55倍)
  • 2018/03/23 上場ファイバーゲート… 初値売りによる損益:133,800円(騰落率:127.43%、倍率:2.27倍)
  • 2018/02/23 上場Mマート… 初値売りによる損益:414,000円(騰落率:333.87%、倍率:4.34倍)
  • 2017/12/18 上場ナレッジスイート… 初値売りによる損益:301,000円(騰落率:150.50%、倍率:2.51倍)
  • 2017/12/18 上場すららネット… 初値売りによる損益:230,500円(騰落率:112.99%、倍率:2.13倍)

IPOのポイントby HEROZ(ヒーローズ)

上場前

「HEROZ(ヒーローズ)」は「世界を驚かすサービスを創出する」という理念のもと、将棋等の頭脳ゲームAIを開発する過程で培った技術力を背景に、AI革命を起こし、未来を創っていく集団であり続けることを目指しています。

今後、AI関連市場は拡大を続けるものと見込まれており、各産業で実用化に向けた取り組みが進んでいます。

同社のAI関連事業は将棋等の頭脳ゲームAI領域から始まりましたが、現在は建設などのインダストリアルAI領域へと適用範囲の拡大を続けています。

  • 金融:株価等の市場予測を行うAIや、ユーザーの投資行動を分析し投資パフォーマンス向上に資するフィードバックを行うAI。
    SMBC日興証券」も同社のAIを導入予定です。
  • 建設:物件の構造や類似物件の設計情報等を活用して最適な構造設計を行うAI。
  • 人材:求職者と求人企業のマッチング精度を向上させるAI。
  • 品質管理:サイト分析からテスト工程の生成・実行といったソフトウエア検証(デバッグ)を行うAI。
  • ロボット:ロボットを効率良く動かし目的を達成するAI。
  • エンターテイメント:機械学習により頭脳ゲームにおいてユーザーの対戦相手となるAI、ユーザーの行動分析を行いその精度やユーザーの継続率を向上させるAI。

参考までに

2018.3.28 追記。
RPA HD」や「アジャイルネットワーク」などの初値高騰の影響が勘案され想定の初値予想は「9,000円 ~ 10,500円」に上方修正されました。予想上限にて「初値売り」をすると60万円の利益になりそうです。

2018.3.19 追記。市場注目度は 最も高い「S」となりました。
公募割れリスクも低いと想定されますので、積極的に幹事証券のブックビルディングに参加して当選を狙いたいところです。

想定の仮条件は「3,640円 ~ 3,740円」。想定の初値予想は「7,500円 ~ 8,600円」となっています。
予想上限にて「初値売り」をすると48.6万円の利益になりそうです。

AI(人工知能)を活用したサービスでIPOどストライク銘柄
市場からの調達金額も低く人気化必至です!早くも2018年 目玉のIPOになるかもしれません。

  • IPOで人気のあるAI関連事業
  • 市場からの調達金額が約7.4億円あたりと小さい
  • 当選口数が1,722口と非常に少ない
  • IPOで人気のある東証マザーズ市場
  • 4/11上場の「コンヴァノ」から約10日間の期間が空き、次のIPOもまだ決まっておらず投資資金が向かいやすい。

ワンポイント

主幹事証券はSMBC日興証券

主幹事証券は割当数が多いので、当選口数も多くなります。
また、SMBC日興証券は資金量に左右されない「公平抽選」を採用していますので、1口応募しても100口応募しても 当選確率は一緒です。

庶民の管理人も過去に16度 IPOに当選をしております。(IPO実績

他にも、1人1票の「公平抽選」で 庶民でも当選確率が期待できる「マネックス証券」や、抽選に外れても次回の当選チャンスに活かせる「IPOチャレンジポイント」が付与される「SBI証券」がおすすめです。

追加の委託幹事として「岡三オンライン証券」が決まりました。
IPOの抽選時に資金が必要ない証券会社ですので、気軽に運だめしで参加しましょう~。

現在、現金5,000円がもらえるお得なタイアップキャンペーン」も行っています。

「HEROZ(ヒーローズ)」は全力でIPOに参加して当選させたいIPOになります。

上場後

公募価格4,500円に対して初値は49,000円
騰落率は988.89%(10.89倍)

初値売りによる利益額は445万円になりました (  ̄∇ ̄)

ワンポイント

2004年から集計をとっていますが、2004年以降で一番 利益が大きいIPOとなりました!

久々に物凄いIPOを見させてもらった気がします。
初値が公募価格の10倍を超えているって凄いですね(笑)

参考までに

3営業日目まで初値がつかないIPOは、2018年3月28日に上場を果たした「アジャイルメディア・ネットワーク」以来となります。
年に一度くらいしか出ませんが、今年はこれで2社目です。

HEROZの初値形成直前から初値形成後 の約40分間の株価の動きをYoutubeでも公開しています。

サイト内検索 powered by Google
スポンサードリンク

「HEROZ(ヒーローズ)」のIPO詳細は新規上場会社情報(日本取引所グループ)に掲載している目論見書にてご確認下さい。

お得なタイアップキャンペーン

5/31(木)まで!

お得なタイアップキャンペーン

SBI証券」さんと 「現金 2,000円」を頂けるお得なタイアップキャンペーンを行っています。

6/30(土)まで!

お得なタイアップキャンペーン

ライブスター証券」さんと 「現金 2,000円」を頂けるお得なタイアップキャンペーンを行っています。


6/30(土)まで!
岡三オンライン証券」さんと「現金 3,000円」を頂けるお得なタイアップキャンペーンを行っています。

お得なタイアップキャンペーン

IPO狙いにおすすめの証券会社

管理人のメイン証券会社

マネックス証券

完全公平抽選で当選確率が一緒。
引受幹事数も多い。

マネックス証券

店舗もある大手証券会社

SMBC日興証券

公平抽選で当選確率が一緒。
主幹事も引受幹事数も多い。

SMBC日興証券

個人投資家が最も多く利用

SBI証券

引受幹事数がネット証券最多。
IPOチャレンジポイント。

SBI証券

関連コンテンツ