公募価格の下限決定は損失リスク大!当選キャンセルも考慮しよう

公募価格(公開価格)が仮条件の上限で決まらないIPOは、公募割れのリスクが高くなるので要注意です!

公募価格の下振れは人気がない証拠!

ほとんどのIPOは「仮条件の上限」で決まることが多いです。

仮条件では「どの株価で購入したいですか?」というヒアリングをしていますが、公募価格が仮条件の上限で決まらないという事は「現在の設定している株価が評価より高い!」というレッテルを張られているようなものです。

つまり IPOとして人気化しづらく、このようなIPOは公募割れのリスクが非常に高くなります。

公募価格が下振れしたIPOの実績

公募価格が下振れ決定した IPOの実績です。

2020年3月はコロナショックで相場が大混乱です。

参考までに

  • 2020/4/6 松屋R&D
    仮条件:910円 ~ 960円、公募価格:910円(下限)
    初値:838円、初値売り損益:-7,200円(-7.9%)
  • 2020/3/31 Macbee Planet
    ※コロナショックでB→Dへ変更(公募価格は仮条件の上限に集まったが、市況により異例の下限決定)
    仮条件:1,830円~1,990円、公募価格:1,830円(下限)
    初値:2,348円、初値売り損益:51,800円(28.3%)
    ※だたし、初値形成後はストップ安へ。
  • 2020/3/25 ヴィス
    ※コロナショックでB→Dへ変更(公募価格は仮条件の上限に集まったが、市況により異例の下限決定)
    仮条件:820円~900円、公募価格:820円(下限)
    初値:754円、初値売り損益:-6,600円(-8.0%)
  • 2020/3/9 フォーラムエンジニアリング
    仮条件:1,310円~1,400円、公募価格:1,310円(下限)
    初値:1,030円、初値売り損益:-28,000円(-21.3%)
  • 2019/8/9 ステムリム
    仮条件:1,000円~1,700円、公募価格:1,000円(下限)
    初値:930円、初値売り損益:-7,000円(-7.0%)
  • 2018/12/12 アルテリア・ネットワークス
    仮条件:1,150円~1,500円、公募価格:1,250円
    初値:1,190円、初値売り損益:-6,000円(-4.8%)
  • 2018/9/28 ワールド
    仮条件:2,900円~3,200円、公募価格:2,900円(下限)
    初値:2,755円、初値売り損益:-14,500円(-5%)
  • 2018/3/20 信和
    仮条件:1,150円~1,300円、公募価格:1,150円(下限)
    初値:1,106円、初値売り損益:-4,400円(-3.8%)
  • 2017/9/29 西本WismettacHD
    仮条件:4,500円~5,250円、公募価格:4,750円
    初値:4,465円、初値売り損益:-28,500円(-6%)
  • 2017/3/30 スシローグローバルHD
    仮条件:3,600円~3,900円、公募価格:3,600円(下限)
    初値:3,430円、初値売り損益:-17,000円(-4.7%)
  • 2017/3/22 マクロミル
    仮条件:1,900円~2,100円、公募価格:1,950円
    初値:1,867円、初値売り損益:-8,300円(-4.2%)
  • 2016/11/1 バロックジャパンリミテッド
    仮条件:2,000円~2,240円、公募価格:2,000円(下限)
    初値:1,900円、初値売り損益:-10,000円(-5%)
  • 2016/10/12 KHネオケム
    仮条件:1,330円~1,670円、公募価格:1,380円
    初値:1,306円、初値売り損益:-7,400円(-5.3%)
  • 2016/9/2 ベイカレント・コンサルティング
    仮条件:2,100円~2,360円、公募価格:2,100円(下限)
    初値:1,963円、初値売り損益:-13,700円(-6.5%)

上記の一覧をみると、公募価格が仮条件の上限で決まらないIPOは公募割れのリスクが高くなるのがお分かり頂けたかと思います。

当選IPOの辞退も検討!

場合によっては、IPOのブックビルディングに参加して当選した場合、「購入の辞退(キャンセル)」も検討された方がよいかと思います。

C評価、辞退するのもひとつの手

カブスルも公募価格が下振れをしたIPOは、当選のキャンセルをしてリスクを回避しています。

ただし、ごく一部の証券会社では当選を辞退するとペナルティがある証券会社がありますので確認をしておきましょう。


抽選に外れても次回の当選チャンスに活かせるポイントが貯まるSBI証券、抽選資金が不要の松井証券ライブスター証券現金6千円がもらえる庶民のIPO限定の口座開設キャンペーンを行っています。
その他、各証券会社でお得な口座開設キャンペーンを行っています。