ファンペップ(4881):IPO上場情報と初値予想

ファンペップ

ファンペップは、機能性ペプチドを用いた医薬品などの研究開発事業を行っている企業です。

大阪大学大学院医学系研究科の研究成果である機能性ペプチドの研究開発を進め、医薬品、化粧品および医療機器などの事業分野で実用化することを主な事業としています。

開発品と研究テーマ

2020年4月から、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の制御に重要な予防ワクチン開発に向けて、大阪大学およびアンジェス株式会社との間で、同社の抗体誘導ペプチド等のペプチド技術を活用した次世代DNAワクチンの共同研究を実施しています。

主な事業収益は、提携製薬会社などからの収入であり、医薬品の研究開発段階においては、契約一時金、研究開発協力金および開発マイルストーン、販売段階においては、ロイヤリティーおよび販売マイルストーンなどが想定されています。

ビジネスモデル

設立は2013年10月。
従業員数は2020年10月末で11名、平均年齢は46.6歳、平均勤続年数は4.2年、平均年間給与は841.3万円。


ファンペップの詳しい企業情報やIPOの内容は日本取引所グループに掲載されています。
庶民のIPOは、初心者でも参加しやすいよう要約し、IPOの評価や初値予想を掲載しています。はじめての人へ

ファンペップの上場日

B
  • 業績:不安
  • オファリングレシオ:やや低い
  • 公募多い
  • 調達金額:大きい

上場日 2020/12/25 (金) 証券コード 4881
市場 東証マザーズ 業種 医薬品
Webサイト Webサイト 単元株 100株
Yahoo!
ファイナンス
ファンペップ(4881)
時価総額 13,732百万円(想定価格で計算)

ファンペップのブックビルディング内容

ブックビルディング期間中に、幹事証券からIPOに申し込みましょう。

ブックビルディング期間

2020/12/10 (木) ~ 12/16 (水)

仮条件 12/8 (火)に決定
当選口数 31,506口
発行済株式数 16,746,700株 オファリングレシオ 18.8%
公募株数 2,739,700株 売出株数 0株
吸収金額 25.8億円あたり O.A分 410,900株
仮条件決定日 12/8 (火) 公募価格決定日 12/17 (木)
購入期間 12/18 (金) ~ 12/23 (水)

※ 吸収金額は公募株、売出株、OA分を合計して計算しています。
※ IPOの申込・購入期間は証券会社により短くなっている場合があります。

ファンペップの初値予想と予想利益

ファンペップの初値予想と予想利益です。

初値予想は過去データの動向を基に算出。

仮条件決定前

仮条件の想定価格 820円あたり ※抽選資金:8.2万円あたり
初値予想 770円 ~ 980円 (0.9倍~1.2倍)
予想利益 -5,000円~1.6万円
送信中...

初値予想アンケート

ファンペップ(4881)の初値予想アンケートに、ご協力をお願いします。

目論見書の想定価格(820円)を基準価格としています。

有効回答:60   投票期限:2020/12/24 (木) 23:59まで
3倍以上(2,460円以上)
6票  10%
投票済み

2.5倍以上~3倍未満(2,050円以上~2,460円未満)
10票  17%
投票済み

2倍以上~2.5倍未満(1,640円以上~2,050円未満)
3票  5%
投票済み

1.5倍以上~2倍未満(1,230円以上~1,640円未満)
8票  13%
投票済み

1.2倍以上~1.5倍未満(984円以上~1,230円未満)
4票  7%
投票済み

1倍以上~1.2倍未満(820円以上~984円未満)
6票  10%
投票済み

公募割れ(820円未満)
23票  38%
投票済み

ファンペップの主幹事と幹事証券

ファンペップのIPOを取り扱っている証券会社です。(申し込みが可能)

落選してもポイントが貯まるSBI証券、抽選資金が不要のライブスター証券松井証券と、現金6千円+5千円のキャッシュバックがもらえる庶民のIPO限定の口座開設タイアップ企画を行っています。
その他、各証券会社でお得な口座開設キャンペーンを行っています。


ファンペップの決算情報

単独 財務情報 (単位/千円)

決算期 2019年12月 2018年12月 2017年12月
売上高 301,417 355,866 101,179
経常利益 -232,293 -8,744 -193,706
当期利益 -235,183 -11,937 -204,061
純資産 930,723 1,165,906 716,579
配当金
EPS -20.25 -1.06 -18.26
BPS 80.14 100.39 64.12
※配当金、EPS、BPSは(単位/円)
業績

上位株主とロックアップ情報

ファンペップの上位10名の株主構成、ロックアップの情報です。

株主名 株数 比率 ロックアップ
森下 竜一 2,200,000株 13.53% 180日間
平井 昭光 取締役 1,775,000株 10.92% 180日間
SBI4&5投資事業有限責任組合 VC 1,190,400株 7.32%
三好 稔美 代表取締役社長 1,160,000株 7.13% 180日間
塩野義製薬(株) 1,095,200株 6.74% 90日間 / 1.5倍
(有)アドバンステクノロジー 1,000,000株 6.15% 180日間
New Life Science 1号投資事業有限責任組合 VC 793,600株 4.88%
(株)SOLA 750,000株 4.61% 180日間
(株)レックスウェル 役員等により総株主の議決権の過半数が所有されている会社 650,000株 4.00% 180日間
(株)メディパルホールディングス 595,200株 3.66% 90日間 / 1.5倍

直近の類似IPOの上場結果

ファンペップと市場と業種が同じIPOの上場結果。

「市場:東証マザーズ」かつ「業種:医薬品」のIPO結果です。

  • 2020/08/03 モダリス
    初値売りによる損益:132,000円
    (騰落率:110%、倍率:2.10倍)
  • 2019/10/28 セルソース
    初値売りによる損益:374,000円
    (騰落率:164.04%、倍率:2.64倍)
  • 2019/08/09 ステムリム
    初値売りによる損益:-7,000円
    (騰落率:-7%、倍率:0.93倍)
  • 2018/10/12 Delta-FlyPharma
    初値売りによる損益:-38,500円
    (騰落率:-8.07%、倍率:0.92倍)
  • 2017/03/24 ソレイジア・ファーマ
    初値売りによる損益:4,900円
    (騰落率:26.49%、倍率:1.26倍)

IPOのポイント

赤字の創薬系バイオベンチャーと考えるか、予防ワクチン関連事業と捉えるかで評価が分かれそうです。

予防ワクチンは、米国のワクチン開発報道で株価がバリュー株に動く(景気回復期待)ほど、影響力が大きいテーマです。

2020年4月から、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の制御に重要な予防ワクチン開発に向けて、大阪大学およびアンジェスとの間で、当社の抗体誘導ペプチド等のペプチド技術を活用した次世代DNAワクチンの共同研究を実施しています。2015年3月にはアンジェスとの間で、機能性ペプチドの知的財産権の移転を伴う現物出資契約を締結。

ファンペップの筆頭株主は、アンジェス創業者の森下 竜一氏。

参考までに

評価は下記を考慮して、中立の「B」に設定しました。

  • 新型コロナウィルス(COVID-19)の予防ワクチンをアンジェスと共同開発。
  • 社会的意義が高い事業内容。
  • オファリングレシオが18.8%とやや低い。
  • 公開株がすべて公募株。売出ゼロ。
  • 購入単価が低い(8万円)。
  • 業績が赤字になりやすい創薬系バイオベンチャーはIPOで人気なし。
  • 同日に3社が上場。
  • 2019年12月に上場予定だったが中止に。

目論見書の想定仮条件は1,200円。初値予想は1,320円 ~ 1,600円としました。
予想利益は1.2万円~4万円です。

カブスルはとりあえず、今年最後のお祭り気分で幹事証券にて積極的にIPOに参加します。

どっちに初値が転がるのか全くわかりません・・。
最後のIPOに、ある意味面白いものがでてきたなぁという印象です。

今年最後かと思いきや、同じ大阪府のバイオベンチャーであるクリングルファーマの上場が12月28日に決まりました。
どちらも所在地は大阪府茨木市彩都あさぎ。(アンジェスも同じ)

ファンペップ(4881) クリングルファーマ(4884)
上場日 12/25 (金) 12/28(月)
事業内容 機能性ペプチドを用いた医薬品などの研究開発事業 HGFタンパク質を用いた難治性疾患の治療薬の研究開発
時価総額
(想定価格で計算)
13,732百万円 4,016百万円
オファリングレシオ 18.8% 15.7%
想定価格 820円 950円
設立 2013年10月 2001年12月
従業員 11名、平均年齢46歳、平均年間給与は841.3万円 10名、平均年齢43歳、平均年間給与は424.8万円
主幹事 SBI証券 野村證券

ワンポイント

主幹事証券は、IPOで人気のIT系の主幹事を務める機会が多いSBI証券です。

主幹事証券は割当数が多いので、当選数も多くなります。
また、落選しても次回の当選チャンスに活かせるポイントがもらえます。

カブスルは16回 IPOに当選しています。

現在、SBI証券現金2,000円がもらえる口座開設タイアップ中です♪

他にも、平等抽選で資金力に左右されない当選が期待できるSMBC日興証券東海東京証券がおすすめです。

1株からIPOに参加できるネオモバも委託幹事が予定されています。

落選してもポイントが貯まるSBI証券、抽選資金が不要のライブスター証券松井証券と、現金6千円+5千円のキャッシュバックがもらえる庶民のIPO限定の口座開設タイアップ企画を行っています。
その他、各証券会社でお得な口座開設キャンペーンを行っています。


送信中...

ご意見箱(投書/返答不可)

ご意見、ご要望、ご感想などお気軽にお寄せください。ご意見がダイレクトに届きます。
返答の必要なご質問IPO質問集をご確認の上 お問い合わせよりご連絡ください。

12月のIPOラッシュによりご質問やご意見が増えております。
こちらのページによくある質問やご意見をまとめていますので、チェックをお願いします。

ご意見は今後のサイト運営の参考にさせて頂きます。
また、みなさんの嬉しい当選報告もありがとうございます。