当選しやすいIPO、当選しづらいIPO

IPOには、「当選しづらいIPO」と「当選しやすいIPO」があります。

結論から述べちゃいますが、両社の違いは・・・

  • 当選しづらいIPO
    • 人気が高いIPO。
  • 当選しやすいIPO
    • 人気がないIPO。
    • 人気があるが当選数が多いIPO。

この2つに分けられます。

当選しづらいIPOは、人気が高いIPO

抽選のイメージです

当選しづらいIPOは、人気が高いIPO

分かりやすいと思いますが、IPOに申し込む人が多くなるので、当選しづらくなります。

では、どういうIPOが人気が高いかというと、初値への期待値が高いIPO
ザックリいえば、株価の上昇により利益を得やすいIPOです。

庶民のIPOでは、IPOごとに初値への期待値を五段階評価でつけています。

IPOの評価

IPOデータにある「評価ごとの騰落率と損益」を見ると一目瞭然ですが、評価が高いほど、公募価格に対する初値の騰落率が高いです。

人気(評価)が高いほど、大きな利益を得られる可能性が高くなりますので、ブックビルディングに参加する人たちが増え、当選しづらくなります。

もちろん、抽選ですから当選しづらいと言っても「運」次第で人気IPOに当選します。

狭き当選の門にチャレンジすることにより、当選の道が開かれるんです。

庶民のIPOで紹介している「IPO 当選攻略法」を駆使して、人気IPOの当選を目指しましょう!
一般人のカブスルも「運」だけでIPOの当選を果たしています。(IPO 当選実績

当選しやすいIPO其の1、人気がない

当選しやすいIPOのひとつは、人気が低いIPOです。

購入価格(公募価格)より、初値(上場してはじめてついた株価)が低くなる「公募割れ」になりやすく、損失リスクがあるため、ブックビルディングに参加する人が減り、IPOに当選しやすくなります。

とはいえ、IPOに参加する目的は「利益を得る為」だと思いますので、当選しやすいからといって参加する必要はありません!

「評価」別データ(2019年
「評価」別データ(2019年)

人気のないIPOに応募・当選し「はじめて当選しました!」とSNSで報告し、結果的に公募割れで損失を出している方をたまに見かけます。

カブスルもIPOを始めた最初の頃はそうでした(苦笑)
IPO初心者は評価を参考にして、余計な損失を出さないようにしましょう。

証券マンの勧誘はきちんと断ろう

店頭型証券会社で口座開設している場合、「IPO買いませんか?」と営業電話が来ることがあるようです。

この営業電話。
人気が高いIPOでは電話がかかってきません(笑)

カブスルは、一度も経験ありません。資産を見てる!?

幹事証券会社には、IPOの割当数があります。

(例)ソフトバンク(9434)の場合。
ソフトバンクの割当数

営業マン(証券マン)は、この割当数を顧客にさばく必要があります。

人気IPOは需要があり勝手に捌けていきますが、不人気IPOは在庫が残ってしまうため、一生懸命顧客に電話しているんです。

つまり、あなたにとって良かれと思って、電話しているわけではありません!

人気のないIPOの場合は断るようにしましょう!
言われるがまま買って損失を出し、怒っている方をたまにみかけますが、自己責任です。

ソフトバンクも初値売りで100株あたり、3,700円の損失となりました。(ソフトバンクまとめ

断り方の一例

  • 強く断る場合。
    • 損失リスクが高いと思うので、いりません。
    • 保有の魅力を感じないので、いりません。
  • やんわり断る場合。
    • ほかの株の購入を検討しているので、いりません。
    • 100株だけなら買います。
    • 人気IPOも今度くれるなら買います。

当選しやすいIPO其の2、人気があり当選数が多い

人気がある かつ 当選しやすいIPOなので、是非、参加しておきたいIPOです。

数年に一度くらい大型IPOが来ますが、個人的にはお祭りだと思っています。

超大型IPOは公募・売出数が多くなり、当選数がかなり多いので当選しやすくなります。

人気があり当選数も多かったIPOはこちら。

上場日 企業名 当選数 初値売り利益 初値の騰落率
2018年6月 メルカリ(4385)
カブスルは100株当選
約19万口(国内) 17.9万円 66.67%
2016年10月 九州旅客鉄道(JR九州)(9142)
カブスルと妻で100株ずつ、計200株の当選
約120万口(国内) 5万円 19.23%
2016年7月 LINE(3938)
妻が100株当選
35万口 16万円 48.48%
2015年11月 日本郵政(6178)
妻が100株当選
495万口 23,100円 16.50%
2015年11月 ゆうちょ銀行(7182)
カブスルが700株、妻が200株の計900株の当選
約412万口 23,000円 15.86%
2015年11月 かんぽ生命保険(7181)
カブスルが300株当選
66万口 72,900円 33.14%

通常、IPOの当選数は多くても1~2万口です。
郵政3社グループやJR九州の当選数が、通常とケタが違いに多いことがお分かり頂けたと思います。

複数当選で大きな利益も狙える

大型IPOは当選数が多いので、複数当選もしやすいです。

複数当選を狙うなら、ひとつの証券会社からたくさん申し込むのではなく、複数の証券会社から申し込む方が複数当選しやすくなります。

カブスルも複数当選を果たしています。

「1」の人気が低いIPOと違って、単純に「当選数が多くて当選しやすくなっている」ので、ねらい目のIPOになります。また、複数当選も見込めます!

カブスルも、ゆうちょ銀行で700株、妻が200株の大量当選を果たしました!
一家の当選数は900株で、複数当選により得た利益は13.8万円です!

また、身内や知人も郵政グループ3社のIPOには複数当選を果たしました。
知人の中には初めてIPOの抽選で当選した人も多かったです。

通常、100株の当選も難しいIPOが複数当選するのは 気持ち良いです。
人気のある大型IPOは積極的に参加していきましょう!

公平抽選を採用している証券会社が多いので、複数の証券会社から申し込むことにより当選確率が上がります。

大型IPOでかつ人気(評価)が高いIPOは、積極的にブックビルディングに応募しましょう!

カブスルはお祭りだと思っています(  ̄∇ ̄)


抽選に外れても次回の当選チャンスに活かせるポイントが貯まるSBI証券、抽選資金が不要の松井証券ライブスター証券現金6千円がもらえる庶民のIPO限定の口座開設キャンペーンを行っています。
その他、各証券会社でお得な口座開設キャンペーンを行っています。