Macbee Planet(マクビープラネット)(7095):IPO上場情報

Macbee Planet(マクビープラネット)

Macbee Planet(マクビープラネット)は、データを活用したマーケティング分析サービスの提供を行っている企業です。

アナリティクスコンサルティング事業が主力事業で、売上高の98%を占めています。

  • アナリティクスコンサルティング事業
    • 4,609,669(千円)(売上高の98.4%)
    データ解析プラットフォームである「ハニカム」を活用。
    複数のメディアにまたがって出稿しているWeb広告の一元管理を行い、CPAマーケティングにおいて同社が連携している多くのメディアから、クライアントのマーケティング目標に合致した適切な出稿先を選定。
    ランディングページへ流入数を高めるとともに、クライアントのマーケティング活動の戦略立案や運用支援。
    ハニカム
  • マーケティングテクノロジー事業
    • 75,548千円(売上高の1.6%)
    Web接客ツールである「Robee」を活用し、データ解析と機械学習により、消費者のLPへの流入経路、行動パターンを収集し、消費者行動を予測することで、成果につながるマーケティングを実施。

売上高の集計期間は2018年5月1日~2019年4月30日。

同社の強みは3つ。

  1. ハニカムにより、複数のメディアにまたがって出稿しているWeb広告の一元管理が可能。
    流入経路を解析することにより、Web広告の効果測定を可視化。
  2. Robeeにより、ユーザーがクライアントのWebサイトへ到達するまでの流入経路ごとに、成約率や離脱率、Webサイト内での滞在時間・読了率等をレポート化し、見えにくい課題を抽出して、課題改善に。
  3. 2つの事業から得られる各々の情報やデータ等を相互利用。
    クライアントの要望に応じたマーケティング手法やデータ活用方法を迅速にサービスに反映。

設立は2015年8月。
従業員数は2020年1月末で47名、平均年齢は30.4歳、平均勤続年数は1.7年、平均年間給与は551.6万円。


Macbee Planet(マクビープラネット)の詳しい企業情報やIPOの内容は日本取引所グループに掲載されています。
庶民のIPOは、初心者でも参加しやすいよう要約し、IPOの評価や初値予想を掲載しています。はじめての人へ

Macbee Planet(マクビープラネット)の上場日

D
  • 業績:好調
  • IPO人気:あり
  • オファリングレシオ:高い
  • 売出多い
  • 調達金額:大きい
  • ベンチャーキャピタル:上位株主なし

上場日 2020/3/31 (火) 証券コード 7095
市場 東証マザーズ 業種 サービス業
Webサイト Webサイト 単元株 100株
Yahoo!
ファイナンス
Macbee Planet(マクビープラネット)(7095)
時価総額 7,067百万円(初値で計算)

Macbee Planet(マクビープラネット)のブックビルディング内容

ブックビルディング期間中に、幹事証券からIPOに申し込みましょう。

ブックビルディング期間

2020/3/12 (木) ~ 3/18 (水)

仮条件 1,830円~1,990円 (抽選資金:18.3万円 ~ 19.9万円)
当選口数 11,540口
発行済株式数 3,010,000株 オファリングレシオ 38.3%
公募株数 370,000株 売出株数 633,500株
吸収金額 21.1億円 O.A分 150,500株
仮条件決定日 3/10 (火) 公募価格決定日 3/19 (木)
購入期間 3/24 (火) ~ 3/27 (金)

※ 吸収金額は公募株、売出株、OA分を合計して計算しています。
※ IPOの申込・購入期間は証券会社により短くなっている場合があります。

Macbee Planet(マクビープラネット)の公募価格と初値

仮条件 1,830円~1,990円
公募価格 1,830円 初値 2,348円
騰落率 28.31%  倍率  1.28倍
初値売り損益 51,800円(2,348円 - 1,830円)× 100株

Macbee Planet(マクビープラネット)の初値予想と予想利益

Macbee Planet(マクビープラネット)の初値予想と予想利益です。

初値予想は過去データの動向を基に算出。

仮条件決定後

仮条件

1,830円 ~ 1,990円 ※抽選資金:18.3万円 ~ 19.9万円
上限は7%上ブレ↑

予想利益 0円

仮条件決定前

仮条件の想定価格 1,860円あたり ※抽選資金:18.6万円あたり
予想利益 0円
送信中...

初値予想アンケート

Macbee Planet(マクビープラネット)(7095)の初値予想アンケートに、ご協力をお願いします。

目論見書の想定価格(1,860円)を基準価格としています。

有効回答:412   投票期限:2020/3/30 (月) 23:59まで
3倍以上(5,580円以上)
49票  12%
投票済み

2.5倍以上~3倍未満(4,650円以上~5,580円未満)
7票  2%
投票済み

2倍以上~2.5倍未満(3,720円以上~4,650円未満)
27票  7%
投票済み

1.5倍以上~2倍未満(2,790円以上~3,720円未満)
84票  20%
投票済み

1.2倍以上~1.5倍未満(2,232円以上~2,790円未満)
50票  12%
投票済み

1倍以上~1.2倍未満(1,860円以上~2,232円未満)
43票  10%
投票済み

公募割れ(1,860円未満)
152票  37%
投票済み

Macbee Planet(マクビープラネット)の主幹事と幹事証券

Macbee Planet(マクビープラネット)のIPOを取り扱っている証券会社です。(申し込みが可能)

主幹事証券
引受幹事証券
委託含む)

備考

主幹事はIT系(ネットサービス系)の主幹事を務める事が多いSBI証券です。
IPOの割当数(当選数)は主幹事が一番多いです。

割当数とネット抽選の当選数

目論見書で公表されている証券会社の割当数と、ネット抽選分の当選数(個人配分)の予想です。

割当数にネット抽選分のパーセンテージをかけた単純な計算ですので、参考程度にお願いします。

証券会社 割当率 割当数 ネット抽選分
主幹事
SBI証券
86.98% 1,003,800株 7,026口
SMBC日興証券 3.47% 40,100株 40口
みずほ証券 3.47% 40,100株 40口
マネックス証券 0.87% 10,000株 100口
岩井コスモ証券 0.87% 10,000株 10口
東海東京証券 0.87% 10,000株 10口
エース証券 0.87% 10,000株 0口
極東証券 0.87% 10,000株 0口
エイチ・エス証券 0.43% 5,000株 5口
東洋証券 0.43% 5,000株 5口
アイザワ証券 0.43% 5,000株 5口
むさし証券 0.43% 5,000株 5口

委託幹事であるネオモバは、委託数が公表されていません。

落選してもポイントが貯まるSBI証券、抽選資金が不要のライブスター証券松井証券と、現金6千円+5千円のキャッシュバックがもらえる庶民のIPO限定の口座開設タイアップ企画を行っています。
その他、各証券会社でお得な口座開設キャンペーンを行っています。


Macbee Planet(マクビープラネット)の決算情報

単独 財務情報 (単位/千円)

決算期 2019年4月 2018年4月 2017年4月
売上高 4,685,217 3,361,812 719,559
経常利益 195,754 108,978 103,636
当期利益 139,447 79,525 68,215
純資産 296,399 156,952 77,048
配当金
EPS 52.82 30.12 77,517.65
BPS 112.13 59.31 87,554.82
※配当金、EPS、BPSは(単位/円)
業績

上位株主とロックアップ情報

Macbee Planet(マクビープラネット)の上位10名の株主構成、ロックアップの情報です。

株主名 比率 ロックアップ
MG合同会社 49.72% 180日間
小嶋 雄介 26.30% 180日間
松本 将和 11.66% 180日間
長谷川 正和 5.55% 90日間
浦矢 秀行 3.24% 180日間
千葉 知裕 0.72%
高原 英実 0.51%
小嶋 美穂 0.46%
前橋 匠 0.36%
高松 ちひろ 0.26%

直近の類似IPOの上場結果

Macbee Planet(マクビープラネット)と市場と業種が同じIPOの上場結果。

「市場:東証マザーズ」かつ「業種:サービス業」のIPO結果です。

  • 2020/03/30 NexTone
    初値売りによる損益:-4,000円
    (騰落率:-2.35%、倍率:0.98倍)
  • 2020/03/26 アディッシュ
    初値売りによる損益:87,100円
    (騰落率:70.81%、倍率:1.71倍)
  • 2020/03/17 リビングプラットフォーム
    初値売りによる損益:-35,000円
    (騰落率:-8.97%、倍率:0.91倍)
  • 2020/03/13 フォースタートアップス
    初値売りによる損益:-14,200円
    (騰落率:-8.02%、倍率:0.92倍)
  • 2020/03/13 リグア
    初値売りによる損益:-4,000円
    (騰落率:-2.05%、倍率:0.98倍)

IPOのポイント

3.19追記。コロナショックの影響により相場は軟調続きです。
2020年は9件の上場中止に。直近IPOは大幅な公募割れと、IPOにとって完全に逆風です。

購入期間になりますが、評価を「B」から「D」へ変更しました。

公募価格は想定価格より上ブレ(人気あり)たのですが、仮条件(1,830円~1,990円)下限である1,830円に決まりました(人気なし)。IPOは異常事態です。

3/25に上場したヴィス(5071)の初値は騰落率-8%に、3/9に上場したフォーラムエンジニアリング(7088)は騰落率 -21.3%となりました。

下限決定は公募割れのリスクが非常に高いので、購入辞退もご検討ください。

なお一部、ペナルティがある証券会社があります。

3.16追記。米国において新型コロナウィルスの危機感が高まっている一方、日本は具体的な案が政府より発表されず、市場への不安が日々高まっています。

Macbee PlanetはIPOで人気のある事業ですが、この相場でどこもかしこも売られている状態にあります。

評価「B」は継続し予想利益を変更させて頂きました。
初値予想を2,080円 ~ 2,280円に下方修正。予想利益を9,000円~2.9万円に変更しました。

ブックビルディングの判断は慎重にお願いします。

3.12追記。コロナショックにより、株式市場は低迷しています。
評価Cの公募割れリスクはさらに高まり、評価「B」でも公募割れのリスクが高まっています。

ブックビルディングの参加、または当選後の購入は慎重にどうぞ。

社名の一部にある「bee(蜂)」をあしらったサービスを展開しています。

金融や美容などの特定の商材の売上構成比率が高いようです。

ネット広告系の事業は現在 売上減で厳しいところが多かった気がします。(うろ覚えですみません)

ただ、同社の決算で第五期(2019年10月期)をみると、業績は好調のようです。

参考までに

評価は下記を考慮して、中立の「B」に設定しました。

  • IPOで人気のあるIT企業。
  • 業績が好調。(決算情報
  • 市場からの吸収金額が21億円とやや大きい。吸収金額による実績
  • 同業他社が多い。
  • 設立まもないベンチャー企業(2015年)

3.10追記。仮条件が想定発行価格(1,860円)より上振れ決定(1,830円 ~ 1,990円)したので、初値予想を2,380円 ~ 2,690円に修正。予想利益は3.9万円~7万円です。

目論見書の想定仮条件は1,860円。初値予想は2,200円 ~ 2,500円としました。
予想利益は3.4万円~6.4万円です。

上場後の補足

同社の初値は+28.3%と仮条件の下限決定ながら、上昇しました。
開始直後の値動きを見ていましたが、疑心暗鬼からはじまり徐々に買い注文が集まったようです。

初値形成後の株価は右肩下がり。
13:20分ころからストップ安になりそのまま終えました。
初値の上昇から嵌め込みだったのかもしれません(上がると見せかけて、買い注文をいれさせる。そのすきに売り抜ける)

2020年のIPOは25社上場し、初値より株価が上がっているのはわずか2社しかありません。
まだまだ疑心暗鬼のIPO相場になりそうです。

落選してもポイントが貯まるSBI証券、抽選資金が不要のライブスター証券松井証券と、現金6千円+5千円のキャッシュバックがもらえる庶民のIPO限定の口座開設タイアップ企画を行っています。
その他、各証券会社でお得な口座開設キャンペーンを行っています。


送信中...

ご意見箱(投書/返答不可)

ご意見、ご要望、ご感想などお気軽にお寄せください。ご意見がダイレクトに届きます。
返答の必要なご質問IPO質問集をご確認の上 お問い合わせよりご連絡ください。

12月のIPOラッシュによりご質問やご意見が増えております。
こちらのページによくある質問やご意見をまとめていますので、チェックをお願いします。

ご意見は今後のサイト運営の参考にさせて頂きます。
また、みなさんの嬉しい当選報告もありがとうございます。