フォーラムエンジニアリング(7088):IPO上場情報


フォーラムエンジニアリングは、エンジニア人材の派遣事業・紹介事業を行っている企業です。

機械・電気系の業界に特化し、研究開発から品質保証に至るさまざまなプロセスで活躍できます。

事業内容

エンジニアがその生涯をとおして、希望の仕事に就き、その能力を最大限に発揮できるための支援をすることを目的としています。
(正社員で働きたい、地元で働きたい、ステップアップしたいなど)

エンジニアが最も活躍できるフィールドを提示し、客観的な指標に基づく意思決定をサポートする画期的な仕組みである「コグナビ」を活かした人材サービスとHRマネジメントサービスを提供しています。

事業系統図

フォーラムエンジニアリングのIPOの内容や事業内容は日本取引所グループに掲載されています。
本ページで掲載している画像は、フォーラムエンジニアリングの目論見書から引用しています。
庶民のIPOは、初心者でもIPOに参加しやすいよう要約し、評価や初値予想を掲載。はじめての人へ

フォーラムエンジニアリングの上場日

D
  • 業績:好調
  • オファリングレシオ:高い
  • 売出多い

上場日 2020/3/9(月) 証券コード 7088
市場 東証一部 業種 サービス業
Webサイト Webサイト 単元株 100株
Yahoo!ファイナンス フォーラムエンジニアリング(7088)
時価総額
348.8億円(公開価格で計算)
274.3億円(初値で計算)

フォーラムエンジニアリングのブックビルディング内容

ブックビルディング期間中に、幹事証券からIPOに申し込みましょう。

ブックビルディング期間

2020/2/25 (火) ~ 2/27 (木)

仮条件 1,310円~1,400円 (抽選資金:13.1万円 ~ 14万円)
当選口数 103,484口
発行済株式数 26,627,700株 オファリングレシオ 38.8%
公募株数 0株 売出株数 9,673,600株
吸収金額 135.5億円 O.A分 674,800株
仮条件決定日 2/21 (金) 公開価格決定日 2/28 (金)
購入期間 3/2 (月) ~ 3/5 (木)
備考 国内売出 4,499,400株、海外売出 5,174,200株の予定。

※ 吸収金額は公募株、売出株、OA株を含む。
※ 申込・購入期間は各証券会社で異なります。

フォーラムエンジニアリングの公開価格と初値

仮条件 1,310円~1,400円
公開価格 1,310円 初値 1,030円
騰落率 -21.37%  倍率  0.79倍
初値売り損益 -28,000円(1,030円 - 1,310円)× 100株

※予想利益は仮条件の上限価格を基にしています。

公募割れ時の株価下落の目安となる引受価額は、1,231.40円でした。

フォーラムエンジニアリングの初値予想と予想利益

フォーラムエンジニアリングの初値予想と予想利益です。予想利益は仮条件の上限価格を基にしています。

仮条件と初値予想

仮条件 1,310円 ~ 1,400円 ※抽選資金:13.1万円 ~ 14万円
上限は6.9%上ブレ↑
初値予想 1,310円 ~ 1,310円※2/28 修正
(0.9倍~0.9倍)
予想利益 -9,000円~-9,000円

想定価格と初値予想

想定価格 1,310円あたり ※抽選資金:13.1万円あたり
初値予想 1,270円 ~ 1,375円 (1.0倍~1.0倍)
予想利益 -4,000円~6,500円
送信中...

初値予想アンケート

フォーラムエンジニアリング(7088)の初値予想アンケートに、ご協力をお願いします。

公開価格(1,310円)を基準価格に修正しています。

有効回答:341   投票期限:2020/3/8 (日) 23:59まで
3倍以上(3,930円以上)
63票  18%
投票済み

2.5倍以上~3倍未満(3,275円以上~3,930円未満)
7票  2%
投票済み

2倍以上~2.5倍未満(2,620円以上~3,275円未満)
13票  4%
投票済み

1.5倍以上~2倍未満(1,965円以上~2,620円未満)
12票  4%
投票済み

1.2倍以上~1.5倍未満(1,572円以上~1,965円未満)
33票  10%
投票済み

1倍以上~1.2倍未満(1,310円以上~1,572円未満)
73票  21%
投票済み

公募割れ(1,310円未満)
140票  41%
投票済み

フォーラムエンジニアリングの主幹事と幹事証券

フォーラムエンジニアリングのIPOを取り扱っている証券会社です。

主幹事証券
引受幹事証券

備考 国内売出:4,499,400株、海外売出:5,174,200株の予定。

フォーラムエンジニアリングの割当数とネット抽選の当選数

目論見書で公表されている証券会社の割当数と、ネット抽選分の当選数(個人配分)の予想です。

割当数にネット抽選分のパーセンテージをかけた単純な計算ですので、参考程度にお願いします。

証券会社 割当率 割当数 ネット
抽選分
主幹事
野村證券
82.61% 4,274,400株 4,274口
SBI証券 8.70% 449,900株 3,149口
みずほ証券 8.70% 449,900株 449口
国内売出 4,499,400株

現金7,500円+2,000ポイントがもらえる口座開設タイアップ企画を行っています。
抽選資金が不要の岡三オンライン松井証券。平等抽選のauカブコム証券。落選でポイントが貯まるSBI証券


フォーラムエンジニアリングの決算情報

単独 財務情報 (単位/千円)

決算期 2019年3月 2018年3月 2017年3月
売上高 34,591,165 34,496,459 33,442,488
経常利益 6,341,824 6,181,744 5,234,212
当期利益 4,232,682 4,034,066 3,401,589
純資産 12,913,105 10,810,638 8,555,825
配当金 84.00 24,000.00 20,000.00
EPS 158.96 151.50 38,323.88
BPS 484.95 405.99 96,393.89
前期比(売上高) 0.3% 3.2%
※配当金、EPS、BPSは(単位/円)
業績

上位株主とロックアップ情報

フォーラムエンジニアリングの上位10名の株主構成、ロックアップの情報です。

株主名 比率 ロック
アップ
(株)ラテール・エンタプライズ 45.98% 180日
松波 方祐子 27.01% 180日
大久保 泉 7.20% 180日
佐藤 勉 4.75% 180日
松波 宏紀 3.24% 180日
本畑 弘人 1.92% 180日
オーガスト・イールド・リミテッド 1.92% 180日
小南 渉 0.96% 180日
秋田 秀樹 0.29% 180日
石毛 勇治 0.29% 180日
詳細は目論見書にてご確認ください。

直近の類似IPOの上場結果

フォーラムエンジニアリングと市場と業種が同じIPOの上場結果です。

「市場:東証一部」かつ「業種:サービス業」の直近のIPO結果です。

  • 2020/03/02 カーブスHD
    初値売り損益:-8,000円
    騰落率:-10.67%、倍率:0.89倍
  • 2018/06/29 スプリックス
    初値売り損益:18,700円
    騰落率:7.79%、倍率:1.08倍
  • 2018/03/23 キュービーネットHD
    初値売り損益:-13,500円
    騰落率:-6%、倍率:0.94倍
  • 2018/03/16 日総工産
    初値売り損益:77,000円
    騰落率:23.69%、倍率:1.24倍
  • 2016/06/29 ソラスト
    初値売り損益:-7,800円
    騰落率:-6%、倍率:0.94倍

フォーラムエンジニアリングのIPO分析

少子化ならびに学生の理系離れから、エンジニアは正社員・派遣共に不足しています。

同社のエンジニア派遣事業は、このような状況にマッチした事業内容となります。

技術社員を原則正社員として雇用し、通勤可能範囲内の就業先を選定することで、安定した就業環境を提供し、2019年3月期の平均で96.9%、2020年3月期第3四半期累計期間の平均で95.0%という稼働率を維持してます。

エンジニアデータ

目論見書の株主欄に、中井 喜一(27,000株)と近藤 真彦(9,000株)とあります。
(私たちが知っている芸能人かどうかはまだ分かりませんが)

ワンポイント

2.28追記
公開価格が仮条件(1,310円~1,400円)下限である1,310円に決まりました。

ほとんどのIPOは仮条件の上限で決まります。
仮条件の上限で決まらないIPOは「仮条件が高い!」という評価を得ていることから、公募割れのリスクも高くなります。

評価も「C」から、公募割れのリスクが高い「D」に変更させて頂きました。

IPOに当選した場合、当選辞退もご検討ください。

参考までに

評価を公募割れのリスクが高い「D」に変更しました。

評価は下記を考慮して、公募割れのリスクがややある「C」に設定しました。

  • 業績が好調。(決算情報)
  • 人手不足を解消する事業はIPOで人気あり。
  • 全株 売出し。(国内:4,499,400株、海外:5,174,200株の予定)
  • 3月はIPOが多く、選別される可能性あり。
  • 中井 喜一と近藤 真彦が株主?

2.21 追記。仮条件が想定発行価格(1,310円)より上振れ決定(1,310円 ~ 1,400円)したので、初値予想を1,370円 ~ 1,480円に修正。予想利益は-3,000円~8,000円です。

目論見書の想定仮条件は1,310円。初値予想は1,270円 ~ 1,375円としました。
予想利益は-4,000円~6,500円で、公募割れのリスクがあるIPOになります。

2.28追記。公募割れリスクが高まりましたので、カブスルは当選しても全てキャンセルします。

カブスルは、抽選資金と相談しながら参加するかどうか決めたいと思います。
3月はIPOラッシュなので、IPO市況が悪ければパスします。

上場後の補足

日経平均が1年2ヵ月ぶりに2万円割れ。

もともとの不人気ぶりと、相場の悪化のダブルパンチで初値は公開価格を21.3%下回りました。

フォーラムエンジニアリングのIPOの内容や事業内容は日本取引所グループに掲載されています。
本ページで掲載している画像は、フォーラムエンジニアリングの目論見書から引用しています。
庶民のIPOは、初心者でもIPOに参加しやすいよう要約し、評価や初値予想を掲載。はじめての人へ

現金7,500円+2,000ポイントがもらえる口座開設タイアップ企画を行っています。
抽選資金が不要の岡三オンライン松井証券。平等抽選のauカブコム証券。落選でポイントが貯まるSBI証券


送信中...

ご意見箱(投書/返答不可)

ご意見、ご要望、ご感想などお気軽にお寄せください。ご意見がダイレクトに届きます。
※氏名、電話番号等、個人の特定できる情報の記入はご遠慮ください。

返答が必要なご質問はIPO質問集をご確認の上、お問い合わせよりご連絡ください。

ご意見は今後のサイト運営の参考にさせて頂きます。
また、みなさんの嬉しい当選報告もありがとうございます。