ヴィス(5071):IPO上場情報

ヴィス

ヴィスは、オフィス空間の設計デザインなどを行っている企業です。

オフィス空間のデザインの提供を柱として、企業ロゴや会社案内といった印刷物等のグラフィックデザイン、企業のコーポレートサイトやリクルーティングサイトといったWEBデザイン等も併せて提供することで顧客の企業価値の向上を図るデザイナーズオフィス事業を行っています。

IT企業を中心にベンチャー企業をはじめとする中小企業から大手上場企業までを幅広く展開。
コンサルティングや設計はもちろんのこと、引越し・アフターフォローまで行っています。

設立は1999年1月。
従業員数は2020年1月末で186名、平均年齢は31.3歳、平均勤続年数は3.9年、平均年間給与は620.3万円。


ヴィスの詳しい企業情報やIPOの内容は日本取引所グループに掲載されています。
庶民のIPOは、初心者でも参加しやすいよう要約し、IPOの評価や初値予想を掲載しています。はじめての人へ

ヴィスの上場日

D
  • 業績:好調
  • オファリングレシオ:やや高い
  • 公募多い
  • 調達金額:大きい

上場日 2020/3/25 (水) 証券コード 5071
市場 東証マザーズ 業種 建設業
Webサイト Webサイト 単元株 100株
Yahoo!
ファイナンス
ヴィス(5071)
時価総額 6,146百万円(初値で計算)

ヴィスのブックビルディング内容

ブックビルディング期間中に、幹事証券からIPOに申し込みましょう。

ブックビルディング期間

2020/3/9 (月) ~ 3/13 (金)

仮条件 820円~900円 (抽選資金:8.2万円 ~ 9万円)
当選口数 22,425口
発行済株式数 8,152,300株 オファリングレシオ 27.5%
公募株数 1,300,000株 売出株数 650,000株
吸収金額 18.3億円 O.A分 292,500株
仮条件決定日 3/5 (木) 公募価格決定日 3/16 (月)
購入期間 3/17 (火) ~ 3/23 (月)

※ 吸収金額は公募株、売出株、OA分を合計して計算しています。
※ IPOの申込・購入期間は証券会社により短くなっている場合があります。

ヴィスの公募価格と初値

仮条件 820円~900円
公募価格 820円 初値 754円
騰落率 -8.05%  倍率  0.92倍
初値売り損益 -6,600円(754円 - 820円)× 100株

3.16追記
公募価格が仮条件(820円 ~ 900円)下限である820円に決まりました。

仮条件の上限で決まらないIPOは「仮条件が高い!」という評価を得ていることから、公募割れのリスクが高くなります。

ヴィスの初値予想と予想利益

ヴィスの初値予想と予想利益です。

初値予想は過去データの動向を基に算出。

仮条件決定後

仮条件

820円 ~ 900円 ※抽選資金:8.2万円 ~ 9万円
上限は9.8%上ブレ↑

予想利益 0円

仮条件決定前

仮条件の想定価格 820円あたり ※抽選資金:8.2万円あたり
予想利益 0円
送信中...

初値予想アンケート

ヴィス(5071)の初値予想アンケートに、ご協力をお願いします。

目論見書の想定価格(820円)を基準価格としています。

有効回答:181   投票期限:2020/3/24 (火) 23:59まで
3倍以上(2,460円以上)
11票  6%
投票済み

2.5倍以上~3倍未満(2,050円以上~2,460円未満)
8票  4%
投票済み

2倍以上~2.5倍未満(1,640円以上~2,050円未満)
52票  29%
投票済み

1.5倍以上~2倍未満(1,230円以上~1,640円未満)
25票  14%
投票済み

1.2倍以上~1.5倍未満(984円以上~1,230円未満)
24票  13%
投票済み

1倍以上~1.2倍未満(820円以上~984円未満)
17票  9%
投票済み

公募割れ(820円未満)
44票  24%
投票済み

ヴィスの主幹事と幹事証券

ヴィスのIPOを取り扱っている証券会社です。(申し込みが可能)

割当数とネット抽選の当選数

目論見書で公表されている証券会社の割当数と、ネット抽選分の当選数(個人配分)の予想です。

割当数にネット抽選分のパーセンテージをかけた単純な計算ですので、参考程度にお願いします。

証券会社 割当率 割当数 ネット抽選分
主幹事
大和証券
91.30% 2,047,500株 5,118口
SBI証券 1.74% 39,000株 273口
みずほ証券 1.74% 39,000株 39口
三菱UFJモルガン・スタンレー証券 1.74% 39,000株 39口
マネックス証券 0.87% 19,500株 195口
SMBC日興証券 0.87% 19,500株 19口
岩井コスモ証券 0.87% 19,500株 19口
エース証券 0.87% 19,500株 0口

委託幹事であるauカブコム証券は、委託数が公表されていません。

落選してもポイントが貯まるSBI証券、抽選資金が不要のライブスター証券松井証券と、現金6千円+5千円のキャッシュバックがもらえる庶民のIPO限定の口座開設タイアップ企画を行っています。
その他、各証券会社でお得な口座開設キャンペーンを行っています。


ヴィスの決算情報

単独 財務情報 (単位/千円)

決算期 2019年3月 2018年3月 2017年3月
売上高 8,670,125 7,173,174 5,861,240
経常利益 914,561 654,056 525,026
当期利益 626,042 451,128 359,956
純資産 1,970,113 1,435,435 1,056,484
配当金 55.00 40.00 31.60
EPS 91.36 65.84 157.59
BPS 287.51 209.48 462.54
※配当金、EPS、BPSは(単位/円)
業績

上位株主とロックアップ情報

ヴィスの上位10名の株主構成、ロックアップの情報です。

株主名 比率 ロックアップ
(株)クレド 50.92% 90日間 / 1.5倍
中村 勇人 40.68% 90日間 / 1.5倍
大滝 仁実 2.26% 90日間 / 1.5倍
金谷 智浩 2.26% 90日間 / 1.5倍
ヴィス従業員持株会 1.68% 90日間 / 1.5倍
矢原 裕一郎 0.06%
浜本 亜実 0.06%
宇都宮 則夫 0.06%
小川 金郎 0.06%
村岡 由隆 0.06%

直近の類似IPOの上場結果

ヴィスと市場と業種が同じIPOの上場結果。

「市場:東証マザーズ」かつ「業種:建設業」のIPO結果です。

  • 2020/03/17 ドラフト
    初値売りによる損益:-35,900円
    (騰落率:-22.72%、倍率:0.77倍)
  • 2018/07/05 キャンディル
    初値売りによる損益:62,000円
    (騰落率:52.54%、倍率:1.53倍)
  • 2016/11/18 フィル・カンパニー
    初値売りによる損益:269,000円
    (騰落率:205.34%、倍率:3.05倍)
  • 2016/03/11 フィット
    初値売りによる損益:-14,900円
    (騰落率:-7.88%、倍率:0.92倍)
  • 2015/12/03 インベスターズクラウド
    初値売りによる損益:174,500円
    (騰落率:93.32%、倍率:1.93倍)

IPOのポイント

3.16追記。米国において新型コロナウィルスの危機感が高まっている一方、日本は具体的な案が政府より発表されず、市場への不安が日々高まっています。

ヴィスは景気の動向をうける事業内容です。

公募価格は想定価格より上ブレ(人気あり)たのですが、仮条件(820円 ~ 900円)下限である820円に決まりました(人気なし)。IPOは異常事態です。

3/9に上場したフォーラムエンジニアリング(7088)が同様の状態となり、初値は騰落率 -21.3%となりました。

下限決定は公募割れのリスクが非常に高いので、購入辞退もご検討ください。

なお一部、ペナルティがある証券会社があります。

3.12追記。コロナショックにより、株式市場は低迷しています。
評価Cの公募割れリスクはさらに高まり、評価「B」でも公募割れのリスクが高まっています。

ブックビルディングの参加、または当選後の購入は慎重にどうぞ。

手取り資金の用途は、①VISビル事業の新築建物建設費用等に関する設備資金、②業務関連システムの導入費用、③借入金返済資金に充当する予定です。

「オシャレなオフィスで働きたい!」という女性や人材に注目してもらう為にも、空間オフィスの需要は高そうです。(特にIT系の企業)

参考までに

評価は下記を考慮して、中立の「B」に設定しました。

  • 業績が好調。(決算情報
  • 購入単価が低い(8万円)。
  • 時代にマッチした事業内容で、働き方改革関連。
  • 上場による知名度アップで、業績への貢献期待。
  • 市場からの吸収金額が18億円とやや大きい。
  • 同業種で3/17上場のドラフトの初値にも注目。
  • 3月はIPOが多く、選別される可能性あり。(3/25は同社だけ)

3.5追記。仮条件が想定発行価格(820円)より上振れ決定(820円~900円)したので、初値予想を990円 ~ 1,200円に修正。予想利益は9,000円~3万円です。

目論見書の想定仮条件は820円。初値予想は900円 ~ 1,050円としました。
予想利益は8,000円~2.3万円になります。

上場後の補足

本日の日経平均株価は、ほぼ全面高の強い展開ではじまりました。
(前日のNYダウは史上最大の上げ幅に)

が、同社の初値は引受価額と同じ754円(騰落率-8%)と弱い展開に。

株式市場には割安の株がゴロゴロしており、IPOに投資資金がまだまだ向いていません。

落選してもポイントが貯まるSBI証券、抽選資金が不要のライブスター証券松井証券と、現金6千円+5千円のキャッシュバックがもらえる庶民のIPO限定の口座開設タイアップ企画を行っています。
その他、各証券会社でお得な口座開設キャンペーンを行っています。


送信中...

ご意見箱(投書/返答不可)

ご意見、ご要望、ご感想などお気軽にお寄せください。ご意見がダイレクトに届きます。
返答の必要なご質問IPO質問集をご確認の上 お問い合わせよりご連絡ください。

ご意見は今後のサイト運営の参考にさせて頂きます。
また、みなさんの嬉しい当選報告もありがとうございます。