IPOの上場日に初値がつかないってどういうこと?

IPOの上場日に初値がつかないってどういうこと?

Q 質問

IPOの上場日に初値がつきませんでした。
「買い気配」のまま終わったというのは どういうことですか?

A 回答

一言で言えば、

圧倒的に「買い注文」が売り注文より多い ということです。

もう少し詳しく解説します。

株価は買いたい人と売りたい人のバランスで決まる

株式は「買いたい人」と「売りたい人」が存在し、その仲介を行っているのが証券会社です。

証券会社を通じて売買を行う

例の場合、5万円で買いたいAさんと 5万円で売りたいBさん の条件が合うので売買が成立します。

売買注文のバランスが崩れていると「特別気配」に

上記が通常の売買ですが、どちらか一方の注文に多く偏っている場合、「特別気配」になり売買が一時停止されます。

ワンポイント

特別気配になりやすい状況。

  • 人気IPOの上場直後・・・買い注文が圧倒的に集まり「買いの特別気配」に。
  • 会社が倒産間近・・・・売り注文が圧倒的に集まり「売りの特別気配」に。

参考までに

特別気配に関しては株式サイトで詳しく紹介していますので、そちらの記事も参考にしてみてください。

IPO「RPA HD」の場合

RPA HDの板情報

管理人が当選したIPO「RPA HD」の上場日のスクリーンショットです。マネックス証券で朝9時に撮りました。)

株価3,570円で 買い注文の方に「特」の文字がついています。
(売買注文は出せますが、取引は一時停止となっています)

3,570円の欄を見ると買い注文が売り注文の8倍近くあります。

  • 買い注文:819,600株
  • 売り注文:102,100株

買いたい人と売りたい人のバランスがとれる株価まで売買を一時停止し、株価を切り上げていきます。

1時間後の10時の株価。
10時頃の株価

1時間後の気配値は株価が切り上がり4,650円となっています。
買い注文の方がまだ8倍近く多いので 特別気配は続行され 気配値が更に切り上がっていきます。

終値まで特別気配が続くと、初値が翌営業日に持ち越される

買い注文が圧倒的に多い状態(特別気配)が終値(15時)まで続くと、上場日当日に初値がつかず翌営業日以降に持ち越されることとなります。

この状態が ご質問にあった「買い気配のまま上場日を終えた」という状態です。

評価が「S」や「A」など、人気のあるIPOでは良くみられる状況です。

参考までに

管理人が当選し225万円の利益になった比較.comも上場日から3営業日目に初値がつきました。(IPOの当選実績

人気のあるIPOの場合、特別気配が2営業日、3営業日目と続いていきます。
つまり、当選した場合 含み利益がどんどん膨らんでいくんです(  ̄∇ ̄)

翌営業日から即金規制が行われる

初日に買い注文が多く集まり初値がつかなかった場合、翌営業日から「即金規制」がかかります。

即金規制がかかると買い注文が抑えられ、初値がつきやすくなります。

即金規制がかかった状態でも初値がつかないIPOは、買い注文の勢いがもの凄く高いIPOになります。
たまに見受けられますが、見てて面白いです。

売り気配で終わるIPOも稀にある

これまで買い気配で翌営業日以降に初値がつくIPOを紹介してきましたが、ごくまれに売り注文が殺到し売り気配で翌営業日以降に初値がつくIPOがあります。

ご覧の通り、数は少ないです。市場からの調達金額が大きく、株式市況が悪く、業績が悪いなど人気がないD評価のIPOが損失リスクが高くなっています。

こちらの記事は、IPO歴14年の運営者が執筆しています。IPOに60回当選。長年の経験と実績による内容です。
株式投資歴は15年。NISAや株主優待など投資全般に詳しいです。