マネックス証券の口座開設で迷う記入ポイントを解説

マネックス証券の口座開設 記入ポイント

マネックス証券口座開設の記入ポイントです。

口座開設時に「これは何かな?どういう意味?」と迷う入力欄を紹介しています。

口座開設の方法

マネックス証券では 2つの方法で口座開設が可能です。

  • オンライン上(ペーパーレス)で口座開設。
  • 郵送による書類のやり取りで口座開設。
申し込み後の流れ

どちらの方法でもよいと思いますが、各申し込みの特徴を下記に挙げておきます。

ワンポイント

  • ペーパーレス口座開設
    • 口座開設が早い!(最短3営業日)
    • 書類の郵送が必要なし。
    • 本人確認書類は「運転免許証」と「マイナンバー」の画像データが必要。
    • ネット上で個人情報や各種申し込み書を入力する。
  • 郵送による口座開設
    • 本人確認書類は「運転免許証」の他、「住民票」「健康保険証」などさまざま。
    • 書類の返送があるため、ペーパーレスよりは口座開設に時間がかかる。
    • 届いた書類に個人情報や各種申し込み書を記載する。

ファイルのアップロードや入力作業があるため、パソコンの操作に慣れている方は、「ペーパーレス口座開設」がよいかと思います。

逆にパソコンの操作に慣れていない方や、特に急いでいない方は「郵送による口座開設」がよいかと思います。

参考までに

どちらも「マイナンバー」を提出する必要がありますので、事前にお手元に用意しておきましょう~(  ̄∇ ̄)

ちなみに、どこの証券会社も新規口座開設にはマイナンバーが必要になります。

入金先金融機関

マネックス証券の口座に入金する金融機関(銀行)を選択します。
新しく証券会社側で口座を作ります。

入金先金融機関

どこの金融機関(銀行)を選択してもよいと思いますが、同じ金融機関同士の方が振込手数料が安くなります。

オンラインによる即時入金を利用した場合、振込手数料は無料となります。
管理人もネット銀行から入出金を行っており手数料が無料になっています。

参考までに、出金先金融機関(自分の受取先)の銀行は、後ほど設定できます。

特定口座の選択

特定口座の開設を申し込みます。

特定口座の選択

記入項目で悩むのが「特定口座 源泉徴収あり/なし」「一般口座」の選択だと思います。

初心者の方は「開設する (源泉徴収あり・配当等の受入あり」をお勧めいたします。
マネックス証券も推薦していますし私も選択しています (  ̄∇ ̄)

「特定口座/源泉徴収あり」を、ごく簡単に説明すると確定申告をする必要がありません。
また、配偶者控除や国民健康保険料にも影響しません。

内部者登録

内部者登録は「インサイダー取引」という不正取引を防止する為に記入します。

あなたと上場会社との関係

ご自身や世帯主が上場会社にお勤めでない場合は「該当しない」を選んでください。
該当する場合は上場会社の社名や証券コードを記載する必要があります。

証券コードは4桁のコードです。「Yahoo!ファイナンス」の左上の検索ボックスに企業名を入力すると表示されます。(参考画像)Yahoo!ファイナンスで調べる方法

キャンペーン/プログラムに関する情報

キャンペーン/プログラムに関するコードが分かる際に入力します。

キャンペーン/プログラムに関する情報

参考までに

マネックス証券では下記の口座開設キャンペーンを行っています。(終了時期は明記されていません)

お申込日の翌月末までの日本株の現物株式買付手数料および投資信託買付時の申込手数料を全額キャッシュバック。

口座開設時のキャンペーンコードに「2018」と記載ください。エントリーは自動です。

マネラップ(MSV LIFE) 投資一任口座の開設

マネラップは、マネックス証券が資産を預かり運用を代行するサービスです。

マネラップ(MSV LIFE) 投資一任口座の開設

良く分からない場合や利用を考えていない場合は チェックしないでおきましょう。
参考までに、管理人も利用しておりません。

本人確認書類の返送(郵送の場合)

「郵送による口座開設」の場合、マネックス証券から後日、書類が発送されてきます。
免許証などの本人確認書類を返送しましょう。

取引ができるのはもうすぐです (  ̄∇ ̄)

参考までに:初回ログイン時で聞かれること

本人確認書類などを提出して、無事、口座開設が完了。
初回にログインすると下記の内容を聞かれます。

初回ログイン時に聞かれる項目
  1. 金融資産
    貯金や不動産などのご自身の資産です。
  2. 主たる金融資金の性格
    株の基本は余裕資金ですが、近いものをお選びください。
  3. 投資方針
    「収益性重視」は文字通り収益性重視の取引になるかと思います。
    株式投資やFXなどの金融商品がそれに当たります。
    「安定性重視」はローリスクローリターンの金融商品。
    国債などの金融商品が当たるかと思います。
    「バランス重視」はどちらも重要って事ですね。私はバランスにした覚えがあります。
  4. 興味のある商品
    「株式」は当サイトで紹介している通常の「株式投資」です。
    「投信」は投資信託でお金をプロに任せて運用します。
    「債券」は国が発行する国債、会社が発行する社債があります。お金を貸すことにより金利収入を得られます。
    「為替」は外国為替でドルを買ったり売ったりして、売買の差額の利益を得ます。
    ※参考までに私は株式だけチェックをしました。

ワンポイント

アンケート程度のものです。お分かりになる範囲で答えてみてください。
ほとんどの証券会社で同様のアンケート内容があります。

おそらく投資が初めての方はチンプンカンプンだと思いますが、難しく考えすぎないで大丈夫です。繰り返しますがアンケート程度のものです。

参考までに

口座開設でご不明な点がありましたら お気軽に「お問い合わせ」よりご連絡ください。

頂いたご質問はこのページの改善(他の方の参考)にも役立ちますのでお気軽にどうぞ。

こちらの記事は、IPO歴14年の運営者が執筆しています。IPOに63回当選。長年の経験と実績による内容です。
株式投資歴は15年。NISAや株主優待など投資全般に詳しいです。