IPOで得た利益で配当株を買って安定資産の形成へ

IPOを積極的にやっているのは、資産を増やすため。(手段)

資産を増やしたいのは、不労所得を得て経済的自由を得たいから。(目的)

これが株式投資をはじめた理由で、2004年当初から目的は変わっていません。

おかげさまでIPOにも数多く当選し、株式投資の成績も好調。
資産が順調に増えてきました。

最終目標は株の配当金だけで生活すること。
安定資産を形成するために、配当株をIPOで得た利益で買っていこうと思います。

とにかく最初は投資資金がなかった

不労所得を得たい!と思ってはじめた株式投資でしたが、2004年当初の資金はわずか20万円。

これでは不労所得など、夢のまた夢。

とりあえず株を経験しよう!と、マネックス証券のミニ株(現在はワン株)から投資をはじめました。

ミニ株や株で利益をだせるようになり、2005年に投資資金を140万円に増額。

資金に若干余裕ができたので、IPOの参加もはじめました。

IPO当選で投資資金を得る

4コマ漫画:IPOの魅力1

初の当選IPOは、C級の京樽
18万円の利益を得たことから、「おや?IPOって儲かるんでは?」と思いはじめました。

翌年の2006年に、奇跡の繰上当選となったA級の比較.comで、225万円という資産の倍以上の利益を手に入れ、完全にIPOに目覚めました。

その後もIPOの当選利益と、株の売買による利益で順調に資産が増えました。

2019年にIPOの抽選資金で困ることがなくなる

最初の頃は投資資金が少なく、IPOの抽選資金を確保・捻出するのに四苦八苦していました。

資産が増えるにつれ、抽選資金の確保は徐々にラクになり、2018年にIPOの利益で445万円という大金を得たことから、カブスルの投資資金は950万円になり、抽選資金で困ることがなくなりました。

そこで2019年は、各証券会社へ入金して余った資金はすべて住信SBIネット銀行へ入金することに。
ハイブリッド預金を利用すれば、預金をそのままSBI証券の抽選資金へ回せます。

IPOで得た利益は、どんどん住信SBIネット銀行へ入金してIPOの当選を狙おうかなと思いましたが、資金力では資産家に到底敵わないので、使い道を変えることに。

2020年にあたまのスイッチを切り替える

2020年になり、IPOで得た利益の使い道を、抽選資金を増やしていくことから変えることにしました。

具体的には、これまで積極的に買ってこなかった配当株を、IPOで得た利益で買っていこうと思います。

IPOで得た利益

安定資産形成のため、配当株を購入し放置。
配当金によるインカムゲインを増やす。

これまでの資産と株の売買利益

IPOの抽選資金と、成長株や割安株に投資。

預金と思ってコツコツ増やす配当金

IPO当選による利益は、運による棚ボタ的な利益です。

配当株を持ち続け、たとえ含み損になろうが 大して痛くありません。
(本当は痛いんだけど、そのように考える)

イメージとしては、IPOが当選するたびに配当株を購入し、年間に得らえる配当金の総額を増やしていきたいと思っています。

配当株は安定的にインカムゲインをもらえるのが魅力ですが、事業内容的に地味であまり好きじゃないんです。(ワクワク感が薄い)

IPOの利益で購入した配当株と配当金一覧

IPOの当選株で得た利益で、配当株を購入しました。

選んだ基準は、次の通りです。

  • 倒産リスクが低い。(財務状況が良い)
  • 配当金を安定的にだしている。
  • 将来性が掴みづらい事業は避ける。(JTや飲食業など)
配当株 保有数 配当利回り コメント
三井住友FG(8316) 200株 6.44% アースインフィニティの利益(84万円)で購入。ブログ
ケー・エフ・シー(3420) 50株 3.33% 日本情報クリエイトの利益(10万円)で購入。ブログ

こちらの配当株は長期投資前提で、株価の値動きにとらわれず保有します。

倒産リスクなど、企業側に問題がない場合以外で売ることはありません。

配当利回りの平均は約2%。預金金利は定期でも0.002%

配当金の平均利回りは約2%あります。国内の株式指標by 日本経済新聞

一方、銀行の預金金利は定期預金で0.002%、通常預金なら0.001%しかありません。

100万円を一年間 運用した場合にもらえる、配当金と利子の金額はこちら。

2020.8.20時点
銀行 利回り 配当金
利子
平均の配当利回り 2.36% 23,600円
定期預金金利 0.002% 20円
通常預金金利 0.001% 10円

資産を形成するのに配当金は魅力があります。
もちろん株には株価の値下がりというリスクがありますが。

配当金は企業が配当金を出し続ける限り、年に2回ほど安定的にもらえます。

また、保有期間が長いほど、もらえる配当金の総額も大きくなっていきます。

個人的には成長株投資のほうが好きですが、安定的な資産形成にも手を出していきたいと思います。

妻とこどもはIPOの利益は抽選資金に再投資

こどもはIPOの抽選資金が全く足りていませんので、IPOで得た利益はIPOの抽選資金へ回します。

妻も通常は余裕がありますが、3月や12月などIPOラッシュ時に、抽選資金が足りないようです。

IPOは抽選資金があるほど、参加機会が増え、当選するチャンスも広がります。

分売の利益でも配当株を1株から積み増し

2019年11月から参加している立会外分売。

IPOほど大きな利益にはなりませんが、数百円、数千円とチョコチョコと利益になります。

立会外分売 当選実績

IPOの利益同様、分売の利益でも配当株を購入していくことにしました。

とはいえ、数千円の利益では、100株単位の単元株は買えません。

毎回、購入する銘柄を変えるのも大変なので、配当株として知名度が高い「NTTドコモ」を、分売で利益がでるたびに、ネオモバで1株ずつ購入し積み増していくことにしました。

2020.9.2時点
配当株 保有数 平均買付単価 配当利回り
NTTドコモ(9437) 1株 2,898円 4.32%

分売による棚ボタ的 利益による購入なので、含み損益も気にしないで積み増していきます。

また、ネオモバは、IPOも1株から申し込めますし、月額 実質20円で単元未満株を買い漁れるのでおすすめです。

単元未満株については、姉妹サイト「カブスル」にて詳しく紹介しています。


これまでカブスルは、配当株や優待株を積極的に買ってきませんでした。

何故ならインカムゲインによる安定収入より、売買の差額で得るキャピタルゲインにより、ガツンと資産を増やしたかったから。

もちろんこれからも、キャピタルゲイン狙いで成長株や割安株などを買いますが、今後のIPOによる利益は、配当株を購入し配当金を積み増していきたいと思います。

抽選に外れても次回の当選チャンスに活かせるポイントが貯まるSBI証券、抽選資金が不要の松井証券ライブスター証券現金6千円がもらえる庶民のIPO限定のタイアップ企画を行っています。
その他、各証券会社で口座開設キャンペーンを行っています。