本当にIPOに58回も当選しているの?読者の疑問を解決です!

本当にIPOに58回も当選しているの?運用資産は?

質問

色々な方のブログを見させて頂くと、なかなか当たらないというのをよく目にするのですが、パズーさんは本当にこんなにIPOに当選されているのですか??

以前友人がIPOしていた時も、ほとんど当たらないので辞めてしまったと言っていました。
(質問者Aさん)

管理人さんの購入株数(運用資産)を知りたいです。億単位の運用ですか?
(質問者Bさん)

回答

上記の質問は2名の方の質問をくっつけさせて頂いていますが、最近、似たようなご質問が多いのでこちらでまとめて返答(共有)させて頂きます。

まず・・・(コホン)

当選回数は本当のコトです! 管理人は資産家でもありません!

これは声を大にして言っておきます。

IPOに当たらない人の特徴

まず、最初に 私が感じているIPOに当たらない人の特徴です。

ワンポイント

  1. IPO当選に向けて努力をしていない or 足りない。
  2. IPO当選のコツを知らない or 実践していない。

IPO当選には「努力」と「当選のコツを知る事」。この2つが必須です。

私はこれまで身内や多数の知人にIPOを勧めておりますが、当たらない人は「IPOが当たる前に辞めています」

IPO当選に向けて努力をしていない or 足りない

当サイトでは「IPOは宝くじのようなもの」と表現させて頂いております。

こう表現した意図としては2つあります。

  • 人気IPOに当たると大きな利益に!
  • なかなか当たらない!

みなさん、宝くじに300円以外の当選をしたことって何回ありますでしょうか?

管理人は恐らく数十万円を使っておりますが・・・1万円に当たったことが1回、3千円に当たったことが3回くらいです(涙)

IPOも宝くじ同様、カンタンには当たりません!

1年、2年やって当たらなかったから辞めた!って人が私の周りでも多いですが、個人的には諦めるのが早すぎると思います。

ワンポイント

IPOに当たらない人の努力不足だと感じる点。

  • 証券会社の口座開設が1つだけ
    ⇒ 口座開設数を増やすと抽選機会が増えます!IPOの応募機会を増やす
  • IPOに気が向いた時にしか応募していない
    ⇒ 同様に抽選機会が足りません。ちなみに管理人も2013年まではそうでした…。
  • 1~2年でやめている
    ⇒ 当選には継続が必要です。IPOの当選には「継続」と「手間」が必要

IPOに当たらない人は「面倒」だと感じており、努力が足りない方が多いかと思います!
上記を管理人に当てはめてみると・・・

管理人も正直、IPOに応募するのは面倒な時がありますが(特に3月と12月のIPOラッシュ時)、IPOに当選する為に「面倒」を押し殺してコツコツと応募(努力)しています。

IPO当選のコツを知らない or 実践していない

もう一つIPO当選に大切な事として、IPO当選のコツは把握しておいた方が良いと思います。

当サイトでは惜しみなく そのコツを情報公開しています。

ただ やみくもにIPOに応募しても当選確率は上がらないかと思います。
当選のコツも知っていることで当選確率はさらにアップするかと思います。

ワンポイント

例えば、基本中の基本としては「応募できる証券会社を増やすこと!」。

証券会社を1つ口座開設しただけでは、抽選機会にも恵まれず当選は遠いです。
管理人は14社の証券会社に口座開設しています。

そう言えば 数年前、このIPO当選のコツを商材として有料で売らないか?という話を持ち掛けられたことがあります。
当サイトで既に公開している情報ですし、怪しかったのでスルーしましたが。確かに価値はある情報かと思います。

上記で紹介した「努力」と「コツ」の両方を実践していれば、IPOにいつか当たると思います。
(まぁ、抽選の運次第なんですが。)

参考までに

たまに、読者の方から「当選したよ!」と嬉しいご報告も頂きます。

当選したよとの嬉しいメール

管理人の当選回数は本当?

当選回数は本当だと書いても、実際には資産を公開できませんので証明のしようがありません。

サイト内でも紹介しているIPO当選に向けた「努力」と「コツ」を実践しております。

ブログではIPOに応募していることを書いておりますので IPO当選に向けてやるべき事をやっている事がお分かり頂けるかと思います。(当選時には画像も貼っております)

参考までに、2017年末に「2017年のIPO当選実績と努力の検証」というブログも書いています。

IPO当選回数につきましては 上記の内容等で信じて頂くしかありません。

2005年~2013年頃までは、IPOには気が向いたときに参加しておりました。

最初から真面目に取り組んでいれば、当選回数がもっとあったはずなので勿体無かったと思っています。

まぁ、その頃は株式の売買がメインだったのでIPOに回せる抽選資金も少なかったですし、IPOの抽選資金不要の証券会社もなかったかと思います。

株式の運用資産は?資産家なの?

2018年4月時点で、株式の売買も含めた運用資産は一家で1,690万円になります。

最初からこの金額ではなく、株式の運用やIPOに当選し増やした資産額になります。

株式投資の購入や保有を含めた全体の運用資産です。

  • 2004年:140万円
  • 2005年:187万円
  • 2006年:311万円
  • 2007年:403万円
  • 2008年:377万円
  • 2009年:404万円
  • 2010年:412万円
  • 2011年:472万円
  • 2012年:488万円
  • 2013年:561万円
  • 2014年:591万円 + 奥様の資金(52万円)
  • 2015年:732万円 + 奥様の資金(64万円)
  • 2016年:745万円 + 奥様の資金(88万円)
  • 2017年:832万円 + 奥様の資金(126万円)

上記の資産から株式の売買を行ったり、保有したり、時には銀行から移動してIPOの抽選資金を増やしたりしておりますので、正確な抽選資金ではありませんが、ご参考までに。

3月や12月のIPOラッシュ時は預金を移動して抽選資金を増やしています。

上記を見てごらんのとおり、ごく普通の庶民ですが、IPOの当選などにより資産が増えております!
大きな金額の流れは下記になります。

参考までに

  • 一番最初の投資資金は20万円。(2004年)
  • IPOを行うために貯金から資金を追加し投資資金は140万円に。(2005年)
    IPOだけでなく株式売買も行っているのでIPOに回せた資金は20万円~50万円です。
  • 2015年に比較.comの当選で225万円の大きな利益を得る。得た利益はIPOの抽選資金へ回す
  • その後、当選回数をコツコツと増やしていく。利益は全て再投資に回す。(IPO当選履歴
  • 2018年にRPA HDの当選で428万円の大きな利益を得る。
    • 2018年4月現在の運用資産はは株式投資の売買も含めて1,410万円。妻は280万円

運用資産はメインサイト「初心者の株式投資道場」で公開しております。

140万円から始まった!

当サイトは「庶民のIPO」というサイト名です。

何故か お問合せで「そんなにIPOに当たって資産は億あるんですか?」という質問も来ますが・・・上記の通り140万円から始まっています!

そして、現在でも億の資産はありません!(目標ではありますが)

恐らく、私に1億円の資産があれば…今の3倍以上はIPOに当選していると思います!

これまで説明してきた通り、管理人は一般的な庶民です。

資産も2018年に大型IPOに当選し、1,000万円という大台を超えましたが、元々は140万円です!

メインサイトの「株式投資 運用実績」を見て頂ければ資産の推移が分かります。
運用資産が500万円を超えたのは2013年、1,000万円を超えたのは2018年になります。

みなさんも諦めずコツコツとIPOに応募していれば、いつかは運しだいで当選してくれると思いますので、是非チャレンジしてみて下さい。

購入して当選を待つ宝くじよりも、良い資産運用が期待できるかもしれません。
※管理人も当選を信じて宝くじは買い続けておりますが。

管理人に関する質問一覧

各証券会社にはいくら入金していますか?

平均で 0円~45万円前後 入金しています。

当選回数と抽選機会の多い「マネックス証券」と「SMBC日興証券」については 他証券よりも多めに入金しています。

岡三オンライン証券」や「野村證券」など、抽選資金不要の証券会社には入金していません。

3月や12月のIPOラッシュ時は預金を移動して抽選資金を増やしています。

ワンポイント

各証券会社によるIPOの抽選資金の拘束のタイミングを把握しておくと、効率良く資金を回せると思います。

  • 「抽選申込」で資金を拘束される証券会社
    ⇒ 多めに資金を用意。
  • 「当選した場合」「当選後の購入申込み」で資金を拘束される証券会社
    ⇒ それなりの資金を用意。
  • 抽選資金不要」の証券会社
    ⇒ 0円。当選してから入金。

管理人も上記で紹介した通り、抽選資金が豊富だったわけではなく、効率良くIPOの資金を回していたんです。

何口座からIPOに応募していますか?

管理人は17社に口座開設をしており、幹事証券になったものに応募しております。

ただし、口座開設以来 IPOに応募していない証券会社も3社くらいありますので実質は14社になります。

また、14社に口座開設していますが、そのうち頻繁に利用しているのは8社くらいかと思います。
(その他は IPOの幹事数が少ないので 幹事証券になった際に応募しています)

管理人ってどういう人?

運営者の紹介、庶民のIPOについて」にてかんたんに紹介させて頂いております。