RPAホールディングス[6572]:IPO上場情報と初値予想

IPO「RPAホールディングス」(6572)

RPAホールディングス

RPAホールディングス」は 事務作業代行ソフトウェアの販売等を行うロボットアウトソーシング事業及びアフィリエイトサービスを行うアドネットワーク事業等を行っている企業です。

RPAテクノロジーズ株式会社が手掛ける「ロボットアウトソーシング事業」においては、平成27年からアメリカやヨーロッパでRPAという言葉が定義され、平成28年に入ると国内でもRPAへの注目が高まり、参入事業者の多様化が進みました。

参入してきた経営コンサルティングファーム、金融機関、製造業などの企業と連携してRPAに関わる情報発信を強化した結果、「BizRobo!」の認知度が高まり、新規顧客への新規導入、既存顧客による追加導入が進みました。

その結果、導入企業数が増加し、売上高は622百万円、セグメント利益(営業利益)は123百万円となりました。(第18期連結会計年度

RPAは決まっている単純な事務作業を人の代わりに代替するシステムで、人手不足を解消するサービスはIPOの人気テーマの一つです。

また、AI(人工知能)及び機械学習等を含む認知技術が活用されており、こちらもIPOで人気のあるテーマとなっています。

今後 日本でのRPAの普及が見込まれる中で、グループの経営資源をRPA分野に集約したことにより、ロボットアウトソーシング事業が収益を牽引して、引き続き堅調に成長しています。

グループは純粋持株会社であるRPAホールディングス株式会社と、事業を担う連結子会社5社で構成。

設立は平成12年4月です。
従業員数は平成30年1月末で7名、平均年齢は33.7歳、平均勤続年数は3年、平均年間給与は792.5万円です。


RPAホールディングスの上場日

S
  • 業績:好調
  • IPO人気:あり
  • 公開比率:低い
  • 当選口数:少ない
  • 売出多い
  • 割安感:割高
  • ベンチャーキャピタル:上位株主あり

上場日 2018/3/27 (火) 証券コード 6572
市場 東証マザーズ 業種 サービス業
Webサイト Webサイト 単元株 100株
Yahoo!
ファイナンス
RPAホールディングス(6572)

RPAホールディングスのブックビルディング情報

ブックビルディング期間

2018/3/8 (木) ~ 3/14 (水)

IPOのメール通知システム は申込み忘れに便利です。

仮条件 3,370円~3,570円 (抽選資金:33.7万円 ~ 35.7万円)
当選口数 6,000口
公募株数 50,000株 売出株数 550,000株
吸収金額 21.4億円 O.A分 0株

各用語の説明はこちらで行っています。
※ 吸収金額は公募株、売出株、OA分を合計して計算しています。

抽選資金が足りない場合は、抽選資金が不要の証券会社でブックビルディングに参加しましょう!

RPAホールディングスの公募価格と初値

公募価格 3,570円 初値 14,280円
騰落率 300.00%  倍率  4.00倍
初値売りでの損益 1,071,000円(14,280円 - 3,570円)× 100株

RPAホールディングスの初値予想と予想利益

RPAホールディングスの初値予想と予想利益です。(予想利益は上限で計算)

IPO歴が長い管理人独自の予想で、人気が高いIPOの特徴過去データを基に算出しています。
あくまでも初値への期待値で、企業の評価をつけているわけではありません。

抽選資金はIPOの抽選時に必要な投資資金です。抽選に外れれば戻ってきます。(想定仮条件×100株)
抽選資金が足りない場合は、抽選資金が不要の証券会社でブックビルディングに参加しましょう!

RPAホールディングスの主幹事証券と引受幹事証券

RPAホールディングスのIPOを取り扱っている証券会社です。(申し込みが可能)
のマークがついている証券会社は、特に管理人おすすめです。

主幹事証券会社
引受幹事証券会社
委託含む)

備考

主幹事はIT系の主幹事を務める事が多い「SBI証券になります。
主幹事はIPOの一連の流れを取りしきる立場にあり、IPOの割当数も主幹事が一番多いです。(当選口数が一番多い

抽選に外れても次回の当選チャンスに活かせる「IPOチャレンジポイント」が付与されます。

他にも、1人1票の「公平抽選」で 庶民でも当選確率が期待できる「マネックス証券」「SMBC日興証券」がおすすめです。

追加の委託幹事として「岡三オンライン証券」が決まりました。
IPOの抽選時に資金が必要ない証券会社ですので、気軽に参加が可能です。運だめしで必ず参加したいところです。

現在、現金5,000円がもらえるお得なタイアップキャンペーン」も行っています。

また、意外と引受幹事数(委託幹事含む)が多く IPO当選に穴場である「岩井コスモ証券」も要チェックです。

申し込み時の抽選資金が不要のライブスター証券と、現金2千円がもらえる当サイト限定の口座開設キャンペーンを行っています。
その他、各証券会社でお得な口座開設キャンペーンを行っています。

割当数とネット抽選の当選数

目論見書で公表されている証券会社の割当数と、ネット抽選分の当選数(個人配分)の予想です。
割当数にネット抽選分のパーセンテージをかけた単純な計算ですので、参考程度にお願いします。

証券会社 割当率 割当数 ネット抽選分
主幹事
SBI証券
83.64% 460,000株 460,000株
大和証券 6.55% 36,000株 3,600株
SMBC日興証券 4.36% 24,000株 2,400株
エース証券 1.64% 9,000株 0株
マネックス証券 1.09% 6,000株 6,000株
岩井コスモ証券 0.55% 3,000株 300株
アイザワ証券 0.55% 3,000株 300株
岡三証券 0.55% 3,000株 300株
東洋証券 0.55% 3,000株 300株
極東証券 0.55% 3,000株 0株

委託幹事である岡三オンライン証券ライブスター証券は、委託数が公表されていません。

ネット抽選分は各証券会社により割当率が違います。(一部の証券会社はネットなし)
たとえば マネックス証券は割当数のほぼ100%がネット抽選に、SMBC日興証券は割当数の約10%がネット抽選に回ります。

SBI証券はネット抽選分を100%で計算していますが、正確には70%が抽選分、30%がIPOチャレンジポイント分になります。

確定した正確な割当数を知りたい人は、証券会社ごとの当選確率はわかる?をご覧ください。

RPAホールディングスの決算情報

単独 財務情報 (単位/千円)

決算期 2015年9月 2016年2月 2017年2月
売上高 657,306 90,579 419,908
経常利益 -22,134 4,698 83,881
当期利益 -29,526 2,586 30,122
純資産 7,973 10,560 238,682
配当金 129,631.81
EPS -36,007.83 0.63 6.96
BPS 9,723.88 2.58 51.33
※配当金、EPS、BPSは「単位/円」です。

連結 財務情報 (単位/千円)

決算期 2016年2月 2017年2月
売上高 807,850 2,644,627
経常利益 29,329 158,331
当期利益 21,001 155,945
純資産 70,423 396,906
EPS 5.12 36.02
BPS 17.18 85.36
※EPS、BPSは「単位/円」です。

直近の類似IPOの上場結果

RPAホールディングスと上場市場と業種が同じIPOの上場結果です。

直近の「市場:東証マザーズ」かつ「業種:サービス業」のIPO結果です。

  • 2018/03/15 神戸天然物化学
    初値売りによる損益:132,500円
    (騰落率:56.62%、倍率:1.57倍)
  • 2018/03/02 SERIO HD
    初値売りによる損益:232,000円
    (騰落率:130.34%、倍率:2.30倍)
  • 2017/12/19 みらいワークス
    初値売りによる損益:424,000円
    (騰落率:230.43%、倍率:3.30倍)
  • 2017/12/18 ジーニー
    初値売りによる損益:132,400円
    (騰落率:98.07%、倍率:1.98倍)
  • 2017/12/15 HANATOUR JAPAN
    初値売りによる損益:20,000円
    (騰落率:10%、倍率:1.10倍)

IPOのポイント

RPAホールディングスのIPOに関する管理人の補足です。

企業情報と初値予想に関する補足

グループのロボットアウトソーシング事業の属するRPA業界動向は、McKinsey Global Instituteが発行した調査レポートによると、2025年までに全世界で1億人以上の知的労働者、もしくは1/3の仕事がRPAに置き換わると言われています。(McKinsey Global Institute May 2013)

RPAとは「Robotic Process Automation」の略で、これまで人間のみが対応可能とされていた業務を代行・代替する取組みの事です。(RPAとは?

また、特に日本国内においては、少子高齢化に伴う労働生産人口の減少・不足という大きな課題に対する直接的な解決策としても大きく期待を集めています。

RPA・人工知能関連の情報提供に特化した会員制メディア「RPA BANK」において RPAに関する定期セミナー、RPAツールを体感するワークショップの開催や「RPA SUMMIT 2017」を大阪で開催等、RPAに関する情報配信、啓蒙活動等に積極的な取り組みを行っています。オリジナルコンテンツの配信を通じて会員ユーザー数が順調に増加。

参考までに

2018.3.8 追記。仮条件は「3,370円 ~ 3,570円」に決まりました。
仮条件の決定に伴い、想定の初値予想は「7,200円 ~ 8,200円」に上方修正されました。
予想上限にて「初値売り」をすると46.3万円の利益になりそうです。

2018.2.26 追記。評価は 最も高い「S」となりました。
公募割れリスクも低いと想定されますので、積極的に引受幹事証券のブックビルディングに参加して当選を狙いたいところです。

想定の仮条件は「3,000円 ~ 3,400円」。想定の初値予想は「6,800円 ~ 7,800円」となっています。
予想上限にて「初値売り」をすると44万円の利益になりそうです。

ワンポイント

主幹事の「SBI証券」で管理人の私が300株、奥様が100株当選しました!(ブログ

私は「IPOチャレンジポイント枠(当選口数の30%分を上位ポイントから割当)」、奥様は「抽選枠(当選口数の70%)」での当選になります。

今回は人気IPOかつ主幹事証券ということで、IPOチャレンジポイントを利用し複数当選を目指していたので大満足です!

ワンポイント

主幹事証券はIT系の主幹事を務める事が多いSBI証券です。

主幹事証券は割当数が多いので、当選口数も多くなります。
また、抽選に外れても次回の当選チャンスに活かせる「IPOチャレンジポイント」が付与されます。

公募割れリスクも低いと想定されますので、積極的に引受幹事証券のブックビルディングに参加して当選を狙いたいところです。

庶民の管理人も過去に6度 IPOに当選をしております。(IPO実績

管理人は「SBI証券」のIPOチャレンジポイントを415ポイント利用してブックビルディングに参加しました!(ブログ

他にも、1人1票の「公平抽選」で 庶民でも当選確率が期待できる「マネックス証券」や「SMBC日興証券」がおすすめです。

追加の委託幹事として「岡三オンライン証券」が決まりました。
IPOの抽選時に資金が必要ない証券会社ですので、気軽に運だめしで参加しましょう~。

現在、現金5,000円がもらえるお得なタイアップキャンペーン」も行っています。

上場後の補足

参考までに

当選した400株を全て初値売りしました。(ブログ

約428万円の大きな利益となりました!(思い出の当選IPO

2018年のIPO当選数は3社 600株、当選IPOで得た利益は約449万円になっています!(IPO当選実績

  • 公募価格:ブックビルディングに当選し購入する株価。
  • 初値:株式市場に上場してはじめについた株価。
  • 初値売りによる利益:公募価格で入手し初値で売却した際の利益。

IPO歴が長い管理人独自の予想で、人気が高いIPOの特徴過去データを基に算出しています。
あくまでも初値への期待値で、企業の評価をつけているわけではありません。

RPAホールディングスに関するつぶやき


こちらの記事は、IPO歴13年の運営者が執筆しています。

送信中...

庶民のIPOご意見箱

ご意見、ご要望、ご感想などお気軽にお寄せください。ご意見がダイレクトに届きます。
返答の必要なご質問IPO質問集をご確認の上 お問い合わせよりご連絡ください。

ご意見は今後のサイト運営の参考にさせて頂きます。
また、みなさんの嬉しい当選報告もありがとうございます。

「RPAホールディングス」のIPO詳細は新規上場会社情報(日本取引所グループ)に掲載している目論見書にてご確認下さい。

申し込み時の抽選資金が不要のライブスター証券と、現金2千円がもらえる当サイト限定の口座開設キャンペーンを行っています。
その他、各証券会社でお得な口座開設キャンペーンを行っています。

IPO狙いにおすすめの証券会社

管理人のメイン証券会社

マネックス証券

完全公平抽選で当選確率が一緒。
引受幹事数も多い。

マネックス証券

店舗もある大手証券会社

SMBC日興証券

公平抽選で当選確率が一緒。
主幹事も引受幹事数も多い。

SMBC日興証券

個人投資家が最も多く利用

SBI証券

引受幹事数がネット証券最多。
IPOチャレンジポイント。

SBI証券

関連コンテンツ