ジーニー(6562):IPO上場情報

ジーニー

ジーニー」は RTB技術を活用したインターネットメディアの広告収益最大化プラットフォームGenieeSSP」の開発・提供を行っている企業です。

RTBとは、Real-Time Bidding(リアルタイムビッディング)の略称で、インターネット広告の表示機会が発生するたびに広告枠の競争入札をオークション方式でリアルタイムに行い、最も単価の高い広告が配信されるよう決定する、インターネット広告の入札の仕組みです。

「GenieeSSP」が持つ大量の広告配信データと顧客基盤を活かし、広告主向けの「GenieeDSP」、「GenieeDMP」といったアドソリューションのほか、マーケティングオートメーションツール「MAJIN」の提供を開始するなど、事業領域を拡大しています。

さらに、平成24年(創業3年目)から海外事業展開に着手しサービス提供地域の拡大を図っています。
また、ビッグデータAI(人工知能)を活用することで、広告配信の精度向上や自動化の促進等にも取り組んでいます。

グループは ジーニー、Geniee International Pte., Ltd.(シンガポール)、Geniee Vietnam Co., Ltd.(ベトナム)、PT. Geniee Technology Indonesia(インドネシア)、PT. Adstars Media Pariwara(インドネシア)、Geniee Adtechnology (Thailand) Co., Ltd.(タイ)の5か国計6社で構成。

設立は平成22年4月です。
従業員数は平成29年10月末で149名、平均年齢は29.6歳、平均勤続年数は2.1年、平均年間給与は586.3万円です。


ジーニーの詳しい企業情報やIPOの内容は日本取引所グループに掲載されています。
庶民のIPOは、初心者でも参加しやすいよう要約し、IPOの評価や初値予想を掲載しています。はじめての人へ

ジーニーの上場日

A
  • 業績:好調
  • オファリングレシオ:低い
  • 公募多い
  • 調達金額:大きい
  • 割安感:割高
  • ベンチャーキャピタル:上位株主あり

上場日 2017/12/18 (月) 証券コード 6562
市場 東証マザーズ 業種 サービス業
Webサイト Webサイト 単元株 100株
Yahoo!
ファイナンス
ジーニー(6562)

ジーニーのブックビルディング内容

ブックビルディング期間中に、幹事証券からIPOに申し込みましょう。

ブックビルディング期間

2017/11/30 (木) ~ 12/6 (水)

仮条件 1,220円~1,350円 (抽選資金:12.2万円 ~ 13.5万円)
当選口数 15,042口
公募株数 1,023,000株 売出株数 285,000株
吸収金額 20.3億円 O.A分 196,200株
仮条件決定日 11/28 (火) 公募価格決定日 12/7 (木)
購入期間 12/8 (金) ~ 12/13 (水)

※ 吸収金額は公募株、売出株、OA分を合計して計算しています。
※ IPOの申込・購入期間は証券会社により短くなっている場合があります。

ジーニーの公募価格と初値

仮条件 1,220円~1,350円
公募価格 1,350円 初値 2,674円
騰落率 98.07%  倍率  1.98倍
初値売り損益 132,400円(2,674円 - 1,350円)× 100株

ジーニーの初値予想と予想利益

ジーニーの初値予想と予想利益です。

初値予想は過去データの動向を基に算出。

仮条件決定後

仮条件

1,220円 ~ 1,350円 ※抽選資金:12.2万円 ~ 13.5万円
上限は2.3%上ブレ↑

初値予想 2,000円 ~ 2,300円
予想利益 6.5万円~9.5万円

仮条件決定前

仮条件の想定価格 1,120円 ~ 1,320円 ※抽選資金:11.2万円 ~ 13.2万円
初値予想 2,000円 ~ 2,300円
予想利益 6.8万円~9.8万円

ジーニーの主幹事と幹事証券

ジーニーのIPOを取り扱っている証券会社です。(申し込みが可能)

主幹事証券
引受幹事証券
委託含む)

備考

投資資金に関係ない一人一票制の「公平抽選」で 庶民でも当選確率が期待できる「SMBC日興証券」、抽選に外れても次回の当選チャンスに活かせる「IPOチャレンジポイント」が付与される「SBI証券」がおすすめです。

カブドットコム証券」からもIPOの申込みが可能ですのでお忘れなく。

割当数とネット抽選の当選数

目論見書で公表されている証券会社の割当数と、ネット抽選分の当選数(個人配分)の予想です。

割当数にネット抽選分のパーセンテージをかけた単純な計算ですので、参考程度にお願いします。

証券会社 割当率 割当数 ネット抽選分
主幹事
野村證券
88.71% 1,334,400株 1,334口
SBI証券 4.35% 65,400株 457口
三菱UFJモルガン・スタンレー証券 2.61% 39,200株 39口
大和証券 1.74% 26,100株 65口
SMBC日興証券 1.74% 26,100株 26口
いちよし証券 0.86% 13,000株 1口

委託幹事であるauカブコム証券は、委託数が公表されていません。

落選してもポイントが貯まるSBI証券、抽選資金が不要のライブスター証券松井証券と、現金6千円+5千円のキャッシュバックがもらえる庶民のIPO限定の口座開設タイアップ企画を行っています。
その他、各証券会社でお得な口座開設キャンペーンを行っています。


ジーニーの決算情報

単独 財務情報 (単位/千円)

決算期 2017年3月 2016年3月 2015年3月
売上高 11,352,648 7,047,250 2,911,391
経常利益 328,789 108,471 186,481
当期利益 161,629 67,381 124,152
純資産 1,797,250 1,264,747 1,231,196
配当金
EPS 10.08 4.26 8.56
BPS 87.91 76.34 74.06
※配当金、EPS、BPSは(単位/円)

連結 財務情報 (単位/千円)

決算期 2017年3月 2016年3月
売上高 11,730,899 7,369,233
経常利益 194,590 106,513
当期利益 -14,754 52,323
純資産 1,613,067 1,264,635
EPS -0.92 3.31
BPS 76.27 76.33
※EPS、BPSは(単位/円)

直近の類似IPOの上場結果

ジーニーと同じホットワードのIPOの上場結果です。

AI(人工知能)」がついたIPOの上場結果。

  • 2017/12/14 エル・ティー・エス
    初値売りによる損益:213,000円
    (騰落率:313.24%、倍率:4.13倍)
  • 2017/11/21 サインポスト
    初値売りによる損益:633,000円
    (騰落率:287.73%、倍率:3.88倍)
  • 2017/09/22 PKSHA Technology
    初値売りによる損益:308,000円
    (騰落率:128.33%、倍率:2.28倍)
  • 2017/09/13 エスユーエス
    初値売りによる損益:267,000円
    (騰落率:116.09%、倍率:2.16倍)
  • 2017/03/30 ユーザーローカル
    初値売りによる損益:956,000円
    (騰落率:325.17%、倍率:4.25倍)

ビッグデータ」がついたIPOの上場結果。

  • 2017/03/30 ユーザーローカル
    初値売りによる損益:956,000円
    (騰落率:325.17%、倍率:4.25倍)
  • 2016/11/29 エルテス
    初値売りによる損益:472,000円
    (騰落率:263.69%、倍率:3.64倍)
  • 2016/09/27 チェンジ
    初値売りによる損益:179,900円
    (騰落率:149.92%、倍率:2.50倍)
  • 2015/04/28 ジグソー
    初値売りによる損益:565,000円
    (騰落率:236.40%、倍率:3.36倍)
  • 2015/02/19 ALBERT
    初値売りによる損益:324,000円
    (騰落率:115.71%、倍率:2.16倍)

ジーニーと市場と業種が同じIPOの上場結果。

「市場:東証マザーズ」かつ「業種:サービス業」のIPO結果です。

  • 2017/12/15 HANATOUR JAPAN
    初値売りによる損益:20,000円
    (騰落率:10%、倍率:1.10倍)
  • 2017/12/15 イオレ
    初値売りによる損益:321,000円
    (騰落率:169.84%、倍率:2.70倍)
  • 2017/12/14 エル・ティー・エス
    初値売りによる損益:213,000円
    (騰落率:313.24%、倍率:4.13倍)
  • 2017/11/28 クックビズ
    初値売りによる損益:303,000円
    (騰落率:134.67%、倍率:2.35倍)
  • 2017/10/05 MS&Consulting
    初値売りによる損益:-3,000円
    (騰落率:-2.34%、倍率:0.98倍)

IPOのポイント

管理人が100株当選しました!評価も高いので とっても嬉しいです。

参考までに

2017.11.20 追記。評価は 高い「A」となりました。
公募割れリスクも低いと想定されますので、積極的に引受幹事証券のブックビルディングに参加して当選を狙いたいところです。

想定の仮条件は「1,120円 ~ 1,320円」。想定の初値予想は「2,000円 ~ 2,300円」となっています。
予想上限にて「初値売り」をすると9.8万円の利益になりそうです。

上場後の補足

46社目の当選となった「ジーニー」は 無難に初値売りを行いました。(ブログ)

公募価格1,350円に対して初値は2,674円騰落率:98.07%(1.98倍)になりました。

初値売りによる利益額は132,400円になりました (  ̄∇ ̄)

ジーニーに関するつぶやき

落選してもポイントが貯まるSBI証券、抽選資金が不要のライブスター証券松井証券と、現金6千円+5千円のキャッシュバックがもらえる庶民のIPO限定の口座開設タイアップ企画を行っています。
その他、各証券会社でお得な口座開設キャンペーンを行っています。


送信中...

ご意見箱(投書/返答不可)

ご意見、ご要望、ご感想などお気軽にお寄せください。ご意見がダイレクトに届きます。
返答の必要なご質問IPO質問集をご確認の上 お問い合わせよりご連絡ください。

ご意見は今後のサイト運営の参考にさせて頂きます。
また、みなさんの嬉しい当選報告もありがとうございます。