ギフティ(4449):IPO上場情報と初値予想

ギフティ

ギフティは、「ギフトで、『人と人』『人と企業』『人とまち』をつないでいく。」というミッションのもと、eギフトプラットフォーム事業を展開している企業です。

eギフトサービスは、メールやSNSでやり取りされる文章に添えるだけで贈ることができるサービスです。個人、法人、自治体が対象。

eギフト
  • giftee
    ありがとう、おめでとう、お疲れ様などの気持ちと一緒に、メールやLINEなどで気軽にeGiftを贈ることができるサービス。(個人対象)
  • giftee for Business
    キャンペーンの景品やお客様への謝礼として、コンビニの商品やコーヒー等のギフトをLINEやメールで簡単に贈ることができます。(法人対象)
  • eGift System
    店頭での引換えが可能なeGiftの生成、および生成したeGiftを自社サイト上で販売するためのシステム。SaaSで提供。
  • Welcome ! STAMP
    紙もしくはカードで発行されていた各種地域通貨(プレミアム商品券等)を、電子化し流通させる国内で初となる地域通貨のソリューション。

SaaSとは、サービス提供者がアプリケーションソフトウエアの機能をクラウド上で提供し、ユーザーはネットワーク経由で当該機能をサービスとして利用する形態を指します。IPOでは人気のあるシステム。

gifteeが取り扱っている商品は、コーヒーやドーナッツといった数百円程度の価格帯が中心で、贈る方も受け取る方も負担にならないカジュアルな商品ラインナップが多いのが特徴です。

また、メールやSNSで送付するので送料がかかりません。

更に、店頭で商品を受け取るのではなく、受け取る方が入力した住所に商品を配送するといった配送型のギフトも取り扱っています。

比較的単価の高いドリンクや食品などを、受け取る方の住所を知らなくてもプレゼントできるといったメリットがあります。

gifteeの累計会員数の推移は順調に伸びています。
今回の上場による知名度アップで、さらに会員数が伸びることが予想されます。

2014年12月末 2015年12月末 2016年12月末 2017年12月末 2018年12月末 2019年6月末
17万人 41万人 63万人 88万人 110万人 125万人

giftee for Businessは、法人の公式SNSアカウントを登録すると、個人のSNSアカウントにeギフトを自動的に付与する仕組みや、アンケートの回答でeギフトを付与する仕組みなどがあります。

主な活用事例

グループは同社と連結子会社1社で構成。

設立は2010年8月。
従業員数は2019年7月末で85名、平均年齢は32.7歳、平均勤続年数は1.4年、平均年間給与は527.5万円。


ギフティの詳しい企業情報やIPOの内容は日本取引所グループに掲載されています。
庶民のIPOは、初心者でも参加しやすいよう要約し、IPOの評価や初値予想を掲載しています。はじめての人へ

ギフティの上場日

A
  • 業績:好調
  • IPO人気:あり
  • 公開比率:やや低い
  • 売出多い
  • 調達金額:大きい

上場日 2019/9/20 (金) 証券コード 4449
市場 東証マザーズ 業種 情報・通信業
Webサイト Webサイト 単元株 100株
Yahoo!
ファイナンス
ギフティ(4449)

ギフティのブックビルディング内容

ブックビルディング期間中に、幹事証券からIPOに申し込みましょう。

ブックビルディング期間

2019/9/3 (火) ~ 9/9 (月)

仮条件 1,300円~1,500円 (抽選資金:13万円 ~ 15万円)
当選口数 50,493口
公募株数 800,000株 売出株数 3,590,700株
吸収金額 75.7億円 O.A分 658,600株
仮条件決定日 8/30 (金) 公募価格決定日 9/10 (火)
購入期間 9/11 (水) ~ 9/17 (火)

※ 吸収金額は公募株、売出株、OA分を合計して計算しています。
※ IPOの申込・購入期間は証券会社により短くなっている場合があります。

ギフティの公募価格と初値

仮条件 1,300円~1,500円
公募価格 1,500円 初値 1,880円
騰落率 25.33%  倍率  1.25倍
初値売り損益 38,000円(1,880円 - 1,500円)× 100株

ギフティの初値予想と予想利益

ギフティの初値予想と予想利益です。

初値予想は過去データの動向を基に算出。

仮条件決定後の初値予想と予想利益

仮条件 1,300円 ~ 1,500円 ※抽選資金:13万円 ~ 15万円
初値予想 2,250円 ~ 3,000円※8/30 修正
予想利益 75,000円~150,000円

仮条件決定前の初値予想と予想利益

仮条件の想定価格 1,250円あたり ※抽選資金:12.5万円あたり
初値予想 1,800円 ~ 2,500円
予想利益 55,000円~125,000円
送信中...

初値予想アンケート

ギフティ(4449)の初値予想アンケートに、ご協力をお願いします。

目論見書の想定価格(1,250円)を基準価格としています。

有効回答:335   投票期限:2019/9/19 (木) 23:59まで
3,750円以上(3倍以上)
61票  18%
投票済み

3,125円以上~3,750円未満(2.5倍以上~3倍未満)
34票  10%
投票済み

2,500円以上~3,125円未満(2倍以上~2.5倍未満)
131票  39%
投票済み

1,875円以上~2,500円未満(1.5倍以上~2倍未満)
66票  20%
投票済み

1,500円以上~1,875円未満(1.2倍以上~1.5倍未満)
30票  9%
投票済み

1,250円以上~1,500円未満(1倍以上~1.2倍未満)
11票  3%
投票済み

1,250円未満(公募割れ)
2票  1%
投票済み

ギフティの主幹事と幹事証券

ギフティのIPOを取り扱っている証券会社です。(申し込みが可能)

主幹事証券
引受幹事証券
委託含む)

備考

主幹事は野村證券です。
IPOの割当数(当選数)は主幹事が一番多いです。
IPOの抽選時に資金が必要ない証券会社ですので、気軽に参加が可能です。

他にも、1人1票の平等抽選資金力にかかわらず当選が期待できるマネックス証券SMBC日興証券、落選しても次回の当選チャンスに活かせるポイントが付与されるSBI証券がおすすめです。

松井証券も、抽選時に資金が必要ない証券会社です。

落選してもポイントが貯まるSBI証券、IPO申し込み時の抽選資金が不要のライブスター証券松井証券と、現金6千円+5千円のキャッシュバックがもらえる庶民のIPO限定の口座開設タイアップ企画を行っています。
その他、各証券会社でお得な口座開設キャンペーンを行っています。

割当数とネット抽選の当選数

目論見書で公表されている証券会社の割当数と、ネット抽選分の当選数(個人配分)の予想です。

割当数にネット抽選分のパーセンテージをかけた単純な計算ですので、参考程度にお願いします。

証券会社 割当率 割当数 ネット抽選分
主幹事
野村證券
87.40% 4,413,000株 441,300株
みずほ証券 6.52% 329,300株 32,900株
SMBC日興証券 2.61% 131,700株 13,100株
SBI証券 0.87% 43,900株 30,700株
マネックス証券 0.43% 21,900株 21,900株
松井証券 0.43% 21,900株 15,300株
大和証券 0.43% 21,900株 5,400株
岡三証券 0.43% 21,900株 2,100株
岩井コスモ証券 0.43% 21,900株 2,100株
水戸証券 0.43% 21,900株 0株

委託幹事である岡三オンライン証券は、委託数が公表されていません。

ギフティの決算情報

単独 財務情報 (単位/千円)

決算期 2016年12月 2017年12月 2018年12月
売上高 170,539 556,529 1,120,559
経常利益 -5,407 33,832 285,336
当期利益 864 20,205 200,485
純資産 248,602 268,808 1,103,353
配当金
EPS 43.71 1.02 8.89
BPS 12,572.81 13.59 45.91
※配当金、EPS、BPSは(単位/円)

連結 財務情報 (単位/千円)

決算期 2018年12月
売上高 1,121,392
経常利益 283,338
当期利益 198,487
純資産 1,099,107
EPS 8.81
BPS 45.74
※EPS、BPSは(単位/円)

上位株主とロックアップ情報

ギフティの上位10名の株主構成、ロックアップ情報です。

株主名 比率 ロックアップ
太田 睦 19.79% 90日間
KDDI新規事業育成2号投資事業有限責任組合 13.58% 90日間 / 1.5倍
ジャフコSV4共有投資事業有限責任組合 13.22% 90日間 / 1.5倍
鈴木 達哉 7.25% 90日間
梅田 裕真 6.39% 90日間
柳瀬 文孝 6.05% 90日間
(株)インスパイア 3.65% 90日間 / 1.5倍
KDDI新規事業育成投資事業有限責任組合 3.65% 90日間 / 1.5倍
(株)ジェーシービー 3.47%
(株)SMBC信託銀行 3.47%

直近の類似IPOの上場結果

ギフティと上場市場と業種が同じIPOの上場結果です。

直近の「市場:東証マザーズ」かつ「業種:情報・通信業」のIPO結果です。

  • 2019/07/18 Link-U
    初値売りによる損益:294,000円
    (騰落率:104.26%、倍率:2.04倍)
  • 2019/06/28 リビン・テクノロジーズ
    初値売りによる損益:510,000円
    (騰落率:130.77%、倍率:2.31倍)
  • 2019/06/25 インフォネット
    初値売りによる損益:194,000円
    (騰落率:130.20%、倍率:2.30倍)
  • 2019/06/19 Sansan
    初値売りによる損益:26,000円
    (騰落率:5.78%、倍率:1.06倍)
  • 2019/05/30 バルテス
    初値売りによる損益:116,000円
    (騰落率:175.76%、倍率:2.76倍)

IPOのポイント

ギフティのIPOに関する補足です。

企業情報と初値予想に関する補足

株式会社矢野経済研究所の「2019年版商品券・ギフト券/eギフト市場の実態と展望」によれば、eギフトの認知度向上に伴い、個人ギフト・法人ギフトの両方で需要が拡大しており、eギフトの市場規模は2018年度で1,167億円に達しているとされております。

業績は黒字化を達成しており、売上高、経常利益ともに伸びています。

業績

参考までに

評価は下記を考慮して、人気が高い「A」に設定しました。

  • 売上高と経常利益の伸びが良い。(規模は小さい)
  • 上場による知名度アップで、業績アップが期待できる事業内容。
  • 時代にマッチした事業内容で将来性あり。
  • 設立まもないベンチャー企業(2010年8月)
  • 売出しが多い。
  • 市場からの吸収金額が63億円と非常に大きい。(参考:吸収金額による実績
  • ベンチャーキャピタルの保有株が多く、公開価格の1.5倍でロックアップが解除(売り圧力)。

8.30 追記。
仮条件の上振れ決定(1,300円 ~ 1,500円)に伴い、初値予想を2,250円 ~ 3,000円に修正。
予想利益は75,000円~150,000円としました。

目論見書の想定仮条件は1,250円。初値予想は1,800円 ~ 2,500円としました。
予想利益は55,000円~125,000円になります。

吸収金額が大きい事がネックですが、公募割れリスクは低いです。

積極的に幹事証券で参加して当選を狙いましょう。

当選しました!

9.11 追記。
妻が主幹事の野村證券で当選しました。ブログ

ワンポイント

主幹事証券は大手の野村證券

主幹事はIPOの一連の流れを取りしきる立場にあり、IPOの当選数(割当数)も主幹事が一番多いです。

また、野村證券はIPOの抽選時に抽選資金が必要ありません。
当選した後に購入資金を入金すればよいという、嬉しいシステムを採用している証券会社です。

他にも、1人1票の平等抽選で資金力に左右されない当選が期待できるマネックス証券SMBC日興証券や、落選しても次回の当選チャンスに活かせるポイントが付与されるSBI証券がおすすめです。

管理人はこちらの3社だけでIPOに50回当選しています。

松井証券も、抽選時に資金が必要ない証券会社でオススメです。

SBI証券と松井証券は現在、現金2千円やキャッシュバックをもらえるお得なタイアップ企画も行っています。

ギフティに関するつぶやき

ギフティのIPO詳細は、新規上場会社情報(日本取引所グループ)に掲載している目論見書にてご確認下さい。

落選してもポイントが貯まるSBI証券、IPO申し込み時の抽選資金が不要のライブスター証券松井証券と、現金6千円+5千円のキャッシュバックがもらえる庶民のIPO限定の口座開設タイアップ企画を行っています。
その他、各証券会社でお得な口座開設キャンペーンを行っています。

送信中...

ご意見箱(投書/返答不可)

ご意見、ご要望、ご感想などお気軽にお寄せください。ご意見がダイレクトに届きます。
返答の必要なご質問IPO質問集をご確認の上 お問い合わせよりご連絡ください。

ご意見は今後のサイト運営の参考にさせて頂きます。
また、みなさんの嬉しい当選報告もありがとうございます。