SaaSとは?

「SaaS」は、Software as a Serviceの略で「サーズ」または「サース」と呼びます。

サービス提供者がアプリケーションソフトウエアの機能をクラウド上で提供し、ユーザーはネットワーク経由で当該機能をサービスとして利用する形態を指します。

SaaSのメリットは、ユーザーがソフトウェアを導入する必要がなく、導入費用も抑えられる点です。

  • マイクロソフトのオフィスソフト「Office 365」。
  • Gmailなどのメールサービス。

SaaS関連のサービスは成長分野としてIPOでも人気のある業種です。

SaaSの業績はMRRやARRで判断する

SaaSを提供しているサービスは、先行投資を行っていることが多く、業績が赤字もしくは利益額が低くなりがちです。

そこで、MRRやARRの指標の推移(成長率)をみて業績を判断します。

指標 内容
PSR
(株価売上高倍率)
時価総額÷年間売上高。
売上高の部分はSaaSの場合、年間のサブスクリプション売上高で計算。
MRR
(月間経常収益)
毎月、繰り返し得られる売り上げのこと。
ARR
(年間経常収益)
毎年、繰り返し得られる売り上げのこと。
NRR
(売上継続率)
今月獲得した売上が、来年の今頃にどの程度になるのかを示す指標。
NRR100%は解約よりもアップセルが上回っている状態。
ARPU
(アープ)
ユーザー1人あたりの平均売上金額。(客単価)
ARPA 1アカウントあたりの平均売上金額。

月と年の違いだけで、MRRの数値に12ヶ月分をかけるとARRになります。

SaaSは解約率もチェック

SaaSサービスをみるときは、解約率(チャーンレート)のチェックも大事です。

  • カスタマーチャーンレート
    顧客数ベースのチャーンレート。
    解約した顧客数で算出。
  • レベニューチャーンレート
    収益ベースのチャーンレート。
    解約やダウングレードによって生じた損失金額で算出。

顧客満足度を上げ、解約率を下げることが事業の持続的な成長に繋がります。

  • 名刺管理のSansanで、解約率は1.0%。
  • クラウド会計ソフトfreeeで、解約率は2.0%。

解約率が低いと、新規顧客を獲得するたびに業績が伸びていき、安定的な収支が確保できます。

PSRをチェック

PSR(株価売上高倍率)は、時価総額 ÷ 年間売上高(直近の四半期売上高×4)。

売上高に対して株価が割高か割安かを判断するための指標であるため、SaaS企業のように業績が赤字でも、指数を算出できるのが特徴です。

売上成長率が高い企業ほどPSRが高くなります。

2021年6月時点で、予想ベースでPSR20倍を超える企業。

PSRは20倍以上だと株価が割高とされておりますが、事業の成長性と比較して投資判断に使われます。

40%ルールをチェック

SaaS企業に投資をする際の基準として「40%ルール」があります。

「売上の前年同期比成長率」+「営業利益率」が40%を超えているのが、望ましいとされています。

足し算を使っているのが特徴で、カンタンにいうと、どちらも大事ということです。
(売上成長率が高いほうが人気ある)

  • 売上が悪いなら、高い収益性が要求される。
  • 売上が良いなら、低い収益性にも目をつぶれる。

IPOを行うSaaS企業には、売上高はガンガン上がっているが、赤字の企業が見受けられます。

この40%ルールに照らし合わせると、赤字でもOK(投資対象)ということになります。

ただし赤字だと40%ルールに届かず、クリアしているSaaS企業は少ない。

SaaS関連IPO

SaaS関連銘柄のIPOです。

SaaS自体は事業内容として人気がありますが、起業まもないベンチャー企業のIPOが多く、業績も不安定な段階の為、評価がやや低くなっています。

企業名 騰落率 初値売り損益
ヤプリ
2020/12/22
65.8%(1.6倍) 208,000円
ココペリ
2020/12/18
125.6%(2.2倍) 201,000円
プレイド
2020/12/17
99.3%(1.9倍) 159,000円
ビートレンド
2020/12/17
257.5%(3.5倍) 721,000円
かっこ
2020/12/17/td>
290.5%(3.9倍) 587,000円
スタメン
2020/12/15
133%(2.3倍) 117,100円
アララ
2020/11/19
120%(2.2倍) 168,000円
rakumo
2020/9/28
204%(3倍) 255,000円
トヨクモ
2020/9/24
351%(4.5倍) 702,000円
アイキューブドシステムズ
2020/7/15
202.2%(4.3倍) 631,000円
フリー
2019/12/17
25%(1.25倍) 50,000円
ランサーズ
2019/12/16
15.34%(1.15倍) 11,200円
HENNGE
2019/10/8
42.93%(1.43倍) 60,100円
Chatwork
2019/9/24
-7.50%(0.93倍) -12,000円
ギフティ
2019/9/20
25.33%(1.25倍) 38,000円
フィードフォース
2019/7/5
140%(2.40倍) 161,000円
Sansan
2019/6/19
5.78%(1.06倍) 26,000円
カオナビ
2019/3/15
100.51%(2.01倍) 199,000円

SaaSは、IPOで人気のあるホットワードです。

SaaS、PaaS、IaaSの違い

似たような用語で、PaaSとIaaSがありますので一覧で紹介します。

SaaS
(サース/サーズ)
クラウドで提供されるソフトウェアのこと。
PaaS
(パース)
アプリケーションソフトが稼働するためのデータベースやプログラム実行環境などが提供されるサービスのこと。
IaaS
(イァース/アイアース)
情報システムの稼働に必要な仮想サーバやハードディスク、ファイアウォールなどのインフラを、インターネット上のサービスとして提供する形態。

現金1万1,500円+5千円のキャッシュバックがもらえる口座開設タイアップ企画を行っています。
抽選資金が不要のSBIネオトレード証券岡三オンライン証券松井証券。落選でポイントが貯まるSBI証券