HENNGE(4475):IPO上場情報と初値予想

HENNGE

HENNGE(へんげ)は、企業向けクラウドセキュリティサービス「HENNGE One」の提供を行っている企業です。

主にSaaSの形態で、顧客にサービス提供を行なっています。

SaaS(サーズ)は、必要な機能を必要な分だけサービスとして利用できるようにしたソフトウェア、もしくはその提供形態のことです。(IPOで人気のあるホットワード

「HENNGE One」は、企業が様々なクラウドサービスを利用する際に、単一のIDとパスワードでユーザによる横断的なログインを可能とするID統合機能のほか、特定の場所や端末以外からのログインを制限するアクセス制限機能、メール暗号化や保管、大容量ファイルの送受信といった情報漏洩対策機能等を備えることで、企業に対し利便性と安全性のバランスのとれた現実解を提供する企業向けSaaSです。

HENNGE Oneの内容

HENNGE One経由で、連携するクラウドサービスにログインすることで、IPアドレス制限、Cookie制御、デバイス証明書、二要素認証機能などのアクセス制御機能を付加することが可能となり、不正アクセスのリスクから企業が利用するクラウドサービスを守ることができます。

不正アクセスのリスクから企業が利用するクラウドサービスを守る

データを端末に残すことなく、クラウドサービスにアクセスすることができる機能では、スマートデバイスやPCからセキュアにクラウドサービスにアクセス可能な専用Webブラウザを提供します。

文書ファイル、メール添付ファイルなどを端末に保存させない事で、デバイスの紛失やウイルス感染などによる情報漏洩を防いだり、ブラウザに表示されているテキストのコピーを禁止し、情報漏洩の可能性を低減させることができます。

セキュアにクラウドサービスにアクセス可能な専用Webブラウザ

HENNGE Oneにおける契約企業数、契約ユーザ数とARRの推移です。

2014年9月期末 契約企業数(社) 契約ユーザ数(人) 年間契約金額(千円)
232 275,490 562,557
2015年9月期末 399 436,763 880,173
2016年9月期末 642 653,653 1,287,671
2017年9月期末 928 1,027,066 1,898,405
2018年9月期末 1,176 1,371,131 2,551,737

直近12か月の平均月次解約率は、契約金額ベースで0.2%以下と低く、サービス稼働率は、直近3か年連続で99.9%以上と非常に高いです。

グループは同社と連結子会社1社で構成。

設立は1996年11月。
従業員数は2019年7月末で149名、平均年齢は35.5歳、平均勤続年数は5.1年、平均年間給与は704.4万円。


HENNGEの詳しい企業情報やIPOの内容は日本取引所グループに掲載されています。
庶民のIPOは、初心者でも参加しやすいよう要約し、IPOの評価や初値予想を掲載しています。はじめての人へ

HENNGEの上場日

A
  • 業績:好調
  • IPO人気:あり
  • 公開比率:低い
  • 売出多い
  • ベンチャーキャピタル:上位株主あり

上場日 2019/10/8 (火) 証券コード 4475
市場 東証マザーズ 業種 情報・通信業
Webサイト Webサイト 単元株 100株
Yahoo!
ファイナンス
HENNGE(4475)

HENNGEのブックビルディング内容

ブックビルディング期間中に、幹事証券からIPOに申し込みましょう。

ブックビルディング期間

2019/9/20 (金) ~ 9/26 (木)

仮条件 1,200円~1,400円 (抽選資金:12万円 ~ 14万円)
当選口数 15,042口
公募株数 50,000株 売出株数 1,258,000株
吸収金額 18億円~21億円 O.A分 196,200株
仮条件決定日 9/19 (木) 公募価格決定日 9/27 (金)
購入期間 9/30 (月) ~ 10/3 (木)

※ 吸収金額は公募株、売出株、OA分を合計して計算しています。
※ IPOの申込・購入期間は証券会社により短くなっている場合があります。

HENNGEの公募価格と初値

仮条件 1,200円~1,400円
公募価格 9/27 (金)に決定 初値 (初値予想)2,100円 ~ 2,800円※9/19 修正
騰落率 -  倍率  -
初値売り損益 (予想利益)70,000円~140,000円※9/19 修正

HENNGEの初値予想と予想利益

HENNGEの初値予想と予想利益です。

初値予想は過去データの動向を基に算出。

仮条件決定後の初値予想と予想利益

仮条件 1,200円 ~ 1,400円 ※抽選資金:12万円 ~ 14万円
初値予想 2,100円 ~ 2,800円※9/19 修正
予想利益 70,000円~140,000円

仮条件決定前の初値予想と予想利益

仮条件の想定価格 1,040円あたり ※抽選資金:10.4万円あたり
初値予想 1,500円 ~ 2,100円
予想利益 46,000円~106,000円
送信中...

初値予想アンケート

HENNGE(4475)の初値予想アンケートに、ご協力をお願いします。

目論見書の想定価格(1,040円)を基準価格としています。

有効回答:86   投票期限:2019/10/7 (月) 23:59まで
3,120円以上(3倍以上)
37票  43%
投票済み

2,600円以上~3,120円未満(2.5倍以上~3倍未満)
9票  10%
投票済み

2,080円以上~2,600円未満(2倍以上~2.5倍未満)
20票  23%
投票済み

1,560円以上~2,080円未満(1.5倍以上~2倍未満)
15票  17%
投票済み

1,248円以上~1,560円未満(1.2倍以上~1.5倍未満)
4票  5%
投票済み

1,040円以上~1,248円未満(1倍以上~1.2倍未満)
1票  1%
投票済み

1,040円未満(公募割れ)
0票  0%
投票済み

HENNGEの主幹事と幹事証券

HENNGEのIPOを取り扱っている証券会社です。(申し込みが可能)

主幹事証券
引受幹事証券
委託含む)

備考

主幹事は野村證券です。
IPOの割当数(当選数)は主幹事が一番多いです。
IPOの抽選時に資金が必要ない証券会社ですので、気軽に参加が可能です。

一人一票の平等抽選で資金力に当選が左右されないマネックス証券や、落選しても次回の当選チャンスに活かせるポイントが付与されるSBI証券がおすすめです。

追加の委託幹事として岡三オンライン証券が決まりました。

落選してもポイントが貯まるSBI証券、IPO申し込み時の抽選資金が不要のライブスター証券松井証券と、現金6千円+5千円のキャッシュバックがもらえる庶民のIPO限定の口座開設タイアップ企画を行っています。
その他、各証券会社でお得な口座開設キャンペーンを行っています。

HENNGEの決算情報

単独 財務情報 (単位/千円)

決算期 2016年9月 2017年9月 2018年9月
売上高 1,723,683 2,225,646 2,833,067
経常利益 82,527 175,133 248,661
当期利益 66,602 192,170 73,713
純資産 280,244 472,459 556,196
配当金
EPS 8,712.93 12.57 4.82
BPS 36,661.98 30.90 36.14
※配当金、EPS、BPSは(単位/円)

連結 財務情報 (単位/千円)

決算期 2017年9月 2018年9月
売上高 2,225,762 2,834,900
経常利益 155,384 219,258
当期利益 172,421 123,331
純資産 450,604 583,525
EPS 11.28 8.07
BPS 29.47 37.92
※EPS、BPSは(単位/円)
業績

上位株主とロックアップ情報

HENNGEの上位10名の株主構成、ロックアップ情報です。

株主名 比率 ロックアップ
小椋 一宏 27.61% 90日間
宮本 和明 14.73% 90日間
永留 義己 13.72% 90日間
(株)ブイ・シー・エヌ 5.91% 90日間 / 1.5倍
太陽生命保険(株) 5.38%
HENNGE従業員持株会 5.19% 180日間
佐野 力 4.81%
(株)サンブリッジコーポレーション 4.66% 90日間 / 1.5倍
投資事業組合オリックス11号 3.05% 90日間 / 1.5倍
大和企業投資(株) 2.30% 90日間 / 1.5倍

直近の類似IPOの上場結果

HENNGEと上場市場と業種が同じIPOの上場結果です。

直近の「市場:東証マザーズ」かつ「業種:情報・通信業」のIPO結果です。

  • 2019/09/20 ギフティ
    初値売りによる損益:38,000円
    (騰落率:25.33%、倍率:1.25倍)
  • 2019/07/18 Link-U
    初値売りによる損益:294,000円
    (騰落率:104.26%、倍率:2.04倍)
  • 2019/06/28 リビン・テクノロジーズ
    初値売りによる損益:510,000円
    (騰落率:130.77%、倍率:2.31倍)
  • 2019/06/25 インフォネット
    初値売りによる損益:194,000円
    (騰落率:130.20%、倍率:2.30倍)
  • 2019/06/19 Sansan
    初値売りによる損益:26,000円
    (騰落率:5.78%、倍率:1.06倍)

IPOのポイント

HENNGEのIPOに関する補足です。

企業情報と初値予想に関する補足

わたしは年に一度、札幌市でデジタル イノベーションという展示会に出席していますが、企業のセキュリティ関連のサービスを提供している企業が非常に多いです。

ということで、ニーズが高い事業内容になります。

HENNGE(へんげ)は変わった社名だなと思いましたが、商号変更されたのは2019年2月。
それ以前は、株式会社ホライズン・デジタル・エンタープライズという名称でした。

参考までに

評価は下記を考慮して、人気が高い「A」に設定しました。

  • 購入単価が低い(10万円あたり)。
  • IPOで非常に人気のある「Saas」事業。(IPOで人気のあるホットワード
  • 時代にマッチした事業内容で将来性あり。
  • 売出しが多い。
  • 市場からの吸収金額が15.6億円とやや大きい。(参考:吸収金額による実績
  • 平均月次解約率は0.2%以下、サービス稼働率は99.9%以上。
  • 同日に人気IPOのAI CROSSが上場。(資金分散)

9.19 追記。
仮条件の上振れ決定(1,200円 ~ 1,400円)に伴い、初値予想を2,100円 ~ 2,800円に修正。
予想利益は70,000円~140,000円としました。

目論見書の想定仮条件は1,040円。初値予想は1,500円 ~ 2,100円としました。
予想利益は46,000円~106,000円になります。

公募割れリスクは低いです。
積極的に幹事証券から参加して当選を狙いましょう。

ワンポイント

主幹事証券は大手の野村證券

主幹事はIPOの一連の流れを取りしきる立場にあり、IPOの当選数(割当数)も主幹事が一番多いです。

また、野村證券はIPOの抽選時に抽選資金が必要ありません。
当選した後に購入資金を入金すればよいという、嬉しいシステムを採用している証券会社です。

他にも、平等抽選で資金力に左右されない当選が期待できるマネックス証券や、落選しても次回の当選チャンスに活かせるポイントが付与されるSBI証券がおすすめです。

追加の委託幹事として岡三オンライン証券が決まりました。
野村證券同様、抽選時に資金が必要ない証券会社です。

HENNGEのIPO詳細は、新規上場会社情報(日本取引所グループ)に掲載している目論見書にてご確認下さい。

落選してもポイントが貯まるSBI証券、IPO申し込み時の抽選資金が不要のライブスター証券松井証券と、現金6千円+5千円のキャッシュバックがもらえる庶民のIPO限定の口座開設タイアップ企画を行っています。
その他、各証券会社でお得な口座開設キャンペーンを行っています。

送信中...

ご意見箱(投書/返答不可)

ご意見、ご要望、ご感想などお気軽にお寄せください。ご意見がダイレクトに届きます。
返答の必要なご質問IPO質問集をご確認の上 お問い合わせよりご連絡ください。

ご意見は今後のサイト運営の参考にさせて頂きます。
また、みなさんの嬉しい当選報告もありがとうございます。