Chatwork(チャットワーク)(4448):IPO上場情報と初値予想

Chatwork(チャットワーク)

Chatworkは、自社開発のビジネスコミュニケーションツール「Chatwork(チャットワーク)事業」を主力としている企業です。

ほかに、セキュリティソフトの販売代理を行う「セキュリティ事業」も行っています。

  • Chatwork事業
    • 1,119,489千円(売上高の86%)
    ビジネスチャットツール「Chatwork」の開発及びサービスの提供、広告サービスの提供並びに「Chatwork」をサービスプラットフォームとして活用した各種サービスの提供を行っています。
    基本となる「チャット」機能に加えて、「タスク管理」、「ファイル共有」及び「音声又はビデオ通話(会議)」といったビジネスコミュニケーションに必要とされる各種機能をワンストップで提供しています。
    日本語を含め6か国語にて展開。
  • セキュリティ事業
    • 182,347千円(売上高の14%)
    ESET社の提供するセキュリティ対策ソフトウェア「ESET」について、日本国内総販売代理であるキヤノンITソリューションズ株式会社の二次代理店としてWebを介した通信販売を行っています。

売上高の集計期間は2018年1月1日~12月31日。

Chatworkは、サブスクリプション型課金モデルを採用しています。(IDあたり月額 無料~800円

プラン名 機能 月額利用料
フリー

基本機能を利用可能。(以下の利用制限あり)

  • グループチャット数上限:累計14件
  • ストレージ容量:5GB
  • ビデオ通話は1:1のみ
  • 広告が表示。
無料
パーソナル

フリーに加えて、以下の追加機能を提供

  • グループチャット数:無制限
  • ストレージ容量:10GB
  • 複数ユーザーでのビデオ通話可能
  • 広告が非表示。
400円
ビジネス

パーソナルの機能に加えて「ユーザー管理機能」を提供。

500円
エンタープライズ

ビジネスの機能に加えて、以下の追加機能を提供。

  • 社外ユーザー・外部SNSとの利用制限設定
  • IPアドレス・モバイル端末制限
  • 専用URL機能・シングルサインオン
  • チャットログエクスポート
  • ファイル送受信制限
  • サービス品質保証
800円

Chatworkの利用企業数及び登録ID数の推移。

2016年12月期末 2017年12月期末 2018年12月期末 20119年6月末
利用企業数 12.1万社 16万社 20.3万社 22.5万社
登録ID数 126.8万名 178.2万名 241.6万名 274.7万名
課金ID数
課金率
21.2万名
16.7%
25.3万名
14.1%
33.9万名
14.0%
36.4万名
13.2%

Web広告や口コミに基づくフリーミアムからの利用者の増加と、利用拡大に伴う課金ID化が成長の中心となっています。

新規発行による手取り金の使途は、新規採用に係る人材採用費及び人件費、広告宣伝費、サーバー費用等に充当する予定。

設立は2007年7月。(前:有限会社EC studio)
従業員数は2019年7月末で100名、平均年齢は34.8歳、平均勤続年数は3.8年、平均年間給与は612.9万円。


Chatwork(チャットワーク)の詳しい企業情報やIPOの内容は日本取引所グループに掲載されています。
庶民のIPOは、初心者でも参加しやすいよう要約し、IPOの評価や初値予想を掲載しています。はじめての人へ

Chatwork(チャットワーク)の上場日

C
  • 業績:不安
  • 公開比率:やや高い
  • 売出多い
  • 調達金額:大きい
  • 割安感:割高
  • ベンチャーキャピタル:上位株主あり

上場日 2019/9/24 (火) 証券コード 4448
市場 東証マザーズ 業種 情報・通信業
Webサイト Webサイト 単元株 100株
Yahoo!
ファイナンス
Chatwork(チャットワーク)(4448)

Chatwork(チャットワーク)のブックビルディング内容

ブックビルディング期間中に、幹事証券からIPOに申し込みましょう。

ブックビルディング期間

2019/9/5 (木) ~ 9/11 (水)

仮条件 1,440円~1,600円 (抽選資金:14.4万円 ~ 16万円)
当選口数 92,871口
公募株数 600,000株 売出株数 7,412,100株
吸収金額 148.5億円 O.A分 1,275,000株
仮条件決定日 9/3 (火) 公募価格決定日 9/12 (木)
購入期間 9/13 (金) ~ 9/19 (木)
備考 売出株数は国内が7,412,100株、海外が487,900株。

※ 吸収金額は公募株、売出株、OA分を合計して計算しています。
※ IPOの申込・購入期間は証券会社により短くなっている場合があります。

Chatwork(チャットワーク)の公募価格と初値

仮条件 1,440円~1,600円
公募価格 1,600円 初値 (初値予想)1,550円 ~ 1,680円
騰落率 -  倍率  -
初値売り損益 (予想利益)-5,000円~8,000円

Chatwork(チャットワーク)の初値予想と予想利益

Chatwork(チャットワーク)の初値予想と予想利益です。

初値予想は過去データの動向を基に算出。

仮条件決定後の初値予想と予想利益

仮条件 1,440円 ~ 1,600円 ※抽選資金:14.4万円 ~ 16万円
初値予想 1,550円 ~ 1,680円
予想利益 -5,000円~8,000円

仮条件決定前の初値予想と予想利益

仮条件の想定価格 1,605円あたり ※抽選資金:16.1万円あたり
初値予想 1,550円 ~ 1,680円
予想利益 -5,500円~7,500円
送信中...

初値予想アンケート

Chatwork(チャットワーク)(4448)の初値予想アンケートに、ご協力をお願いします。

目論見書の想定価格(1,605円)を基準価格としています。

有効回答:387   投票期限:2019/9/23 (月) 23:59まで
4,815円以上(3倍以上)
25票  6%
投票済み

4,013円以上~4,815円未満(2.5倍以上~3倍未満)
1票  1%
投票済み

3,210円以上~4,013円未満(2倍以上~2.5倍未満)
7票  2%
投票済み

2,408円以上~3,210円未満(1.5倍以上~2倍未満)
8票  2%
投票済み

1,926円以上~2,408円未満(1.2倍以上~1.5倍未満)
62票  16%
投票済み

1,605円以上~1,926円未満(1倍以上~1.2倍未満)
203票  52%
投票済み

1,605円未満(公募割れ)
81票  21%
投票済み

Chatwork(チャットワーク)の主幹事と幹事証券

Chatwork(チャットワーク)のIPOを取り扱っている証券会社です。(申し込みが可能)

主幹事証券
引受幹事証券
委託含む)

落選してもポイントが貯まるSBI証券、IPO申し込み時の抽選資金が不要のライブスター証券松井証券と、現金6千円+5千円のキャッシュバックがもらえる庶民のIPO限定の口座開設タイアップ企画を行っています。
その他、各証券会社でお得な口座開設キャンペーンを行っています。

割当数とネット抽選の当選数

目論見書で公表されている証券会社の割当数と、ネット抽選分の当選数(個人配分)の予想です。

割当数にネット抽選分のパーセンテージをかけた単純な計算ですので、参考程度にお願いします。

証券会社 割当率 割当数 ネット抽選分
主幹事
大和証券
87.83% 8,585,000株 2,146,200株
みずほ証券 6.09% 595,000株 59,500株
SMBC日興証券 3.48% 340,000株 34,000株
マネックス証券 0.87% 85,000株 85,000株
SBI証券 0.87% 85,000株 59,400株
楽天証券 0.43% 42,500株 42,500株
松井証券 0.43% 42,500株 29,700株

Chatwork(チャットワーク)の決算情報

単独 財務情報 (単位/千円)

決算期 2016年12月 2017年12月 2018年12月
売上高 695,052 968,294 1,301,836
経常利益 -627,062 -230,222 -163,146
当期利益 -630,838 -232,965 -110,800
純資産 872,817 639,852 529,051
配当金
EPS -3,553.20 -6.47 -3.08
BPS -5,151.00 -32.23 -35.30
※配当金、EPS、BPSは(単位/円)

上位株主とロックアップ情報

Chatwork(チャットワーク)の上位10名の株主構成、ロックアップ情報です。

株主名 比率 ロックアップ
(株)EC studioホールディングス 60.64% 90日間 / 1.5倍
ジャフコSV4共有投資事業有限責任組合 9.10% 90日間 / 1.5倍
GMO Venture Partners4 投資事業有限責任組合 5.46% 90日間 / 1.5倍
山口 勝幸 4.22% 90日間 / 1.5倍
山本 正喜 4.13% 90日間 / 1.5倍
新生企業投資(株) 2.94% 90日間 / 1.5倍
SMBCベンチャーキャピタル2号投資事業有限責任組合 2.00% 90日間 / 1.5倍
井上 直樹 1.40% 90日間 / 1.5倍
鈴木 陽三 1.06% 90日間 / 1.5倍
春日 重俊 0.81% 90日間 / 1.5倍

直近の類似IPOの上場結果

Chatwork(チャットワーク)と上場市場と業種が同じIPOの上場結果です。

直近の「市場:東証マザーズ」かつ「業種:情報・通信業」のIPO結果です。

  • 2019/09/20 ギフティ
    初値売りによる損益:38,000円
    (騰落率:25.33%、倍率:1.25倍)
  • 2019/07/18 Link-U
    初値売りによる損益:294,000円
    (騰落率:104.26%、倍率:2.04倍)
  • 2019/06/28 リビン・テクノロジーズ
    初値売りによる損益:510,000円
    (騰落率:130.77%、倍率:2.31倍)
  • 2019/06/25 インフォネット
    初値売りによる損益:194,000円
    (騰落率:130.20%、倍率:2.30倍)
  • 2019/06/19 Sansan
    初値売りによる損益:26,000円
    (騰落率:5.78%、倍率:1.06倍)

IPOのポイント

Chatwork(チャットワーク)のIPOに関する補足です。

企業情報と初値予想に関する補足

総務省の2018年「ICTによるインクルージョンの実現に関する調査研究」によると、国内におけるビジネスチャトツールの導入率は23.6%であり、欧米における各国の導入率(50%~60%台)と比較して低い状況にあり、潜在市場は広大です。

また、株式会社富士キメラ総研公表の「ソフトウェアビジネス新市場2018年版」によると、国内ビジネスチャット市場は2017年度の62億円から2022年度には230億円にまで拡大するものと見込まれております。

ビジネスチャットはスピーディなコミュニケーションができるのが魅力です。

チャットワークの利用理由

同社の売上高は右肩上がりです。経常利益は赤字。

業績

9.16追記。Chatwork(チャットワーク)に関する質問が、お問い合わせで増えてきました。

特に購入申込や補欠当選に関するご相談が多いので、ブログにまとめさせていただきました。

参考までに

評価は下記を考慮して、公募割れのリスクがややある「C」に設定しました。

  • 気軽に導入しやすいフリーミアムを採用。
  • 売上高は右肩上がり、ただし経常利益は赤字。
  • 市場からの吸収金額が156億円と非常に大きい。(参考:吸収金額による実績
  • 売出しが多い。
  • ベンチャーキャピタルの保有株が多く、公開価格の1.5倍または90日間でロックアップが解除(売り圧力)。

目論見書の想定仮条件は1,605円。初値予想は1,550円 ~ 1,680円としました。
予想利益は-5,500円~7,500円で、公募割れのリスクがあるIPOになります。

管理人はチャットワークをフリープランで利用し、ESETスマートセキュリティも導入しています。つまり、お世話になっている企業です。応援したいですが、IPOの内容は魅力的ではありません。

管理人は公募割れ覚悟でIPOに参加する予定です。

1人1票の平等抽選で当選が期待できるマネックス証券SMBC日興証券や、抽選に外れてもIPOチャレンジポイントが付与されるSBI証券がおすすめです。

管理人はこちらの3社だけでIPOに50回当選しています。

松井証券は、抽選時に資金が必要ない証券会社です。

SBI証券は、現金2千円がもらえるお得なタイアップ企画、松井証券は最大5千円がキャッシュバックされるお得なタイアップ企画を行っています。

Chatwork(チャットワーク)に関するつぶやき


Chatwork(チャットワーク)のIPO詳細は、新規上場会社情報(日本取引所グループ)に掲載している目論見書にてご確認下さい。

落選してもポイントが貯まるSBI証券、IPO申し込み時の抽選資金が不要のライブスター証券松井証券と、現金6千円+5千円のキャッシュバックがもらえる庶民のIPO限定の口座開設タイアップ企画を行っています。
その他、各証券会社でお得な口座開設キャンペーンを行っています。

送信中...

ご意見箱(投書/返答不可)

ご意見、ご要望、ご感想などお気軽にお寄せください。ご意見がダイレクトに届きます。
返答の必要なご質問IPO質問集をご確認の上 お問い合わせよりご連絡ください。

ご意見は今後のサイト運営の参考にさせて頂きます。
また、みなさんの嬉しい当選報告もありがとうございます。