IPO「ヴィスコ・テクノロジーズ」(6698)

ヴィスコ・テクノロジーズ

ヴィスコ・テクノロジーズ」は 筐体型の画像処理検査装置を開発、製造及び販売している企業です。

画像処理検査装置は、様々なモノづくりの現場において、検査対象物の傷、汚れ、異物などの外観上の欠陥を検出する目的で多く利用されています。

日本国内の製造業の現場では、画像処理検査装置が普及しつつありますが、未だに人手に頼った目視検査を実施している製造現場もあります。

また、中国、東南アジア、南米などの新興国の製造業の現場では、日本国内の製造現場と較べて目視検査を主とした製造現場が多数あり、人件費の抑制や製品品質の安定化に向けて画像処理検査装置の導入が進みつつあります。

グループは、ヴィスコ・テクノロジーズ及び連結子会社3社(必速勘貿易(上海)有限公司(中国)、ViSCO Technologies(Thailand)Co.,Ltd.(タイ)、及びViSCO Technologies USA, Inc.(米国))の合計4社で構成。

設立は平成15年8月です。
従業員数は平成29年9月末で69名、平均年齢は40.8歳、平均勤続年数は5.7年、平均年間給与は634.7万円です。


IPO「ヴィスコ・テクノロジーズ」の上場日

B
  • 業績:好調
  • 公開比率:高い
  • 当選口数:少ない
  • 売出多い
  • ベンチャーキャピタル:上位株主あり

上場日 2017/12/13 (水) 証券コード 6698
市場 JASDAQ スタンダード 業種 電気機器
Webサイト Webサイト 単元株 100株
Yahoo!
ファイナンス
ヴィスコ・テクノロジーズ(6698)

IPO「ヴィスコ・テクノロジーズ」のブックビルディング情報

ブックビルディング期間

2017/11/27 (月) ~ 2017/12/1 (金)

IPOのメール通知システム はBBの申込み忘れに便利です。

仮条件 4,720円~4,920円 (抽選資金:47.2万円 ~ 49.2万円)
当選口数 1,988口
公募株数 85,000株 売出株数 113,800株
吸収金額 11.2億円 O.A分 29,800株

各用語の説明はこちらで行っています。
※ 吸収金額は公募株、売出株、OA分を合計して計算しています。

IPO「ヴィスコ・テクノロジーズ」の公募価格と初値

公募価格 4,920円 初値 15,000円
騰落率 204.88%  倍率  3.05倍
初値売りでの損益 1,008,000円(15,000円 - 4,920円)× 100株

ヴィスコ・テクノロジーズの「想定仮条件」と「想定利益」

参考までに大手によるIPO「ヴィスコ・テクノロジーズ」の「想定仮条件」と「想定利益」です。
(利益予想は各上限で計算しております。)

IPO「ヴィスコ・テクノロジーズ」の主幹事証券と引受幹事証券

主幹事証券会社
引受幹事証券会社
委託含む)

備考

投資資金に関係ない一人一票制の「公平抽選」で 庶民でも当選確率が期待できる「マネックス証券」や抽選に外れても次回の当選チャンスに活かせる「IPOチャレンジポイント」が付与される「SBI証券」がおすすめです。

追加の委託幹事として「岡三オンライン証券」が決まりました。
IPOの抽選時に資金が必要ない証券会社ですので、気軽に参加が可能です。運だめしで必ず参加したいところです。

現在、現金5,000円がもらえるお得なタイアップキャンペーン」も行っています。

岩井コスモ証券」や「カブドットコム証券」からもIPOの申込みが可能ですのでお忘れなく。

IPO「ヴィスコ・テクノロジーズ」の決算情報

単独 財務情報 (単位/千円)

決算期 2015年3月 2016年3月 2017年3月
売上高 1,821,045 2,218,278 2,479,703
経常利益 66,853 165,166 168,601
当期利益 3,782 86,900 125,681
純資産 936,130 1,022,401 1,147,454
配当金 500.00 500.00 1.00
EPS 3,009.08 138.27 199.97
BPS 744,733.50 1,626.73 1,825.70
※配当金、EPS、BPSは「単位/円」です。

連結 財務情報 (単位/千円)

決算期 2016年3月 2017年3月
売上高 2,579,261 2,878,908
経常利益 197,962 270,706
当期利益 133,689 202,621
純資産 885,161 1,119,791
EPS 212.71 322.39
BPS 1,370.13 1,727.10
※EPS、BPSは「単位/円」です。

直近の類似IPOの上場結果

参考までにIPO「ヴィスコ・テクノロジーズ」と上場市場と業種が同じIPOの上場結果です。

(参考)直近の「市場:JASDAQ スタンダード」かつ「業種:電気機器」のIPO結果です。

  • 2017/03/28 上場ズーム… 初値売りによる損益:75,800円(騰落率:49.87%、倍率:1.50倍)
  • 2014/04/08 上場トレックス・セミコンダクター… 初値売りによる損益:-52,000円(騰落率:-10.40%、倍率:0.90倍)
  • 2011/06/29 上場SEMITEC… 初値売りによる損益:-4,000円(騰落率:-3.20%、倍率:0.97倍)

管理人のコメントby ヴィスコ・テクノロジーズ

上場前

2017.11.13 追記。市場注目度は 「B」となりました。
公募割れリスクも低いと想定されますので、積極的に引受幹事証券のブックビルディングに参加して当選を狙いたいところです。

想定の仮条件は「4,720円 ~ 4,920円」。想定の初値予想は「5,500円 ~ 6,000円」となっています。
予想上限にて「初値売り」をすると10.8万円の利益になりそうです。

IPO「ヴィスコ・テクノロジーズ」に関するつぶやき