青木商店の株(IPO)を購入するには?

青木商店

青木商店」の IPO(上場) 2018年に あるのではないかと噂されています。

青木商店は「フルーツ文化創造企業」として、フルーツギフト、生ジュース、タルトなど さまざまな形でフルーツを提供している企業です。

180店舗あるフルーツバー「果汁工房 果琳(かりん)」は全国各地で店舗を展開しています。

青木商店、18年度までに上場方針。
生ジュース店を全国展開する青木商店(福島県郡山市)の青木信博会長兼社長は13日、2018年度までに株式上場する方針を表明した。
「海外に出るときには日本で信用を持っていることが重要だ」と国際展開に向けた意義を強調した。
同日発表した16年度から3カ年の中期経営計画では、店舗数を15年度末の205から220に増やす目標も明示した。

by 「日本経済新聞 電子版」より(2016.5.13)

落選しても次回の当選チャンスに活かせるポイントが貯まるSBI証券、申し込み時の抽選資金が不要のライブスター証券と、現金4千円がもらえる当サイト限定の口座開設キャンペーンを行っています。(タイアップ詳細

青木商店とは?

果汁工房 果琳

青木商店」は 1924年創業のフルーツ専門店です。

「フルーツ文化創造」という とってもオシャレなテーマを掲げてます。

店頭販売だけでなく、インターネットを使って旬な果物の周知拡販や通販なども行っています。
また、フルーツ販売の他にもフルーツバー事業やフルーツタルト&カフェ事業も経営しています。

フルーツバーのキャッチフレーズは「極上フルーツ、搾りたて。」
作り置きをせずに、注文を受けてから作るという理念がとってもステキです。

フルーツタルトも毎朝、自社製造しているそうです。

多種多様にあるフルーツ専門店ですが、青木商店は特に「鮮度」にこだわりを持っていると言えそうです。

フルーツ好きにはたまりませんね!

「青木商店」の魅力とは?

メロンを追熟させるための「メロンセラー」を独自開発し商標まで持っているとあって、フルーツへの想いは並々ならぬものを感じます。「メロンセラー」という発想もとってもステキです。

冒頭でご紹介した企業テーマ通り、売るだけではない、こだわりのあるサービスも多様に展開しておられます。

  • レシピ公開
  • 食べ方や豆知識の紹介
  • 産地リポート
  • ギフト発送や定期便 など

多様で細やかなサービスを展開していて「美味しいものを、一番美味しいときに、一番美味しい食べ方で」という想いにあふれている企業です。

青木商店は、大規模受注・大量発送のような消費中心のサービスというよりは、フルーツマイスターがフルーツを選ぶところからお手伝いをしてくれて「かゆいところに手が届く」そんな私たち消費者に寄り添ったサービスを提供してくれているところが魅力です。

「青木商店」の将来性は?

青木商店は「株式公開(IPO)」や「海外出店」を視野に入れており、今後 更なる事業の発展が期待されます。

青木商店、18年度までに上場方針。
生ジュース店を全国展開する青木商店(福島県郡山市)の青木信博会長兼社長は13日、2018年度までに株式上場する方針を表明した。
「海外に出るときには日本で信用を持っていることが重要だ」と国際展開に向けた意義を強調した。
同日発表した16年度から3カ年の中期経営計画では、店舗数を15年度末の205から220に増やす目標も明示した。

by 「日本経済新聞 電子版」より(2016.5.13)

出店数も増やす計画で、上記のとおり まずは国内での信用を強化されるようです。

近年、物消費より事消費が重要視される様になりました。

そして、デリケートなフルーツは普段食べられるものも 住んでいる地域でかたよりがちです。

なので、そんなフルーツ一つ選ぶにもいろいろな想いをめぐらせ、 いつもは食べられない珍しいフルーツを久しぶりに家族みんなでテーブルを囲んで食べてみる なんていう事もいいのかもしれません。

まさに「文化創造」ですよね。

心の健康、体の健康、思い出も一緒にお届けしてくれる、こんなステキな企業さんの今後には期待大ですね!

株主優待の発行に期待

事業内容的に株主優待の発行も期待ができます。

フルーツバー「果汁工房 果琳)」は 全国各地のデパートなどに入っている事から、店舗で利用できる「割引優待券」の発行などが期待できます。歩き疲れた際に飲むフルーツジュースって美味しいんですよね・・・。

青木商店の株(IPO)を購入する方法

青木商店の株を購入するには大きく分けて二通りの方法があります。

  1. 株式市場に「上場した後」に購入をする
  2. 株式市場に「上場する前」に購入をする(IPO)

株式市場に「上場した後」に購入をする

一般的な青木商店の株の購入方法です。
上場後に株式市場から「証券会社」を通じて購入します。

2017年~2018年の上場が予定されており、上場後はいつでも株を購入することが可能です。

株式市場に「上場する前」に購入をする(IPO)

青木商店の株を株式市場に上場する前に購入することができます。

当サイトで紹介している「IPO」の「抽選」に参加し、当選した場合、青木商店の株を上場前に購入することができます。

参考までに

青木商店のIPO(上場)が正式に東京証券取引所に承認されると、IPOの具体的なスケジュールが決まります。

当サイトでは正式決定後に「青木商店」の「市場注目度」や「初値売りによる予想利益」も掲載しております。

IPOの承認はいつ?

一般的には上場日の約1ヶ月前にIPOが承認されます。

正式に発表されましたら、当サイトの「IPO 上場予定一覧」にてご紹介させて頂きます。

IPOの承認やブックビルディングの開始が登録されたメールアドレスに送られてくるIPOのメール通知システムを利用すると、IPOの新規承認後にメールで通知されますので便利です。利用料は無料です。

事前に証券会社の口座開設準備を

どの証券会社が「引受幹事証券」になるかは まだ先のハナシですが、IPOの正式承認から「ブックビルディング(抽選)」までの期間はそんなに長くありません。

参考までに

IPOの承認からブックビルディング開始までは、大体、2週間ほどが一般的です。
証券会社の口座開設は早くて翌日ですが、書類の不備があると思わぬ日数がかかるため、早めの口座開設がおすすめです。(「SBI証券」は最短で翌営業日での口座開設になります)

落選しても次回の当選チャンスに活かせるポイントが貯まるSBI証券、申し込み時の抽選資金が不要のライブスター証券と、現金4千円がもらえる当サイト限定の口座開設キャンペーンを行っています。(タイアップ詳細

ワンポイント

可能であれば、証券会社の口座開設は無料でできますので、主要な証券会社は口座開設を事前にしておきましょう。

IPOの引受幹事証券数が多い証券会社も口座開設の参考になるかと思います。

事前に口座開設を行っておくと、青木商店のIPOだけでなく その他の人気IPOのブックビルディングに応募する事も可能になります。