USJが2018年にIPO(上場)するのではと噂されています。

USJ(ユニバーサル・スタジオ・ジャパン®)の株(IPO)を購入するには?

USJ

USJ(ユニバーサル・スタジオ・ジャパン®)」の IPO(上場) 2018年中にあると噂されております。

USJのIPOは2016年秋に東証に申請され、2016年中に上場する予定との報道がありましたが実現しませんでした。
2017年も見送られ 2018年中の上場が噂されています。

言うまでもないですが、USJは大阪市にあるテーマパークです。
上場が決まれば 知名度が高いIPOになります。

個人投資家に喜ばれる「株主優待」の発行も期待されます。

参考までに

USJは東証マザーズに2007年に上場していましたが、2009年に上場廃止となりました。
今回 上場が決まれば再上場案件となり、東証(おそらく一部)への上場が予定されています。

落選しても次回の当選チャンスに活かせるポイントが貯まるSBI証券、申し込み時の抽選資金が不要のライブスター証券と、現金4千円がもらえる当サイト限定の口座開設キャンペーンを行っています。(タイアップ詳細

USJの魅力や今後の将来性、上場前に株式を購入する方法(IPO) などを ご紹介します。

USJとは?

USJ(ユニバーサル・スタジオ・ジャパン®)」は、大阪市にある巨大テーマパークです。
最新鋭の技術やハリウッド仕込みのパフォーマンスを駆使し来場者の心を鷲掴みにしています。

千葉県にある某テーマパークと並ぶ、日本の二大テーマパークの一つです。
2015年の入場者数は世界第4位となっています。

世界的に人気のある映画やアニメ、キャラクターなどとのコラボレーションでも知られ、ハロウィンやクリスマスなどの季節的なイベントも開催されており一年中を通して楽しめるテーマパークとなっています。

USJの魅力とは?

開園当時から「ジョーズ」「ジュラシック・パーク・ザ・ライド」などのハリウッドの魅力をすべて体感できるアトラクションや、大型コースター「ハリウッド・ドリーム・ザ・ライド」、4K解像度のプロジェクターを導入した「スパイダーマン」など年々さまざまな新しいことに挑戦しています。

USJの人気エリア、アトラクション、期間限定イベントです。

「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン®」の魅力の一つに毎年9月~10月で行われているハロウィンイベントも外せません。今年は今人気急上昇中の「広瀬すず」を起用するなど、毎年新しい顔を見せてくれるのが「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン®」の魅力といってもいいでしょう。

参考までに

USJは開園当初はハリウッド映画関連のテーマパークのみの運営でしたが、大人気漫画「ワンピース」や人気ゲーム「モンスターハンター」、お子様に人気の「ハローキティ」や「妖怪ウォッチ」などとコラボし 集客力を上げてきました。

また、最近ではハロウィン期間に開催される「ハロウィーン・ホラー・ナイト」が大人にも大人気です。

USJの将来性は?

「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン®」は来場者数が増え続けていることから今後も人気が続くでしょう。

参考までに

USJは2001年の開園当初の来場者数1,100万人をピークに、2009年には750万人まで来場者数が減少していました。

2009年の上場廃止後、テーマパークの経営戦略をハリウッド一色から刷新しました。
2015年の来場者数は1,390万人に達し、順調にV字回復を果たしています。

2020年までに任天堂との提携により400億円規模の「マリオ」を使ったアトラクションも予定されています。
新しい試みとして日本のゲームやアニメも取り入れる独自路線を展開していく予定です。

CO2排出量の減少など事業活動に伴う環境への負荷を減らす努力を行う一方、そこで働く年齢・性別・国籍などの異なる多くの従業員のために先進的なダイバーシティ活動などを取り入れています。

今後まだまだ発展が見込める「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン®」。
新しく就任した最高責任者のジャン・ルイ・ボニエ氏も気合が入っていることから今後が非常に楽しみです。

「期待を上回る感動とサービス」

そんなキャッチフレーズで知られる株式会社ユー・エス・ジェイはテーマパーク「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン®」の運営を行っている会社です。
親会社であるユニバーサルスタジオ社では過去に3つのテーマパークを手掛けていますが「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン®」は米国進出第一号になります。

2015年には来園者数1,390万人とも言われ年々増え続けています。
大阪といえばUSJと言われるほど、なくてはならないテーマパークとなっています。

株主優待はある?

以前、株式上場していた際は「入場割引券」および「無料入場券」の株主優待を年に二回 発行していました。

テーマパークの株主優待は長期保有する個人投資家が多く、企業としても長期保有してもらうことは歓迎です。
よって、今回の再上場においても 以前同様の株主優待を発行することが見込まれています。

参考までに

参考までに「東京ディズニーランド」を運営する「オリエンタルランド」の株主優待です。

USJの株(IPO)を購入する方法

USJの株を購入するには大きく分けて二通りの方法があります。

  1. 株式市場に「上場した後」に購入をする
  2. 株式市場に「上場する前」に購入をする(IPO)

株式市場に「上場した後」に購入をする

一般的なUSJの株の購入方法です。
上場後に株式市場から証券会社を通じて購入します。

参考までに

現在、2018年中の上場が噂されています。上場後は証券会社を通じて いつでも株を購入することが可能です。

株式市場に「上場する前」に購入をする(IPO)

USJの株を株式市場に上場する前に購入することができます。

当サイトで紹介している「IPO」の「抽選」に参加し、当選した場合、USJの株を上場前に購入することができます。

参考までに

USJのIPO(上場)が正式に東京証券取引所に承認されると、IPOの具体的なスケジュールが決まります。
秋頃に東証へIPOの申請をすると報道されており、その後 承認されれば上場となります。

当サイトでは正式決定後に「USJ」の「評価」や「初値売りによる予想利益」も掲載しております。

IPOの承認はいつ?

一般的には上場日の約1ヶ月前にIPOが承認されます。

正式に発表されましたら「IPO 上場予定一覧」にてご紹介します。

IPOの承認やブックビルディングの開始が登録されたメールアドレスに送られてくるIPOのメール通知システムを利用すると、IPOの新規承認後にメールで通知されますので便利です。利用料は無料です。

事前に証券会社の口座開設準備を

まだ「噂」の段階ですが、こちらのページにて随時 USJに関するIPO(上場)のニュースがありましたら、紹介していきます。

USJのIPOは2016年秋に東証に申請され、2016年中に上場する予定との報道がありましたが実現しませんでした。
よって、2018年中の上場が噂されています。

どの証券会社が「引受幹事証券」になるかは、まだまだ噂の段階で先のハナシですが、IPOの正式承認から「ブックビルディング(抽選)」までの期間はそんなに長くありません。

参考までに

IPOの承認からブックビルディング開始までは、大体、2週間ほどが一般的です。
証券会社の口座開設は早くて翌日ですが、書類の不備があると思わぬ日数がかかるため、早めの口座開設がおすすめです。SBI証券は最短で翌営業日での口座開設になります)

落選しても次回の当選チャンスに活かせるポイントが貯まるSBI証券、申し込み時の抽選資金が不要のライブスター証券と、現金4千円がもらえる当サイト限定の口座開設キャンペーンを行っています。(タイアップ詳細

ワンポイント

可能であれば、証券会社の口座開設は無料でできますので、主要な証券会社は口座開設を事前にしておきましょう。

IPOの引受幹事証券数が多い証券会社も口座開設の参考になるかと思います。

事前に口座開設を行っておくと、USJのIPOだけでなく その他の人気IPOのブックビルディングにも参加できます。

こちらの記事は、IPO歴14年の運営者が執筆しています。IPOに63回当選。長年の経験と実績による記事です。
株式投資歴は15年。NISAや株主優待など投資全般に詳しいです。