楽天証券が上場準備中。ネット専業では2社目。資金調達が目的か?

楽天証券

ネット証券大手の楽天証券上場準備(IPO)をはじめるとの報道がありました。
上場予定時期は未定。

2022年2月には、「楽天銀行の上場準備を開始した」と発表しており、楽天グループ子会社の上場(IPO)が加速しそうです。

上場準備が相次ぐ背景としては、事業資金の調達が有力だと個人的に考えています。

親会社である楽天グループの決算資料などを基に、楽天証券の業績などを確認していきます。

楽天証券の業績は好調!

楽天証券は、「楽天市場」を運営する楽天グループを親会社にもつ、ネット専業の証券会社です。楽天カードの100%子会社。

業績は非常に好調で、業績の伸びをみるとネット5大証券の中でもトップクラスです。

2021年12月期の決算資料に、各証券会社との比較表がありましたので引用します。

主要オンライン証券の比較
楽天証券の2021年12月期決算資料より

こちらは業績ハイライト。

業績ハイライト
楽天証券の2021年12月期決算資料より

なかでも投資信託が絶好調で、あの野村證券より販売額が増加しています。

楽天証券の投資信託は、毎月の残高に対してポイントの付与がありましたが、2022年4月から一定の残高をはじめて達成した場合となりました。投資信託が好調だった理由として、こちらのポイント付与があったため、4月以降は販売額の増加額は落ちるんじゃないかと思います。

証券業界は今後、統廃合が起こると個人的に思っていますが、楽天証券は取引ツールが優秀、画面が見やすく使いやすい、そしてポイント付与という強みがありますので、上場(IPO)してもある程度の人気はでそうな気がします。

口座開設数は長年首位のSBI証券に肉薄

ネット証券といえばSBI証券が長年、個人投資家の口座開設数No1として君臨していましたが、カブスルの記憶で2020年頃より、楽天証券が口座開設数をグイーンと伸ばしてきました。

こちらはライバルであるSBI証券の2022年3月期の決算資料から口座開設数を引用します。

主要オンライン証券の口座開設数の比較
楽天証券の2022年3月期 第3四半期決算資料より

こちらの表、一見するとSBI証券がNo1に居続けるのにまだ余裕がありそうなだなと思われそうですが、SBI証券の口座数は4つの証券サービスの合計となっています。

SBI証券のグループ会社3社の口座数を外し、SBI証券と楽天証券で口座数を比較すると、かなり肉薄しているんじゃないかと思われます。

楽天グループのポイントで株が買える

親会社である楽天グループのサービスの特徴として、サービス利用に応じて楽天のポイントが貯まります。

貯めたポイントで、楽天市場での買い物や、楽天証券で株を購入することができます。

通常ポイント すべてのサービスに利用可能。買い物や、株の購入も可能。
有効期間は、最後にポイントを獲得した月を含めた1年間ですが、期間内に1度でもポイントを獲得すれば有効期限は延長。
期間限定ポイント 一部のサービスに利用可能。
キャンペーンにより有効期限が異なる。

ポイント目当てで楽天のサービスのみを利用している利用者も多いです。(楽天経済圏による顧客の囲い込み)

楽天グループが携帯電話(モバイル)にチカラをいれはじめたのも、楽天経済圏を強化するためです。

ネット証券専業としては2社目か?

間違えられることが多いんですが、ネット専業5大証券で上場しているのは現時点で「松井証券」のみです。

楽天証券が上場すれば、ネット専業証券で2社目の上場となりそうです。(ロボアドのウェルスナビを省いて)

他の証券会社は、証券会社単独ではなく、親会社がグループやホールディングスとして上場しています。

証券会社 上場市場
松井証券 東証プライム/8628に上場
楽天証券 親会社の楽天グループ(4755)が東証プライムに上場
→ 連結子会社の楽天証券が上場準備予定
SBI証券 親会社のSBIホールディングス(8473)が東証プライムに上場
マネックス証券 親会社のマネックスグループ(8698)が東証プライムに上場
auカブコム証券 親会社の三菱UFJフィナンシャル・グループ(8306)が東証プライムに上場

たまに上記5社を単純に株価だけで比較している方を見かけますが、事業内容が違うので意味がありません。
(比較するなら、証券会社の部分だけ各決算資料から抜き出して比較しないと意味がない)

ちなみに、マネックス証券の銘柄スカウターにて上場会社の比較ができるので、主なものを抜き出してみました。

マネックス証券にて(2022.5.24時点)
証券会社の比較

楽天証券が上場すれば、同じく証券会社単独で上場している松井証券やウェルスナビとの各指標での比較などが容易になります。

マネックス証券の銘柄スカウターは企業分析に便利な無料ツールで、カブスルのお気に入りです。

楽天グループの業績は悪い

楽天証券、楽天銀行の上場準備は、親会社である楽天グループの業績悪化も要因だと個人的に考えています。

楽天グループの業績は、携帯事業に参入してから悪化の一途をたどっています。

楽天グループの業績推移
マネックス証券の銘柄スカウターより

先日、三木谷氏が楽天モバイルについて、「ぶっちゃけ、0円でずっと使われても困る」とコメントしたことからも、上手くいっていない携帯事業への不満が感じ取れます。

子会社の上場(楽天証券、楽天銀行)は、親会社(楽天グループ)にとって資金調達の手段が増えるので、楽天グループの業績悪化が子会社の上場予定(IPO)にもつながっていそうです。

親子上場のメリットとデメリット

楽天証券が親会社の楽天グループから離れて上場(IPO)すれば、親子上場となります。

一般的な親子上場のメリットとデメリットはこちら。

ワンポイント

★ 親子上場のメリット

  • 親会社のメリット
    • 保有している子会社の株式を売却することによる資金調達
    • 子会社の株式の市場価値が向上
  • 子会社のメリット
    • 親会社から独立性が増す。経営独立性の確保
    • 上場会社で働く従業員としてモチベーションが向上

★ 親子上場のデメリット

  • 親会社のデメリット
    • 子会社に対する影響力が弱まる
    • 子会社の上場による情報開示
  • 子会社のデメリット
    • 親会社への依存度が低下することによる営業力の低下、管理コストの負担
    • 親会社の利益が優先され、子会社の少数株主の利益が不当に阻害される恐れ

親会社の大きなメリットとしては、資金調達の方法が増えることです。

楽天グループは携帯事業で苦戦しており、子会社の上場による資金調達は大きなメリットになります。

また、楽天グループは事業内容が多すぎて適正な株価が算出されていない状況(コングロマリット・ディスカウント)にありますので、証券業務を切り離すことで事業内容がややスッキリします。

一方、楽天証券は経営独立性が増し、従業員のモチベーションが上がりやすくなります。

今回の親子上場は、親会社である楽天グループに良い影響がありそうです。

親子上場は、ガバナンス(企業統治)の問題から解消されつつありますが、楽天グループはむしろ進めようとしています。
親子上場は市場から敬遠されやすいですが、直近の親子上場によるIPOの結果も公開しています。(敬遠されるものの、大体初値が好調)

楽天証券の株(IPO)を購入する方法

楽天証券の株を購入するには、大きく分けて二通りの方法があります。

  1. 株式市場に「上場した後」に購入をする
  2. 株式市場に「上場する前」に購入をする(IPO)

上場後に株を買う

一般的な楽天証券の株の購入方法で、上場後は証券会社を通じて誰でも購入できます。

証券会社に口座開設し、買い注文を出します。

上場前に購入する(IPO)

IPOとは?

企業が株式市場に新たに上場することを「IPO」といいます。

幹事証券にて抽選や割当により、上場前の株式を購入できます。

IPOは、上場前(公開価格)で購入した株価よりも、上場後にはじめてついた株価(初値)が上がる場合が多いです。

人気が高いIPOほど、買い注文が集まり株価が上昇するので利益額も大きくなります。

IPOが決まるのはいつ?

一般的には上場日の約1ヶ月前にIPOが承認されます。

楽天証券のIPO(上場)が、正式に東京証券取引所に承認されると、IPOの具体的なスケジュールが決まります。

  • 上場日
  • 仮条件(必要な抽選資金)
  • 主幹事証券

庶民のIPOでは、上場決定後に「楽天証券」のIPOの期待度を五段階で評価し予想利益を掲載します。

メール通知システム

上場が決まりましたらIPOスケジュールに掲載します。

IPOの承認やブックビルディングの開始が登録されたメールアドレスに送られてくるIPOのメール通知システムを利用すると、IPOの新規承認後にメールで通知されますので便利です。利用料は無料です。


事前に証券会社の口座開設を

楽天証券に関するIPO(上場)のニュースがありましたら、追記していきます。

どの証券会社が幹事証券になるかは未定ですが、IPOの承認からブックビルディング(抽選申し込み)までの期間はそんなに長くありません。

IPOの承認からブックビルディング開始までは、大体、2週間ほど空くのが一般的ですが、この期間を早めようという動きがあります。
書類の不備があると思わぬ日数がかかるため、早めの口座開設がおすすめです。

証券会社の口座開設は無料です。
主要な証券会社は口座開設を事前にしておきましょう。

事前に口座開設を行っておくと、楽天証券のIPOだけでなく その他の人気IPOのブックビルディングにも参加できます。

各証券会社と現金がもらえる庶民のIPO限定の口座開設タイアップ企画を行っています。(タイアップ企画について
上場前のIPO株を買うには証券会社の口座開設が必要です。口座開設は無料。

現金1万円+5千円のキャッシュバックがもらえる口座開設タイアップ企画を行っています。
抽選資金が不要の岡三オンライン松井証券。落選でポイントが貯まるSBI証券