IPO「ZMP」(7316)

ZMP

自律移動ロボットテクノロジー事業

「ZMP」の事業内容については「ZMPとは?」にて詳しく説明しています。

「ZMP」の上場延期が2016/12/8に発表されました。(取締役会で決議)
11/17に発覚した顧客情報の流出問題が延期の理由とされています。

平成28年11月17日公表の「お客様情報の流出に関するお詫びとお知らせ」にてお知らせしましたとおり、当社お客様情報の一部がインターネット上に流出していることが判明いたしました。

現時点において、当該お客様情報はインターネット上から既に削除されており、新たな情報流出の事実等は確認されておりませんが、当社といたしましては、この事実を厳粛に受け止め、改めて情報セキュリティ体制の見直し・強化及び従業員教育の徹底等を図り、強固な情報セキュリティ体制を構築したうえで、上場に向けた手続きを再開する必要があると判断し、また、当該整備には時間を要するものと判断したことから、本日開催の当社取締役会にて、新株式発行及び株式売出しの中止と、上場手続きの延期を決議した次第です。

by 「ZMP」のWebサイトより


IPO「ZMP」の上場日

S
  • IPO人気:あり
  • 当選口数:多い
  • 売出多い
  • 調達金額:大きい
  • ベンチャーキャピタル:上位株主あり

上場日 2016/12/19 (月) 証券コード 7316
市場 東証マザーズ 業種 輸送用機器
Webサイト Webサイト 単元株 100株
Yahoo!
ファイナンス
ZMP(7316)

IPO「ZMP」のブックビルディング情報

ブックビルディング期間

2016/11/30 (水) ~ 2016/12/8 (木)

IPOのメール通知システム はBBの申込み忘れに便利です。

仮条件 760円~1,040円 (抽選資金:7.6万円 ~ 10.4万円)
当選口数 101,120口
公募株数 3,505,000株 売出株数 6,607,000株
吸収金額 88.3億円~120.9億円 O.A分 1,516,000株

各用語の説明はこちらで行っています。
※ 吸収金額は公募株、売出株、OA分を合計して計算しています。

IPO「ZMP」の公募価格と初値

公募価格 2016/12/9 (金)に決定 初値 (想定の初値)2,000円 ~ 2,400円※11/30 修正
騰落率 -  倍率  -
初値売りでの損益 (想定の初値売りによる利益)136,000円※11/30 修正

ZMPの「想定仮条件」と「想定利益」

参考までに大手によるIPO「ZMP」の「想定仮条件」と「想定利益」です。
(利益予想は各上限で計算しております。)

仮条件「決定後」の想定価格

仮条件 760円 ~ 1,040円 ※抽選資金:7.6万円 ~ 10.4万円
初値の想定価格 2,000円 ~ 2,400円※11/30 修正
想定条件での初値売り損益 136,000円(2,400円 - 1,040円)× 100株

仮条件「決定前」の想定価格

仮条件の想定価格 720円 ~ 800円 ※抽選資金:7.2万円 ~ 8万円
初値の想定価格 1,500円 ~ 1,800円
想定条件での初値売り損益 100,000円(1,800円 - 800円)× 100株

IPO「ZMP」の主幹事証券と引受幹事証券

主幹事証券会社
引受幹事証券会社
委託含む)

備考

主幹事は1人1票の「公平抽選」で庶民でも当選確率が期待できる「SMBC日興証券になります。
主幹事は、そのIPOの一連の流れを取りしきる立場にあり、IPOの割当数も主幹事が一番多いです。(当選口数が一番多い

他にも、1人1票の「公平抽選」で庶民でも当選確率が期待できる「マネックス証券」や、抽選に外れても次回の当選チャンスに活かせる「IPOチャレンジポイント」が付与される「SBI証券」がおすすめです。

当選口数が少なく、公募割れリスクも低いと想定されますので積極的に応募していきましょう。

また、意外と引受幹事数(委託幹事含む)が多く IPO当選に穴場である「岩井コスモ証券」や「東海東京証券」も要チェックです。

IPO「ZMP」の決算情報

単独 財務情報 (単位/千円)

決算期 2013年12月 2014年12月 2015年12月
売上高 422,689 639,478 709,756
経常利益 116,735 92,284 -58,061
当期利益 105,344 83,447 -59,848
純資産 475,735 969,183 1,227,329
配当金 - - -
EPS 49,808.27 8.34 -3.51
BPS -111,528.95 -47.42 31.60
※配当金、EPS、BPSは「単位/円」です。

直近の類似IPOの上場結果

参考までにIPO「ZMP」と上場市場と業種が同じIPOの上場結果です。

(参考)直近の「市場:東証マザーズ」かつ「業種:輸送用機器」のIPO結果です。

  • 2004/10/26 上場カワムラサイクル… 初値売りによる損益:162,000円(騰落率:54%、倍率:1.54倍)

管理人のコメントby ZMP

上場前

「ZMP」の上場延期が2016/12/8に発表されました。(取締役会で決議)
11/17に発覚した顧客情報の流出問題が延期の理由とされています。

以前より上場するのでは?と話題になっていた自動運転技術を手掛けるベンチャー企業「ZMP」。
テレビや雑誌など数多くのメディアにも取り上げられおり、投資家は上場を待ち望んでいました。

恐らく、2016年のIPOの中で最も注目されるIPOになるかと思います。

「ZMP」の事業内容については「ZMPとは?」にて詳しく説明しています。

IPOは将来性のある事業に人気があります。

会社の業績的にはイマイチな点もありますが、これから業績の拡大が期待される同社にとっては問題なく、むしろ投資対象としては魅力的なものがあります。

想定される仮条件も760円あたりが予想され、抽選資金も7.6万円程になります。
敷居が低くなった事でより多くの個人投資家がIPOのブックビルディングに参加出来るようになりました。

主幹事証券は1人1票の公平抽選で庶民でも当選確率が期待できるSMBC日興証券

主幹事証券はIPOの一連の流れを取りしきる立場にあり、割当数が多いので、当選口数も多くなります。

ZMPは人気化必至のIPOで当選倍率は高くなる事が予想されます。
当選口数が多く、さらに公平抽選を採用している主幹事の「SMBC日興証券」からの抽選参加は必ずしておきたいところです。

また、投資資金に関係ない一人一票制の「公平抽選」で庶民でも当選確率が期待できる「マネックス証券」や、抽選に外れても次回の当選チャンスに活かせる「IPOチャレンジポイント」が付与される「SBI証券」がおすすめです。

公募割れリスクも低いと想定されますので、積極的に引受幹事証券のブックビルディングに参加して当選を狙いたいところです。

参考までに引受幹事証券において、ネットによる抽選の場合の当選口数です。

証券会社 予想割当数量 ネット抽選分 ネット当選口数(予想)
SMBC日興証券 8,595,500株 10% 8,596口
SBI証券 202,300株 70% 1,416口
マネックス証券 101,100株 100% 1,011口
大和証券 303,400株 20% 607口
みずほ証券 202,300株 10% 202口
岩井コスモ証券 50,500株 10% 51口
東海東京証券 50,500株 10% 51口
東洋証券 50,500株 10% 51口

なお、「SBI証券」以外はネット分は「公平抽選」になりますので、当選確率は一緒になります。
つまり、運次第で当選しますので資金量に左右されません。