インティメート・マージャー(7072):IPO上場情報と初値予想

インティメート・マージャー

インティメート・マージャーは、同社独自のデータマネジメントプラットフォームである「IM-DMP」を用いて、データの活用によりクライアント企業(広告主)のオンライン、オフライン双方のマーケティングを支援する事業を行っている企業です。

IM-DMPは、インターネット利用者(ユーザー)の属性データベースとして、PC、スマートフォン、タブレット等で利用されるWebブラウザから得られる情報によって構築されています。

1つのWebブラウザに1つのID(IM-ID)を割り当て、Webブラウザを最小構成単位としてインターネット利用者に関するデータベースを構築しています。

IM-IDにデモグラフィックデータ(性別、年齢、職業等)、ジオグラフィックデータ(居住地域等)、サイコグラフィックデータ(趣味、嗜好、興味、関心事項等)等の属性情報を集積することで、Webブラウザをベースとした各ユーザーの特徴(実相)を、より鮮明なものにしています。
なお、同社が保有する属性情報に個人情報は含まれておりません。

IM-DMPについて

IM-DMPを用いる事で、マーケティングを行う企業に対し、IM-DMPで保有する膨大なデータの中からより広告効果が高いと見込まれる消費者を抽出、ターゲティングする事が可能となります。

つまり、効率的な広告配信が行えます。

IM-DMPの活用

同社が保有している膨大なデータは、多領域での活用も期待できます。

多領域への市場拡大

既に広告領域において一定のポジションを確率していますが、多領域のデータ活用イノベーションを促進し、データ活用分野を広げていく方針を掲げています。

親会社はマザーズに上場しているフリークアウトHDになります。

設立は2013年6月。
従業員数は2019年8月末で37名、平均年齢は33.4歳、平均勤続年数は1.5年、平均年間給与は563.1万円。


インティメート・マージャーの詳しい企業情報やIPOの内容は日本取引所グループに掲載されています。
庶民のIPOは、初心者でも参加しやすいよう要約し、IPOの評価や初値予想を掲載しています。はじめての人へ

インティメート・マージャーの上場日

A
  • 業績:好調
  • IPO人気:あり
  • 公開比率:低い
  • 当選口数:少ない
  • 公募多い
  • 調達金額:小さい
  • 割安感:割高
  • ベンチャーキャピタル:上位株主あり

上場日 2019/10/24 (木) 証券コード 7072
市場 東証マザーズ 業種 サービス業
Webサイト Webサイト 単元株 100株
Yahoo!
ファイナンス
インティメート・マージャー(7072)

インティメート・マージャーのブックビルディング内容

ブックビルディング期間中に、幹事証券からIPOに申し込みましょう。

ブックビルディング期間

2019/10/4 (金) ~ 10/10 (木)

仮条件 1,700円~1,900円 (抽選資金:17万円 ~ 19万円)
当選口数 2,990口
公募株数 260,000株 売出株数 0株
吸収金額 5.6億円 O.A分 39,000株
仮条件決定日 10/2 (水) 公募価格決定日 10/11 (金)
購入期間 10/15 (火) ~ 10/18 (金)

※ 吸収金額は公募株、売出株、OA分を合計して計算しています。
※ IPOの申込・購入期間は証券会社により短くなっている場合があります。

インティメート・マージャーの公募価格と初値

仮条件 1,700円~1,900円
公募価格 1,900円 初値 (初値予想)2,550円 ~ 4,180円※10/3 修正
騰落率 -  倍率  -
初値売り損益 (予想利益)65,000円~228,000円※10/3 修正

インティメート・マージャーの初値予想と予想利益

インティメート・マージャーの初値予想と予想利益です。

初値予想は過去データの動向を基に算出。

仮条件決定後

仮条件 1,700円 ~ 1,900円 ※抽選資金:17万円 ~ 19万円
初値予想 2,550円 ~ 4,180円※10/3 修正
予想利益 65,000円~228,000円

仮条件決定前

仮条件の想定価格 2,320円あたり ※抽選資金:23.2万円あたり
初値予想 3,480円 ~ 4,640円
予想利益 116,000円~232,000円
送信中...

初値予想アンケート

インティメート・マージャー(7072)の初値予想アンケートに、ご協力をお願いします。

目論見書の想定価格(2,320円)を基準価格としています。

有効回答:163   投票期限:2019/10/23 (水) 23:59まで
6,960円以上(3倍以上)
57票  35%
投票済み

5,800円以上~6,960円未満(2.5倍以上~3倍未満)
33票  20%
投票済み

4,640円以上~5,800円未満(2倍以上~2.5倍未満)
33票  20%
投票済み

3,480円以上~4,640円未満(1.5倍以上~2倍未満)
22票  13%
投票済み

2,784円以上~3,480円未満(1.2倍以上~1.5倍未満)
9票  6%
投票済み

2,320円以上~2,784円未満(1倍以上~1.2倍未満)
5票  3%
投票済み

2,320円未満(公募割れ)
4票  2%
投票済み

インティメート・マージャーの主幹事と幹事証券

インティメート・マージャーのIPOを取り扱っている証券会社です。(申し込みが可能)

主幹事証券
引受幹事証券
委託含む)

備考

一人一票の平等抽選で資金力に当選が左右されないマネックス証券SMBC日興証券、落選しても次回の当選チャンスに活かせるポイントが付与されるSBI証券がおすすめです。

追加の委託幹事として岡三オンライン証券が決まりました。
抽選時に資金が必要ない証券会社です。

落選してもポイントが貯まるSBI証券、IPO申し込み時の抽選資金が不要のライブスター証券松井証券と、現金6千円+5千円のキャッシュバックがもらえる庶民のIPO限定の口座開設タイアップ企画を行っています。
その他、各証券会社でお得な口座開設キャンペーンを行っています。

割当数とネット抽選の当選数

目論見書で公表されている証券会社の割当数と、ネット抽選分の当選数(個人配分)の予想です。

割当数にネット抽選分のパーセンテージをかけた単純な計算ですので、参考程度にお願いします。

証券会社 割当率 割当数 ネット抽選分
主幹事
みずほ証券
91.30% 273,000株 273口
SMBC日興証券 2.61% 7,800株 7口
マネックス証券 0.87% 2,600株 26口
SBI証券 0.87% 2,600株 18口
いちよし証券 0.87% 2,600株 2口
岡三証券 0.87% 2,600株 2口
岩井コスモ証券 0.87% 2,600株 2口
極東証券 0.87% 2,600株 0口
香川証券 0.87% 2,600株 0口

委託幹事であるライブスター証券楽天証券岡三オンライン証券は、委託数が公表されていません。

インティメート・マージャーの決算情報

単独 財務情報 (単位/千円)

決算期 2016年9月 2017年9月 2018年9月
売上高 754,909 1,366,933 1,646,751
経常利益 76,320 141,154 84,244
当期利益 49,101 96,377 41,610
純資産 391,269 487,646 529,257
配当金
EPS 1,186.06 40.16 17.34
BPS 2,734.78 94.85 112.19
※配当金、EPS、BPSは(単位/円)
業績

上位株主とロックアップ情報

インティメート・マージャーの上位10名の株主構成、ロックアップ情報です。

株主名 比率 ロックアップ
(株)フリークアウト・ホールディングス 55.26% 90日間 / 1.5倍
簗島 亮次 17.64% 90日間 / 1.5倍
(株)電通 9.79% 90日間 / 1.5倍
MICイノベーション4号投資事業有限責任組合 4.20% 90日間 / 1.5倍
YJ2号投資事業組合 3.26% 90日間 / 1.5倍
久田 康平 2.09% 90日間 / 1.5倍
(株)新生銀行 1.63% 90日間 / 1.5倍
アイビス新成長投資事業組合第5号 1.40%
SMBCベンチャーキャピタル4号投資事業有限責任組合 1.40% 90日間 / 1.5倍
みずほ成長支援第3号投資事業有限責任組合 1.40% 90日間 / 1.5倍

アイビス新成長投資事業組合第5号は、主幹事会社に対し、ロックアップ期間中、主幹事会社の事前の書面による同意なしには、当社普通株式の売却等を行わない旨合意。

直近の類似IPOの上場結果

インティメート・マージャーと上場市場と業種が同じIPOの上場結果です。

直近の「市場:東証マザーズ」かつ「業種:サービス業」のIPO結果です。

  • 2019/09/19 サイバー・バズ
    初値売りによる損益:170,000円
    (騰落率:73.91%、倍率:1.74倍)
  • 2019/07/05 フィードフォース
    初値売りによる損益:161,000円
    (騰落率:140%、倍率:2.40倍)
  • 2019/06/21 ブランディングテクノロジー
    初値売りによる損益:308,500円
    (騰落率:177.30%、倍率:2.77倍)
  • 2019/06/20 ピアズ
    初値売りによる損益:188,000円
    (騰落率:51.93%、倍率:1.52倍)
  • 2019/04/24 ハウテレビジョン
    初値売りによる損益:253,500円
    (騰落率:209.50%、倍率:3.10倍)

上場日の上限価格と下限価格

インティメート・マージャー(7072)の上場日の価格情報です。

公募価格 上限価格 下限価格
1,900円 4,370円 1,425円
  • 上限価格:更新値幅 95円、更新時間 10分。
  • 下限価格:通常の更新値幅、更新時間 3分。

IPOのポイント

インティメート・マージャーのIPOに関する補足です。

企業情報と初値予想に関する補足

インティメート・マージャーは膨大なデータを保有しており、そのデータを活用した事業拡大にも期待できます。

成長曲線

参考までに

評価は下記を考慮して、人気が高い「A」に設定しました。

  • 業績が好調。
  • 時代にマッチした事業内容で将来性あり。
  • 市場からの吸収金額が6.9億円と小さい。→ 5.6億円に変更
  • IPOで非常に人気のある「ビッグデータ」事業。
  • 公開株がすべて公募株。
  • 当選数が少ないこと。
  • 市場で敬遠されるフリークアウトHDとの親子上場
  • ベンチャーキャピタルの保有株が多く、公開価格の1.5倍でロックアップが解除(売り圧力)。

10.3 追記。
仮条件が下振れ決定しました。完全に予想外です。(1,700円~1,900円)

人気が高いIPOの仮条件が下振れて決定することは、非常に珍しいです。

訂正目論見書の情報を待つと、下記の一文がありましたが具体的には分かりませんでした。

当該仮条件は、当社の事業内容、経営成績及び財政状態、事業内容等の類似性が高い上場会社との比較、価格算定能力が高いと推定される機関投資家等の意見及び需要見通し、現在の株式市場の状況、最近の新規上場株式の株式市場における評価並びに上場日までの期間における価格変動リスク等を総合的に勘案して決定いたしました。

(10月3日の訂正有価証券届出書より)

初値予想を2,550円 ~ 4,180円に修正。
予想利益は65,000円~228,000円としました。

目論見書の想定仮条件は2,320円。初値予想は3,480円 ~ 4,640円としました。
予想利益は116,000円~232,000円になります。

公募割れリスクは非常に低いです。
積極的に幹事証券から参加して当選を狙いましょう。

1人1票の平等抽選で資金力に左右されない当選が期待できるマネックス証券SMBC日興証券や、落選しても次回以降の当選チャンスに活かせるポイントが付与されるSBI証券がおすすめです。

カブスルはこちらの3社だけでIPOに50回当選しています。

SBI証券は現在、現金2千円がもらえるお得なタイアップ企画も行っています。

追加の委託幹事として岡三オンライン証券が決まりました。
抽選時に資金が必要ない証券会社です。

インティメート・マージャーのIPO詳細は、新規上場会社情報(日本取引所グループ)に掲載している目論見書にてご確認下さい。

落選してもポイントが貯まるSBI証券、IPO申し込み時の抽選資金が不要のライブスター証券松井証券と、現金6千円+5千円のキャッシュバックがもらえる庶民のIPO限定の口座開設タイアップ企画を行っています。
その他、各証券会社でお得な口座開設キャンペーンを行っています。

送信中...

ご意見箱(投書/返答不可)

ご意見、ご要望、ご感想などお気軽にお寄せください。ご意見がダイレクトに届きます。
返答の必要なご質問IPO質問集をご確認の上 お問い合わせよりご連絡ください。

ご意見は今後のサイト運営の参考にさせて頂きます。
また、みなさんの嬉しい当選報告もありがとうございます。