ブランディングテクノロジー(7067):IPO上場情報と初値予想

ブランディングテクノロジー

ブランディングテクノロジーは、主にインターネットを活用して販売促進や事業拡大を実現したい中堅・中小企業に対して、以下の3つの事業を展開している企業です。

  • ブランド事業売上高の32.1%
    メディア制作および運用、コンテンツ制作およびマーケティング支援、各種コンサルティングを行い、内製あるいは外注することにより成果物を提供。
    31年3月現在、約3,000社の経営サポート顧客を抱えています。
  • デジタルマーケティング事業売上高の65.0%
    中堅・中小企業に対してインターネット上の総合マーケティング支援を展開。
    戦略企画から、広告運用支援、コンサルティングまでワンストップで提供。
  • オフショア関連事業売上高の2.9%
    連結子会社の株式会社アザナおよびVieTry CO.,LTD.において、Webサイトの制作および運用のオフショア・ニアショア開発、並びに、現地企業に対してWebサイトの制作および運用、インターネット広告の代理販売等を行い、内製あるいは外注することにより成果物またはサービスを顧客に対して提供。

売上高の集計期間は平成29年4月1日~平成30年3月31日。

ブランド事業では、オウンドメディア(企業が消費者へ向けて情報発信するサイト)や、記事コンテンツや動画コンテンツの制作を行っています。

ブランド事業

ひとつの強みとして、自社メディアも4つ運用しており、そのメディアを通じた成果報酬も受け取っています。

  • 歯科タウン
    日本全国の歯科医院の検索、診療予約が可能なWebサイト
  • 外壁塗装コンシェルジュ
    外壁塗装工事を検討する消費者に外壁塗装業者を紹介するWebサイト
  • Ha・no・ne
    歯にまつわる様々な悩みに専門家が回答するWebサイト
  • イエジン
    不動産売却に関する情報を記載したWebサイト

デジタルマーケティング事業は、専門特化したマーケティングの責任者の代わりに同社が独自に育成した「フロント人材」がマーケティング戦略を立案し、各種インターネット広告を中心としたツールを活用することによってサイトのアクセス数を増加させるとともに、サイトの分析を通じて課題を明確にし、継続的に改善策を実施していくことで、中堅・中小企業の収益機会の拡大に貢献しています。

デジタルマーケティング事業

旧会社名は株式会社フリーセルです。

設立は平成13年8月。
従業員数は平成31年3月末で182名、平均年齢は31.6歳、平均勤続年数は5.1年、平均年間給与は453.6万円。


ブランディングテクノロジーの詳しい企業情報やIPOの内容は日本取引所グループに掲載されています。
こちらのページではIPO初心者でも参加の可否をしやすいよう、IPOの評価や初値予想、過去のデータなどを掲載しています。

ブランディングテクノロジーの上場日

A
  • 業績:好調
  • IPO人気:あり
  • 公開比率:低い
  • 当選口数:少ない
  • 公募多い
  • 調達金額:小さい
  • ベンチャーキャピタル:上位株主あり

上場日 2019/6/21 (金) 証券コード 7067
市場 東証マザーズ 業種 サービス業
Webサイト Webサイト 単元株 100株
Yahoo!
ファイナンス
ブランディングテクノロジー(7067)

ブランディングテクノロジーのブックビルディング内容

ブックビルディング期間中に幹事証券からIPOに申し込みましょう。

ブックビルディング期間

2019/6/4 (火) ~ 6/10 (月)

IPOのメール通知システム は申込み忘れに便利です。

仮条件 1,600円~1,740円 (抽選資金:16万円 ~ 17.4万円)
当選口数 1,562口
公募株数 126,200株 売出株数 30,000株
吸収金額 2.7億円 O.A分 0株
仮条件決定日 5/31 (金) 公募価格決定日 6/11 (火)
購入期間 6/13 (木) ~ 6/18 (火)

各用語の説明はこちらで行っています。
※ 吸収金額は公募株、売出株、OA分を合計して計算しています。

抽選資金が足りない場合は、IPOで資金不要の証券会社でブックビルディングに参加しましょう!

ブランディングテクノロジーの公募価格と初値

仮条件 1,600円~1,740円
公募価格 1,740円 初値 (想定の初値)2,900円 ~ 3,580円※6/3 修正
騰落率 -  倍率  -
初値売りでの損益 (想定の利益)116,000円~184,000円※6/3 修正

ブランディングテクノロジーの初値予想と予想利益

ブランディングテクノロジーの初値予想と予想利益です。

IPO歴14年の管理人独自の予想です。人気が高いIPOの特徴過去データを基に算出しています。
あくまでも初値への期待値で、企業の評価をつけているわけではありません。

仮条件決定後の初値予想と予想利益

仮条件 1,600円 ~ 1,740円 ※抽選資金:16万円 ~ 17.4万円
初値の想定価格 2,900円 ~ 3,580円※6/3 修正
想定条件での予想利益 116,000円~184,000円

仮条件決定前の初値予想と予想利益

仮条件の想定価格 1,540円あたり ※抽選資金:15.4万円あたり
初値の想定価格 2,700円 ~ 3,200円
想定条件での予想利益 116,000円~166,000円

予想利益は(初値の価格-仮条件)×100株で計算されています。

抽選資金はIPOの抽選で必要な投資資金です。抽選に外れれば戻ってきます。
抽選資金が足りない場合は、IPOで資金不要の証券会社でブックビルディングに参加しましょう!

ブランディングテクノロジーの主幹事と引受幹事

ブランディングテクノロジーのIPOを取り扱っている証券会社です。(申し込みが可能)
おすすめ のマークがついている証券会社は、特に管理人おすすめです。

主幹事証券
引受幹事証券
委託含む)

備考

主幹事はIT系(ネットサービス系)の主幹事を務める事が多いSBI証券です。
IPOの割当数(当選数)は主幹事が一番多いです。

抽選で落選しても次回の当選チャンスに活かせるIPOチャレンジポイントが付与されます。

抽選に外れても次回の当選チャンスに活かせるポイントが貯まるSBI証券、申し込み時の抽選資金が不要のライブスター証券松井証券と、現金4千円+5千円のキャッシュバックがもらえる当サイト限定の口座開設タイアップ企画を行っています。
その他、各証券会社でお得な口座開設キャンペーンを行っています。

割当数とネット抽選の当選数

目論見書で公表されている証券会社の割当数と、ネット抽選分の当選数(個人配分)の予想です。
割当数にネット抽選分のパーセンテージをかけた単純な計算ですので、参考程度にお願いします。

証券会社 割当率 割当数 ネット抽選分
主幹事
SBI証券
84.83% 132,500株 92,700株
大和証券 4.99% 7,800株 1,500株
楽天証券 1.47% 2,300株 2,300株
丸三証券 1.02% 1,600株 100株
岩井コスモ証券 1.02% 1,600株 100株
藍澤證券 1.02% 1,600株 100株
むさし証券 1.02% 1,600株 100株
東洋証券 1.02% 1,600株 100株
極東証券 1.02% 1,600株 0株
香川証券 1.02% 1,600株 0株
エース証券 1.02% 1,600株 0株
おきぎん証券 0.51% 800株 0株

ブランディングテクノロジーの決算情報

単独 財務情報 (単位/千円)

決算期 2016年3月 2017年3月 2018年3月
売上高 3,859,552 4,092,917 4,536,949
経常利益 17,702 27,804 93,914
当期利益 7,297 17,303 59,658
純資産 711,148 709,428 762,100
配当金
EPS 987.54 11.70 41.34
BPS 96,231.20 493.48 513.82
※配当金、EPS、BPSは「単位/円」です。

連結 財務情報 (単位/千円)

決算期 2017年3月 2018年3月
売上高 4,203,814 4,667,033
経常利益 40,749 113,745
当期利益 29,030 76,926
純資産 705,082 774,394
EPS 19.64 53.31
BPS 490.45 522.11
※EPS、BPSは「単位/円」です。

直近の類似IPOの上場結果

ブランディングテクノロジーと上場市場と業種が同じIPOの上場結果です。

直近の「市場:東証マザーズ」かつ「業種:サービス業」のIPO結果です。

  • 2019/04/24 ハウテレビジョン
    初値売りによる損益:253,500円
    (騰落率:209.50%、倍率:3.10倍)
  • 2019/03/29 エードット
    初値売りによる損益:134,300円
    (騰落率:120.99%、倍率:2.21倍)
  • 2019/03/28 フレアス
    初値売りによる損益:219,500円
    (騰落率:118.65%、倍率:2.19倍)
  • 2019/03/28 日本ホスピスHD
    初値売りによる損益:46,600円
    (騰落率:46.60%、倍率:1.47倍)
  • 2019/03/20 ギークス
    初値売りによる損益:97,000円
    (騰落率:50.26%、倍率:1.50倍)

IPOのポイント

ブランディングテクノロジーのIPOに関する補足です。

企業情報と初値予想に関する補足

市場からの調達金額が2.4億円とかなり小さく、需給面は良好です。

ただし、上位株主にベンチャーキャピタルが多く、またその一部にはロックアップ条項がありません。
つまり、上場後はいつでも売れる状況ですので、初値にも影響しそうです。

参考までに

評価は下記を考慮して、人気が高い「A」に設定しました。

  • IPOで人気のあるIT企業。
  • 業績が好調。
  • 市場からの吸収金額が2.4億円とかなり小さいこと。(参考:吸収金額による実績
  • 当選数が少ないこと。(1,562口)
  • 需要がある事業内容。
  • ベンチャーキャピタルの保有株が多く、ロックアップ条項なし(売り圧力)。

6.3 追記。
仮条件の上振れ決定(1,600円~1,740円)に伴い、初値予想を2,900円 ~ 3,580円に修正。
予想利益は116,000円~184,000円としました。

目論見書の想定仮条件は1,540円。初値予想は2,700円 ~ 3,200円としました。
予想利益は116,000円~166,000円です。

公募割れリスクは非常に低いです。
積極的に幹事証券のブックビルディングに参加して当選を狙いましょう。

ワンポイント

主幹事証券は、IPOで人気のIT系の主幹事を務める機会が多いSBI証券です。

主幹事証券は割当数が多いので、当選数も多くなります。
また、落選しても次回の当選チャンスに活かせるIPOチャレンジポイントがもらえます。

管理人は15回 IPOに当選しています。(IPO実績

現在、SBI証券現金2,000円がもらえる口座開設タイアップ中です♪

楽天証券岩井コスモ証券も幹事証券に入っています。

当選数が1,562口とかなり少ないので、全力で当選を狙いたいところです。

ブランディングテクノロジーに関するつぶやき


こちらの記事は、IPO歴14年の運営者が執筆しています。IPOに66回当選。長年の経験と実績による記事です。
株式投資歴は15年。NISAや株主優待など投資全般に詳しいです。

ブランディングテクノロジーのIPO詳細は、新規上場会社情報(日本取引所グループ)に掲載している目論見書にてご確認下さい。

抽選に外れても次回の当選チャンスに活かせるポイントが貯まるSBI証券、申し込み時の抽選資金が不要のライブスター証券松井証券と、現金4千円+5千円のキャッシュバックがもらえる当サイト限定の口座開設タイアップ企画を行っています。
その他、各証券会社でお得な口座開設キャンペーンを行っています。

送信中...

ご意見箱(投書/返答不可)

ご意見、ご要望、ご感想などお気軽にお寄せください。ご意見がダイレクトに届きます。
返答の必要なご質問IPO質問集をご確認の上 お問い合わせよりご連絡ください。

ご意見は今後のサイト運営の参考にさせて頂きます。
また、みなさんの嬉しい当選報告もありがとうございます。