ピアズ(7066):IPO上場情報

ピアズ

ピアズは、通信業界におけるコンサルティングを主な事業としている企業です。

電気通信事業者(通信キャリア)、販売代理店および移動体通信端末メーカーなどを中心に、コンサルティングや販売支援をしています。

主要取引先は、NTTドコモグループになります。
売上高実績に対する依存度は、2017年9月期で69.8%、2018年9月期で60.0%です。

コンサルティング

販売代理店が運営するキャリアショップや家電量販店に対し、販売を委託する通信キャリアに代わり、業界知見や販売経験を有する同社コンサルタントが、各店舗において抱えている運営課題や販売課題に対するオリジナルの研修プログラムを提案し、アドバイザーとしての教育サポートを行っています。

設立は2005年1月。
従業員数は平成31年3月末で78名、平均年齢は31.5歳、平均勤続年数は3.71年、平均年間給与は497.8万円。


ピアズの詳しい企業情報やIPOの内容は日本取引所グループに掲載されています。
庶民のIPOは、初心者でも参加しやすいよう要約し、IPOの評価や初値予想を掲載しています。はじめての人へ

ピアズの上場日

B
  • 業績:好調
  • 公開比率:やや低い
  • 調達金額:大きい
  • ベンチャーキャピタル:上位株主なし

上場日 2019/6/20 (木) 証券コード 7066
市場 東証マザーズ 業種 サービス業
Webサイト Webサイト 単元株 100株
Yahoo!
ファイナンス
ピアズ(7066)

ピアズのブックビルディング内容

ブックビルディング期間中に、幹事証券からIPOに申し込みましょう。

ブックビルディング期間

2019/6/5 (水) ~ 6/11 (火)

仮条件 3,220円~3,620円 (抽選資金:32.2万円 ~ 36.2万円)
当選口数 4,444口
公募株数 207,000株 売出株数 179,500株
吸収金額 16億円 O.A分 57,900株
仮条件決定日 6/4 (火) 公募価格決定日 6/12 (水)
購入期間 6/13 (木) ~ 6/18 (火)

※ 吸収金額は公募株、売出株、OA分を合計して計算しています。
※ IPOの申込・購入期間は証券会社により短くなっている場合があります。

ピアズの公募価格と初値

仮条件 3,220円~3,620円
公募価格 3,620円 初値 5,500円
騰落率 51.93%  倍率  1.52倍
初値売り損益 188,000円(5,500円 - 3,620円)× 100株

ピアズの初値予想と予想利益

ピアズの初値予想と予想利益です。

初値予想は過去データの動向を基に算出。

仮条件決定後

仮条件 3,220円 ~ 3,620円 ※抽選資金:32.2万円 ~ 36.2万円
初値予想 3,700円 ~ 3,800円※6/4 修正
予想利益 8,000円~1.8万円

仮条件決定前

仮条件の想定価格 3,820円あたり ※抽選資金:38.2万円あたり
初値予想 3,900円 ~ 4,120円
予想利益 8,000円~3万円

ピアズの主幹事と幹事証券

ピアズのIPOを取り扱っている証券会社です。(申し込みが可能)

主幹事証券
引受幹事証券
委託含む)

備考

主幹事は1人1票の平等抽選で、資金力にかかわらず当選が期待できるSMBC日興証券です。
IPOの割当数(当選数)は主幹事が一番多いです。

割当数とネット抽選の当選数

目論見書で公表されている証券会社の割当数と、ネット抽選分の当選数(個人配分)の予想です。

割当数にネット抽選分のパーセンテージをかけた単純な計算ですので、参考程度にお願いします。

証券会社 割当率 割当数 ネット抽選分
主幹事
SMBC日興証券
90.12% 348,300株 348口
大和証券 2.98% 11,500株 28口
みずほ証券 2.48% 9,600株 9口
東海東京証券 1.47% 5,700株 5口
SBI証券 0.98% 3,800株 26口
岩井コスモ証券 0.98% 3,800株 3口
楽天証券 0.49% 1,900株 19口
極東証券 0.49% 1,900株 0口

委託幹事である岡三オンライン証券は、委託数が公表されていません。

落選してもポイントが貯まるSBI証券、IPO申し込み時の抽選資金が不要のライブスター証券松井証券と、現金6千円+5千円のキャッシュバックがもらえる庶民のIPO限定の口座開設タイアップ企画を行っています。
その他、各証券会社でお得な口座開設キャンペーンを行っています。


ピアズの決算情報

単独 財務情報 (単位/千円)

決算期 2018年9月 2017年9月 2016年9月
売上高 1,994,606 1,873,579 1,452,737
経常利益 413,955 303,022 183,635
当期利益 266,272 203,077 129,053
純資産 860,756 554,146 349,819
配当金
EPS 140.59 109.89 2,589.61
BPS 437.28 299.86 5,678.88
※配当金、EPS、BPSは(単位/円)

直近の類似IPOの上場結果

ピアズと上場市場と業種が同じIPOの上場結果です。

直近の「市場:東証マザーズ」かつ「業種:サービス業」のIPO結果です。

  • 2019/04/24 ハウテレビジョン
    初値売りによる損益:253,500円
    (騰落率:209.50%、倍率:3.10倍)
  • 2019/03/29 エードット
    初値売りによる損益:134,300円
    (騰落率:120.99%、倍率:2.21倍)
  • 2019/03/28 日本ホスピスHD
    初値売りによる損益:46,600円
    (騰落率:46.60%、倍率:1.47倍)
  • 2019/03/28 フレアス
    初値売りによる損益:219,500円
    (騰落率:118.65%、倍率:2.19倍)
  • 2019/03/20 ギークス
    初値売りによる損益:97,000円
    (騰落率:50.26%、倍率:1.50倍)

IPOのポイント

ピアズのIPOに関する補足です。

企業情報と初値予想に関する補足

通信業界に特化した事業内容で、NTTドコモグループが主要な取引先になります。

現在までの売上高は好調ですが、通信事業は携帯電話料金や契約期間見直しの要請を政府から受けている状態です。

また、コンサルティングサービスは特段珍しいサービスでもありません。
今後の時代の流れにうまく乗れるかどうかが、肝になってきそうです。

参考までに

評価は現状を考慮して、中立の「B」に設定しました。

  • 業績が好調。
  • 市場からの調達金額が17億円とやや大きい。(参考:吸収金額による実績
  • 同業他社が多い。

6.4 追記。
仮条件の下振れ決定(3,220円~3,620円 )に伴い、初値予想を3,700円 ~ 3,800円に修正。
予想利益は8,000円~18,000円としました。

目論見書の想定仮条件は3,820円。初値予想は3,900円 ~ 4,120円としました。
予想利益は8,000円~30,000円になります。

現状を考えると、初値はプラス方向に振れるかなぁと思います。
ただし、将来性で考えるとやや見えない部分が多いです。

ワンポイント

主幹事はSMBC日興証券です。

主幹事はIPOの一連の流れを取りしきる立場にあり、IPOの当選数が一番多いです。

SMBC日興証券は資金量に左右されない平等抽選を採用していますので当選確率は一緒です。
管理人は18回 IPOに当選しています。(IPO実績

落選してもポイントが貯まるSBI証券、IPO申し込み時の抽選資金が不要のライブスター証券松井証券と、現金6千円+5千円のキャッシュバックがもらえる庶民のIPO限定の口座開設タイアップ企画を行っています。
その他、各証券会社でお得な口座開設キャンペーンを行っています。


送信中...

ご意見箱(投書/返答不可)

ご意見、ご要望、ご感想などお気軽にお寄せください。ご意見がダイレクトに届きます。
返答の必要なご質問IPO質問集をご確認の上 お問い合わせよりご連絡ください。

ご意見は今後のサイト運営の参考にさせて頂きます。
また、みなさんの嬉しい当選報告もありがとうございます。