フィードフォース(7068):IPO上場情報と初値予想

フィードフォース

フィードフォースは、デジタルマーケティング領域において、データフィード、構造化データ、ID連携をはじめとしたテクノロジーを駆使し「企業の持つ情報を適切な形でユーザーに届ける」ことで、企業の抱える課題の解決や生産性の向上を支援している企業です。

データフィードとは、インターネット上のデータを送受信する仕組みのことです。
データの形式や通信方法を決めておくことでデータ間のやり取りをスムーズに行い、更新情報を素早く同期することができます。

データフィードの最大のメリットは、簡単に様々な場所に散らばった情報を最新の情報に保てることです。

たとえば、EC事業者が、商品情報を最新のものにしたいと考えたとき、更新した商品のリストにあわせてECサイトやショッピングモール、ディスプレイ広告など、様々な場所に散らばっている古い情報を新しい情報に書き換える必要がありますが、これをすばやく確実に行えます。

データフィードを活用した広告の代表例としては、Googleにて商品やこれに関連するワードを検索したユーザーに対して商品の画像や価格、ショップ名等を表示する「Google ショッピング広告」などが挙げられます。

設立は2006年3月。
従業員数は2019年4月末で69名、平均年齢は31.4歳、平均勤続年数は3.4年、平均年間給与は568.2万円。


フィードフォースの詳しい企業情報やIPOの内容は日本取引所グループに掲載されています。
こちらのページではIPO初心者でも参加の可否をしやすいよう、IPOの評価や初値予想、過去のデータなどを掲載しています。

フィードフォースの上場日

A
  • 業績:不安
  • IPO人気:あり
  • 公開比率:低い
  • 公募多い
  • 調達金額:小さい

上場日 2019/7/5 (金) 証券コード 7068
市場 東証マザーズ 業種 サービス業
Webサイト Webサイト 単元株 100株
Yahoo!
ファイナンス
フィードフォース(7068)

フィードフォースのブックビルディング内容

ブックビルディング期間中に幹事証券からIPOに申し込みましょう。

ブックビルディング期間

2019/6/20 (木) ~ 6/26 (水)

IPOのメール通知システム は申込み忘れに便利です。

仮条件 1,030円~1,150円 (抽選資金:10.3万円 ~ 11.5万円)
当選口数 7,820口
公募株数 650,000株 売出株数 30,100株
吸収金額 8億円~8.9億円 O.A分 101,900株
仮条件決定日 6/18 (火) 公募価格決定日 6/27 (木)
購入期間 6/28 (金) ~ 7/3 (水)

各用語の説明はこちらで行っています。
※ 吸収金額は公募株、売出株、OA分を合計して計算しています。

抽選資金が足りない場合は、IPOで資金不要の証券会社でブックビルディングに参加しましょう!

フィードフォースの公募価格と初値

仮条件 1,030円~1,150円
公募価格 6/27 (木)に決定 初値 (想定の初値)1,730円 ~ 2,300円※6/18 修正
騰落率 -  倍率  -
初値売りでの損益 (想定の利益)58,000円~115,000円※6/18 修正

フィードフォースの初値予想と予想利益

フィードフォースの初値予想と予想利益です。

IPO歴14年の管理人独自の予想です。人気が高いIPOの特徴過去データを基に算出しています。
あくまでも初値への期待値で、企業の評価をつけているわけではありません。

仮条件決定後の初値予想と予想利益

仮条件 1,030円 ~ 1,150円 ※抽選資金:10.3万円 ~ 11.5万円
初値の想定価格 1,730円 ~ 2,300円※6/18 修正
想定条件での予想利益 58,000円~115,000円

仮条件決定前の初値予想と予想利益

仮条件の想定価格 1,030円あたり ※抽選資金:10.3万円あたり
初値の想定価格 1,545円 ~ 2,060円
想定条件での予想利益 51,500円~103,000円

予想利益は(初値の価格-仮条件)×100株で計算されています。

抽選資金はIPOの抽選で必要な投資資金です。抽選に外れれば戻ってきます。
抽選資金が足りない場合は、IPOで資金不要の証券会社でブックビルディングに参加しましょう!

フィードフォースの主幹事と引受幹事

フィードフォースのIPOを取り扱っている証券会社です。(申し込みが可能)
おすすめ のマークがついている証券会社は、特に管理人おすすめです。

主幹事証券
引受幹事証券
委託含む)

備考

一人一票の平等抽選で、資金力に当選が左右されないマネックス証券や、抽選で落選しても次回の当選チャンスに活かせるIPOチャレンジポイントが付与されるSBI証券がおすすめです。

抽選に外れても次回の当選チャンスに活かせるポイントが貯まるSBI証券、申し込み時の抽選資金が不要のライブスター証券松井証券と、現金4千円+5千円のキャッシュバックがもらえる当サイト限定の口座開設タイアップ企画を行っています。
その他、各証券会社でお得な口座開設キャンペーンを行っています。

割当数とネット抽選の当選数

目論見書で公表されている証券会社の割当数と、ネット抽選分の当選数(個人配分)の予想です。
割当数にネット抽選分のパーセンテージをかけた単純な計算ですので、参考程度にお願いします。

証券会社 割当率 割当数 ネット抽選分
主幹事
大和証券
93.04% 727,600株 145,500株
マネックス証券 0.87% 6,800株 6,800株
SBI証券 0.87% 6,800株 4,700株
みずほ証券 0.87% 6,800株 600株
丸三証券 0.87% 6,800株 600株
東海東京証券 0.87% 6,800株 600株
エイチ・エス証券 0.87% 6,800株 600株
野村證券 0.87% 6,800株 600株
エース証券 0.87% 6,800株 0株

フィードフォースの決算情報

単独 財務情報 (単位/千円)

決算期 2016年5月 2017年5月 2018年5月
売上高 332,543 486,291 562,148
経常利益 -72,205 -31,168 -28,244
当期利益 -42,692 -32,027 -28,868
純資産 -18,745 83,036 54,168
配当金
EPS -1,958.35 -7.11 -5.84
BPS -859.87 16.80 10.96
※配当金、EPS、BPSは「単位/円」です。

上位株主とロックアップ情報

フィードフォースの上位10名の株主構成、ロックアップ情報です。

株主名 比率 ロックアップ
合同会社理力 37.68% 180日間
塚田 耕司(社長) 36.24% 180日間
トランス・コスモス(株) 9.94% 90日間または1.5倍
(株)マイナビ 4.10% 90日間または1.5倍
寺嶋 徹 2.26% 180日間
喜多 宏介 1.58% 180日間
秋山 勝 1.51% 180日間
宮城 満英 1.16% 180日間
西山 真吾 0.77% 180日間
大西 健太 0.75%

直近の類似IPOの上場結果

フィードフォースと上場市場と業種が同じIPOの上場結果です。

直近の「市場:東証マザーズ」かつ「業種:サービス業」のIPO結果です。

  • 2019/04/24 ハウテレビジョン
    初値売りによる損益:253,500円
    (騰落率:209.50%、倍率:3.10倍)
  • 2019/03/29 エードット
    初値売りによる損益:134,300円
    (騰落率:120.99%、倍率:2.21倍)
  • 2019/03/28 フレアス
    初値売りによる損益:219,500円
    (騰落率:118.65%、倍率:2.19倍)
  • 2019/03/28 日本ホスピスHD
    初値売りによる損益:46,600円
    (騰落率:46.60%、倍率:1.47倍)
  • 2019/03/20 ギークス
    初値売りによる損益:97,000円
    (騰落率:50.26%、倍率:1.50倍)

IPOのポイント

フィードフォースのIPOに関する補足です。

企業情報と初値予想に関する補足

IPOで人気のあるIT企業ですが、気になるのは業績です。

業績

売上高は好調ですが、経常損失が続いています。その内容はこちら。

  • 第11期における経常損失及び当期純損失の計上は、主に「Feedmatic」及び「ソーシャルPLUS」の事業拡大に伴う人件費の増加によるもの。
  • 第12期における経常損失及び当期純損失の計上は、主に新規サービス「dfplus.io」及び「EC Booster」の開発のための研究開発費の計上並びに既存サービスの事業拡大に伴う人件費の増加によるもの。
  • 第13期における経常損失及び当期純損失の計上は、主に新規サービス「EC Booster」の開発のための研究開発費の計上及び既存サービスの事業拡大に伴う人件費の増加によるもの。

要は開発費と人件費により経常損失が出ていますが、今後それらの費用を回収できるかがカギになります。

参考までに

評価は下記を考慮して、人気が高い「A」に設定しました。

  • IPOで人気のあるIT企業。
  • 市場からの吸収金額が8億円と小さい。
  • 業績が微妙。(上下のブレがある)
  • 7月のIPOでいまのところ一社(昨年は7月に9社上場)

6.18 追記。
仮条件の上振れ決定(1,030円 ~ 1,150円)に伴い、初値予想を1,730円 ~ 2,300円に修正。
予想利益は58,000円~115,000円としました。

目論見書の想定仮条件は1,030円。初値予想は1,545円 ~ 2,060円としました。
予想利益は51,500円~103,000円です。

公募割れリスクは非常に低いです。
積極的に幹事証券のブックビルディングに参加して当選を狙いましょう。

1人1票の平等抽選で 資金力にかかわらず当選が期待できるマネックス証券や、抽選に外れても次回の当選チャンスに活かせるIPOチャレンジポイントが付与されるSBI証券がおすすめです。

現在、現金2千円がもらえるお得なタイアップ企画も行っています。

また、野村證券はIPOの抽選時に抽選資金が必要ありません。
当選した後に購入資金を入金すればよいという、嬉しいシステムを採用している証券会社です。

こちらの記事は、IPO歴14年の運営者が執筆しています。IPOに66回当選。長年の経験と実績による記事です。
株式投資歴は15年。NISAや株主優待など投資全般に詳しいです。

フィードフォースのIPO詳細は、新規上場会社情報(日本取引所グループ)に掲載している目論見書にてご確認下さい。

抽選に外れても次回の当選チャンスに活かせるポイントが貯まるSBI証券、申し込み時の抽選資金が不要のライブスター証券松井証券と、現金4千円+5千円のキャッシュバックがもらえる当サイト限定の口座開設タイアップ企画を行っています。
その他、各証券会社でお得な口座開設キャンペーンを行っています。

送信中...

ご意見箱(投書/返答不可)

ご意見、ご要望、ご感想などお気軽にお寄せください。ご意見がダイレクトに届きます。
返答の必要なご質問IPO質問集をご確認の上 お問い合わせよりご連絡ください。

ご意見は今後のサイト運営の参考にさせて頂きます。
また、みなさんの嬉しい当選報告もありがとうございます。