あさくま(7678):IPO上場情報

あさくま

あさくまは、「ステーキのあさくま」をはじめとしたレストラン事業を行っている企業です。

愛知県を中心として、関東地域や東海地域に出店しています。

メニュー

同社グループは87店舗を展開しています。(フランチャイズ7店舗を含む)
経営戦略として、中部地区を基盤として関東地区、関西地区へ出店エリアを拡大して100店舗を目指しています。

グループ一覧

調達した資金は「直営店の新規出店にかかる設備投資資金に充当する予定」とあります。

設立は1954年9月。
従業員数は2019年4月末で92名、平均年齢は44.1歳、平均勤続年数は4.5年、平均年間給与は460.2万円。


あさくまの詳しい企業情報やIPOの内容は日本取引所グループに掲載されています。
庶民のIPOは、初心者でも参加しやすいよう要約し、IPOの評価や初値予想を掲載しています。はじめての人へ

あさくまの上場日

B
  • 業績:好調
  • 公開比率:低い
  • 公募多い
  • 調達金額:小さい
  • ベンチャーキャピタル:上位株主なし

上場日 2019/6/27 (木) 証券コード 7678
市場 JASDAQ スタンダード 業種 小売業
Webサイト Webサイト 単元株 100株
Yahoo!
ファイナンス
あさくま(7678)

あさくまのブックビルディング内容

ブックビルディング期間中に、幹事証券からIPOに申し込みましょう。

ブックビルディング期間

2019/6/11 (火) ~ 6/17 (月)

仮条件 1,150円~1,250円 (抽選資金:11.5万円 ~ 12.5万円)
当選口数 6,771口
発行済株式数 5,210,420株 オファリング・レシオ 12.9%
公募株数 500,000株 売出株数 92,100株
吸収金額 8.4億円 O.A分 85,000株
仮条件決定日 6/10 (月) 公募価格決定日 6/18 (火)
購入期間 6/19 (水) ~ 6/24 (月)

※ 吸収金額は公募株、売出株、OA分を合計して計算しています。
※ IPOの申込・購入期間は証券会社により短くなっている場合があります。

あさくまの公募価格と初値

仮条件 1,150円~1,250円
公募価格 1,250円 初値 1,834円
騰落率 46.72%  倍率  1.47倍
初値売り損益 58,400円(1,834円 - 1,250円)× 100株

あさくまの初値予想と予想利益

あさくまの初値予想と予想利益です。

初値予想は過去データの動向を基に算出。

仮条件決定後

仮条件

1,150円 ~ 1,250円 ※抽選資金:11.5万円 ~ 12.5万円
上限は8.7%上ブレ↑

初値予想 1,380円 ~ 1,600円※6/10 修正
予想利益 1.3万円~3.5万円

仮条件決定前

仮条件の想定価格 1,150円あたり ※抽選資金:11.5万円あたり
初値予想 1,260円 ~ 1,480円
予想利益 1.1万円~3.3万円

あさくまの主幹事と幹事証券

あさくまのIPOを取り扱っている証券会社です。(申し込みが可能)

割当数とネット抽選の当選数

目論見書で公表されている証券会社の割当数と、ネット抽選分の当選数(個人配分)の予想です。

割当数にネット抽選分のパーセンテージをかけた単純な計算ですので、参考程度にお願いします。

証券会社 割当率 割当数 ネット抽選分
主幹事
三菱UFJモルガン・スタンレー証券
91.30% 618,200株 618口
SBI証券 1.74% 11,800株 82口
大和証券 1.74% 11,800株 29口
東海東京証券 1.74% 11,800株 11口
岡三証券 1.30% 8,800株 8口
フィリップ証券 1.30% 8,800株 0口
安藤証券 0.87% 5,900株 0口

委託幹事であるauカブコム証券岡三オンライン証券は、委託数が公表されていません。

落選してもポイントが貯まるSBI証券、抽選資金が不要のライブスター証券松井証券と、現金6千円+5千円のキャッシュバックがもらえる庶民のIPO限定の口座開設タイアップ企画を行っています。
その他、各証券会社でお得な口座開設キャンペーンを行っています。


あさくまの決算情報

単独 財務情報 (単位/千円)

決算期 2018年3月 2017年3月 2016年3月
売上高 7,969,579 7,101,246 6,011,372
経常利益 861,826 991,163 881,755
当期利益 405,252 190,209 317,881
純資産 2,708,818 2,304,385 2,113,121
配当金
EPS 86.03 40.38 70.06
BPS 575.06 489.21 448.60
※配当金、EPS、BPSは(単位/円)

連結 財務情報 (単位/千円)

決算期 2018年3月 2017年3月
売上高 9,440,858 9,127,989
経常利益 874,699 912,559
当期利益 494,352 372,947
純資産 2,793,385 2,299,852
EPS 104.94 79.17
BPS 593.02 488.24
※EPS、BPSは(単位/円)

直近の類似IPOの上場結果

あさくまと上場市場と業種が同じIPOの上場結果です。

直近の「市場:JASDAQ スタンダード」かつ「業種:小売業」のIPO結果です。

  • 2017/03/16 ほぼ日
    初値売りによる損益:301,000円
    (騰落率:128.09%、倍率:2.28倍)
  • 2016/03/24 ウイルプラスHD
    初値売りによる損益:-15,100円
    (騰落率:-8.03%、倍率:0.92倍)
  • 2015/03/19 エスエルディー
    初値売りによる損益:25,300円
    (騰落率:15.33%、倍率:1.15倍)
  • 2014/12/24 ヨシックス
    初値売りによる損益:77,500円
    (騰落率:29.36%、倍率:1.29倍)
  • 2014/07/10 鳥貴族
    初値売りによる損益:338,000円
    (騰落率:120.71%、倍率:2.21倍)

あさくまの株主優待

飲食事業は株主優待との親和性が高いです。

同社も優待の発行が発表されています。

食事券(年間4,000円分)

  • あさくま直営店・FC加盟店およびあさくまグループ(オランダ坂珈琲邸、もつ焼きエビス参、ファーマーズガーデン・スバラヤ)で使用可。
  • 回数:年1回。
  • 有効期限:食事券に記載している日まで。

権利確定月は3月です。

ちなみに、仮条件の上限1,250円で100株購入し優待対象になった場合、優待利回りは3.2%になります。

IPOのポイント

あさくまのIPOに関する補足です。

企業情報と初値予想に関する補足

創業1954年。業績は好調です。

業績

わたしが住んでいる北海道には残念ながら、あさくま はありませんが、長年 地元に愛されていそうな企業です。

飲食業の懸念事項としては、SNSを中心として風評被害やバイトテロが報道される状況でしょうか。
また地域限定の飲食店の場合、株主優待の利用者は限定されます。

参考までに

評価は下記を考慮して、中立の「B」に設定しました。

  • 業績は安定的。
  • 昭和29年から続く老舗企業。
  • 購入単価が低い(約12万円)。
  • 個人投資家に人気の株主優待が発行される。
  • テンポスHD(2751)の子会社(親子上場とは?

6.10 追記。
仮条件の上振れ決定(1,150円~1,250円)に伴い、初値予想を1,380円 ~ 1,600円に修正。
予想利益は13,000円~35,000円としました。

目論見書の想定仮条件は1,150円。初値予想は1,260円 ~ 1,480円としました。
予想利益は11,000円~33,000円になります。

特徴や将来性は特にないんですが、業績は好調で安定的です。

参考までに、管理人は幹事証券にて積極的にIPOに参加します。

あさくまに関するつぶやき


落選してもポイントが貯まるSBI証券、抽選資金が不要のライブスター証券松井証券と、現金6千円+5千円のキャッシュバックがもらえる庶民のIPO限定の口座開設タイアップ企画を行っています。
その他、各証券会社でお得な口座開設キャンペーンを行っています。


送信中...

ご意見箱(投書/返答不可)

ご意見、ご要望、ご感想などお気軽にお寄せください。ご意見がダイレクトに届きます。
返答の必要なご質問IPO質問集をご確認の上 お問い合わせよりご連絡ください。

ご意見は今後のサイト運営の参考にさせて頂きます。
また、みなさんの嬉しい当選報告もありがとうございます。